就活 イベント アルバイト。 【接客経験を活かした自己PR例文集】就活生が心得ておくべき魅力的な書き方のポイント3つ

就活 イベントのバイト・アルバイト・パートの求人情報|バイトルで仕事探し

就活 イベント アルバイト

2%、「サークル」が22. 0%と、学業以外の活動が上位に並びました。 次いで、「学業」が19. 8%、「部活」が17. 0%と続きました。 なぜそのエピソードを選んだの?先輩たちのリアルボイス紹介 先輩たちは、なぜそのエピソード選んだのでしょうか。 上記6つのアンケート項目別に、「エピソードを選んだ理由」と「企業に伝えたかったポイント」について、先輩たちのリアルボイスを見てみましょう。 アルバイト プロフィール 曽和利光さん(そわ・としみつ)株式会社人材研究所・代表取締役社長。 1995年、京都大学教育学部教育心理学科卒業後、リクルートで人事コンサルタント、採用グループのゼネラルマネージャーなどを経験。 その後、ライフネット生命、オープンハウスで人事部門責任者を務める。 2011年に人事・採用コンサルティングや教育研修などを手掛ける人材研究所を設立。 『「ネットワーク採用」とは何か』(労務行政)、『悪人の作った会社はなぜ伸びるのか?人事のプロによる逆説のマネジメント』(星海社新書)など著書多数。 企業はガクチカを通して、学生が持っている能力や考え方、行動特性を知りたい -企業の面接担当者がガクチカを聞く意図は何ですか? 学生がESや面接で聞かれることは、「これまでにやってきたこと」と「今、思っていること」に大別され、ガクチカは「やってきたこと」の最たるものと言えますが、 企業は、こうしたガクチカを通じて、学生が持っている能力や考え方、行動特性を知りたいと考えています。 特に最近の面接では、「BEI(Behavioral Event Interview)」などといった考え方が主流となり、「これまでにやってきたこと」の比重が高まってきています。 -どのくらい過去にさかのぼって話せばいいですか? 中学・高校時代も含めて構いませんが、今の自分の能力や考え方が培われた環境や背景を説明する根拠として、中高時代の出来事をひも付けましょう。 そうすることで、グンと信ぴょう性や説得力が高まります。 企業ごとにガクチカのエピソードを変える方が自分を効果的に伝えられる -企業によってガクチカのエピソードは変える方がいいですか? 企業ごとに変えた方がいいでしょう。 学生一人の能力や考え方、行動特性は、いろいろな要素の複合体ですから、自分がアピールしたい能力・考え方・行動特性に応じて、それがより効果的に伝わるエピソードを選ぶべき。 どの要素をアピールするかは、企業が明らかにしている採用基準などを参考に、企業が求める人物像に照らして検討しましょう。 ガクチカのエピソードは自分をより伝えられるものを選ぼう 自分の能力や考え方、行動特性を、過去のエピソードを根拠に、説得力を持って伝えられるガクチカ。 中高時代も含めた自分のこれまでの人生を振り返りながら、先輩たちのエピソード選択の仕方や、プロのアドバイスを参考にして、より自分という人間を効果的に物語ってくれそうなエピソードを選びたいものですね。 【調査概要】 調査期間:2018年12月3日~12月5日 調査サンプル:大学1年生~大学院2年生、専門学校生、短大生の就職内定者500人 調査協力:株式会社クロスマーケティング 文/日笠由紀 \リクナビからのお知らせ/ 「OpenES」にあらかじめES・履歴書を登録しておけば、4000社以上に提出できます。 企業によっては「OpenES」しか受け付けないところも。 時間も短縮できて便利です!.

次の

新卒就活

就活 イベント アルバイト

2%、「サークル」が22. 0%と、学業以外の活動が上位に並びました。 次いで、「学業」が19. 8%、「部活」が17. 0%と続きました。 なぜそのエピソードを選んだの?先輩たちのリアルボイス紹介 先輩たちは、なぜそのエピソード選んだのでしょうか。 上記6つのアンケート項目別に、「エピソードを選んだ理由」と「企業に伝えたかったポイント」について、先輩たちのリアルボイスを見てみましょう。 アルバイト プロフィール 曽和利光さん(そわ・としみつ)株式会社人材研究所・代表取締役社長。 1995年、京都大学教育学部教育心理学科卒業後、リクルートで人事コンサルタント、採用グループのゼネラルマネージャーなどを経験。 その後、ライフネット生命、オープンハウスで人事部門責任者を務める。 2011年に人事・採用コンサルティングや教育研修などを手掛ける人材研究所を設立。 『「ネットワーク採用」とは何か』(労務行政)、『悪人の作った会社はなぜ伸びるのか?人事のプロによる逆説のマネジメント』(星海社新書)など著書多数。 企業はガクチカを通して、学生が持っている能力や考え方、行動特性を知りたい -企業の面接担当者がガクチカを聞く意図は何ですか? 学生がESや面接で聞かれることは、「これまでにやってきたこと」と「今、思っていること」に大別され、ガクチカは「やってきたこと」の最たるものと言えますが、 企業は、こうしたガクチカを通じて、学生が持っている能力や考え方、行動特性を知りたいと考えています。 特に最近の面接では、「BEI(Behavioral Event Interview)」などといった考え方が主流となり、「これまでにやってきたこと」の比重が高まってきています。 -どのくらい過去にさかのぼって話せばいいですか? 中学・高校時代も含めて構いませんが、今の自分の能力や考え方が培われた環境や背景を説明する根拠として、中高時代の出来事をひも付けましょう。 そうすることで、グンと信ぴょう性や説得力が高まります。 企業ごとにガクチカのエピソードを変える方が自分を効果的に伝えられる -企業によってガクチカのエピソードは変える方がいいですか? 企業ごとに変えた方がいいでしょう。 学生一人の能力や考え方、行動特性は、いろいろな要素の複合体ですから、自分がアピールしたい能力・考え方・行動特性に応じて、それがより効果的に伝わるエピソードを選ぶべき。 どの要素をアピールするかは、企業が明らかにしている採用基準などを参考に、企業が求める人物像に照らして検討しましょう。 ガクチカのエピソードは自分をより伝えられるものを選ぼう 自分の能力や考え方、行動特性を、過去のエピソードを根拠に、説得力を持って伝えられるガクチカ。 中高時代も含めた自分のこれまでの人生を振り返りながら、先輩たちのエピソード選択の仕方や、プロのアドバイスを参考にして、より自分という人間を効果的に物語ってくれそうなエピソードを選びたいものですね。 【調査概要】 調査期間:2018年12月3日~12月5日 調査サンプル:大学1年生~大学院2年生、専門学校生、短大生の就職内定者500人 調査協力:株式会社クロスマーケティング 文/日笠由紀 \リクナビからのお知らせ/ 「OpenES」にあらかじめES・履歴書を登録しておけば、4000社以上に提出できます。 企業によっては「OpenES」しか受け付けないところも。 時間も短縮できて便利です!.

次の

【就活後におすすめのバイト12選】大学4年の後半はアルバイトだ!【卒業までのバイト探し】

就活 イベント アルバイト

なぜ面接官は「アルバイト経験を通じて学んだこと」を聞くのか? そもそも、なぜ面接官は「アルバイト経験」「アルバイトを通じて学んだこと」について質問するのでしょうか?その質問意図を押さえることで、的確な回答ができるようになります。 アルバイトからでも「何かを学べる人か」を知りたい アルバイトの仕事は、「お金を貰って、誰かのために仕事をする」という意味で、社会人の仕事に一部通ずるところがあります。 就活生のアルバイトへの取り組み方をみれば、仕事への取り組み方が測れると考え、企業は学生にアルバイト経験を質問するのですね。 単なるアルバイトでも、何かを学び取っている就活生は、「社会人になってからも成長してくれそう」と+に評価されます。 アルバイトへの取り組みから、人柄を知りたい によれば、企業が採用において最も重視するのは 「人柄(90%が重視)」です。 ちなみに、 アルバイト経験を重視しているのは24%に過ぎません。 アルバイトへの打ち込み方には、その人の人柄が表れます。 たとえば、「書店の売上をあげるため、業務外の時間に大量のPOPを作成」した人は、「成果をあげるために主体的に、創意工夫ができる」人でしょう。 このように、アルバイトへの取り組み方には、その人の人柄が表れます。 企業は、学生のアルバイトへの取り組み方を通じて、その学生の人柄を推し量ろうとしています。 例文 私がアルバイトを通じて学んだことは、「問題を解決した時の達成感」です。 結果ではなくプロセスに重点を置いて説明しよう 既に述べたように、企業は「アルバイト経験」自体にはあまり興味がありません。 興味があるのは 「アルバイトへの取り組み方」「アルバイトへの取り組みを通じて見えてくる、学生の人柄」にあります。 だから、「バイトでこんな結果を出しました」「バイトリーダーをまかされました!」と結果・肩書をアピールするのではなく、 「こんな問題に、こんなことを考えて、こんな風に行動した」と、行動のプロセスを伝えなければなりません。 行動のプロセスを詳しく伝えなければ、あなたの仕事への取り組み方が、相手に伝わらないからです。 具体的には、 例文 私は3年間、個人経営の居酒屋でアルバイトをしていました。 アットホームな雰囲気で従業員同士やお客さんとの距離が近いため、仕事後に店長や常連の方と飲む機会も多く、よく仕事について語り合っていました。 そして、そこで仕事への熱意を認められ、スタッフリーダーとして、お店がより良くなるように自分なりに何か考えて実践してみてほしいと依頼されました。 実際にお店の帳簿も見させていただくと、これまでなんとなく体感していた曜日や月ごとの売上の差を、リアルな数字となって目にすることになりました。 私はこの曜日や月によるばらつきを改善できないかと思い、まずはスタッフへのヒアリングや自身の経験のもと、客層の分析から始めました。 これらの点を話す必要があります。 このポイントを説明しないと、「あなたが何を考え、どのようにアルバイトに取り組んだのか?」という一番大事な部分が伝わらなくなってしまいます。 「なぜその行動をとったのか?」が相手にわかるように アルバイト経験を面接で話す場合、「なぜその行動をとったのか?」を伝えるようにしましょう。 よくある駄目な例が「店の売上をあげた」というエピソードで 店の売上が下がっていたので、新メニューを提案しました このようなアピールがあります。 しかし、店の売上を上げるには、集客を努力する、客単価をあげる、リピーターを増やす…様々な方法がある中で、「なぜこの施策をとったのか?」がわかりません。 だから、「思いついたからやってみた」ような印象になってしまいます。 「なぜその行動をとったのか?他の方法では駄目だったのか?」がわかるように、伝えてください。 たとえば、例文では「集客には成功していた。 このように「なぜその改善策をとったのか?」が相手にわかるように伝えてください。 例文 すると、常連のお客様は多いものの来店の頻度にばらつきがあったり、駅前から少し距離があるためになかなか新規のお客様が増えていないことがわかりました。 そこで、まずは調理スタッフと相談して季節ごとの新メニューを開発し、常連のお客様に定期的に来ていただけるようにしました。 また、新規顧客獲得に向けてはメニューのレイアウトを変えることでおすすめのメニューをわかりやすくしたり、お店のSNSを開設して店舗の様子やおすすめメニューを発信していきました。 その結果、改善を初めて3ヶ月経つ頃に過去最高の月間収益を達成し、たくさんのお客様にリピーターとなっていただけました。 アルバイト経験から何を学んだのか? 最後に改めて「バイトを通じて何を学んだのか?」を伝えましょう。 「アルバイトから何を学び、今後の社会生活でどう活かせるか?」を話すことで、あなたの「社会人としての伸びしろ」をアピールできます。 リクルートの調査によれば、企業が採用にあたり重視している項目3位は「今後の可能性(70%が重視)」です。 現時点の実力だけでなく「今後に伸びしろがあるかどうか」も気にしているのですね。 自分の言葉で「アルバイトから何を学んだのか?」を答えて、あなたの伸びしろをアピールしましょう。 例文 私がアルバイト経験を通して学んだことは「チームワークの大切さ」です。 大学1年の頃から学校の近くの居酒屋で働いていたのですが、長く働いていた先輩スタッフの方々が卒業のために辞めていってしまい、残ったのは私よりも経験の浅いスタッフだけになってしまったことがありました。 その際、私はスタッフのシフト調整や繁忙時の配置決めなどを担当するバイトリーダーを任されたのですが、これまではリーダーシップのある先輩スタッフに頼ってばかりだったため、いきなりの大役に戸惑い、どのようにみんなをまとめれば良いのか一人で抱え込んで悩んでしまいました。 そこで店長に相談したところ、無理に先輩と同じような「みんなを引っ張っていくリーダー」を目指さなくても良いのではないか、とアドバイスをいただくことができました。 そこで、私は私らしく「みんなと協力しながら一緒に歩んでいくリーダー」を目指そうと思い、悩みも他のスタッフに素直に打ち明け、「何かあった時はみんなで解決していく」雰囲気を作り上げていきました。 その結果、1年間の中で最も繁忙期となる大学祭の時期も、スタッフの協力のおかげで大きな問題もなく無事に乗り越えることができました。 私はこの経験から、チームワークの大切さを学ぶことができました。 御社においても、無理に一人で抱え込まず、周りの社員の方々と協力しながら業務を進めていけるように努めたいと思います。 回答の解説 この例では、「考えたこと」「行動したこと」「行動の結果」「入社後にどう活かしたいか」ということが順序立てて述べられており、入社後にどのように他の社員と関わっていくかがイメージしやすくなっています。 また、店長のアドバイスをもとに自分なりに考え、能動的に行動できている点も好印象です。 「アルバイト経験を通じて学んだこと」について質問された時の回答例2 例文 私がアルバイトを通じて学んだことは、責任感と忍耐力です。 私は少人数の集団指導塾で4年間、塾講師のアルバイトをしていました。 初めはわからないことも多くありましたが、「自分がクラス担当となった生徒には目一杯幸せになってほしい」という思いが強くあり、生徒が第一志望校へ合格できるよう、努力し続けました。 具体的には、授業がわかりやすいと評判の先生の授業を録音させていただいて良いポイントを真似るようにしたり、生徒一人一人の苦手分野に合わせた宿題プリント作成をしたり、系列の塾全体で行われている任意の講習にも積極的に参加しました。 また、生徒のモチベーションも大切にしていて、少しでも成績が上がれば積極的に褒めること、悩んでいる生徒には積極的に声をかけ、一緒に解決していくことを徹底しました。 この責任と忍耐力を持って、御社に入社した後も積極的に自己研鑽に努めていきたいと思います。 回答の解説 この例の良いポイントは、取り組んだことが具体的に書かれているだけでなく、成果が数字でわかりやすく語られている点です。 自分が何かに取り組んだ結果としてアピールできる数字がある場合は、積極的に伝えることで、面接官への印象をより強くすることができます。 「アルバイト経験を通じて学んだこと」について質問された時のNG回答例1 例文 私の働いていたレストランは価格の安いお店だったこともあり、良いお客様ばかりとは言えず、クレームをいただくことも多々ありました。 「来店時の挨拶の声が小さい」「料理の提供スピードが遅い」という内容や、メニューの配置、スタッフの身だしなみ、店内の音楽まで様々なクレームがあり、時には「こんなことまでチェックされるのか」と思うこともありました。 しかし、せっかくいただいた意見は大切にしなければと思い直し、よりお客様が快適に過ごせるように率先して改善していきました。 この経験から、問題解決能力を学ぶことができたと思います。 回答の解説 この例では、クレームの内容を説明することに注力してしまっていて、肝心の「どう改善していったのか」が具体的に見えてこない点が問題です。 問題解決能力をアピールするのであれば、どのような点が問題だと感じて、どう行動していったのかを具体的に伝えるようにしましょう。 「アルバイト経験を通じて学んだこと」について質問された時のNG回答例2 例文 私は学生時代に様々なアルバイトを経験し、多数の業界についての知見を身につけることができました。 具体的には、高校時代にはコンビニ、レストラン、倉庫作業スタッフを経験し、大学時代には塾講師や居酒屋のスタッフのほか、コールセンターでの受電対応も経験しました。 それぞれのアルバイトで業務内容やスタッフに求められることが異なり、たくさんの職種について経験を積むことができました。 また、業界も多岐にわたっていたため、一つの業界に縛られることなく、複数の業界に詳しくなることができました。 御社の営業職として働かせていだたく際は、この知見を活かしてどんな業界のお客様とも積極的にコミュニケーションをとっていきたいと思います。 回答の解説 面接でアルバイトについて語る時、アルバイト経験の豊富さをアピールすることはあまり得策とは言えません。 複数のアルバイト経験があることで、様々なスキルや知見の広さをアピールすることはできますが、同時に「あまり長続きしない人なんだな」という印象を与えてしまいます。 もし、どうしてもアルバイト経験の豊富さをアピールしたいのであれば、なぜ複数のアルバイトを経験したのか、面接官が納得できるようなポジティブな理由を伝えられるようにしましょう。 「アルバイト経験を通じて学んだこと」について質問された時のNG回答例3 例文 私がアルバイトを通して学んだことは、働くことの楽しさです。 大学3年生の頃、コンビニでアルバイトをしたことがあります。 仕事を始めるまではコンビニ店員は単純作業ばかりなイメージでしたが、実際に働き始めるとレジ作業以外にも店内の清掃や品出し、検品、ポップ作成など様々な仕事があり、任される仕事のバリエーションが徐々に広がっていくことがとても楽しかったです。 また、毎週同じ曜日の同じ時間に出勤していると、いつも買い物にいらっしゃる方に覚えていただけるようになり、レジの合間に世間話などをする仲になった方もいました。 その方は自分がレジを担当していない時でも「お疲れ様!」と声をかけてくれ、働くことを通して自分の人間関係が広がったような気がしてとても嬉しく感じました。 そのコンビニは3ヶ月で辞めてしまいましたが、今振り返ってもとても充実した3ヶ月間だったと感じます。 回答の解説 この例では、エピソードとして出しているアルバイトの期間が3ヶ月ととても短いことが問題です。 短期のアルバイトや、お店側の事情で止むを得ず短期間しか働けなかった場合は別ですが、あまりにも働いた期間が短いと、複数のアルバイトを経験した人と同様に「うちもすぐ辞めてしまうのではないか」と思われてしまいます。 アルバイトのエピソードとして語る場合は、なるべく経験年数の長いものを選ぶようにしましょう。 設問に回答をすると、経産省の定めた「社会人基礎能力」のうち、あなたがどの面に秀でていて、どの面に弱点があるのかを教えてくれます。 これは、私がテストした時の診断結果です。 この通り、かなり詳しく教えてくれます。 偏差値形式で表示してくれるので、「自分の強みは何なのか?」「向いている仕事は何なのか?」「どんな弱点があるのか?」「向いていない仕事は何か?」が一発でわかります。 OfferBoxは、プロフィールを登録しておくだけで、あなたのプロフィールに関心を持った人事から選考のオファーがもらえるサイトなので、登録して損はありません。 AnalyzeU+で診断するついでに、プロフィールを詳しく入力しておくと、有名企業からの選考のオファーまで届くようになります。

次の