手作り マスク 鼻 あて。 手作りマスクの作成方法

手作りマスク作ってる方いますか?

手作り マスク 鼻 あて

10年以上前の話なんですけどね、2009年に「新型インフルエンザ」が流行った時、スーパーでこんな事があったの。 初老の男性が店員の女性をつかまえて、 「マスクの在庫ないの?」 て強い口調で聞いていました。 私は偶然近くに立っていて、そのあとの会話を聞いていたのね。 家にあるもので今すぐ作れる除菌剤はこちら 今の2020年のマスク不足と全く同じ状況で、マスクが売り切れていたんですよね。 店員さんは、丁寧な口調で在庫はない。 入荷もわからないと伝えていました。 男性はそれで怒っちゃって、 「いつになったら入荷すんだよ!そこら中の店、どこもないじゃないじゃないか!どうすればマスクが手に入るんだよ!!」 て店員さんを罵ってて、聞いてしまった私はいやーーーな気分になりました。 店員さんのせいじゃないし、店員さんに怒鳴っても、どうしようもない事なのにね。 2020年1月末現在、新型コロナウイルスの流行で再びマスクが不足しています。 私は10年前の事を思い出して、きっと日本全国でまた、同じような事が起こっていると思いました。 店員さんやお店を責めないで。 マスクメーカーも悪くない。 メーカーは24時間体制でマスクを増産しているけど、まったく追いつかない状況だそうです。 そこで、私からの提案は、マスクの手作りです。 洋服やバッグに比べたら、手作りマスクはとても簡単にできます。 以前、旧ブログでマスクの作り方を公開していたのですが、古い記事だったので、改めてその時の内容を旧ブログから転載します。 材料はダブルガーゼなどの生地と、耳あてに使えるゴムがあればできます。 私はミシンを使って作りましたが、ミシンがなくても手縫いで作れます。 ただ、型紙をとるために最低限、立体型のマスクが1枚必要になります。 手作りマスクなので ウイルスや菌を完全に予防できるものではないということをご理解の上ご使用ください。 【追記】 自分のサイズで型紙を作る方法を考えました。 ハンドメイド通販サイトの手作りマスク どうしても自分で作る自身がない。 ミシンがない。 あるけど使いこなす自身がない・・・という方には「 」で販売されている手作りマスクをおすすめします。 おそらく・・・今、日本国内で一番「マスクの在庫」があるのがハンドメイド通販サイトではないでしょうか。 こちらも手作りマスクなので ウイルスや菌を完全に予防できるものではないということをご理解の上お買い求めください。 立体マスクの作り方 【用意するもの】 ・未使用の立体型マスク・木綿・ガーゼの布・ゴムひも 【作り方】 1. まず、立体型マスクを折りたたんだ状態で型紙をとります。 耳あての部分は型紙はいりません。 中表に折った布を用意し、型紙に合わせます。 「わ」は 耳あてが付いている部分側になります。 型紙をとる時、マスクの中心部分(口の前の部分)に「わ」がくると思いがちですが、手縫いする場合は耳あて部分が「わ」となって、真ん中部分で2枚の布を縫い合わせ、裏返すような感じにイメージして下さい。 型紙を布に合わせたら、チャコペンや裁縫用のペンで布に型紙を写し、5mmの縫い代を足して、裁断します(中表の布を2枚)。 これを縫い合わせてマスクにします。 中表にした布を2枚合わせて、左右の湾曲した部分(赤線部分)を先に縫います(ここが裏返した時、顔の中心になります)。 これを入れないと、裏返した時にマスクがちゃんと立体型になりません。 2枚の縫い合わせた布の中心部分(赤い線)をつまんで、湾曲部分が真ん中にきて、赤い線の部分が左右にくるように形を買えます。 赤い線の部分をつまんで左右に開くイメージです。 上と下の部分を縫います。 最後に裏返すので、返し口の部分は縫わずにあけておきます。 さらに左右の脇の部分も「耳あて」用のゴムを通すために、1cmほど縫わずに残しておきます。 中心にきている湾曲した縫い目(最初に縫った部分)はアイロンで割って、ゴロつきがないようにフラットにしてから縫ったほうが仕上がりがきれいになります。 上下を縫い終わったら、あけておいた(縫わずにのこしておいた)返し口から全体を裏返し形を整えて、返し口を縫い閉じます。 左右の「耳あて用ゴム」を通す部分の1cm内側を縫います。 中心部分がずれないように、一部を縫い合わせますがこれはやってもやらなくてもいいと思います。 左右の「耳あて用ゴム通し」の部分にゴムを通して完成です。 2009年当時、 私は丁度いいゴムがなかったので平ゴムを通しましたが、マスク用のゴムをユザワヤやオカダヤなどの手芸店で入手されて作ると、より快適なマスクになります。 ネット通販でもマスクは売り切れだけど、「マスクゴム」はまだ在庫あります。 実は我が家には2009年に買ってストックしておいたマスク用ゴムが、いまだに沢山あります。 私は真っ白なさらし木綿で作ったので、表裏や上下が使っていてわからなくなりました。 予防のためにも表裏ははっきりさせておいたほうがいいと思い、あとから赤い糸で裏側に目印を作りました。 ツイッターで紹介されていた下記の「マスクゴムの楽な通し方」も参考に。 着用する時は首の後ろに回すようにしてゴムをかける方法です。 不織布マスクが売り切れてるので布マスク自作される方も多いと思います。 マスクゴムならまだ在庫たくさんありますし作り方もたくさん紹介されてますね。 その時にマスクの表側に手をふれない。 帰宅したらすぐに、玄関先で袋などに入れて、菌を室内に持ち込まない注意が必要などと言われています。 せっかく作った布製マスクを、使ってすぐ捨てるわけにはいきませんので、洗って繰り返し使うことになります。 私は、帰宅したらまず、マスクにアルコール除菌スプレーをかけています。 その後、除菌効果の高いハンドソープで手洗いして、干して乾かし、繰り返し使っていました。 今は固形の薬用石鹸ミューズで洗っています。 一度にまとめて3、4枚作っておくと、洗いながら繰り返し使えると思います。 菌が気になる方は、玄関先ですぐにバケツなどに入れて、漂白剤につけるという方法もあります。 色や柄のある生地でマスクを作った場合、ハイターなどの漂白剤ですと、色落ちする可能性が高いのでご注意ください。 お子さん用には、かわいいキャラクターの柄入りの布などで作ると、嫌がらずに使ってもらえるかもしれません。 もっと簡単な四角いマスクの作り方も紹介しています。 四角いマスクならゴム通しの部分を縫うだけです。

次の

作り方☆ワイヤー入り立体布マスク

手作り マスク 鼻 あて

2020年3月27日 2020年4月17日 香港マスク 一度つけたら普通のマスクには戻れないほど快適 香港マスク(本名:)が快適すぎるーーー!! 鍼灸の先生に情報をいただいて作りました。 その後、1週間使ってみて、確信しました。 これは、世界に広げるべき。 広げなくてはならない。 私には香港マスクを広げる使命がある!!!!それほどに素晴らしいマスクなのです。 何が素晴らしいって、 「作るの簡単」「性能が高い」「コストが安い」の三拍子がそろっていることです。 新型コロナが流行する今、手作りマスクをしている人はたくさんいます。 そういった人たちに、できれば、できれば、この性能の高いマスクを作って欲しいと思うのです。 マスクを作る素材も品薄です。 だからこそ、同じ材料を使うなら性能が高いものを作って欲しい。 そう願います。 香港マスクの元情報は英語と中国語(広東語?)。 筆者は外国語に弱いので。 間違っているところもあるかもしれません。 けれども、それでもなお、この情報を広げる必要があると感じました。 間違っていることがあったとしても、そんなのはインターネットの集合知がなんとかしてくれる!そう思いで、この記事を書きます。 この記事は 「香港マスクって何?」「香港マスクのどこがすごい?」「香港マスクの使い方」「香港マスクの作り方」の順で説明します。 香港の化学博士が3週間で発案した 新型コロナの影響を受け、香港でもマスクが不足。 香港にとある化学博士が3週間で簡単に作れる方法を考えたというのです。 詳しいことは下記の記事を読んでください。 残念ながら、筆者には下記記事以上の情報がないので、記事の紹介に留めさせていただきます。 胸が熱くなる話なので、ぜひ読んで。 香港マスクは、医療用マスクに近い性能を持つ 香港マスクはどれくらいすごいのでしょう。 化学博士が考えたとあって、縫製の先生が考えたものとは設計思想が違います。 ティッシュペーパーやキッチンペーパーをフィルターとして使うことで、 医療用で使うN95マスクの最大91.3%の性能になります。 N95マスクというのは、結核患者を治療するとかそういうときに使うものです。 このマスクの90%もの性能があれば、一般人が使うのには十分すぎるくらいと言えます。 ティッシュペーパー2枚でも70%の性能が出ます。 と、この話がどんだけ眉唾なのか、一般人の私にはわかりません。 まあ、でも考えてみてください。 みなさんは、医療用マスクの代わりに、これを使おうとしているわけじゃないですよね。 万が一、この話が不正確だったとしても、他の布マスク以下ってことはないでしょう。 だって、口と鼻を布で覆っていますもの。 最低で、他の布マスクと同じ、もしかしたら、それよりいいかもしれないって話なのです。 だから、どうせ作るなら、これにしたほうが……って、私は思うんです。 マスクを開発した鄺士山化学博士のコメントです。 「日本では花粉症でマスクを毎年使用する方が多いでしょ。 このマスクをぜひ作って使ってほしい」 そうなんです! 花粉症の人にもオススメです! あと、メガネの人にもオススメです(けっこう曇らないっす。 そして、ここがイチバンすごいこと。 型紙は無料で公開されています。 赤ちゃん用から成人男性 用まで5種類。 マスクの四隅がピッタリと頬に当たります。 ですので、息を吸ったときに隙間から空気が入り込んでいる感覚がありません。 香港マスクをつけたあと、一般の使い捨てマスクをすると「ガバガバやな」って思います。 だから、 花粉も防げます。 頬の四隅が顔にピッタリフィット 息を吸うときには、マスクのど真ん中(フィルターがあるところ)から空気が入ってきて、吐くときは両サイドから抜けていく感覚があります。 鼻の両脇の隙間から空気が出入りする感覚がありません。 なので、メガネが曇らないんです! 息を吸うときは真ん中から入ってくる 吐くときは、横から空気が抜ける と、書きましたが、写真を見てわかるとおり、筆者はメガネをしないので(視力1.5)、メガネが曇らないのか本当は知らないのですけど、家族がメガネの人で「おおおおお、曇らない」って言ってたので、曇りにくいんだと思います。 そして、残念なことに筆者は花粉症なのかそうじゃないのかよくわからない慢性アレルギー的体質なので、本当に花粉症が防げているのか自信ないんですけど。 いや、でも、たぶん、体感的には花粉症の人にいいと思う。 だから、だれか、使ってみて!そして、感想教えて! 香港マスクの使い方だよー! 香港マスクは、使い方が普通のマスクとは違います。 香港マスク (1)フィルターを内側にはさむ マスクは布2枚を合わせた形になっています。 この内側にフィルターを入れます。 フィルターはキッチンペーパーやティッシュペーパーでOKです。 キッチンペーパー2枚を90度ずらしていれるのが最強だそうです。 ティッシュペーパーの方が、性能は落ちますが、息苦しくなりにくいです。 フィルターをはさむ ポイントは、 フィルターがマスクからはみ出るようにすることです。 フィルターが外にはみ出るようにすべし (2)下側のゴムを頭からかぶる 下側のゴムをかぶります。 まず、ゴムを頭からかぶる (3)マスクをして耳にかける 普通にマスクをして耳にかけます。 ホイコバージョンでは、耳にかけるところの長さを調整をできるようにしているので、結び目を持って紐をひいて調整します。 耳にかけますー マネキンちゃんの頭が小さすぎるので、長さ調整したあとの結び目がエライところまで来ていますが、普通の人間だとこうはなりません。 (4)長いゴムを上に引っ張る 長い方のゴムを上に引っ張ると、首の後ろが固定されます。 これでマスクの下端がピッタリと顔にフィットします。 ホイコバージョンでは長さ調整アダプターがあるので、頭にピッタリになるように調整します。 元バージョンではゴムを結ぶようになっています。 上のゴムもしっかり止まるように、長さ調整 (6)鼻の周辺をフィットするように抑える 鼻部分にはワイヤーが入っているので、抑えてフィットさせます。 鼻を押さえてフィットさせる 装着完了! 本家も動画出してくれてます! 香港マスクの洗濯方法! 「4時間連続で使った場合、もしくは濡れた場合」には取り替えてください。 とありました。 洗濯は石けんでOK。 洗濯して乾かしたあとに、 高温のアイロンで殺菌します。 筆者は洗濯ネットに入れて、洗濯機で洗ってます。 香港マスクの作り方! ミシンがあれば簡単に作れます。 布は綿100%を使ってください。 シャツや枕カバーなんかでもいいよ!って香港の人が教えてくれました。 そして、本家でも、作り方の動画を投稿してくれています。 参考にどうぞ。 布(綿100%)• ワイヤー• 耳かけ用の紐(Tシャツヤーン、クッションヤーンなど)• 平ゴム(8ミリ) ホイコバージョンの場合の分量です。 ワイヤーは元の型紙に書いてあるのと同じです。 紐とゴムの長さは筆者(M と筆者の主人(L に合わせているので、各自使う人の大きさに合わせてください。 Mサイズ Lサイズ ワイヤー 10センチ 10センチ 耳かけ用の紐 28センチ2本 5センチ2本 30センチ2本 5センチ2本 平ゴム 86センチ1本 90センチ1本 型紙をつかって、布を裁つ 布を2枚重ね、型紙の大きさに切ります。 型紙は実線のほうが表布用。 破線が裏布用です。 型紙には縫い代が含まれています。 表布、裏布を各2枚裁断してください 緑が表布、白が裏布です 型紙に合わせて、表布にノッチを入れておいてください。 上の方に1カ所です。 ノッチを入れておこう センターを縫い合わせる 縫い代1センチで、センターを縫い合わせます。 まち針面倒でクリップ止め。 上端を縫う(表布にはワイヤーを入れる) 上端を1センチ折り込み、端を縫います。 「縫い代、これでええの?」って筆者も思いましたが、内側になるので、意外に大丈夫です。 表布は、縫う前にワイヤーを中央に入れておきます。 後から入れるのは大変です(経験談)。 表にはワイヤーを先に入れておこう 縫いました あと、センターの縫い代に切り込み入れると開きやすいです ちなみにワイヤーなんですけど、捨てる予定だった使い捨てマスクのワイヤーが最強に使いやすいです。 使い終わったマスクのワイヤーくれる人募集したいくらい。 テクノロートを使ってもいい感じです。 使い捨てマスクのワイヤーは使いやすい。 さすが テクノロートもワイヤーとして使える(ってユザワヤの店頭に書いてあった 下端を縫う 下端も、縫い代1センチで縫います。 下端を縫ったところ 紐をつけながらサイドを縫う 表布のサイドを1センチで折り返します。 サイドを折り返す ここでホイコバージョンです。 マスクの耳かけ用のゴムって入手しづらいじゃないですか。 なので、ダイソーのクッションヤーンや、Tシャツヤーンを使う方法を解説します。 それもなければ、いらないTシャツを細く切ればそれで大丈夫です。 本日は、こちらをつかいます Tシャツヤーンでもいける Lサイズの場合30センチ2本、5センチ2本用意します。 Mサイズなら28センチ2本、5センチ2本。 ですが、これ筆者のサイズなので、まずは長めで作ってみて、自分に合わせて調整してください。 紐を切る。 長さは自分に合わせて 表布の、上側に長い方を、下側に短い方を丸めて縫い付けます。 返し縫い3回くらいしてます。 普通にゴム紐を持っている方は、こんな感じで縫い付けてください。 紐があれば、こんな感じで 表布と裏布を縫い合わせる 中表にして、表布と裏布を縫い合わせます。 縫い合わせるのは両サイドです。 縫い合わせたら縫い代を切り落とします。 縫い合わせたところ 縫い代を切り落とす 表に返して、両サイドを縫う 表に返して、両サイド1センチのところを縫います。 表から、サイド1センチのところを縫う 下側中央を2センチくらい縫う マスクした側、中央の2センチくらいを縫います。 中央部分を2センチくらい縫う ノッチ部分を縫う 表布のノッチをつけたところを縫います。 ワイヤーの両端を抑える感じになります。 ノッチをつけたところを縫う ゴムを通す 平ゴムを通します。 ゴムを通します パーツを取り付ける ホイコバージョンでは、を取り付けました。 なければ、平ゴムを長めにしておいて、頭の後ろで結べば使えます。 耳かけ用の紐を結ぶ 結び目を持てば、長さが調整できる結び方で結びます。 短いところに長い紐を通して、円を作る 端じゃない方の紐を、重なったところの下に置く 紐の端を後ろに回す わっかに通す(ぶれててゴメン) こうなったら成功 これで、マスクの完成です! できたー! ちなみに筆者、裁縫の専門家でもありません。 詳しい人が見たらイマイチなところもあるかもしれません。 ですので、もっといいアイディアあったら教えてください。 インターネットの集合知に期待しております! 布は安いものでできますし、いざとなったら、捨てようと思っていた服とかいろんなもので作れると思います。 使うと感動しますし、きっと、手放せなくなるので、試してみてください。 このマスクを開発してくれた博士と開発チームのみなさんには深く感謝いたします。 いろんな布で作ってみると、本当にオシャレです。 自分用には花柄で、主人用には和柄で作りました。 黒の和柄にしたら、まるで忍者。 中2病魂がくすぐられている様子です。 花柄で華やかに 裏布にはWガーゼを使用 男前体操柄と和柄 中2病的マスク.

次の

みんなのマスク|手作りマスク(ハンドメイドマスク)の作り方

手作り マスク 鼻 あて

100円ショップの不織布で作る使い捨てマスク 今回の材料は、ダイソーの「水切りフィルター」を使います。 素材は市販の不織布マスクと同じ「ポリプロピレン」ですので、衛生的にも問題ないと思われます。 ミシンを使って作れば、市販のプリーツマスクと見た目のみならほぼ同じになります。 ミシンを使わなくても、手縫いでもできます。 手作りマスクなので ウイルスや菌を完全に予防できるものではないということをご理解の上ご使用ください。 使用するのはこちらのダイソー「水切りフィルター」です。 「どうしてもダイソーに行けない」「近くのダイソーには売っていない」という方には、全く同じサイズのこちら「水切りゴミ袋」がおすすめ。 水切りフィルターを赤い線のところで4つ折りにします。 4つに折ったらずれないように、四隅を手芸用クリップなどで固定しておきましょう。 「わ」になっている方を上にして、プリーツを3つ作ります。 最初の折り目は上から2cm、あとは1cmずつの間隔で折ると作りやすいです。 まち針で押さえたプリーツを固定するように、糸で縫います(赤い線の部分)。 この時、私は手縫いで縫いました。 普通の並縫いでOKです。 ここからはゴムの縫い付けです。 ダイソーやセリアにある「モノクロゴムバンド」を使います。 白と黒2種類のゴムが入っているので、その中から白いゴムだけ使用します。 ゴム1つだと小さすぎてマスクに合わないので、輪ゴムをハサミで切って1本のゴムの状態にしたものを2つ用意し、テグス結びで結びあわせて1本にします。 さらに、マスクに縫い付けるための玉留めを両端に作ります。 「6」のゴムをマスクに縫い付けていきます。 マスクの四隅に、玉留めの横を押さえるようにして縫い付けます(赤い線の部分を3往復くらい縫う) 8・これで完成です。 手縫いでも慣れれば20分くらいで作れます。 ゴムの長さをもっと短くすれば子ども用に、ゴムの長さをもう少し長くすれば男性用にも使えます。 プリーツを広げるとこんな感じです。 見た目はほぼ、市販の不織布のマスクと同じです。 平ゴムの場合 2月末に手芸用品店の「ユザワヤ」でマスクゴムが欲しかったのですが、なかったのでパジャマなどに使うソフトゴム(柔らかい平ゴム)の5mmを買いました。 この平ゴムを使って、ミシンで同じマスクを5個作りました。 上記の輪ゴムを使った作り方では、プリーツを縫ったあとにゴムを縫い付けましたが、平ゴムは輪ゴムよりは扱いやすいので、プリーツを縫う時に一緒に縫い付けました。 テクノロートで鼻あて さらに、手芸用の形状保持材「テクノロート」をユザワヤで購入したので、これをマスクの鼻の部分につけます。 100円ショップの「サージカルテープ」を使うと、肌にも安心で、使用後にテクノロートだけ取り外す(しっかりと除菌してください)のも簡単です。 マスクの鼻に当たる部分の裏側(肌に触れる側)におよそ6cmくらいのテクノロートを、サージカルテープで貼り付けます(赤い四角の部分)。 使用したのは「テディベア用資材」として販売されている形状保持材「テクノロート」です。 ユザワヤでは手作りマスクのコーナーに置かれていました。 その他のマスクの通販はこちら.

次の