オキシトシン 分泌。 幸せホルモン、オキシトシンの効果とオキシトシンの増やし方 | 女性の美学

オキシトシンと睡眠について

オキシトシン 分泌

高橋徳(たかはし・とく) 統合医療「クリニック徳」院長。 1977年、神戸大学医学部卒業。 関西の病院で消化器外科を10年間専攻した後、渡米。 ミシガン大学助手、デユーク大学教授、ウィスコンシン医科大学教授を歴任。 米国時代の主な研究テーマは「鍼の作用機序」と「オキシトシンの生理作用」。 2016年、名古屋市に統合医療「クリニック徳」をオープン。 「日本健康創造研究会」会長。 昭和大学客員教授、ウイスコンシン医科大学名誉教授。 「愛のホルモン」の多彩な作用 最近、雑誌やテレビなどでもしばしば取り上げられるようになりましたから、「 オキシトシン」という脳内ホルモンのすばらしい働きについて、ご存じのかたも増えてきました。 オキシトシンは、脳の視床下部という場所で産生されるホルモンです。 分娩の際の子宮収縮や母乳の分泌を促す働きがあり、昔から、「お母さんホルモン」や「愛のホルモン」として知られてきました。 その後の研究によって、オキシトシンはほかにも、驚くほど多くの効能を体にもたらすことが判明しています。 最初に、私自身とオキシトシンとの関わりについて触れておきましょう。 私は、消化器の外科医として医師のキャリアをスタートさせました。 外科と併行して鍼灸の勉強をしていた私は、術後の痛みを訴える患者さんに鍼治療を行い、その効果に驚くと同時に、西洋医学の治療に限界を感じるようになりました。 そこで、もっと研究を重ねたいとアメリカに渡り、ウィスコンシン医科大学などで研究活動を行ってきました。 ストレス研究が私の主要テーマでしたが、この過程で出合ったのがオキシトシンでした。 研究によって、オキシトシンが、ストレス反応を引き起こすホルモンの分泌を抑え、ストレスを和らげることを突き止めました。 さらに、脳内麻薬といわれるエンドルフィンの分泌を促し体の痛みを改善する作用や、自律神経の働きを整えて不眠や胃腸障害を改善する作用、脳内の神経伝達物質であるセロトニンやドーパミンの分泌を促す作用などがわかってきたのです。 セロトニンは精神安定に欠かせない物質、ドーパミンはやる気を起こさせる物質です。 湯ぶねに浸かるだけで「愛のホルモン」が分泌 では、オキシトシンはどのようにすれば、その分泌を増やすことができるでしょうか。 それには多くの方法がありますが、最も手軽で着実な方法が「 入浴」なのです。 オキシトシンは、心地よい感覚刺激、あるいは心地よい心理的刺激によって分泌が促されます。 私たちが入浴して湯に浸かると、ほっとリラックスします。 温かいお湯が肌に触れることで、脳に快適な感覚刺激が伝えられます。 かつ、入浴でほっとすることも、心理的な刺激として視床下部に伝えられます。 この両面の刺激によって、オキシトシンの分泌が促進されることになるのです。 万能ツボを押しながら入浴すると効果倍増 入浴するだけでもオキシトシンの分泌が促され、多くの健康効果が期待できますが、加えて、ぜひ試みてほしいのが「 ツボ押し入浴」です。 私も1日の疲れを癒すために、湯ぶねにゆっくと浸かりながらときどき行っています。 私はアメリカで、ツボ刺激の効果について西洋医学的な視点から解明する研究も行っていました。 研究を通じてわかってきたことは、ツボの効能にも密接にオキシトシンが関わっているということでした。 あるツボに鍼を刺して刺激すると、その刺激は脊髄に入り、脊髄視床路という経路を伝って脳へと伝わります。 脳へ伝わった刺激の一つが視床下部に届くと、そこでオキシトシンが産生され、さまざまの健康効果をもたらすことが確認できました。 ツボ押し入浴で、お勧めしたいのは、 合谷と 足の三里という2つの万能ツボです。 【 合谷の探し方 】 ・手の甲の親指と人さし指のつけ根の骨と骨の間。 押すとズーンと響く感覚があるところです。 足の三里は、ひざの外側でお皿の下にあります。 押すと、やはりズーンと響くところです。 合谷は、上半身のさまざまな症状に効く万能ツボです。 肩こり、五十肩、頭痛、めまい、目や鼻の不快症状などに効果的です。 足の三里は、下半身のさまざまな症状に効果を発揮する万能ツボです。 特に胃腸全般や腰痛、ひざ痛に有効とされています。 松尾芭蕉が『奥の細道』で、足の三里へのお灸を紹介したことでもよく知られています(ツボの探し方と押し方の詳細は、下の図を参照)。 また、ご夫婦で入浴し、互いにツボ刺激を行うのもお勧めです。 リラックスし、コミュニケーションを深めることも、オキシトシンの分泌を高めることがわかっています。 お試しください。

次の

オキシトシン分泌を増やす方法とは!? 専門医師が解説! vol.2

オキシトシン 分泌

人に備わるストレス防御システム 現代社会において、「ストレスなどない」と言い切れる人はどのくらいいるだろうか。 通勤の満員電車に長時間労働、職場やプライベートの人間関係、将来設計の不安……。 そもそもストレスと関わらずに生きること自体が、不可能にも思える。 だからと言って、ストレスを放っておくと身体機能を調整している自律神経の働きが乱れ、健康に大きな影響を及ぼすことになる。 ストレス性潰瘍と呼ばれる胃潰瘍や十二指腸潰瘍だけでなく、心筋梗塞、高血圧、不整脈、そして近年ではうつ病やパニック症候群なども、ストレス社会が生んだ現代病とされている。 ただ、こうしたストレス性の病が大きく取り上げられるようになったのは、そう昔の話ではない。 そう考えると、本来、人は病気になる前にストレスに対処できる能力を持ち合わせているのではないだろうか。 「人間はストレスを感じると、脳の視床下部から下垂体に向かって、CRF(Cortictropin Releasing Factor)というストレスホルモンを分泌します。 これに反応して副腎(腎臓の一部)から分泌されるのが、アドレナリンとコルチゾール(糖質コルチコイド)というホルモンです。 アドレナリンは、交感神経を刺激することで、心身共にいつでもストレスと戦える準備をします。 対してコルチゾールはストレスと戦うために必要となるエネルギーを蓄えるものです。 さらにACTHを受け取った副腎がアドレナリンとコルチゾールを出す 資料協力:高橋徳 そう話す統合医療クリニック徳・院長、高橋徳氏は、消化器外科医として病院に勤務した後、40歳目前で米国に渡り、ミシガン大学、デューク大学、ウィスコンシン医科大学などで、ストレス研究に力を注いできた人物だ。 そもそもホルモンとは、脳の直下にある脳下垂体や喉仏の下にある甲状腺など体内のさまざまな場所で作られ、人体の生理機能などに作用する物質のことを指す。 ストレス抑制に関わるノルアドレナリンは、分泌されると覚醒作用を示し、心拍数や呼吸数、血圧を上げて体を緊張・興奮状態にすると言われている。 メリットとして、やる気を高めるほか、集中力や判断力、長期的な記憶力を高めたり、ストレス耐性を強めたりする作用もあるが、これが過剰に分泌されるとイライラしやすくなるため、「怒りのホルモン」とも呼ばれている。 一方、コルチゾールはストレスによる脳の機能低下や血糖値の低下などを防ぎつつ、免疫力も高めてくれる物質とされている。 ただし、こちらもまた、過剰に分泌されれば自律神経のバランスを崩すだけでなく、血圧や血糖値が上がり過ぎてしまい、結果的に免疫力を低下させるという。 ただ、同じような状況下にいても、中にはまったく平気な人もいます。 私は胃腸疾患患者の治療を行う中で、それがどうしても不思議でした。 オキシトシンとは、脳の視床下部で生成され、下垂体から分泌されるペプチドホルモン(アミノ酸が2個以上つながって構成されたホルモン)の一種だ。 「そもそもオキシトシンは、『愛情ホルモン』とも呼ばれ、女性の妊娠・出産時に大量に分泌されるホルモンとして医療業界では有名でした。 陣痛促進剤として使われているのも、実はオキシトシンなんです。 私が米国で研究をしていた1990代半ばごろは、ちょうどこのオキシトシンについての研究が躍進している時期でした。 多くの実験結果から、オキシトシンの分泌が、ストレスの軽減に大きな効果を持つことが分かってきたのです」 1955年、米国の生化学者、ヴィンセント・デュ・ヴィニョーがオキシトシンに関連する研究でノーベル化学賞を受賞した当時は、オキシトシンには哺乳動物が出産時に子宮を収縮させる働きと授乳時に乳を出すように促す働きがある程度のことしか分かっていなかったという。 しかし、次第にその他の効果にも目が向けられるようになっていったという。 関西の病院で約10年間、消火器外科医として活躍していた高橋氏。 ストレスと胃腸疾患の因果関係を解明するために渡米を決意した 「私が行った実験では、オキシトシンを注入したマウスと、オキシトシンを分泌させないようにしたマウスを狭い部屋に入れて比較したところ、後者は、暴れまわったり下痢をしたりと、体に異変が生じました。 ストレス過多になった時、人間に見られる症状と同じ症状がマウスにも見られたのです。 一方、オキシトシンを注入したマウスにはそれらの症状が出ない。 実験を行う中で、オキシトシンがストレスともなんらかの因果関係があることが見えてきました」 その後、オキシトシンを投与した際には、CRFの過剰分泌が抑えられることが分かってきたという。 オキシトシンの分泌量が多ければ、よりストレス状態に耐えられるということだ。 「ただ、妊娠・出産時に分泌されるとされていたホルモンを、妊娠していない女性や、男性が出すにはどうしたらいいのか。 「美しい景色を眺める、好きな音楽を聴く、おいしいものを食べるなど、五感を刺激して人が気持ちいいと感じているときは、やはりオキシトシンは増えるのです。 それらは男女共に効果が見られました。 特に意識せず、ストレス解消のために私たちが行っていることは、実際に軽減する効果があったということです。 ただ、もっと積極的にオキシトシンの分泌を促す方法はないのか、と考えました。 そして研究の結果、『他者との触れ合い』が効果的だと分かってきたのです」 また、同じ部屋に入れた2匹のマウスのうち、1匹を1日2時間、部屋から出してストレスを与え、元いた部屋に戻すという実験を行った。 すると、残されていたマウスが戻ってきたマウスの世話を始めたという。 「当初は、ストレスの有無が他者との関係にどのような影響を与えるのかを考察する実験として行いました。 すると、残されていたマウスが戻ってきたマウスの世話を始めたのです。 ストレスを与えられたマウスに対して、思わず寄り添って、介抱しようという気持ちが表れた結果であったと考えられます。 このときのマウスのオキシトシンを免疫染色で測定してみると、世話をしてもらったマウスはもちろん、世話をしたマウスにもオキシトシンの分泌が見受けられました。 一方で、同じ部屋に入れた2匹のマウスのうちの1匹を部屋から出すだけでストレスを与えずに、そのまま元いた部屋に戻すという実験も行ったところ、残されていたマウスが戻ってきたマウスの世話をすることはありませんでした。 つまり、オキシトシンはあくまでCRFに反応しているとも言えるでしょう。 そこから、ストレスを感じているときほど、人と人の交流によってオキシトシンは分泌されるのではないか、という考えに至りました」 マウスの実験後、免疫染色法によってオキシトシン分泌量の増加が確認された。 「免疫染色」とは、特殊な方法で細胞を染めた後、脳の輪切り画像を映し出して、数をカウントする測定方法 画像協力:高橋徳 人を思いやるだけでストレスは減る 常にストレスにさらされているビジネスマンにとっても、オキシトシンが大切なホルモンの一つであるのは間違いないようだ。 では、人との交流を含め、日常生活の中でオキシトシンを分泌するには、具体的にどんな行為が効果的なのだろうか。 「単純なことですが、感謝の気持ちを持つことが大切です。 誰かへの感謝や思いやりの気持ちを頭に思い浮かべるだけでも、オキシトシンが分泌されることが実験で判明しているんです。 その他にも、ちょっとしたことでも『ありがとう』と感謝を伝えたり、会社の仲間とランチを囲んだりすることも効果的でしょう。 仕事帰りに焼き鳥をつまみながら愚痴をこぼし合うことだって、オキシトシンの分泌には大事なんです」 とはいえ、その人間関係こそがストレスになる人もいるだろう。 万能のツボと言われる「合谷」の位置。 他に、頭のマッサージなども効果的だそう 「親指と人差し指の間の付け根にあるくぼみを、気持ちのいい強さで押すだけでオキシトシンが分泌されることが判明しています。 ただ、それよりもまずは、相手を思いやる利他の心を持つことが、このストレス社会を生き抜くポイントではないでしょうか。 必ずしも人と積極的に触れ合わずとも、感謝の気持ちや思いやりの気持ちは抱けますから」 ストレスに打ち勝つためのホルモン、オキシトシン。 最新の研究では、その分泌が自閉症の治療につながる可能性も発表されており、まだまだその実力は未知数のようだ。 その可能性に期待して、今日から積極的に、人に優しくしてみてはいかがだろうか。

次の

幸せホルモン、オキシトシンの効果とオキシトシンの増やし方 | 女性の美学

オキシトシン 分泌

下垂体後葉から分泌され、9個のアミノ酸からなるペプチドホルモンです。 オキシトシンは、愛情や信頼など人間関係の維持、構築の上でも重要な役割を果たしています。 日々のストレスを緩和し、わたしたちに「幸せな気分」をもたらしてくれます。 そんな、最高な幸せホルモン「 オキシトシンを増やす方法」を「 裏技」も含めてわかりやすくご紹介します。 オキシトシンを増やす方法 オキシトシンを増やす方法を実行することで、多幸感(幸せ)を感じることができます。 まず基本的として「グルーミング」でオキシトシンを増やすことができます。 グルーミングとは、「スキンシップ」のことで、他人に触れたり触れられることです。 他にも、他人に親切にすることなどでも増やせます。 一人の時でも増やす方法があります。 恋人とスキンシップする 大好きな恋人といる時間は幸せですよね。 さらに、手をつないだり、抱擁したりすることでより強い「多幸感」を感じるのですが、まさにその時「オキシトシン」が分泌されています。 恋人とスキンシップすることでオキシトシンの分泌量が劇的に増やせます。 オキシトシンは血液に放出されるので、血中濃度で測定することもできます。 でも、恋人がいない。 失恋した。 そんな場合も大丈夫です。 他にもオキシトシンを増やす方法は沢山あります。 だれかと会話する 同性も含めて異性でなくても、人と「おしゃべり」や、ちょっとした「触れ合い」をすることでもオキシトシンが分泌されます。 また多数の人と交流する機会には積極的に参加しましょう。 他人に親切にする 他人に親切にすることでオキシトシンが分泌されます。 一日一善を目指すことは、自分の幸せにもなるのですね。 道を聞かれたら丁寧に教えてあげる。 道端のゴミを拾う。 募金する。 困っている人がいたら助ける。 できることがないか見つけて試しにひとつだけやってみてください。 ペットと触れ合う 犬や猫などのペットと触れ合うことでも、かなりのオキシトシンが分泌されることがわかっています。 もしペット禁止の場所にお住まいの方は、近所の公園の野良猫や、猫カフェなどで猫をなでてみると心が癒やされますし「オキシトシン」の分泌が増えるのでおすすめです。 オキシトシン 増やし方 食べ物 食べ物でオキシトシンが増やせると便利ですよね。 しかし、 現在、オキシトシンを増やす食べ物は科学的に特定されていません。 残念ながらオキシトシンを増やす食べ物は見つかってないのです。 しかし「大好きな食べ物」を食べるとオキシトシンが分泌されると言われています セロトニンは食べ物で増やせます そこで、食べ物で「幸せ」を増やしたい場合は、もう1つのホルモン「セロトニン」を増やす食べ物の摂取がおすすめです。 こちらは、科学的にわかっています。 トリプトファンとビタミンB6でセロトニン増加 トリプトファンとビタミンB6がセロトニンの材料になることがわかっています。 トリプトファンは、牛乳、チーズ、大豆、魚、卵、肉に豊富に含まれています。 バナナ、小麦胚芽、ナッツにも含まれています。 ビタミンB6は生にんにく、ひまわりの種、ピスタチオに豊富に含まれています。 バナナ、レバー、赤身魚がカンタンに摂取しやすいので、意識して食べると良い食べ物です。 セロトニンは食欲抑制効果や自律神経失調症、不眠症や精神不安定、リズム障害を改善するホルモンとしても注目されています。 オキシトシンに加えて、セロトニンも上記の食べ物で増やしてみませんか? オキシトシンの増やし方(アロマ) 鎮静作用のあるクラリセージにも、オキシトシンを分泌させる効果があると言われています。 ただし、クラリセージの香りは「草のような独特な匂い」がします。 好きな人には評判が良いのですが、「この香りが苦手な人」の場合、気分が悪くなったり、気持ち悪く感じる方もおられます。 そのため、アロマでオキシトシンを増やしたい場合は少量からテストすると良いでしょう。 オキシトシン増やし方「一人用」 大好物を食べる 大好きな食べ物を食べるとオキシトシンが分泌されます。 映画を見る 映画を見たり、漫画、小説を読むことでもオキシトシンが分泌されます。 特に、感動して涙がでるような作品はオキシトシンの分泌が増えると言われています。 劇場 劇場で演劇などを見るのもオキシトシン分泌におすすめです。 素晴らしいお芝居には、拍手をして感激を表現してみましょう。 スポーツ観戦 映画や漫画、小説などと同じです。 スポーツを観戦していると感動して涙を流すことも多いですよね。 その時、あなたは「愛のホルモン」を分泌しています。 コツとして「かわいい!素敵!綺麗」など言葉にすることでより効果的にオキシトシンが分泌されると言われています。 感動を言葉にして発して気持ちを素直に表現してみましょう。 マッサージ、リフレクソロジーを受ける マッサージ、リフレクソロジーなど人に、心地よくマッサージされるサービスを受けることでもオキシトシンが分泌されます。 肩こりや腰痛治療だけではなく、精神的にも癒やされて幸せになる効果が期待できます。 この方法なら、今あなたに恋人がいなくても「一人」で今すぐできるオキシトシン分泌を増やすことができます。 生活改善でオキシトシンを増やす方法• 夜22時(最悪でも0時まで)には就寝する。 夕方からパソコンを操作しない• 朝日を浴びる(セロトニンも分泌されます)• 30分程度のウォーキング(日光浴もすると一石二鳥)• 腹式呼吸をする• 感情を恥ずかしがらずに言葉に表す• 一日一善、他人に親切にする• 家族との時間を大切にする• 恋人との時間を大切にする オキシトシンを分泌させるツボ オキシトシンを分泌させるツボがあるとすれば、押せば幸せになれます。 しかし、そのようなツボは発見されていません。 しかし、マッサージなどを他人から受けてスキンシップすることで「オキシトシン」が分泌されることはわかっています。 さらに、あなたがだれかをマッサージしてあげることでも「オキシトシン」が分泌されます。 「スキンシップ(肌のふれあい)」がオキシトシンの分泌量を増やすからです。 オキシトシンの効果• 幸せを感じる• 愛情が溢れてくる• 自他への信頼感が増す• 血圧を下げる• 心拍を安定させる• ストレスホルモンの血中濃度を下げる• ストレスそのものを軽減する• 痛みに強くなる• 学習効率が高まる• 心が安らぐ(精神安定)• 自律神経が整う(副交感神経優位)• 癒やしを感じる• 情緒が安定する• 女性らしさが向上する• 浮気を予防する(絆が深まる) 出典: 出典: 出典: 出典: 出典: オキシトシンを増やすサプリ オキシトシンを増やすサプリは残念ながら存在しません。 オキシトシンを増やす食べ物もまだわからないので、増やすためのサプリも作りようがないようです。 【裏技】オキシトシンスプレーとは? しかし、オキシトシンそのものが配合されているスプレーは存在するので実際に購入して試してみました。 裏技的方法ですが「直接オキシトシンを摂取しちゃえ!」という方法です。

次の