ギャグ ボール 英語。 口枷・猿轡

口枷猿轡図鑑

ギャグ ボール 英語

バイトギャグ=噛む猿轡• ビットギャグ=馬の轡の形をした猿轡 このような名前の由来があるそうですが、諸説あるうえに形と役割は非常によく似ています。 個人的にはバイトギャグのほうがしっくり来るので、そう呼んでいます。 バイトギャグの特徴 バイトギャグの特徴は、まずその形です。 よほど太いものを噛ませるのでもない限り、横に細長い棒を噛ませるため、ボールギャグやリングギャグほど大きく口を開ける必要はありません。 またバイトギャグはボールギャグほど口内まで入り込まない形状なので、舌への圧迫も弱め。 そのため顎や舌への負担は意外と軽いです。 そして構造上、一定の太さと長さの棒をくわえるため、ボールギャグやリングギャグのように唇の左右部分に細いベルトが食い込むことも避けやすいです。 ですので、唇を切ってしまう事故の可能性も低くなります。 いっぽう棒をしっかりと噛むことになるので、意外なほどよだれが出やすいのも特徴。 みっともない思いをさせて辱め羞恥心を刺激するという点でも、なかなか効果的なアイテムですよ、バイトギャグは。 ちなみに画像の由美ちゃんの記事はこちら。 ただ、アダルトグッズ全般に言えることでもあるんですけど、効果には個人差があります。 また、恥ずかしい瞬間を迎えるまでの時間にもかなり幅があります。 たとえばねねちゃんは、ある程度の時間装着させていましたけど、よだれを垂れ流すまでには至りませんでした。 彼女の記事はこちら。 バイトギャグの注意点 ボールギャグやリングギャグに比べると、大きさに由来する負担感が少ないため、注意点も少なくなるのがバイトギャグの特徴です。 とはいえ、いくら負担が少ないと言っても、それはボールギャグやリングギャグに比べての話。 身体の自由を奪う以上、負担はゼロではありませんし、太いものを選べばボールギャグ以上にきつく感じることもあります。 なのでプレイ中は目を離さず、注意深く様子を見ておくことが大事です。 なお「細長い棒をくわえさせる」ことで、いろんな物がバイトギャグの代用品になります。 たとえば竹で作る人もいますし、割り箸をつかう人もいます。 ただし弱い素材は壊れる危険性があり、壊れた場合女性の体を傷つける危険性があるので、初心者は真似しないほうがいいでしょう。 普通に市販されているバイトギャグを買ったほうが使いやすいですし、安心してプレイできます。 バイトギャグの選び方 バイトギャグを選ぶ際、太さについては当然最初は細めのものを選ぶべきです。 また素材についてはシリコン製がおすすめです。 ただシリコン製はしばらく使っているうちに劣化して色が変色してきます。 黒い場合は白っぽくなってくるので、見栄えを気にするなら適当なところで買い替えたほうがいいでしょうね。 その他に金属製や樹脂製もありますが、ボールギャグと同様に硬い素材は口にくわえたときの感触があまり快適ではないです。 バイトギャグはボールギャグやリングギャグに比べると負担が軽いぶん、長時間のプレイがしやすいと思っています。 そのメリットを感触の不快感で相殺する必要はないですよね。 とはいえ、いくら負担が軽いといってもプレイ内容や相手次第なのは確かです。 またボールギャグやリングギャグとも共通していますが、一部のアイテムはベルト部分に鍵をかけることができるようになっています。 心理的な服従感、拘束感がより高まりますので、選ぶなら鍵をかけられるものをお勧めします。 参考までに、私が使っているのもシリコン製かつ鍵がかけられるタイプです。 購入はNLSです。 NLSについては、こちらの記事を参考にしてください。 バイトギャグのまとめ シリコン製の適度な太さのバイトギャグは、ボールギャグやリングギャグよりも長めの時間の装着に向いています。 また見た目よりもよだれが出やすいという特徴もあるので、次のようなプレイをしたい場合におすすめです。

次の

口枷・ギャグ

ギャグ ボール 英語

すべての情報源• 総合的な情報源• Weblioビジネス英語例文 1• 浜島書店 Catch a Wave 9• 専門的な情報源• 日本語WordNet 2• EDR日英対訳辞書 1• Tanaka Corpus 6• 日本法令外国語訳データベースシステム 51• FreeBSD 3• JM 5• XFree86 3• Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス 35• 官公庁発表資料• 金融庁 67• 財務省 37• 特許庁 14• 特許庁 5401• 経済産業省 167• 厚生労働省 17• 書籍・作品• Andrew Lang『トロイア物語:都市の略奪者ユリシーズ』 4• Scott Fitzgerald『グレイト・ギャツビー』 10• James Joyce『死者たち』 1• James Joyce『アイビーデイの委員会室』 1• Arthur Conan Doyle『シャーロック・ホームズの冒険』 1• John Stuart Mill『自由について』 1• Robert Louis Stevenson『宝島』 1.

次の

【難易度別】YouTubeでおすすめ!子供向け英語アニメ・動画15選

ギャグ ボール 英語

ボールギャグ BallGag は(さるぐつわ)、口枷(くちかせ)の一種。 セシュター、 玉口枷とも称される。 構造 [編集 ] 構造としては、中央に大のボールと、その両端に取り付けられた革紐からなる。 ボールを被拘束者の口に咥えさせ、革紐によって固定して使用する。 中央のボールにはいくつかの種類があり、中空で表面に複数の穴の開いたもの、ゴム製で中央に呼吸用の穴の空いたもの、穴のないゴム球、などがある。 効果 [編集 ] ボールギャグを咥えさせられた者はボールの穴、もしくは唇の隙間を通して呼吸ができるが、まともに喋ることはできなくなる。 口を閉じることもできなくなるため、が垂れ流されて非常に不恰好な状態になる。 この涎の漏出が、プレイにおいてはとしての意味を持つ。 現在ではを示す記号としての意味合いも強く、SMに使う猿轡として認知されている。 より激しいSMプレイには、()などが使用される。 関連項目 [編集 ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の