オセロニア ハロウィンアズリエル。 【本気】ハロウィンガチャ90連でアズリエル狙ったらwww【ヒカキンゲームズ】【逆転オセロニア】

オセロニアハロウィンのアレやコレ。。

オセロニア ハロウィンアズリエル

Asriel Dreemurrとは、 氏がした『』に登場するである。 しかない記事なので、未者は。 特にこれからする予定・気がある人は引き返す事を推奨する。 概要 ct Route 通称P の最後に戦うで、内の秘密に深く関わる本作の的存在。 との間に産まれた実ので、 とは義理の。 地下に落ちて来た を発見し、救助しまで運んだ。 er夫妻から実子同然に育てられるようになった は非常に仲良く接し、その様は地下にを広めたという。 しかし、ある日 は病にかかってしまう。 地上のを見たいと言うが、結界に閉じ込められている状態の達にはどうする事も出来ず、間もなく はしてしまう。 は遺言を果たすべく のを取り込み、異形の姿に変化。 を持ち出して結界を突破し地上に飛び出してしまう。 フラワーのに辿り付いたは恐怖した達の猛攻撃に遭ってしまい致命傷を負う。 袋に遭いながらも一切反撃する事なく地下に戻り、の庭園で尽き。 はになって消えた。 二人のを失った悲しみからは地下に落ちて来たを殺し7つのを集めて結界を破る方策を決定。 それに反対したはの座を捨て夫と、sに移り住んだ。 開始時では既に故人であり、tral Route 通称N ではフラワーに記憶された会話やNew で合うの会話でしかその人物性を想像出来ない。 また、 に来た最初に流れるのはと の会話。 真実 の解放政策の一環として「もしになる前ののにdeteron 決意 を注入すれば死からるのではないか?」という研究をが行い、その過程で「地上から流れて来たフラワーに決意を注入する」を行った。 その結果何故か生前時の記憶とを宿した生まれ変わりが誕生した。 そのこそである。 その後、研究頓挫時のゴタゴタに紛れて研究所から脱走。 がい何も感じる事の出来ない生活を送り、本来の感情も失われていった。 はある時偶然による死の直後に自らの始まりの場所であるの庭園に戻った事でを理解する。 最初は生前の優しさから地下の住人をいたが、次第にどの人の反応も同じな事に飽き初め、やがて殺戮のために使うようになった。 を使って出来るあらゆる事をやり尽し、やがて全てが退屈になり、何事にも関心な生活を送るようになった。 本性を現したは6つののと地下のほぼ全てののを取り込み、の如きを手に入れた事で元の姿に戻り、さらにとしての姿" of "となり姿を現した。 「ly. I w so td of a. 」 ぼくはもうでいることに疲れたんだ 「Howdy! ,e t? 's me,r. 」 やあ!の?ぼくだよ、きみの一番の 点滅後 A S R I E L D R E E M U R R 外見 両親の種族共通特徴であるい毛と垂れ下がった大きなを持つが、2本のはまだい。 性格を現したかのような穏やかな顔をしており、とハの字のからにも見える。 とのスイプ長袖と長スを着ている。 靴は履いていない。 口元は大きく裂け、牙が生えている。 「」の紋章が描かれた、作品に出てくるのような法衣を着ている。 その姿はまさに・である。 攻撃を耐え続けるとは本気を出し、さらに禍々しい姿" of "へと変貌する。 人ではくなり「」を模した形態となり、背には不規則に色が変化しるを持つ。 腕はし、腕と胴体の球部分にはの模様がある。 その貌はもはやではなくの様相。 性格 の時は残で下劣な性格だったが、本来の性格は優しく思いやりのある、穏やかな性格である。 時はを喪失した状態であったため、何も感じない生活の末に本来の性格も失ってしまった。 まさしくとなった際の第一が「でいる事に疲れた」であった事からがいとしての生が如何に辛かったかが伺える。 となった的は「一度を 巻き戻す して楽しかったあの日々をやり直し過ごす」であり、それはの精で転生後ずっと1人で過ごして来た中で感じた寂しさ・恐怖に起因している。 また、然とした禍々しい姿に関わらずのような喋り方をしており、姿は成長しても精はのままであった。 と が名付けた人物 をしているフシがあり、も絶えずごっちゃにしており、 に呼び掛けるように話す時もある。 自身を理解してくれる一の存在・遊びのある相手・よりも大切だった に対する執着はかなり強いが、後に再び訪れるとを見つめ直し、 を「を憎んでいたようだった」などと述懐している。 両親であるとの事は、の時には全く気に留めていない・死んでも寧ろ嘲笑する・殺に関与すると親でありながら酷い扱いをしていたが、に戻ってからは、に両親の事を頼んでいるため、ちゃんと親への情は持っていると思われる。 ちなみに、笑いは「h ha ha ha・・・」。 戦闘 * :、:、DEF:、 変化前 地下全てのを取り込んだ究極的存在。 変化後 死をも越した絶対だ! はを倒し全てのを握するべく襲い掛かる。 最初のに火炎攻撃をしてきた後にが変わりが残像を出しながら移動し始める。 敵の攻撃のさ・文・として表示される数値・「s and 」と全てが戦を盛り上げ、嫌が応にもを上げてくる。 また、名前表示がとても漲っている。 同然となったに攻撃は一切通用しない。 そのためが取れる戦法は時間が来るまでとにかく耐える事のみ。 これら技を掻い潜り、最後に繰り出す「 GR」 決意抽出機に似たジェが障物を数に吸い寄せて攻撃 を1で耐える がいくらでも1残る とが更にする。 " of "形態との戦いではに「調べる」の他に「」 使用に受けるが減少 ・「夢」 欄のき全てに「」を入れる が加わる。 「」を使うと体が全回復するので、これらをしていこう。 また、との戦いは一貫して、が0になってがても時にし 初回のみ「But 」"こんなのお断りだ"と表示される 、にはならない。 " of "へとしたに対しては、当初は通り何もも出来ない を選んでも「もがく」しか出来ず、「体が動かせない」と表示されるのみ。 攻撃はを描きながらに自機方向に突っ込んでくる弾で、どこに飛ぶかは全ななので純な避けを問われる 被弾してやられてもにはならないので安心。 暫く耐えるとが" of "戦の「Bn in! 」から「 」へと変わり、がに変更される。 今までので出会い友人となった者達 ・・・・・、はと・はと のをするべく、各を選び攻撃を避けながらの どれを選んでも良い を3回選択すればしてくれる。 この間はは攻撃してこない。 全てのをした後に、をするべく手を差し伸べる。 ここまでくれば和解もの前であり、最初の攻撃こそしいが、戦意を失うが如く徐々に攻撃が薄くなり避ける必要もなくなる 自機を動かしても弾から避けていく。 に回避なを撃って来るが、が0. 000必ず残り、これでと分かり合う事が出来る。 戦闘後 の名前を聞いた後、はを使ってを地下に封じ込めていた結界を破壊、全を解放した。 これにより「」の言い伝えは的中し、とはを導いたとなった。 全のを元に戻し6人ののも手放した事で、はやがての姿を保てずを持たないの姿になってしまうという。 に次に会ってもだと思わないで近づかないようにと忠告し、励ましと別れを告げ去って行った。 に最初に落ちた地点に行くと、が佇んでおり、話しかける事が可。 ED後 初めてのP時のEDでは、直前に姿を見せる。 また、初後にして最初から始めようとした際にはの姿で現れ、せっかくみんながな結末を迎えたからしないでほしいと頼み込む 直後ににとっては何回も見たよねと言い諦める。 2回以降はこのは起こらない。 関連項目•

次の

【オセロニア】ハロウィン・アズリエル|評価・闘化・ステータス・スキル

オセロニア ハロウィンアズリエル

A s r i e l ・ D r e e m u r r ア ズ リ エ ル ・ ド リ ー マ ー Asriel アズリエル とは、ゲーム「」の登場キャラクター。 の本当の姿であり、とあるエンディングへと至るルートを進んだ場合のみ、キャラクターとして、同時に 「最終ボスとして」、主人公の前に姿を現す。 元々は地下世界のモンスターの王子で、王妃と王の実の息子だったのだが、ある理由により本編開始前に命を落としており、その後、「決意」の力を注がれ、 タマシイを喪失した状態で、として蘇る。 しかしタマシイが無い故、 何も感じずなにも愛せない、感情の無い存在になっており、やがて、もはや生きていた頃の彼とは似ても似つかない、 非情かつ残虐な性格の別人と変わり果ててしまう。 最終ボスとしてのアズリエル 人間と地下世界すべての魂を取り込んだ... もといアズリエルの究極の姿であり、死や世界の概念すらも超越した。 その姿に偽りはなく、如何なる攻撃手段も意味を成さない。 タマシイの力でフラウィの姿から生前の姿に戻り、「きみのしんゆう」と言葉を発した後、 容姿一転、成長した姿に変化。 主人公に戦いを挑んでくる。 アズリエル最終形態「God of Hyperdeath」 攻撃を耐えきった主人公に対して、「真の力」を引き出したアズリエルの姿。 前形態時とは打って変わり、 主人公の行動を全て封じ、多数のホーミングレーザーを放ってくるようになる。 どう足掻いても一切の身動きができず、ひたすら弾幕を避け続ける以外は何もできないが……。 ラストバトルのさらなるネタバレ 3回攻撃をよけると、なんと「こうどう」が「ふっかつ」に変化する。 これを選択すると主人公の友達 トリエル、パピルス、サンズ、アンダイン、アルフィー、アズゴア を救うことになる。 しかし彼らはアズリエルによって主人公に関する記録が消されているため攻撃してくる、そして主人公は彼らに対して最も印象に残っている行動をとる必要がある。 無事全員救うと主人公の魂と彼らの魂が共鳴し始めアズリエルに変化が発生し始める。 主人公は再度彼の猛攻を避けることになるが、しばらくするとアズリエルの戦意が喪失し元の少年の姿に戻る。 アズリエルは主人公と和解し、主人公と自分以外のモンスターが地上に出るために、全てのモンスターの魂と6人の人間の魂を使いバリアを破壊した後どこかへ行ってしまう。 そしてはバリアがあった部屋の前で目を覚ます。 余談 彼の本名であるAsriel Dreemurrは両親の AsgoreとTo rielから採られていると同時に、「 serial murderer(連続殺人鬼)」のアナグラムでもある。 また、名前はイスラム神話の死の天使である「 Azrael()」、 苗字は英語の「 dreamer(夢を見る人、空想家)」とも掛けたネーミングになっている。 使用する技が「ショッカーブレイカー」「スターブレイジング」「カオスセイバー」など、やたらとカッコイイ名称に加えて、肉体と精神年齢のズレで背伸びした子供のようにも見えることから、ネタが付与されることがある。 元は心優しい少年であったフラウィがいかにして残虐な性格を持つようになったのかはGルートで細かく語られる。 魂のない彼はこの世界にすぐに退屈するようになるが、がに落ちてくるまでこの世界で最も強い決意を持っていたため、自殺してもで、逃げることさえできずにいた。 膨大なループを通じてモンスターたちを救い尽くしてなお感動を得られなかった彼は、好奇心から彼らを皆殺しにする……。 それを何度も繰り返し、それすらにも退屈を覚えたときに、主人公が地下世界に落ちてきたのである。 関連イラスト 関連タグ• 主要:• その後:• 立場:• もしかして:• もしかして2:• また「ショッカーブレイカー」「ブレイジングスター」「カオスバスター」などについても、 それぞれ魔理沙のスペルカード「シュート・ザ・ムーン」「マスタースパーク ・・・をはじめとしたマスタースパーク系のスペル 」あるいはMOTHER2の「PKスターストーム」や「PKサンダー」に似ていると言われている。 の東方やMOTHERシリーズへのリスペクトかもしれない。 *このさき… もし またボクに あうことが あったら… 関連記事 親記事.

次の

【逆転オセロニア攻略】アズリエルを越える毒スキル!ジンの評価 [ファミ通App]

オセロニア ハロウィンアズリエル

A s r i e l ・ D r e e m u r r ア ズ リ エ ル ・ ド リ ー マ ー Asriel アズリエル とは、ゲーム「」の登場キャラクター。 の本当の姿であり、とあるエンディングへと至るルートを進んだ場合のみ、キャラクターとして、同時に 「最終ボスとして」、主人公の前に姿を現す。 元々は地下世界のモンスターの王子で、王妃と王の実の息子だったのだが、ある理由により本編開始前に命を落としており、その後、「決意」の力を注がれ、 タマシイを喪失した状態で、として蘇る。 しかしタマシイが無い故、 何も感じずなにも愛せない、感情の無い存在になっており、やがて、もはや生きていた頃の彼とは似ても似つかない、 非情かつ残虐な性格の別人と変わり果ててしまう。 最終ボスとしてのアズリエル 人間と地下世界すべての魂を取り込んだ... もといアズリエルの究極の姿であり、死や世界の概念すらも超越した。 その姿に偽りはなく、如何なる攻撃手段も意味を成さない。 タマシイの力でフラウィの姿から生前の姿に戻り、「きみのしんゆう」と言葉を発した後、 容姿一転、成長した姿に変化。 主人公に戦いを挑んでくる。 アズリエル最終形態「God of Hyperdeath」 攻撃を耐えきった主人公に対して、「真の力」を引き出したアズリエルの姿。 前形態時とは打って変わり、 主人公の行動を全て封じ、多数のホーミングレーザーを放ってくるようになる。 どう足掻いても一切の身動きができず、ひたすら弾幕を避け続ける以外は何もできないが……。 ラストバトルのさらなるネタバレ 3回攻撃をよけると、なんと「こうどう」が「ふっかつ」に変化する。 これを選択すると主人公の友達 トリエル、パピルス、サンズ、アンダイン、アルフィー、アズゴア を救うことになる。 しかし彼らはアズリエルによって主人公に関する記録が消されているため攻撃してくる、そして主人公は彼らに対して最も印象に残っている行動をとる必要がある。 無事全員救うと主人公の魂と彼らの魂が共鳴し始めアズリエルに変化が発生し始める。 主人公は再度彼の猛攻を避けることになるが、しばらくするとアズリエルの戦意が喪失し元の少年の姿に戻る。 アズリエルは主人公と和解し、主人公と自分以外のモンスターが地上に出るために、全てのモンスターの魂と6人の人間の魂を使いバリアを破壊した後どこかへ行ってしまう。 そしてはバリアがあった部屋の前で目を覚ます。 余談 彼の本名であるAsriel Dreemurrは両親の AsgoreとTo rielから採られていると同時に、「 serial murderer(連続殺人鬼)」のアナグラムでもある。 また、名前はイスラム神話の死の天使である「 Azrael()」、 苗字は英語の「 dreamer(夢を見る人、空想家)」とも掛けたネーミングになっている。 使用する技が「ショッカーブレイカー」「スターブレイジング」「カオスセイバー」など、やたらとカッコイイ名称に加えて、肉体と精神年齢のズレで背伸びした子供のようにも見えることから、ネタが付与されることがある。 元は心優しい少年であったフラウィがいかにして残虐な性格を持つようになったのかはGルートで細かく語られる。 魂のない彼はこの世界にすぐに退屈するようになるが、がに落ちてくるまでこの世界で最も強い決意を持っていたため、自殺してもで、逃げることさえできずにいた。 膨大なループを通じてモンスターたちを救い尽くしてなお感動を得られなかった彼は、好奇心から彼らを皆殺しにする……。 それを何度も繰り返し、それすらにも退屈を覚えたときに、主人公が地下世界に落ちてきたのである。 関連イラスト 関連タグ• 主要:• その後:• 立場:• もしかして:• もしかして2:• また「ショッカーブレイカー」「ブレイジングスター」「カオスバスター」などについても、 それぞれ魔理沙のスペルカード「シュート・ザ・ムーン」「マスタースパーク ・・・をはじめとしたマスタースパーク系のスペル 」あるいはMOTHER2の「PKスターストーム」や「PKサンダー」に似ていると言われている。 の東方やMOTHERシリーズへのリスペクトかもしれない。 *このさき… もし またボクに あうことが あったら… 関連記事 親記事.

次の