初代 ステップワゴン。 ステップワゴンのサイズを歴代比較、ヴォクシー・セレナ比較してみた

ステップワゴン(ホンダ)「10万km超えるともうダメですか?」Q&A・質問

初代 ステップワゴン

ステップワゴンがトランポに最適な理由 ステップワゴンは8人乗車して移動するには最適な室内空間を持っています。 ですからシートがなければその空間すべてをバイクのために使うことが可能となります。 そのため ステップワゴンは750ccを超える排気量のバイクを載せることもでき、トランポとしても最適な車といえます。 ここではステップワゴンをトランポに最適な理由を解説していきます。 理由1. ステップワゴンのシートアレンジが優秀 ステップワゴンは7人乗りと8人乗りが選べる車です。 ただトランポとして利用するなら7人乗りがおすすめです。 というのもステップワゴンの8人乗りはセカンドシートがベンチシートになっており、シートを限界まで前へ出したスペースのみが格納スペースになります。 しかし7人乗りのセカンドシートはキャプテンシートとなっており、左右の座席の間に隙間があります。 そこにバイクの前輪を格納することができるようになるので、若干ですが8人乗りよりも大きなバイクを載せることができますし、さらにバイクの固定にも役立ちます。 ただしセカンドシートにはアームレストが付いており、それが前輪格納の邪魔になるためトランポとして使うときはそれを外す必要が出てきます。 とはいってもアームレストのキャップを外し、固定されているボルトを外すだけの非常に簡単な作業ですのでそれほど苦にならないでしょう。 そしてステップワゴンのシートアレンジの強みはサードシートを格納することができることです。 競合他社はサードシートを跳ね上げするのが普通になっています。 そのためトランポするときにバイクのハンドルが跳ね上げたシートに使えてしまうために乗せ降ろしがし辛く、サードシートを取り外してしまう人もいるくらいです。 しかし ステップワゴンはサードシートを床下に格納できるためそういった加工は全く必要がないため、ハンドルを気にする必要がありません。 理由2. バイクの固定場所がある ステップワゴンでトランポをする場合、意外と少なくて困るのがバイクを固定する際に使う、車から出ているフックの部分です。 しかしステップワゴンには非常に良い場所にフックになるものがあったのです。 それはサードシートの固定金具です。 サードシートを床下格納すると、固定している金属フックが顔を出します。 もちろんシートを固定するためのものなので強度もしっかりしており、おまけにちょうどバイクの後輪あたりにくるので固定するには最適な場所です。 上のアシストグリップとサードシートの固定金具を合わせて使うことでバイクの固定にも十分耐えることが可能です。 理由3. ラゲッジスペースが広い ステップワゴンは車内空間が非常に広く、大型のバイクも載せることができます。 ラゲッジスペースのサイズ ステップワゴンはサードシートを格納しセカンドシートを限界まで前へ出し、ラゲッジスペースを最大限に広げることで1,760mmの荷室長、985mmの荷室幅、1,245mmの荷室高と非常に広いラゲッジスペースが広がります。 トランポだけでなくキャンプにも最適なくらい広いです。 (キャンプへの適性については、以下の記事で詳細を解説しています。 ) ただ1,760mmの場合、サイズ的には125ccのディオぐらいしか乗らないサイズです。 カブではもう乗りません。 8人乗りの場合はこのサイズが限界で、これ以上乗せる場合はセカンドシートを取り外す必要が出てきます。 それではせっかくの乗用とトランポの両立ができなくなってしまいますね。 さらにサードシートが床下収納されており荷室幅も985mmと広いため、ハンドルもほとんど気にする必要がありません。 このサイズのバイクとなると、排気量を見ても1,000ccを超えるような大型のバイクを載せることもできます。 ただバイクによってはカウルの飛び出し具合や前輪がシートの間に挟まらなかったりと、バイクによって差があります。 できるならば一度自分のバイクが車に乗るか試してみてからのご購入をおすすめします。 理由4. 低床仕様でバイクを載せやすい 広いラゲッジルーム、前輪を収めることができるセカンドシートなどこれだけでも非常に魅力的なステップワゴンですが、さらにトランポとしての魅力があります。 それは低床仕様なことです。 ラゲッジルームの高さがあまりないので、バイクを積み込む際にラダーは普通のもので十分使えます。 人間もよっぽど背が低いなどということがなければ人間用にラダーを用意する必要がないため、そのまま乗り込むこともできます。 これはトランポとして使うのには、地味ですが非常に助かる部分だったりします。 MEMO ちなみにステップワゴンは故障率が低いです。 壊れにくいのもトランポには最適と言えるでしょう。 故障についての詳細は、以下の記事をご覧ください。 ステップワゴンのトランポとして使う際の注意点 もちろんのことですがステップワゴンはトランポとして作られているわけではないため、乗用車の車内はカーペットやシートなど布地の部分が多くあります。 バイクは機械ですのでオイルやガソリンなどの油脂類がありますし、タイヤには泥や石などが必ずついてきます。 油脂類の匂いは一度ついてしまうとなかなか取れませんし、車内に泥汚れや傷がついてしまうともとには戻せません。 バイクを乗せる前には必ずブルーシートやダンボールなどで車内を養生した上で、バイクを載せましょう。 MEMO もしステップワゴンを買おうと思っているなら、正しい値引き交渉のやり方も覚えておくといいですよ。 このやり方を知らないと最大60万円以上も損しますよ。 詳しく知りたい方は、下記の『』のページをご覧ください。 ステップワゴンのトランポとしての使い心地 ステップワゴンはトランポとして使うには、とても便利なミニバンだということがおわかりいただけたと思います。 では実際にトランポとして活用している人たちの評判を聞いていきましょう。 使用者の方々の意見をツイッターからピックアップしていきます。 非常にシュールな光景ですが、普段は乗用として使うことができ、トランポするときにはしっかりバイクが積める。 非常に魅力的です。 さすがにシートは取り外しているようですが、2000ccの小型ミニバンにバイク2台はすごいとしか言いようがありません。 新型ステップワゴン(RP)をトランポへ — DUCATI買っちった!ほぼフルローン!5年間ヨロシク。 — Yahoo! ドゥカティ1098は全長2,100mmのバイクですがほぼ無改造で積載しています。 小型ミニバンながらほぼ無改造でリッターバイクを積めるステップワゴンは、トランポミニバンとしてある意味極みではないでしょうか? そのままでも2,100mm強のバイクを積載できますし、セカンドシートを外せば車内に2台ものバイクを積載できます。 ステップワゴンはトランポとして非常に優秀なミニバンです。 なおステップワゴンの口コミ・評判は以下の記事でもまとめているので、興味のある方はこちらもあわせて参考にしてみてください。 ステップワゴン以外のトランポの選択肢 トランポとして非常に優秀なステップワゴンですが同じようなサイズ・価格帯で、同じように乗用にもトランポにも使える手頃なミニバンは他にもあるのでしょうか。 ここでは他社の小型ミニバンのトヨタヴォクシー、日産セレナ、ミツビシデリカD5と比較してみます。 トヨタ ヴォクシー ヴォクシーはトヨタの販売する5ナンバーサイズのミニバン3兄弟のうちの一台です。 他を圧倒する販売台数をもち、小型ミニバンの王者と言えるでしょう。 ヴォクシーはサードシートを跳ね上げ格納し、セカンドシートを最前面まで出すことで7人乗りタイプで1,710mm、8人乗りで1,770mmとなっています。 ベンチシートの8人乗りならばほとんどステップワゴンと積載量は変わりませんが、7人乗りのセカンドシートの間は、ステップワゴンのように広くないためタイヤを挟むのは難しく、結局シートを外すか斜めにバイクを積むことになります。 そのため大きなバイクはセカンドシートを外すことが前提となってしまうためステップワゴンの方が使い勝手は良いでしょう。 なおヴォクシーについては以下の記事でも取り上げているので、興味のある方はこちらもあわせて参考にしてみてください。 日産 セレナ セレナは日産が販売する8人乗りミニバンで、近年では自動運転のプロパイロットや電気で走るe-powerが話題です。 セレナのラゲッジスペースはサードシートを跳ね上げ格納し、セカンドシートを最前面で収めることによって1,660mmの荷室長ができます。 更にセンターマルチコンソールを運転席と助手席の間にずらしこむことで、セカンドシートの間にスペースができるためステップワゴンのようにバイクの前輪を収めるて積むことができそうです。 しかしセカンドシートの間は意外と狭く、シートベースのプラスチックの部分がタイヤを邪魔し、前輪を収納するスペースの確保ができないため、何らかの加工が必要になってきます。 さらにセレナはサードシートを格納したときの張り出しが大きく、荷室幅が750mmとなってしまい、このサイズだとバイクのハンドルがあたってしまうことが多く乗せるのが難しいようです。 セレナにバイクを乗せるためには何らかの加工が車に必要となるため、ステップワゴンのほうが便利です。 なおセレナについては以下の記事でも取り上げているので、興味のある方はこちらもあわせて参考にしてみてください。 三菱 デリカD:5 三菱から販売されているSUVとミニバンのクロスオーバー、デリカD:5です。 SUVらしい走破性とミニバンの広くて使いやすい室内の良いとこどりのアウトドアミニバンです。 サードシートを格納しセカンドシートを精一杯前まで出しラゲッジスペースを最大限に広げた状態で、荷室長1,610mm・荷室幅770mm(床幅1,200mm)のラゲッジスペースができます。 そしてデリカD:5はステップワゴンと同様に、セカンドシートの間にバイクの前輪を収めることができるためラゲッジルーム以上のバイクが詰めます。 しかしラゲッジスペースがステップワゴンよりも小さく荷室幅も狭いため、積めるバイクはステップワゴン以上に制限がかかります。 トランポの性能としてはステップワゴンのほうがおすすめです。 なおデリカD:5については以下の記事でも取り上げているので、興味のある方はこちらもあわせて参考にしてみてください。 ステップワゴンはトランポとしても優秀 ステップワゴンはそのままでも2,000mmサイズのバイクを一台、シートを外す加工をすれば2台もバイクを積載できます。 サードシートは格納式で積み込みのじゃまになりませんし、さらに低床設計のため、バイクを積む際にも急角度で乗せる必要もなく安全に詰めます。 日頃は乗用としてファミリーカーとして使用し、セカンドシートのアームレストを外すことで急にトランポ仕様となる、ステップワゴンはトランポとして最高のミニバンと言えるでしょう。 これからステップワゴンを買おうと思っている方は、以下の記事もぜひあわせてご覧ください。 購入の参考になりますよ。

次の

ホンダステップワゴンの概要と歴史をまとめてみた|中古車なら【グーネット】

初代 ステップワゴン

goo-net編集チーム は、1996年5月に初代モデルがデビューし、高い居住性と安定した走りを両立した5ナンバーサイズとして成功を収め、現在の5代目まで常に安定した高い人気を誇る車種です。 から続くの新発想のクルマづくりである、「クリエイティブムーバーシリーズ」の第3弾としてデビューし、のライトミニバンというジャンルを確立しました。 派生車としては「」(2009年10月より別車種として扱われます)、介護専用車「ステップワゴン・アルマス」がラインナップされています。 goo-net編集チーム 1996年5月にFFレイアウト型のミニバン「ステップワゴン」として販売を開始しました。 当時、ホンダではFF小型車の生産が主であり、人気の出始めたRV車種のラインナップはありませんでした。 そこで新発想「クリエイティブ・ムーバーシリーズ」と銘打った、本格的なRVカテゴリー車を自社開発することになりました。 その第3弾となったのがです。 5ナンバーサイズの中で最大サイズとなる室内空間を実現し、後席の大きなスライドドア、ボアアップ機能を備えたシート、段差のないフラットなフロアベース、3列目までウォークスルーを可能にするなど、ファミリーユースを想定して設計されました。 搭載するエンジンは専用にチューニングされた2. 0L 4気筒DOHCエンジンで、軽量なボディをゆったりと走らせ安定した走行を実現しました。 販売当初より高い走行性と広い室内環境が注目され高い人気を博しました。 機能的な装備、スタイリッシュデザイン、高い経済性、利便性を実現し、ホンダがミニバンカテゴリーに本格参入するきっかけとなりました。 グレード体系は主に「W」「G」「N」が設定されており、2WD、4WD車が用意されています。 それぞれのグレードに「ボアアップシート仕様」と「回転対座シート仕様」が設定されています。 トップグレードの「W」はツートンボディカラー、キーレスエントリー、15インチアルミなどの豪華装備が施されています。 1999年にはマイナーチェンジが行われ、多くの見直しがされました。 エンジンの最高出力を向上、ホンダ独自のGコントロール技術による衝突安全設計ボディ、フロントドアライニングを布貼りに、フロントマスクデザインの変更、縦型4灯マルチリフレクタータイプヘッドライト等が採用され、より質感・実用性・安全性に対する向上が図られました。 新たにスタンダードグレードに「スピーディー」と「デモクラシー」が追加され、「スピーディー」はアルミホイールやエアロパーツ等が標準装備されているスポーツ仕様、「デモクラシー」は高級仕様の「G」にオートエアコン等を追加し、より装備を充実させたモデルとなります。 1997年〜1999年の3年連続、年間ミニバン販売台数第1位達成をしました。 ホンダ ステップワゴン RF1、2の中古車一覧: goo-net編集チーム 2001年4月に初のフルモデルチェンジを行い、へ移行しました。 初代から好評であった機能やデザインはキープコンセプトとし引き継がれました。 「子供を中心とした家族のバンザイ」をコンセプトに、ファミリーユースの中でも子供の視点を重視し、設計の見直しがされています。 「広さと機能を追求した空間設計」「心地よさと経済性と扱いやすさを融合させた走り」、「空間の広さや楽しさを映すスタイリング」の3つの要件を満たすことを軸に、フルモデルチェンジを行いました。 外観デザインとしては初代モデルの特徴を残すものの、フロントノーズのショート化、新型プラットフォームをベースに新設計の専用サスペンションの採用、ボディにはさらに磨きのかかったGコントロール技術の衝突安全機能が組み込まれています。 新世代エンジン「i-シリーズ」を採用することで、一層力強い走りと低燃費化を実現しています。 内装デザインを大幅に見直し、多彩なシートアレンジ機能が装備され、「遊(対座モード)・食(レストランモード)・寝(3列フルフラットモード)・積(カーゴモード)」の4つモードセレクトが可能になりました。 またプラットフォームの刷新により室内フロアを45mm低床化し、室内環境のさらなる快適性向上、シートアレンジ機能の進化によって、さまざまなシーンへ対応可能な利便性を提供しています。 初代モデルの魅力をアップグレードし、さまざまな先進機能を追加することで高い人気を誇ったモデルとなりました。 グレード体系も一新され、「Y」をベースにキーレスエントリー搭載の「D」、1列目回転シートなどが標準装備となる「I」、専用ナビゲーションなどが標準装備の「K」の、計4グレードのラインナップとなっています。 うち「K」「I」にはパワースライドドアが標準装備となっています。 2003年6月にマイナーチェンジを行い、等に搭載されている2. 4L 4気筒DOHCエンジンを搭載するモデルが追加設定され、走行性能に磨きがかかりました。 またミニバンカテゴリーとしては初採用となるAFS、(アダプティブ・フロントライティングシステム)がヘッドライトに追加装備され、夜間のコーナーリング走行時の安全性が向上しました。 また新たに黒色基調の内装デザイン、エアロパーツが標準装備された、高級スポーティ仕様「スパーダS」「スパーダ24T」が設定されました。 ホンダ ステップワゴン RF3、4の中古車一覧: goo-net編集チーム 2005年5月に2度目のフルモデルチェンジを行いへ移行しました。 「使って、過ごして、走って楽しいFUN-derful Mover(ファンダフル・ムーバー)」をコンセプトに、「ユーティリティ・ミニバンの空間のゆとり」と「の走りの質」を開発テーマに、ユーティリティスペースの徹底見直しと、ミニバンを超えた走りの質を目指し、3代目ステップワゴンは開発されました。 新型プラットフォームを採用し、ボディサイズはコンパクトになり丸みを帯びたシンプルながらモダンなデザインが特徴です。 エンジンは先代と同型ながら、特性を見直すことで出力、燃費性能が大幅に向上しました。 室内高はそのままにさらなる低床・低重心を実現、剛性の高い強固なフレームデザインにより、セダンさながらのハンドリング性能と走行安定性、乗り心地を実現しました。 大開口両側スライドドアが採用され、低重心、フラットフロアと相まって、乗降性、利便性に優れる快適な居住性から高い人気を得たモデルです。 先代モデルと同様、FFの2WDモデルとフルタイム4WDモデルが設定されています。 2008年には国内販売累計数が100万台を突破しました。 参考: ・主なグレード 「B」「G」「24Z」「G Lパッケージ」「G Sパッケージ」「G LSパッケージ」、「G スタイルエディション」「G エアロエディション」「G HDDナビスタイルエディション」、「スパーダS」「スパーダS Zパッケージ」「スパーダS HDDナビパッケージ」、「スパーダS Z HDDナビパッケージ」など。 ・カラーバリエーション プレミアムホワイト・パール、ナイトホークブラック・パール、ポリッシュドメタル・メタリック、ルミナスブルー・パール、アラバスターシルバー・メタリック、バスクレッド・パールなど。 (発売時期・グレードにより異なります) ホンダ ステップワゴン RG系の中古車一覧: goo-net編集チーム 2009年10月に3度目のフルモデルチェンジを行いへ移行しました。 先代ではコンパクトにまとめられたボディサイズは、パッケージングを見直し、スクエアなボックス型のボディデザイン、ホイールベースの拡大、ガラスエリアの拡大により、ルーミーでクラス最大のゆとりある室内空間を実現しました。 新搭載のトルクコンバーター付CVTや、燃費性能を優先してエンジンやトランスミッションに協調制御する「ECONモード」、運転中のエコ運転状況を運転手に視認させることができる「コーチング機能」等により、クラストップとなる低燃費性を実現しました。 また室内空間は明るく開放感溢れるデザインが特徴で、さらにガラスルーフ部を拡大、天井にスカイルーフを装備するモデルもラインナップされています。 1、2列目シートのシートクッション素材もフィット感の高い座り心地の良いもの変更され、3列目には簡単に床下に格納できる「3列目床下格納シート」を採用するなど、居住性や利便性がアップデートされました。 運転席のインパネデザインも大幅に変更され、サイドビューサポートミラーの採用等、運転中の視界性に優れ快適性も向上しています。 いずれのグレードもFFの2WDモデルとフルタイム4WDモデルが設定されています。 4代目モデルも歴代モデル同様に高い人気を誇り、2010年度の年間ミニバン販売台数第1位達成しました。 参考: ・主なグレード 「G」「G Lパッケージ」「L」「Li」「G スマートスタイルエディション」、「G HDDナビ スマートスタイルエディション」「G Eセレクション」、「G コンフォートセレクション」「G インターナビEセレクション」、「G インターナビ コンフォートセレクション」など。 ・カラーバリエーション プレミアムヒダマリアイボリー・パール、スーパープラチナ・メタリック、プレミアムホワイト・パール、クリスタルブラック・パール、ディープボルドー・パール、ポリッシュドメタル・メタリック、アオゾラブルー・メタリックなど。 (発売時期・グレードにより異なります) ホンダ ステップワゴン RK系の中古車一覧: goo-net編集チーム 2015年4月に4度目のフルモデルチェンジを行いへ移行しました。 ホンダ初のダウンサイジングエンジンを直噴1. 5L 4気筒VTECターボエンジンを採用しました。 吸排気デュアルVTC(バルブタイミングコントロール)、ターボチャージャー、新開発のCVTと相まって、2. 4Lエンジンに匹敵するトルクフルで力強い走りと、ミニバンカテゴリートップクラスの静音性を実現させました。 ターボエンジンながら高効率ダウンサイジングエンジンにより、燃費性能・ドライバビリティが大幅に向上し、自動車税区分も1ランク下がったことで自動車税が安くなったのも魅力的です。 先代より引き継がれた低床・低重心コンセプトをそのままに、躍動感ある若々しいボディスタイル、「ビューティリティリビング」をコンセプトにインテリアデザインを一新し、温かみのある色調と柔らかなデザインから、乗り手をリラックスさせることを狙いにコーディネートされています。 テールゲートからの子供の乗り降りや、狭小地での開閉を想定した横開き式サブドアを備えた独自機構の「わくわくゲート」の採用や、3列目のシートを床下格納できる「マジックシート」を備え、荷物の収納や乗降性、利便性に優れるパッケージングです。 また、先進の安全技術として、安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を新たに採用しました。 走行中、対象物の位置や速度を検知するレーダー、対象物の形状を認識するカメラの機能など、安全なドライブを支援してくれる機能です。 全グレードに安全装備である内圧保持式エアバッグシステム、VSA、ヒルスタートアシスト、エマージェンシーストップシグナルが標準装備されています。 いずれのグレードもFFの2WDモデルとフルタイム4WDモデルが設定されています。 参考: ホンダ ステップワゴン RP系の中古車一覧: ホンダステップワゴンは1996年の発売以来、競合車の多いミニバンカテゴリーの中でも、多彩な機能とファミリーユースの利便性や実用性を意識したモデルとして、高い人気を誇る車種です。 5代目の現行モデルは高い居住性と安定した走行性、先進技術の採用により、発売当初より好調なセールスを記録しています。 今後もホンダの5ナンバーサイズミニバンモデルとしてますます進化していくことでしょう。 ホンダ ステップワゴンの中古車一覧:.

次の

ホンダ・ステップワゴン(初代)

初代 ステップワゴン

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握! 車の買い替えに 焦りは禁物です。 愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず 大きな損をする事に…。 まずはなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。 査定額の差は 【18万円】となる事もあります。 「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のように すぐに相場がわかります。 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。 新車ではなく未使用車という選択も 新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。 そんな方には 未使用車や低走行車もおススメ。 ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。 は、 お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。 「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

次の