プラチナ サファリ。 サファリゾーン

ポケットモンスタープラチナでの徘徊ポケモンの動き、復活のしくみ:スイクン大好きミナキのブログ

プラチナ サファリ

1930年、ドイツの古都ハイデルベルクにラミーは設立されました。 設立から80年以上たった今、ラミーは世界の筆記具のリーディングカンパニーとなっています。 ラミーのサクセスストーリーが始まったのは約50年前。 ラミー2000が誕生したのでした。 約50年前に誕生したラミー2000は、現在でもブランドの象徴となっています。 ラミー2000のデザインが、ラミー製品デザインの基礎となっているのです。 会社創業者のラミーは質の高いペン、メイド・イン・ジャーマニーにこだわりました。 彼のこだわりは今でもしっかりと受け継がれています。 世界トップブランドのラミーは、トレンドを作ることを目指しています。 革新的なデザインのペンを作り続けるラミーは、これからも世界中の人々を虜にする万年筆を作り続けるでしょう。 1つ目の特徴であるデザインは、ラミーの代名詞となっています。 ラミーには 「形が機能性に従う」という考えがあります。 そのため、ラミーの万年筆はすべて機能性を伴ったデザインです。 またラミーのユニークなデザインは、世界中に衝撃を与えました。 ラミーには専属のデザイナーがいます。 専属のデザイナーと言っても、分野はさまざま。 芸術家はもちろん、建築家がペンのデザインを行うことも多々あります。 ラミーのボールペンnotoをデザインしたのは、日本人のNaoto Fukasawaさんです。 デザイナーの出身分野がさまざまであれば、国籍もさまざまです。 この多種多様なデザイナーたちが、ラミーブランドを確固たるものにしたことは言うまでもありません。 2.万年筆の質 ラミーの万年筆のニブは硬いです。 これはラミーの大きな特徴です。 そのため線のバリエーションを付けることは難しいでしょう。 その代わりに、 細くてしっかりとした線を描くには向いています。 メモ帳やビジネス手帳など実用的な場面で活躍する万年筆がラミーです。 ラミー LAMY の人気ランキング TOP15 Lamy サファリ ラミーの代表作品がサファリ。 バリエーション豊富なカラー、時代を超えたデザインは大きな魅力です。 サファリの特徴は、 エルゴノミクス万年筆とも称される快適性。 グリップを握った瞬間、驚くべき快適性を感じることができるはずです。 サファリは世代を通して愛されていますが、特にヨーロッパの若者たちに大人気。 入門者から上級者まで楽しむことができるはずです。 Lamy ダイアログ3 ダイアログ3はキャップレスの革新的な万年筆です。 画期的なシステムのおかげで、ニ ブはエレガントに同軸にしまっていきます。 キャップレスですが、もちろんニブが乾くのと汚れるのを防ぎます。 カートリッジ・コンバーターの両用式なのも魅力。 Lamy 2000 1966年に発売された2000は現代でも大人気。 その現代的なデザインは時代を超えたものと称され、誕生から50年経つ今でもモダン万年筆の代表となっています。 ラミーの哲学「形が機能性に従う」を初めて体現したのが2000。 ラミー2000はステータスの証としてではなく、機能性にこだわったペンとして初めて発売されました。 伝統的ではなく 現代的な素材であるスチールのニブは、しっかりとした書き心地を表現します。 万年筆ならではの書き心地を味わいたい方にはおすすめです。 Lamy ステュデイオ ステュディオは 万年筆にアートが伴った作品。 万年筆は何度見ても飽きることがない芸術作品になることができることを証明しました。 太めのボディは安定感抜群で、長時間筆記を続けても疲れを感じることはないでしょう。 プロペラ型のクリップは万年筆に革新的なデザインをもたらしています。 ラミー LAMY CP1 機能性を追求しきったのがCP1です。 細身のペンは素晴らしいライティング経験をもたらしてくれるはずです。 細身の筒型ボディとステンレス無垢材のクリップがシャープですよね。 女性人気も高いラミーの人気シリーズです。 ラミー LAMY スカラ エッジが効いたデザインが特徴のペンがスカラです。 全体的にクールな仕上がりですが、どこか激しい感情をも感じさせます。 書き心地は見た目から想像できるように、少し硬めです。 ただ、その固めの書き心地も癖になります。 ラミー LAMY ロゴ logo 初めての万年筆として選ばれるのがラミーのロゴ。 上品で光沢あるボディは1万円以下とは思えません。 お手ごろな価格なのに、機能性は非常に優れています。 握り心地、書き心地はいいので、 万年筆入門者に特におすすめです。 ラミー ルクス Lx モダンでスタイリッシュなルクスは特別感あふれるペン。 見た目が他の万年筆と違いますよね、エレガントです。 エレガントで華やかなペンは男性だけではなく、女性からも高い人気を得ています。 内部にはゴムストッパーがついているので、ペンが安定すれば、ペン軸を痛めることもありません。 大切な人への贈り物などにいいかもしれませんね。 ラミー アルスター アルスターはどんなに高い期待をも超える万年筆。 特徴は快適な握り心地を生み出すグリップと厚めのものを挟むことができるメタルクリップです。 アルミニウムが使われたボディは非常に軽いです。 ラミーのアルスターはヨーロッパの若者に大人気。 スタイリッシュで機能的なペンなので、ぜひ1本は持っておきたいです。 ラミー サファリ スケルトン サファリには 正しいペンの持ち方ができるように、グリップにくぼみがあります。 そのためヨーロッパの若者、幼児までもがサファリを使用するのです。 樹脂製のボディのスケルトンは非常に軽いです。 そして、インク残量も一目で確認できる機能付き。 ラミー NEXX ネックス ラミーのネックスは柔らかな滑り止めグリップが搭載されています。 そのため、長時間筆記をし続けても、疲れを感じることはありません。 さらにスチールニブは抜群の書き心地を生み出しています。 誰でも簡単に美しい文字を書くことができるペンです。 ラミー ABC 万年筆 子ども用の万年筆です。 子ども用に開発されたものですが、大人にも大人気! その理由は、 ポップでかわいらしいデザイン。 値段もお手ごろなので、大人買いをしたくなりますよね。 万年筆としても優秀で、侮れません。 楽しい筆記体験を得ることができるでしょう。 ラミー LAMY CP1 万年筆 マットブラック 先ほど紹介したのは、プラチナコートが美しいCP1。 今回紹介するのは、現代的なマットブラックです。 マットブラックは 見た目がスマートですよね。 それほど強調するわけでもないので、ビジネスシーンでも大活躍しそうです。 ラミー LAMY スカラ ピアノブラック 万年筆 ピアノの美しいブラックを連想させるスカラ。 ステンレスとは印象が全く違いますね。 光沢のあるブラックがシルバーの装飾に合っています。 14kのニブはしっかりと力強い書き心地を生みだしてくれるでしょう。 ラミー 万年筆 ルクス ローズゴールド ルクス ローズゴールドは 女性に大人気のモデル。 ローズゴールドのエレガントさが人気の秘密です。 ルクスはデザインだけではなく、機能性の高さも特徴的。 ほどよい重力感は女性でも、疲れることなく、そして安定した筆記を送ることができます。 男性から女性へのプレゼントに大人気です。

次の

PLATINUM プロシン 1本は持っていたい万年筆

プラチナ サファリ

依頼内容• 今日の夜に、ナイトサファリのチケットを人数分用意してほしい(当日兼が残っているかも分からないし、暑い中チケット購入のために並ぶのは嫌だ)• チケットの種類が多くてよく分からないが、トラムにさえ乗れれば良い 本来なら、ナイトサファリのチケットは、日本にいるうちに割引サイトなどを利用すれば、あらかじめ買えるものです。 さらに、現地でも当日券が買えます。 ただ、 チケット購入時からトラムの時間まで数時間待たされることもあるそうなんです。 早速、ホテルの電話からローカルコールでプラチナカードアシストへ電話をしました。 (きちんと通話無料になっていて、チェックアウト時に電話代を請求されることは無かったです。 ) シンガポールから発信する際のプラチナカードアシストの電話番号 1800-535-5234 電話は2コール程ですぐにつながりました。 最初にカード番号や有効期限など、本人確認をされました。 私「本日の夜、ナイトサファリへ行きたいのですが、チケットの手配お願いできますか?」 コンシェルジュ「ナイトサファリですね。 20時15分、21時15分のチケットがございます。 どちらにいたしましょうか?」 私「ホテルから少し距離があるので、21時15分からで。 」 コンシェルジュ「かしこまりました。 公式サイトから手配します。 少しサイトが重いようなので、一度お預かりして、手配後に折り返します。 連絡先いただけますか?」 私「携帯電話は海外ではローミングオフにしているので、使えないです。 メールでeチケットを送っていただけますか?」 コンシェルジュ「メールですとやり取りにお時間がかかってしまうので、ホテルのお電話はつながりますか?」 (滞在先ホテルの名前と部屋番号を伝え、さらに、20時くらいにはホテルを出たいのでそれまでに連絡が欲しい旨を伝えて、電話を切って待ちました。 ) (20分ほど待っても電話が来なかったので、不安になり、再度、プラチナカードアシストへ電話をかけました。 ) コンシェルジュ「ただいま、ナイトサファリのWebサイトの反応が重く、担当者がナイトサファリへ直接電話をかけて問い合わせております。 先ほどやっと繋がって、処理中です。 」 (そんな面倒なことになっていたのか。 ナイトサファリの直接電話とか、自分では無理だ~) コンシェルジュ「ただいま、チケット購入が完了し、確認メールが来ました。 この後、eチケットが送られて来るはずなので、すぐにご登録のメールアドレスへ転送いたします。 」 私「では、ホテルを出発するので、よろしくお願いいたします。 」 (そして、ホテルでタクシーを拾って、乗る時にメールアドレスへeチケットが届きました。 ) 感想 今回、地味に困ったのが、チケット購入の公式サイトがなかなか見つからなかったことでした。 さらに、公式サイトが重かったり、購入完了メールの後に、すぐにeチケットメールが届かなかったりという小さなトラブルがありましたが、こういったトラブルを全てアメプラのコンシェルジュが吸収してくれたのはとても助かりました。

次の

プラチナ デザート サファリ

プラチナ サファリ

ピュアモルト用 0. 7mm• ツープラスワンエグゼクト用 0. 5mm• ツープラスワンエグゼクト用 0. 7mm• ツープラスワンエグゼクト用 1. 0mm• 手帳用シャーボスマートライン用 0. フォルティアef用 0. シャーボ用 0. シャーボ用 1. シャーボX用 0. シャーボX用 1. ピーフィット用 0. 7mm• 5mm• 7mm• ミニモ用 0. 5mm• MULTIシリーズ用 0. 7mm• ダブルアクション用 0. 7mm• LAMY 2000用• 油性 加圧式• 低粘度油性• ジェットストリームプライム用 0. 5mm• ジェットストリームプライム用 0. 7mm• ツープラスワンエグゼクト用 0. 5mm• ツープラスワンエグゼクト用 0. 7mm• ツープラスワンエグゼクト用 1. 0mm• ビクーニャEX多機能ペン用 0. 7mm• サラボ用 0. 5mm エマルジョン• シャーボX用 0. シャーボX用 0. ハイテックCスリムス用 0. 3mm• ハイテックCスリムス用 0. 4mm ゲル 顔料• シャーボX用 0. シャーボX用 0. シャーボX用 0. ツイスト式 単色• が必要• キャップ式• 製造終了• スライド式• プッシュ式• アダプター• パーカーボールペン用• カランダッシュボールペン用• モンブランボールペン用• モンブランローラーボール用• シェーファーボールペン用• フィードGP用 0. フィードGP用 0. 5mm• 7mm• プレフィール用 0. 7mm• ローリー多色用 0. 7mm• ダブルアクション用 0. 5mm• ダブルアクション用 0. 7mm• ダブルアクション用 1. 0mm 油性 顔料• ローリー油性顔料ボールペン用 0. 7mm• ローリー油性顔料ボールペン用 1. 0mm 低粘度油性• スタイルフィット用 0. 5mm• スタイルフィット用 0. 7mm• スタイルフィット用 1. 0mm• アクロボール多色用 0. アクロボール多色用 0. ジムノックUK用 0. 7mm• 5mm• 7mm• アイプラス用 0. 5mm• オ・レーヌボールペン用 0. 7mm エマルジョン• スラリ多色用 0. 5mm• スラリ多色用 0. 7mm• プレフィール用 0. 3mm• プレフィール用 0. 5mm• プレフィール用 0. 7mm ゲル 染料• 5mm• スリッチーズ用 0. 3mm• スリッチーズ用 0. 4mm• スリッチーズ用 0. 5mm• アイプラス用 0. 5mm• ペンシルボール用 0. 5mm ゲル 顔料• スタイルフィット用 0. 28mm• スタイルフィット用 0. 38mm• スタイルフィット用 0. 5mm• プレフィール用 0. 3mm• プレフィール用 0. 4mm• プレフィール用 0. 5mm• ボールサイン多色用 0. ボールサイン多色用D型 0. 注:リフィルにバネ止めが必要• 注:リフィルにバネ止めが必要• 注:リフィルにバネ止めが必要• 注:リフィルにバネ止めが必要• 注:リフィルにバネ止めが必要• 注:リフィルにバネ止めが必要• 注:リフィルにバネ止めが必要• 注:リフィルにバネ止めが必要• 注:リフィルにバネ止めが必要• 注:リフィルにバネ止めが必要• 注:リフィルにバネ止めが必要• 注:リフィルにバネ止めが必要• 注:リフィルにバネ止めが必要• 注:リフィルにバネ止めが必要• 注:リフィルにバネ止めが必要• 注:リフィルにバネ止めが必要• 注:リフィルにバネ止めが必要• 注:リフィルにバネ止めが必要• 注:リフィルにバネ止めが必要• 生産終了• アダプター• ハイテックCコレト用 0. 3mm• ハイテックCコレト用 0. 4mm• ハイテックCコレト用 0. タプリクリップ用 0. 4mm• クリップオン用 0. 注:リフィルにバネ止めが必要• クルール用 0. クルール用 0. リポーター用 0. 7mm• 5mm• 7mm• 0mm• 7mm• 7mm• 0mm 低粘度油性• 38mm• 5mm• 7mm• 0mm• リポータースマート用 0. 5mm• リポータースマート用 0. 7mm• ルーチェ用 0. 注:リフィルにバネ止めが必要• フリクションボールスリム用 0. 38mm• 38mm• フリクションボール2ビズ用 0. 38mm• フリクションボール多色用 0. 5mm• フリクションボール多色用 0. 5mm• フリクションボール2ビズ用 0. 5mm アダプター• ジェットストリームスタンダード用 0. ジェットストリームスタンダード用 0. ジェットストリームスタンダード用 0. ジェットストリームスタンダード用 1. リバティ用 0. 5mm• リバティ用 0. 7mm• リバティ用 1. 0mm• エラベルノ用 0. 5mm• エラベルノ用 0. 7mm ゲル 染料• サラサドライ用 0. 4mm• サラサドライ用 0. 5mm• エナージェル用 0. 5mm• エナージェル用 0. 7mm• エナージェル用 1. 0mm• リバティ用 0. 5mm• リバティ用 0. 7mm• リバティ用 1. 0mm• K-words2用 0. 5mm• K-words2用 0. 7mm• K-words2用 1. 0mm• エラベルノ用 0. 5mm• エラベルノ用 0. 7mm ゲル 顔料• シグノノック式用 0. 28mm• シグノノック式用 0. 38mm• シグノノック式用 0. 5mm• シグノノック式用 0. 7mm• シグノノック式用 1. 0mm• サラサクリップ用 0. 3mm• サラサクリップ用 0. 4mm• サラサクリップ用 0. 5mm• サラサクリップ用 0. 7mm• サラサクリップ用 1. 0mm• サラサスタディ用 0. 5mm• ハイブリッドテクニカノック用 0. 35mm• ハイブリッドテクニカノック用 0. 5mm• ハイブリッドテクニカノック用 0. 7mm• ハイパーG用 0. 5mm• ハイパーG用 0. 7mm 水性• 5mm• 5mm• リバティ用 0. 4mm• リバティ用 0. 5mm• リバティ用 0. 5mm• リバティ用 0. 7mm• リバティ用 0. 7mm• リバティ用 1. 0mm• リバティ用 1. 0mm• リバティ用 筆ペン• 5mm• 7mm 消せる• ユニボール アールイー用 0. ツイスト式• キャップ式• 5mm• 2mm• 6mm 低粘度油性• ドクターグリップ用 0. 7mm• 5mm• 7mm• 0mm ゲル 染料• タイムライン用 0. 5mm• タイムライン用 0. ツイスト式 単色• キャップ式• ACME Studio用 0. 7mm 付属アダプターパーツ使用 ゲル 染料• 5mm• 7mm• G-2用 0. 38mm• G-2用 0. 5mm• G-2用 0. 7mm• G-2用 1. 0mm• ハイテックCカヴァリエ用 0. 3mm• ハイテックCカヴァリエ用 0. 4mm ゲル 顔料• ジュース用 0. 38mm• ジュース用 0. 5mm• ジュース用 0. 7mm• ジュース用 1. 0mm• ジュースアップ用 0. 3mm• ジュースアップ用 0. 4mm 水性• Vボール RT用 0. 5mm• Vボール RT用 0. 7mm• ACME Studio用• フリクションポイント用 0. 4mm• フリクションボール用 0. 5mm• フリクションボール用 0. 7mm• 4mm• 5mm アダプター• キャップ式• ウォーターマン クルトゥール ローラーボール• ウォーターマン アポストロフィ ローラーボール• ウォーターマン メトロポリタン ローラーボール• 7mm• 8mm• 0mm• 7mm• 注:「 T 」の付く替芯のみパーカー互換• ACME Studio用 0. 7mm 注:樹脂製アダプターパーツを取り外して使用• 油性 加圧式• 8mm 付属アダプター使用• 1mm 付属アダプター使用• 付属アダプター使用 低粘度油性• ジェットストリームプライム 回転繰り出し式シングル用 0. 5mm• ジェットストリームプライム 回転繰り出し式シングル用 0. 7mm• 7mm• 7mm• ゲル 染料• 5mm• 5mm• 7mm• ダイソー ノック式 ゲルインクボールペン 付属リフィル• 5mm• アダプター• ツイスト式もあり• ダイソー ノック式 ゲルインクボールペン• ツイスト式 単色• ノック式もあり• キャップノック式• キャップスライド式• キャップ式• アダプター• 8mm• 太字 青• 太字 黒• 太字 赤• 中字 青• 細字 青• 中字 黒• 細字 黒• 中字 赤• 細字 赤 ペンシルコンバーター• ツイスト式 単色• キャップ式• ゲル 染料• スライド式• アダプター• アダプター• ツイスト式 単色• 8mm パーカー互換アダプター付き• 1mm パーカー互換アダプター付き• パーカー互換アダプター付き アダプター• 全部の組み合わせを実際に試して検証したわけではありませんので、ご注意ください(組み合わせの数が多すぎます)。 特に「」のリフィルと本体は、組み合わせによっては合わないものがあることが知られています。 さらに、製造時の寸法のバラ付きによっても合ったり合わなかったりすることがあります。 キャップ式ボールペン用のリフィルをノック式ボールペンやツイスト式ボールペンで使うと、インクが乾燥して固まってしまうことがありますので、ご注意ください。 そういうインクだからこそキャップ式にしてあるのです。 ただし、キャップ式とノック式とで共用できるリフィルもあります(例:)• 同じ系列で全長だけが異なるグループ間では、カッターでリフィルの末端をカットして短くするだけで、使えるようになる場合があります。 ただし、「C-300系」グループの場合は、リフィル末端の形状と本体の内部形状とが緩衝する場合があります。 また、「S-7L系」グループのリフィルの樹脂パイプ部分の外径(約3mm)は、メーカーによって少し違いがあります。 本体側の穴にリフィルを差し込む仕組みの場合、径のわずかな差で、入らなかったり抜けてしまったりします。 特にパイロットのものは3. 1mm程度と大きめに作ってあるため、他社製品との相性が悪いケースが多いです。 検証例:• 「」グループのリフィル「」の末端をカットして87mmに縮めると、「」グループので使えるようになりました。 ただし末端の穴を塞いで平らにする必要があります(適度な径のサラ小ネジをはめ込みました)。 「」グループのリフィル「」(用ジェットストリーム芯)の末端をカットして93mmに縮め、ハイテックCコレト純正リフィルのノックボタンパーツを取り付けると、「」グループので使えるようになりました。 「」グループのリフィル「」(用エマルジョン芯)の末端をカットし93mmに縮め、ハイテックCコレト純正リフィルのノックボタンパーツを取り付けると、「」グループので使えるようになりました。 「」グループのリフィル「」(用純正)の末端のノックボタンパーツをはずし、カットして88mmに縮めると、「」グループので使えるようになりました。 リポーター4はリフィルを本体側の穴に差し込むタイプではなく、本体側ノックボタンの内部の突起をリフィルの樹脂パイプに差し込むタイプなので、パイロット製リフィルの外径が大きくても問題になりません。 「」グループのリフィル「」「」は、外径が太すぎるため、「」には入りませんでした。 しかし「」「」「」には入りました。 単色軸と多色軸によってリフィル外径の許容範囲が違うのは、リフィルを固定する仕組みが違うためと思われます。 「」グループのリフィル「」「」をカットして88mmに縮めても、外径が太すぎるため、「」に入りませんでした。 「」は、リフィルを本体側の穴に挿し込んで固定する仕組みですが、その穴の内径が大きすぎるため、「」グループのリフィル「」「」「」「」「」「」などを入れようとしてもゆるくて抜けてしまい、使えませんでした。 個体差によって使える場合もあるかもしれません。 「」グループのリフィル「」は、外径が細すぎるため、「」には入りませんでした。 しかし「」「」「」には入りました。 検証していませんが、同メーカーの「」も同じと思われます。 単色軸と多色軸によってリフィル外径の許容範囲が違うのは、リフィルを固定する仕組みが違うためと思われます。 同じ系列で全長だけが異なるグループ間では、リフィル外径と同じ径の樹脂パイプを接ぎ木することで、長くして使うことができるようになる場合もあります。 接ぎ木用のパーツは、純正リフィルの樹脂パイプをカットして作れるので、短くカットする場合と違って、リフィル外径の微妙な差による不適合も回避できます。 リフィルが細い「S-7L系」グループでは、接ぎ木するためのジョイントパーツを必要があります。 ジョイントパーツは、ちょっと細いとぐらぐらになって抜け落ちますし、ちょっと太いとリフィルに入らなかったりしますので、コツをつかむまで少し試行錯誤することになるでしょう。 ゼムクリップからジョイントパーツを作るには、ラジオペンチ2本を用意し両手に1つずつ持って作業するとやりやすいです。 検証例:• 「」グループのリフィル「」と26mmの樹脂パイプを組み合わせると、「」グループので使えるようになりました。 接ぎ木用の樹脂パイプは、使いきったの末端をカットして作りました。 接着剤やテープでくっつける必要はなく、の軸の奥に入れるだけで大丈夫です。 87mmと26mmを合計すると標準リフィル長の111mmを超えてしまいますが、の内部にはバネがあってリフィル長の差を吸収する仕組みになっているので、少し長めの方が安定するようです。 「」グループ「」(用シグノ芯 の使用済みリフィルから40mmを切り取って接ぎ木用の樹脂パイプを作り、ゼムクリップから作ったジョイントパーツを使って「」グループのリフィル「」(用)に接ぎ木すると、「」グループの「」に入りました。 全長を98mmに合わせれることだけ考えるなら、接ぎ木用の樹脂パイプをもっと短くして、ペン先側リフィルをそのぶん長くできるはずです。 つまり、より多くのインクが残ったリフィルを使えるようになるはずです。 しかし、この方法では引っ張るとジョイント部分がすぐに外れてしまいますので、接ぎ木用の樹脂パイプ単体でも本体への取り付けと取り外しができるように、40mm程度の長さは必要でした。 「」や「」の場合は、接ぎ木用の樹脂パイプはさらに長くする必要があります。 「」グループ「」(用シグノ芯 の使用済みリフィルから20mmを切り取り、「」グループのリフィル「」(用純正)をカットして73mmに短くしたリフィルに接ぎ木し、さらにハイテックCコレト純正リフィルのノックボタンパーツを取り付けると、元どおりの本体軸に入りました。 つまり、ハイテックCコレト用のリフィルをいったん短くカットして「」グループの本体軸で使っていたリフィルを、またハイテックCコレトに戻して使えるようになります。 ただし、接ぎ木用の樹脂パイプとのジョイント部分に段差ができてしまうと、ノックした際に本体内のバネに引っかかって動かなくなってしまいますので、細かい微調整が必要でした。 ペン先側リフィルをより短くして、接ぎ木用の樹脂パイプの長さを25mm以上取ると、バネから離れたところにジョイント部分が来ますので、もっと簡単になるかもしれません。 「」リフィルと「」リフィルとは外形寸法が酷似しているので、見比べても区別が付かないかもしれません。 しかし実は、ペン先の金属部分の径が異なります。 「」より「」のほうが少し太いのです。 さらに、「」は全長が110mmであり、「」よりわずかに短いのです。 「」リフィルは「」本体に入りますが、ペン先がぐら付いたり長く飛び出すぎるなどの問題を起こします。 「」リフィルはペン先の金属部分の径が太いので、「」本体のペン先の穴を通りません(無理やり押し込んだりするとリフィルや本体の内部を破損することがあります)。 「」と「」との間に互換性はないと考えておくほうが安全です。 ただし個体差などによる例外は、あります。 たとえば「」グループのには、一部の「」リフィルも入ります(全部ではありません)。 「」の寸法は別名「ユーロピアンスタイル」「ユーロピアンスタンダードサイズ」などとも呼ばれ、海外(主に欧州)のローラーボール製品との相性がよいようです。 や、があります。 は「」グループに属するドイツ製リフィルで、海外のローラーボール製品の多く(ACME、カランダッシュ、モンテベルデ、ヴィスコンティなど)と互換性があるようです。 にも合います。 表には載せていませんがにも入ります。 にも入ります。 パイロット製品の本体には合わないことも多いようです。 「」グループのは、「」金属製リフィルに樹脂製アダプターパーツを組み合わせて「」に適合させた構造になっています。 この樹脂製アダプターパーツは簡単に取り外せますので、金属製リフィル部分を「」本体に入れることもできます。 この樹脂製アダプターパーツは、他の「」リフィルを「」本体に適合させるのに使える場合もあります(リフィルによっては使えない場合があります)。 と には、尻側キャップが平坦な形状をした「」リフィルは適合しません。 尻側キャップにテーパーが入ったリフィルのみ適合します。 純正リフィルはパイロットのOEM品なので、パイロットフリクションシリーズのリフィルは適合します。 また、とは、のボディに適合します。 無印良品リフィルのほうには、パイロット純正リフィルにない色も用意されています。 「S-7L系」の系列名の元になっているという油性リフィルは実在するのですが、リフィル側面にバネ止めの出っ張りがあり多色ボールペンにはうまく入らないと思いますので、表には入れていません(出っ張りを削れば入るかもしれませんし、ひょっとしたらそのままでも入るかもしれません)。 「」グループに含まれるのは、の純正リフィルだけです。 の純正リフィルからノックボタンパーツを取り除いた後の長さが93mmです。 使用済みの用リフィルを利用してアダプターを自作すると、「S-7L系」グループに含まれるリフィルを「C-300系」グループの本体で使うことができます。 (関連記事:)• (リフィルおよび本体)は「」グループに含めていますが、リフィルの外形寸法が他と若干異なります。 入れようとする本体によっては工夫が必要です。 に入れて使うには、本体に入っているスプリングを先にリバティの奥に入れ、それからリフィルを入れて口金を取り付けます。 (情報源: )• 本体には、は入りません。 は入ります。 やには「」リフィルがおおむね適合しますが、それらの純正リフィル「」は他の「」ボールペン本体には適合しません。 また、純正リフィルを同じくするには「」リフィルが適合しません。 (関連記事:)• ゼブラの「」リフィルは、他社と比べてわずかに外径が大きいらしく、無理に押し込むとボールペン本体を破損するケースがあると言われています。 ご注意ください。 「」リフィル用のリフィルアダプターは、多くのメーカーのボールペン本体に適合させるタイプがから提供されています。 「S-7L系」リフィルを他のグループのノック式ボールペンに適合させようと思ったら、アダプターを自作することは避けられないようです。 「」リフィルはもともとインク容量が少なく割高なので、アダプターを使って他の単色軸に入れられるようになっても有難みはあまりないように思います。 さんには、「S-7L系」リフィル用のリフィルアダプターのラインナップをもっと充実させてもらいたいです。 プラチナ万年筆の製品は、商品名と型番と仕様との対応関係が複雑で、さらに、公式サイトの情報自体に矛盾があるものがあります。 たとえば、には替芯として「」が記載されていますが、ボールペン替芯紹介ページでは「」の該当商品として「BTE-400」が載っており、矛盾しています(2016年4月17日現在)。 また、には替芯として「」が記載されていて、には替芯として「」が記載されているのも、同じシリーズと思われるのに不自然です(2016年4月17日現在)。 公式サイトの情報において、「」と「」と「」との間での混同が、他にもあるのではないかと疑われます。 プラチナ万年筆の公式サイト以外の情報も参照して確認しているつもりですが、それらもプラチナ万年筆の公式サイトを情報源にしているかもしれず、誤りが含まれている可能性が高いです。 ご注意ください。 プラチナ万年筆の手帳用油性ボールペンについては、「」だけ実際に購入してリフィルの現物を確認し、載せています。 のペンは、同じシリーズ名が付いていても油性ボールペンと水性ボールペン(ローラーボール)とでは別物です。 互換リフィルの系列も油性と水性とでは異なります。 ご注意ください。 Monteverdeは互換リフィルを多数販売していますが、実際に適合して機能するかどうかの試験を行っていないと思われます。 たとえば、「」に属するはずの「」という製品は、「」に適合しませんでした。 外形寸法だけは純正リフィルと同じに作ってあるようですが、リフィルの尻側キャップの内部構造が間違っているらしく、ツイスト機構が機能しなかったのです。 Monteverde製リフィルの「to fit」は、「運がよければ適合するかもしれない」という程度の意味と考えたほうがよさそうです。 ご注意ください。 「」のリフィルは全長が112mで、外形寸法が「」とよく似ています。 違うのは、バネ止めとなるリフィル外径の段差の位置ぐらいです。 外径5mmのパイプを16mmほどの長さにカットし、リフィルのペン先側からかぶせてバネ止めの位置を調節すると、「」リフィルの外径寸法にほぼ一致します。 「」に適合しなかった「」も、この方法で、「」には適合しました。 ただし、同じ「」グループの本体でも、内部のスプリングの寸法や形状によっては、かぶせる外径5mmのパイプがバネ止めの役目を果たさないことがあり、その場合は別の工夫が必要になります(外径5mmのパイプは使わずに、リフィルに直接セロテープをぐるぐる巻いてバネ止めを作る、など)。 クロスには「」でないローラーボールの規格もあります。 同じメーカーでも互換性がありませんのでご注意ください。 作成[2014-06-01 日] 最終更新[2018-11-14 水].

次の