バンダイ ナムコ ビジネス アーク。 主要グループ会社|会社情報|株式会社バンダイナムコホールディングス

株式会社バンダイナムコビジネスアークの採用情報(初任給/従業員/福利厚生)|リクナビ2021

バンダイ ナムコ ビジネス アーク

2005 年にバンダイとナムコの経営統合によって生まれたバンダイナムコグループは、独自の商品やサービスを通じた「夢・遊び・ 感動」の提供をミッションに掲げ、「世界で最も期待されるエンターテインメント企業グループ」を目指しています。 業界を代表する 2 社の統合は事業ポートフォリオの拡大だけではなく、IT 基盤も複雑化をもたらし、同グループでは災害対策サイトを含めて 3 つの主要データセンターを運用していました。 そのため、データセンター運用の効率化や IT コストの削減は、継続的な改善課題となっていました。 また、ビジネス環境の変化によって柔軟な戦略立案が求められるようになり、これまではとは違った視点で業務データを分析したいというリクエストも増えてきました。 こうした声にタイムリーに応えるためには、新たなシステムを迅速に提供できる柔軟な IT インフラ基盤が不可欠な状況でした。 そこでバンダイナムコグループでは、複数のデータセンター運用の見直しに加えて、基幹系システムを運用するデータセンター内の機器が保守期限を迎えることも踏まえ、これらの課題の解決策としてオンプレミス継続と比較した結果クラウドの活用を決定します。 クラウドサービスの具体的な選定においては、要件を洗い出し、メリット、デメリットを点数化。 国産キャリア系サービスなどを含む、いくつかのクラウドを比較した結果、総合点が最も高かったのが アマゾン ウェブ サービス(AWS) でした。 最終的な選定においては、コスト面だけでなく、必要なインフラを柔軟かつ迅速に提供できる AWS のアドバンテージが高く評価されたといいます。 「AWS であれば日々バックアップだけを別リージョンに転送し保管、必要時には、バックアップから自動でサーバーを復旧できます。 この方法によってコストを最大限に抑制した災害対策が実現します。 」と話すのは、バンダイナムコグループの ITを含む管理業務を担う株式会社バンダイナムコビジネスアークの情報システム部 ITインフラ戦略セクション ITインフラ・システム管理チーム マネージャーの長沼 正人 氏です。 同時に AWS への移行をサポートするパートナーも新たに選定しました。 ここで選ばれたのが APN プレミアコンサルティングパートナーで、移行コンピテンシーを所有するアイレット株式会社です。 AWS に関する豊富な知見と実績、さらに AWS への移行から監視保守運用までカバーする cloudpack のサービスがあったことが評価されました。 バンダイナムコグループでは、AWS 化で会計や物流、人事など基幹系システムを運用するデータセンターを集約することを当初の目的としていたため、移行を最優先し、既存構成はなるべく変えない方針としました。 「ERP パッケージの AWS への移行は、すでに事例があるので難しいとは思いませんでした。 それよりも他のスクラッチシステムの移行で不具合を出さないことが重要と考えていました。 」と株式会社バンダイナムコビジネスアーク 情報システム部 ITインフラ戦略セクション ITインフラ・システム管理チーム チーフの三谷 繁春 氏は当時を振り返ります。 バンダイナムコグループでは、2016 年 10 月から移行プロジェクトを開始し、11 月には開発、検証環境を用意、災害対策構成の要件定義や設計と並行して各種テストを実施します。 」(三谷氏) 日々の運用で改修がかかるプログラムやデータ、OS 設定など、当初は手動で移行する予定でしたが、人為的ミスを避けるためにも、自動で移行/チェックする仕組みを別途構築することを決断しました。 移行先の環境はサーバーに Amazon EC2(以下EC2) を、ロードバランサーに Elastic Load Balancing を利用し、Amazon VPC と AWS Direct Connect で仮想プライベートクラウド空間を確保、AWS 環境の監視には Amazon CloudWatch を活用しています。 災害対策の構成は、東京リージョンで EC2 の マシンイメージ を取得し、それをオレゴンリージョンの Amazon S3 にコピーしています。 この仕組みの自動運用にはサーバーレスの AWS Lambda も活用しています。 「準備さえしっかりしていれば、基幹系システムの AWS への移行は、決してハードルの高いプロジェクトではありません。 」(長沼氏) 本番移行に際し、課題となったのがデータ移行に時間がかかることでした。 これについてはアイレットからの提案を踏まえ、先に最低限分だけ移行し移行当日に差分を送ることで移行期間極小化を実現しました。 VMware 上で稼働していた基幹系システムの 93 の仮想サーバーは、2017 年 8 月までに EC2 への移行を完了しました。 AWS の利用料金はデータセンターの賃借料とほぼ同等のため、これまでハードウェア購入と保守にかけていた費用がほぼすべて削減できたことになります。 」(三谷氏) 今回の AWS の基盤構築では、AWS プロフェッショナルサービスも利用しています。 ここでは発注側の立場でベンダーからの提案内容の妥当性などを検証しており、より確実で安価な移行につながりました。 AWS への移行による効果はそれだけにとどまりません。 インフラ提供の迅速化も実現しました。 AWS のインフラ提供をメニュー化しグループ内に展開、担当者が必要なリソースを選んで申請し稟議が通るまでをルール化することによって、従来は開発環境の提供に 2 週間から 2 ヶ月ほどかかっていたものが、1 日程度に短縮されました。 バンダイナムコグループでは、今後 IT インフラのさらなる効率化を推進するために AWS 上でのサーバーレス化やマネージドサービスの積極活用を進め、よりクラウドネイティブな利用形態を検討しています。 一例として、新たに開発するシステムのデータベースは、Amazon Aurora などのマネージドサービスを積極的に採用する方針です。 さらに、情報システム部門の意識改革にも取り組んでいく考えです。 「今回のプロジェクトは、インフラ基盤が単に VMware から AWS に変わっただけでなく、組織を見直すきっかけになるほどのインパクトがありました。 情報システム部のメンバーはAWS を使うことで、市場価値の高い仕事をしているという意識、意欲も芽生えています。 」(長沼氏) バンダイナムコグループでは、AWS 化によってアプリケーションとインフラの垣根がなくなってくると考えており、新たなアプリケーション開発は基盤と共に内製化を進めることになると考えています。 その際には情報システム部の基盤メンバーが率先して新しい技術を活用する提案ができるように、継続してスキルアップを推進し、情報システム部一丸となりビジネスをサポートしていく考えです。

次の

株式会社バンダイナムコビジネスアークの新卒採用・企業情報|リクナビ2021

バンダイ ナムコ ビジネス アーク

2005 年にバンダイとナムコの経営統合によって生まれたバンダイナムコグループは、独自の商品やサービスを通じた「夢・遊び・ 感動」の提供をミッションに掲げ、「世界で最も期待されるエンターテインメント企業グループ」を目指しています。 業界を代表する 2 社の統合は事業ポートフォリオの拡大だけではなく、IT 基盤も複雑化をもたらし、同グループでは災害対策サイトを含めて 3 つの主要データセンターを運用していました。 そのため、データセンター運用の効率化や IT コストの削減は、継続的な改善課題となっていました。 また、ビジネス環境の変化によって柔軟な戦略立案が求められるようになり、これまではとは違った視点で業務データを分析したいというリクエストも増えてきました。 こうした声にタイムリーに応えるためには、新たなシステムを迅速に提供できる柔軟な IT インフラ基盤が不可欠な状況でした。 そこでバンダイナムコグループでは、複数のデータセンター運用の見直しに加えて、基幹系システムを運用するデータセンター内の機器が保守期限を迎えることも踏まえ、これらの課題の解決策としてオンプレミス継続と比較した結果クラウドの活用を決定します。 クラウドサービスの具体的な選定においては、要件を洗い出し、メリット、デメリットを点数化。 国産キャリア系サービスなどを含む、いくつかのクラウドを比較した結果、総合点が最も高かったのが アマゾン ウェブ サービス(AWS) でした。 最終的な選定においては、コスト面だけでなく、必要なインフラを柔軟かつ迅速に提供できる AWS のアドバンテージが高く評価されたといいます。 「AWS であれば日々バックアップだけを別リージョンに転送し保管、必要時には、バックアップから自動でサーバーを復旧できます。 この方法によってコストを最大限に抑制した災害対策が実現します。 」と話すのは、バンダイナムコグループの ITを含む管理業務を担う株式会社バンダイナムコビジネスアークの情報システム部 ITインフラ戦略セクション ITインフラ・システム管理チーム マネージャーの長沼 正人 氏です。 同時に AWS への移行をサポートするパートナーも新たに選定しました。 ここで選ばれたのが APN プレミアコンサルティングパートナーで、移行コンピテンシーを所有するアイレット株式会社です。 AWS に関する豊富な知見と実績、さらに AWS への移行から監視保守運用までカバーする cloudpack のサービスがあったことが評価されました。 バンダイナムコグループでは、AWS 化で会計や物流、人事など基幹系システムを運用するデータセンターを集約することを当初の目的としていたため、移行を最優先し、既存構成はなるべく変えない方針としました。 「ERP パッケージの AWS への移行は、すでに事例があるので難しいとは思いませんでした。 それよりも他のスクラッチシステムの移行で不具合を出さないことが重要と考えていました。 」と株式会社バンダイナムコビジネスアーク 情報システム部 ITインフラ戦略セクション ITインフラ・システム管理チーム チーフの三谷 繁春 氏は当時を振り返ります。 バンダイナムコグループでは、2016 年 10 月から移行プロジェクトを開始し、11 月には開発、検証環境を用意、災害対策構成の要件定義や設計と並行して各種テストを実施します。 」(三谷氏) 日々の運用で改修がかかるプログラムやデータ、OS 設定など、当初は手動で移行する予定でしたが、人為的ミスを避けるためにも、自動で移行/チェックする仕組みを別途構築することを決断しました。 移行先の環境はサーバーに Amazon EC2(以下EC2) を、ロードバランサーに Elastic Load Balancing を利用し、Amazon VPC と AWS Direct Connect で仮想プライベートクラウド空間を確保、AWS 環境の監視には Amazon CloudWatch を活用しています。 災害対策の構成は、東京リージョンで EC2 の マシンイメージ を取得し、それをオレゴンリージョンの Amazon S3 にコピーしています。 この仕組みの自動運用にはサーバーレスの AWS Lambda も活用しています。 「準備さえしっかりしていれば、基幹系システムの AWS への移行は、決してハードルの高いプロジェクトではありません。 」(長沼氏) 本番移行に際し、課題となったのがデータ移行に時間がかかることでした。 これについてはアイレットからの提案を踏まえ、先に最低限分だけ移行し移行当日に差分を送ることで移行期間極小化を実現しました。 VMware 上で稼働していた基幹系システムの 93 の仮想サーバーは、2017 年 8 月までに EC2 への移行を完了しました。 AWS の利用料金はデータセンターの賃借料とほぼ同等のため、これまでハードウェア購入と保守にかけていた費用がほぼすべて削減できたことになります。 」(三谷氏) 今回の AWS の基盤構築では、AWS プロフェッショナルサービスも利用しています。 ここでは発注側の立場でベンダーからの提案内容の妥当性などを検証しており、より確実で安価な移行につながりました。 AWS への移行による効果はそれだけにとどまりません。 インフラ提供の迅速化も実現しました。 AWS のインフラ提供をメニュー化しグループ内に展開、担当者が必要なリソースを選んで申請し稟議が通るまでをルール化することによって、従来は開発環境の提供に 2 週間から 2 ヶ月ほどかかっていたものが、1 日程度に短縮されました。 バンダイナムコグループでは、今後 IT インフラのさらなる効率化を推進するために AWS 上でのサーバーレス化やマネージドサービスの積極活用を進め、よりクラウドネイティブな利用形態を検討しています。 一例として、新たに開発するシステムのデータベースは、Amazon Aurora などのマネージドサービスを積極的に採用する方針です。 さらに、情報システム部門の意識改革にも取り組んでいく考えです。 「今回のプロジェクトは、インフラ基盤が単に VMware から AWS に変わっただけでなく、組織を見直すきっかけになるほどのインパクトがありました。 情報システム部のメンバーはAWS を使うことで、市場価値の高い仕事をしているという意識、意欲も芽生えています。 」(長沼氏) バンダイナムコグループでは、AWS 化によってアプリケーションとインフラの垣根がなくなってくると考えており、新たなアプリケーション開発は基盤と共に内製化を進めることになると考えています。 その際には情報システム部の基盤メンバーが率先して新しい技術を活用する提案ができるように、継続してスキルアップを推進し、情報システム部一丸となりビジネスをサポートしていく考えです。

次の

株式会社バンダイナムコビジネスアークの採用情報(初任給/従業員/福利厚生)|リクナビ2021

バンダイ ナムコ ビジネス アーク

概要 [ ] 前身となるグループ企業4社(旧バンダイ・旧ポピー・マミート・セレンテ)が大合同して設立した、キャラクター版権事業やプライズ事業などで知られる、家庭用・業務用ゲーム最大手企業の一つである、テーマパークやアミューズメント施設の運営を行っているが中心となって形成している企業集団である。 バンダイとしては・・の3大特撮ヒーローや、等の商品化権利を独占的に所有している。 これらに関連する玩具・キャラクターグッズの取引により、グループ・やなどと関係が緊密で、こうしたキャラクター玩具の分野では国内随一といえる。 また、1980年代以降の経営多角化の一環で、これらキャラクターを題材にした映像・音楽ソフト・ゲームの各種事業に参入し、現在では連結子会社の音楽レーベルが、業界大手のレーベルに成長した。 またバンダイナムコエンターテインメントの持つ、ゲーム開発の技術力の高さやこれまでの作品のキャラクター資産、そしてアミューズメント施設、特に近年ではフードテーマパークの運営ノウハウを持つナムコなど、価値のある分野が多い。 統合後しばらくはナムコの方が日本国外での知名度が高いことからか、グループ企業の多くは英語名は「 Namco Bandai」の順としていたが、2014年に「 Bandai Namco」の順に統一し、またナムコブランド他が併存していた作品のレーベルもバンダイナムコブランドに統一された。 グループ名については以前から「 Bandai Namco」の順である。 さらに現在では、子供向け商材のみならずやなどのアニメファンやマニア層向けの有力なコンテンツを豊富に持っており、それらのコンテンツを核としたゲーム・アニメ・イベントなどの展開も盛んにおこなわれている。 傘下企業の再編 [ ] 2005年9月にを設立し、バンダイとナムコとの間で経営統合を行った。 2006年4月にコンピュータゲーム部門をバンダイナムコゲームスに統合、2007年には上場していたバンプレスト、、、バンダイネットワークスをにて完全子会社化、さらにバンプレストのゲーム事業をバンダイナムコゲームスに移管・統合し、アミューズメント系子会社もナムコ傘下に移動するなどの再編があった。 2015年4月1日付でコンテンツSBU(戦略ビジネスユニット)の中核企業であるバンダイナムコゲームスがバンダイナムコエンターテインメント(BNEI)に社名変更するとともに、BNEIを中核とするコンテンツSBUとナムコを中核とするアミューズメントSBUが再編され、BNEIを中核企業とする「ネットワークエンターテインメントSBU」と、バンダイビジュアルを中核企業とする「映像音楽プロデュースSBU」に再編されている。 2018年4月1日付でグループ体制を再び再編し、トイホビーSBUのうちバンダイのプラモデル・フィギュア等のハイターゲット向け事業とバンプレストのコンビニエンスストア等向け景品事業を統合したを設立、BNEIからアミューズメント機器事業部門を分離しナムコに統合、ナムコの商号をに変更するとともに同社を主幹とする「リアルエンターテインメントユニット」を発足、バンダイビジュアルとランティスを合併しに商号変更、映像音楽プロデュースSBUから独立する形でサンライズが主幹となって新規IPを創出する「IPクリエイションユニット」を発足し、トイホビー・ネットワークエンターテインメント・リアルエンターテインメント・映像音楽プロデュース・IPクリエイションの5ユニット体制に改められる事になる。 グループ企業 [ ] 持株会社• トイホビーユニット• シーズ• (旧を統合、より連結入り)• (下半期より連結入り)• (元傘下)• ネットワークエンターテインメントユニット• バンダイナムコオンライン• VIBE• バンダイナムコネットワークサービス• バンダイナムコセブンズ• リアルエンターテインメントユニット• プレジャーキャスト(旧バンプレストアミューズメント事業)• 映像音楽プロデュースユニット• バンダイナムコライブクリエイティブ• IPクリエイションユニット• サンライズミュージック• Evolving G 関連事業• ・(物流)• (卸売業)• バンダイナムコビジネスアーク• アートプレスト(印刷・デザイン)• バンダイナムコウィル(障害者雇用を目的とした)• かいかや(介護福祉事業)• (広告代理店、TOBにより2019年12月に連結入り、2020年3月に完全子会社化) かつて存在したグループ企業 [ ]• (サンスター文具に事業譲渡)• (バンダイナムコゲームスに吸収合併)• バンダイ・デジタル・エンタテイメント• (廃業し解散)• アニメチャンネル(バンダイビジュアルに吸収合併)• (廃業し解散)• (バンダイビジュアルに吸収合併)• 科研(メガハウスに吸収合併)• ビーアイ(メガハウスに吸収合併)• エンジェル(メガハウスに吸収合併)• (バンプレソフトと合併しへ移行)• バンプレソフト(ベックと合併しB. スタジオへ移行)• ディースリー(2010年4月にディースリー・パブリッシャーと合併)• (2010年4月にディースリー・パブリッシャーと合併)• (バンダイナムコゲームスに吸収合併後、として再編成)• (ハイウェイスターに吸収合併)• (2018年4月1日付でバンダイビジュアルを存続会社に合併し解散)• アニメコンソーシアムジャパン• (2019年4月1日にBANDAI SPIRITSに吸収合併され解散)• バンプレスト販売• (2019年4月1日にプレックスに吸収合併され解散) 主な大口取引先、業務提携先 [ ]• 2018年4月1日付でがと合併して社名変更• イベント・ライブの企画・制作、イベント・ライブ映像制作、グッズ企画・製作・販売、チケット販売など• 2019年4月1日付でサンライズ音楽出版から社名変更• グループの管理業務を受託、かつては人材派遣業だった。 バナレックスとナムコ・サポーターズが合併し2007年3月1日設立。 2012年4月1日にバンダイナムコビジネスサービスから社名変更。 旧葦プロダクション、かつて事業提携に伴う資本介入の経緯あり。 提携先でもある取引先で玩具・コンテンツ開発会社のへ売却ののち再独立• 経営統合事前後に再建スポンサーとなっていた。 その後傘下を経て現在は傘下• 飲食店フランチャイズ。 旧ナムコの子会社で現在はの傘下にあるが、バンダイナムコホールディングスの持分法適用会社• との合弁会社。 2007年3月設立、2012年2月解散• との合弁会社。 2011年10月設立、2014年3月解散• 海外での国内アニメ配信・流通等の事業を展開。 2014年度秋の設立当初は及びアニメ制作・配給会社中心による合弁形態だったが2017年にBNHDが完全子会社化していた。 2018年4月1日付でバンダイナムコライツマーケティングに吸収合併され解散。 2016年3月9日に、バンダイナムコホールディングスがを実施し完全子会社化を発表。 同年4月14日に、第一回株式公開買付けの結果、などから55. 同年5月25日に、第二回株式公開買付けの結果、87. 同年9月30日に、株式併合により完全子会社化。 出典 [ ].

次の