立花孝志 キチガイ。 【悲報】立花孝志「実は手越祐也から相談を受けてました」 → 相談を受けてたのはホリエモンだった 立花無関係

【N国に警告】立花孝志氏の専属カメラマンは裏切り者 編集がへた 撮影場所が悪い NHKから国民を守る党

立花孝志 キチガイ

【立花氏の主張】 1)20年間経理職員だった「経理」をしてきた。 2)取材もしていたし記者クラブにも登録していたので「記者」だった。 の2点です。 NHK内部の人事の話であり、立花氏の説明根拠があやふやで、言うことが、毎度ぶれるので最大公約数を記載していたのですが、今回は、立花氏が断言したことを元に検証することにしました。 具体的な確認内容は以下の通り 1)「立花氏が経理職員ではない」とコメントしたMさんに再度確認。 立花氏を知るNHKの元関係者を紹介してもらいました。 Mさんを含めて、4人の方にそれぞれ立花氏の最近の発言も含め、 その経歴を証言してもらい、共通した部分だけを、まとめました。 2)昔の記事(創:平成18年8月号)で、立花氏は、2chに自ら書き込みをしていたことが 確認できました。 書き込みを始めた初期の平成18年4月〜8月までの立花氏の書き込みは、 本人が書いたモノと判断できます。 これらの立花氏の書き込みの内容も元関係者に 確認してもらいました。 下記の記事参照) 3)大宅壮一文庫で、立花氏の過去の雑誌記事も複数確認。 2ちゃんねるの書き込みとあわせて 整合性も確認しました。 【立花氏の「経理」としてのキャリア】 立花氏は、「放送管理」という職種に分類され「庶務・経理」を担当するカテゴリーの職員でした。 立花氏の経歴を過去の雑誌やご本人の書き込みでも確認しましたが、経理だけではなく、 庶務・雑用もしています。 放送現場で、請求や購買などの手続きをする仕事をしており、立花氏の 経理書類が経理局に送られるという立ち位置です。 立花氏は「経理担当」ではあったが「経理職員ではない」というのが、話を聞いたNHK元関係者の方々の認識でした。 そもそも「経理職員」という表現が紛らわしく、「経理担当職員」か「経理局職員」という言い方がNHK内部では一般的で、立花氏は「経理局」と混同させる事を期待して「経理職員」という言葉を使ったのではないか。 とのことでした。 立花氏の言い分は「伝票処理や契約業務をしていれば経理職員だ」だと思いますが、 NHK内部での認識は、あくまで「経理担当」職員だということになります。 この点、一般人の私の感覚からすると立花氏の感覚に近いのですが・・・・ 次に過去の2ちゃんねるの立花氏自身の書き込みをご覧下さい 立花氏は和歌山時代にタイムカードの管理(総務業務)と広報の仕事を2年間していた事を 言及しています。 ======================================= NHKでのキャリアが20年としても、ところどころ庶務や総務の仕事がまじっていました。 また東京スポーツ時代も本人は以下の様に「自分は経理担当職員ではない」と書き込んでいます。 あなたのいう部局経理とは報道総務 の経理を指しているのではありませんか? 私は人事上ではディレクター扱いでしたので、確かにそういう意味では 経理担当職員ではありませんでした。 ========================================== 上記を見る限り「経理職員」というより、「総務・庶務担当職員で経理処理もしてた」と 言った方がぴったりしますね。 ちなみにNHK内部では経理局職員はエリートだそうで、立花氏も編成(経理)に異動してエリートへの仲間入りを目指していたようですが、途中で挫折してしまったようです。 編成(経理)に異動後、わずか2ヶ月で休みがちになった原因が、以下の記述から読み取れます。 (略) しかし編成局(経理)ではデスクにもなれず腐っていた事は間違いないでしょう。 ========================================== 【記者】という根拠が・・・ 立花氏が、NHKで「記者職」ではなかったことは、元関係者が口をそろえて証言していました。 正確には、「記者の手伝いをしていただけ」ということです。 つまり「記者のお手伝いをしていた」 記者ではないスタッフが、選手のコメントを取りに行くことは、スポーツの部署では、 よくあったそうです。 つまり「記者のような仕事をしていた」=「記者の手伝いをしていた」という事に過ぎません。 立花氏の言う「記者だった」は「肩書きだけの記者」であり、記者の能力やスキルは素人レベルというのが実態だそうです。 となると、あの素人レベルの記者会見の質問も裏を取らない取材も頷けますね ちなみに、立花氏の名誉毀損裁判の本人尋問を傍聴してくださった方の話では、 NHKの弁護士が「あなたは記者職ではなかったですよね。 」と尋問したところ、 立花氏は「記者クラブに登録がある」とか「野球の監督のコメントをとった」などと反論しましたが、「記者職ではない」という弁護士の追求は理屈は覆せず、 最後は「記者のような仕事をしていたのだから記者だった」と言い放っていたそうです。 「記者職」でないのは認めたが、「記者でなかった」とは言ってないようで、 確かに「記者でなかった」とは認めてないですね。 記事は「記者職」と書いているのですが・・・立花氏は「記者職」と読めなかったようですw 当時の2chの立花氏自身の過去の書き込みも確認してみました。 NHK経理は新卒で配属されている人が大多数です。 元電話交換や元受付とか元総務 という担当業務変更組みもいますが、放送現場(元PDとか元記者)から経理という 職員はいません。 ========================================== つまり立花氏が「経理職員だ!」と強弁すればするほど、「記者職ではなかった」と補強することになりますね。 前述の立花氏の言うアジア大会期間のタイでの飛行機事故事故は下記でしょう。 (略) 1998年に開かれたバンコクのアジア大会でも私は現地経理担当でしたが、 ほぼ同じ事をやっていました。 ========================================= 大事故が起きれば「記者」ではなくても、庶務スタッフが取材現場で手伝ったり、記者の指示で情報収集をすることはNHKではよくあることだということです。 アジア大会中に事故が起きたので、手伝っただけのようです。 エリートである経理局職員になるべく、スポーツから編成 経理)に異動したのにもかかわらず、2ヶ月ほどで、会社に行けなくなった立花氏。 現実を受け入れられなかったのでは?という分析を関係者から聞きました。 2ちゃんねるの初期の書き込みにもこう書き込んでいます。 私は上司につねに評価されていたと思っています。 略) 報道局長表彰もされたし、ボーナスは毎回加算されていました。 高卒の中で は昇進も早いほうでした。 ゴルフもマージャンも飲み会も顔出してました。 しかし編成局(経理)ではデスクにもなれず腐っていた事は間違いないでしょう。 =========================================== 不正経理に関しても、なぜ自分だけが責任を負わねばならないのか?と不満を吐露しています。 つまり自分が詰め腹を切らされたことを根に持ったままNHKをやめているわけです。 NHKに対する「愛情」と屈折した感情はこの辺にあるのかも知れませんね。 (実名はイニシャルに置き換え) 【不正の処分が自分以外が甘い。 金額も300万円なのに、M放送技術局長が主催した飲み会のみ30万円 と発表された。 しかも30万円は返金しなくていいと言われた。 最後に 個人名については賛否両論ある事はわかっています。 NHK職員は公人です。 こんな強引なやり方でないとNHKは変わらないのです。 そして個人対巨大組織 の戦いなのです。 私は1年待ちました。 しかしNHKはなんの説明もありません。 「上司の命令に従ってなぜ私だけ処分されなければいけないのだ!」 この処分についての給料減額処分には未だに応じていません。 この理不尽な処分は絶対法廷で争います。 ========================================= 実際のところ、上記の案件で、立花氏が法廷で争った事実は確認できていません。 「訴える」と強がるのは昔からの傾向のようです。 関係者にも確認しましたが、立花氏はやめる寸前、NHK内部で、いろいろな人に助けを求めて、言い訳していたそうです。 直前までやめる気はなかったとのこと。 それと、300万円の不正経理に関して、立花氏がNHKに返金はした痕跡や発言はありませんでした。 直近のNHKの不祥事では、「全額弁済」となっているので、当時のNHKは処分がユルユル。 まさに立花氏はその緩さで、追求を逃れ、退職金を満額ゲットしたと言うことです。

次の

立花孝志の経歴がヤバい!結婚して嫁と子供も!娘が長身で可愛い?

立花孝志 キチガイ

下の方に、立花氏がNHKに入るまでの記事のリンクがあります。 学生時代 高校時代、家庭の事情でパチスロで生計を立てながら学校に行き、成績が優秀であることから推薦でNHKに入ったそうです。 その後30代で海老沢会長と関わるまでになるなんて…相当地頭が良いんだと思います。 当時の立花氏。 35歳ぐらいで 年収1千万ぐらいもらっていたそうです。 奥さんと2歳になるお子さんがいました。 収入に関しては、そのままNHKに居れば、地位とかなりの年収を得ていたでしょう。 NHKの裏金作りを先頭でやっていた。 NHKは法人税を払っていないので脱税等にはならないので、非常にグレーだそうですが突き詰めたらアウトだと思います。 立花氏曰く、NHKは接待費や備品の損失や盗難等にあった時、手続きが面倒だそうです。 経費に計上できない等の穴埋めに使うことが多く、有働アナの出演前に飲むビールもその中から出てたとも語っています。 当時は通常業務みたいな感じだったのかもしれません。 告発文にはこんな事も。 立花氏サイト一部引用。 私は皆さまの受信料であり、公金でもあるNHKの予算を私的に懐に入れたことはありません。 ただし、番組作りの士気を高めるための息抜きや打ち上げ、裏の社会に潜入取材をするような際には、領収書のないお金も必要だと考え、結果的に不正な経理処理に手を染めていたのは紛れもない事実です。 内部告発になるきっかけ。 いわゆる磯野克巳事件。 2004. 20に紅白チーフプロデューサーの横領発覚しました。 NHK本部編成局に在籍していた立花氏は、横領事件の内部調査を担当します。 この事件は、元NHK会長であった海老沢勝二氏の参考人招致が行われたぐらい、世間を賑わせました。 この時、紅白チーフプロデューサーの個人だけの犯罪ではなく、NHK芸能部全体で 2、30億の横領金がある事を知ります。 NHKは紅白チーフプロデューサー磯野氏1人に責任を押し付ける選択をします。 この後、NHK芸能部にお金をキックバックした業者の社長が、警察の取り調べ後に東京湾に車で飛び込んで自殺したそうです。 立花孝志氏曰く、非常に不自然であり、ショックだったと当時の事を語っています。 横領がきっかけで人の命が亡くなった事で、立花氏はこのころから鬱になったのではないのでしょうか? 良心の呵責か、正義感かは不明ですが、NHKを良くしようと社内で立ち上がったそうですが、NHK内では一蹴されたようです。 正義感だけでやっていたが、周りの同僚たちは全て敵になりました。 立花氏サイト一部引用。 私の考えを、NHKの労働組合や所属部署の上司、NHKの野球チームの仲間などにも何度か訴えました。 ある上司には一時間、電話で訴え続けましたが、話し合いは平行線でした。 野球チームの仲間全員にも、メールを送りましたが、やはり良い返事が返ってこない。 みんな、いきなりそんなことを言われても困ってしまう、ということもよく分かります。 うつ病で休職となり、内部告発の決心をします。 立花氏サイト一部引用。 <「悩み抜いた末の決断でした・・・・。 」NHKの現役経理職員・立花孝志氏 37 は、磯野事件をきっかけに、自ら不正経理にかかわってきたという罪の意識に苛まれ続けてきたという。 何度か局内で改革を呼びかけたが、かなわず、ついに小誌で機悔する覚悟を固めたのである。 > NHK退職後にパチプロも NHKを退社後はパチプロで食べていたそうです。 年収1200万以上稼いでいたと、ご本人も言ってますが、普通にパチンコをしててもそんなに稼ぐことはなかなかできないです。 立花氏は打ち子を雇って収益を上げていたと言ってます。 打ち子てなあに?っていう人もいるかと思いますが、合法、違法があり、結構深いのでここでは触れません。 動画発言の一部。 びびって行けなかった。 ・再度NHKからの内容証明で4月1日に呼び出された。 行きました。 怖かったそうです。 面会内容は記事を止めるためにどうすればよいかであり、金、理事の入れ換えを打診されたが拒否。 録音は許されなかった。

次の

立花孝志

立花孝志 キチガイ

立花孝志とは、出身の兼である。 概要 では経理が長く、不正経理をやらされてになったという。 に関する内部告発を行った後から懲処分を受け依願退職。 その後はとしてに必勝法のをするなどしていたがが受信料不払い者に対して訴訟を起こしていることにを向け、だけ受信しない装置「イラネッチケー」や、の集を追い返す方法を説くなどをしてとなった。 時点のでの料収入は8万円になったという。 に「受信料不払い党」(後の「」)というを設立した。 、議員にてし、同年から議員になる。 、議を辞職してに立補。 人中8位の票を集めるも落選。 同時に出したやと並ぶ泡補としてを呼んだ。 、複数の議員に立補して議員に。 に辞職して長選に立補して落選。 ので例し、議員となった。 この立補と、そしてにより立花孝志の名は一躍全区で知れ渡ることとなる。 しかしその後下記の区補選に出したためわずか3かで自動失職した。 この一見するとの行動の理由は、この失職で「」の聡が繰り上がりするので、その後に自身がめてすればの自党議席が一つ増えると踏んだためである。 、予定通り区補欠に出したが、落選。 NHK に入局(就職)後、20年弱勤務していた。 では5年ほどで局のひとつである局の経理担当になり、などのとも面識がある。 最終はなのでに入れたこと自体御の字なのだが、そこから非常に順調な出世を遂げていることになる。 歳となったに、に不正経理を複数回リーク。 に不正経理で懲処分を受け、依願退職した。 退職してからはに 古巣である、特に受信料問題へのを展開。 を見ていない場合、それどころかを見ていない場合でもがあれば受信料を払わなければならない。 機を持つ・は受像機、つまり「を見るために購入した」と解釈され、受信料徴収の対になる。 逆に、受信料を払っていなくても見ることができる。 に裁判等で強制支払いをめられなければ「タダ見」ができてしまう。 といった問題点を挙げ、に対しての訴訟を度々起こしている。 最終的な標はのブル化=「払わなければ見られない、見なければ払わなくていい」への移行。 選挙活動について にて、手元で拳を固めながら、 満面ので 「NHKをぶっ壊す!」と姿でを呼ぶ。 出身者が、で撮されたので、をぶっ壊す発言というな絵面は上でも大いににされ、以後立花孝志が・政で立補する際の定番のになった。 とは言え基本的にはこれは(やと同じく)用のであり、などに呼ばれた際は面に意見を述べている。 また、このから勘違いしがちだが、あくまで「」のの的は 受信料のブル化である。 別にという組織を解体しようとしている訳では(今のところ)ない。 のでは、画面外の職員に向かって「あなたも、NHKをぶっ壊す!」と振るを決行。 当然反応する(できる)訳もなく、「やるわけないですねー」として笑いを誘った。 またにおいて「路上」 を連呼、小区はしなかったが例代表で1議席を獲得してしまった。 同年、彼の「をぶっ壊す」という発言が9で見事 賞を勝ち取った。 「」も 賞を受賞したことにより、堂々のツーフィニッシュを果たすことになった。 パチプロ 退職後はの打ち子元締めを始め(と称している)、をな収入にしていた。 は十代の頃からに熱中し、在職中もだけで年間万以上収入を得ていた。 下記の貯玉を持ちされた事をきっかけに、はをやめており、したいとも思わないと言っている。 貯玉カード持ち逃げ少女とのトラブル 、は「 約万円持ちした、二人への対応方法について」というをにした。 内容は「打ち子をさせていた二人に現万円を持ちされた。 十万円のを懸けるのでに関するを募集する」というものだが、その後続報のを数本するうちに、持ちされたのは現ではく、の貯玉だという事があきらかになる。 店の規約では貯玉はあくまで使用する名義人()の物となり、貸与、譲渡は禁じられているが、は「貯玉の権は自分にある」としている。 その後、このに対して単純横領でしている模様。 双極性感情障害 (いわゆる)とに診断されており、心療内科に通院している。 は躁状態の方が強いらしい。 氏はの問い合わせに実な対応をしていたが、それに対しは 「やでは本人が書いているかどうか確認出来ないので信用しない」とを繰り返した。 その後、氏がなんの反応もしなくなると、「さんはまわっている」とさらにをした。 関連動画 の。 左は、右は。 また、も複数されている。 関連リンク 公式ページ等• 関連ニュース• 26 関連項目•

次の