韓国 wto 提訴 海外 の 反応。 日本は崩壊する!GDP3位の日本の崩壊はでたらめだ!韓国の方が先に滅ぶ!日本が韓国造船会社の合併問題をWTOに提訴 韓国の反応

日本は崩壊する!GDP3位の日本の崩壊はでたらめだ!韓国の方が先に滅ぶ!日本が韓国造船会社の合併問題をWTOに提訴 韓国の反応

韓国 wto 提訴 海外 の 反応

韓国は来月(8月)にも日本が輸出上の特恵を与えていた「ホワイト国」(27か国)から除外されることを既成事実として受け止め、その対応、対策に大わらわである。 日本政府が安全保障上「友好国」として認め、「ホワイト国」にリストアップされれば、日本からの軍事転用可能な戦略物資は輸出手続き簡素化など優遇措置が与えられる。 韓国は2004年に指定され、恩恵を受けてきた。 従って、指定解除となると、今後ほぼすべての産業分野でもろに影響を受けることになる。 具体的に言えば、非「ホワイト国」扱いとなると、工作機械、尖端素材、電子、通信、センサー、化学薬品など幅広い部材(食品と木材を除く)が今後、個別ごとに政府の許可が必要とされる。 韓国の場合、その対象は1,110品目に及ぶ。 当然、韓国経済に与える影響は今月4日に半導体素材3品目に限定された輸出審査厳格化措置の比ではない。 こうした状況を「非常事態」とみなす文在寅大統領をはじめ青瓦台(大統領府)、政府、国会、経済界では連日会議、会合を開き、企業の被害を最小限に止めるための予防、防御策を模索する一方で、日本が直接交渉に応じないことから当事者による外交解決は困難とみて、WTO(世界貿易機関)への提訴を急ぐことにしている。 日本では一連の措置は輸出の禁止、規制ではなく、安全保障上の理由から韓国へのこれまでの特別扱いを止め、一般の国並みに書類審査、検査を厳格化するだけなのでWTOに違反してないことから提訴の対象にならないこと、仮に韓国の提訴が受理されたとしても、日本が「敗訴」することはないと自信満々だ。 確かに日本の視点からみると、韓国に勝ち目がないようにみえるが、韓国には韓国なりの勝算があるようだ。 韓国は日本の措置は元徴用工訴訟判決に対する政治報復であり、自由貿易の原則に反するとの観点から訴え、争う方針のようだ。 そのことは、一昨日、ソウルの世宗国策研究団地で「日本の輸出制限措置の分析と展望」と題して開かれた国策研究機関・対外経済政策研究院(KIEP)主催のセミナーに集約されていた。 政府の通商交渉を論理的に、政策的にバックアップするKIEPは日本の反論を国際通商法的見地から論破できるとしている。 例えば、GATT(関税及び貿易に関する一般協定)第11条第1項は会員国が輸出許可などで輸出を禁止、あるいは制限できないよう義務化していることから韓国は日本の「厳格化措置」が事実上、輸出制限措置に該当する素地があるとみている。 日本はこれまで韓国に付与してきた特恵を外し、元に戻し、普通の国として扱うだけだからWTOの規定に反してないとの立場だが、韓国は国際貿易規範の基本であるWTO貿易規範第1条第1項に該当する最恵国待遇義務には他に例外理由が存在しない限り、特恵を取り消す措置については争点にすることができることから日本の今回の措置によって日本の対韓輸出が具体的にどれだけ減少したのか、また、他国への輸出に比べて処遇がどの程度不公平だったのかを立証すれば日本の措置を撤回させることも可能とみている。 KIEPはまた、今回の日本の措置が貿易規則を一貫して、公平かつ合理的方式で施行する義務を明示したGATT第10条第3項に違反しているとみなし、問題提起すべきと政府に進言している。 このGATT条項によれば、日本の輸出規制が類似した状況にある利害関係者らを同じように待遇していない場合、特定国家の輸出に限って不必要に複雑で過度の申請書類の提出を要請し、不当な行政処理遅延をもたらす場合がこの事例にあたるようだ。 日本は戦略物資輸出統制制度を順守するため例外措置として輸出規制が認められることを定めたGATT第20条(d項)と必須的な国家安保保護例外措置に該当する同第21条(b項)を法的根拠として日本の対応を正当化するものとみられるが、この場合、日本は韓国への輸出が安全保障に脅威を与えていることを立証しなければならない。 即ち、対韓輸出の審査厳格化を行った根拠としている安全保障上の「不適切な事案」を明かにし、理解を得る必要がある。 韓国は日本の水産物輸入制限をめぐるWTOの裁定で逆転勝訴した時の担当者らを集め、提訴の準備をしているが、先週訪米し、マルバニー大統領首席補佐官とこの問題で協議した金ホンジュン大統領府国家安保室2次長は米国で弁護士なった後、WTO(世界貿易機関)首席弁護士を経て、盧武鉉大統領が秘書室長として仕えた盧武鉉政権下で日韓自由貿易協定(FTA)交渉を担当し、近年では米韓自由貿易協定をまとめたこの道のプロである。 米国が日韓の争いごとで一方に与することはないが、韓国がWTO提訴に向けて環境整備しているのは間違いない。 世界貿易機関は今月23日から24日までスイス・ジュネーブの本部で一般理事会が開かれるが、すでに韓国側の要請が認められ、理事会の正式な議題となっている。 果たして、どちらの言い分が通るのか、10日後には判明する。 北朝鮮は二度目の小泉訪朝の際なぜ「ゼロ回答」だったのか! スウェーデンのストックホルムで行われた日朝政府間協議(2014年5月29日)で北朝鮮は拉致被害者の再調査に応じることに同意した。 これにより、拉致問題の進展が期待されているが、北朝鮮は今度こそ、真相を明らかにするのだろうか? 小泉総理の二度目の訪朝(2004年5月)では金正日前政権は白紙に戻しての再調査を約束したが、その年の11月に通告された調査結果は「ゼロ回答」だった。 なぜ、「ゼロ回答」に終わったのか、その理由について北朝鮮の情報機関に精通している元人民軍偵察局大尉(金国石)に当時、直接聞いてみた。 一世紀前に起きた日本の植民地問題もある。 北朝鮮はその面で不満を持っている。 北朝鮮は日本側の要求を10分の1解決すれば、ボールを日本側に投げてくるはずだ。 必ず、過去の補償、賠償問題も持ち出すはずだ。 だから、日本政府も知恵を働かせて解決する必要がある。 それには対話が必要だ。 特に軽視できないのは、拉致問題の対応への軍部の不満だ。 北朝鮮軍部は2002年9月17日の首脳会談以降の日本国内での反北朝鮮世論の高まりや日本国民の北朝鮮を見る視覚が大変、極限的な状況になってしまったことを問題視している。 拉致を認めたため対外的に窮地に陥ってしまった。 特に朝鮮総連はダメージを受けた。 金委員長個人に対する批判は絶対にありえない話だ。 但し、金委員長が日本の首相に対面して、拉致問題や工作を認め、遺憾を表明したことに羞恥心を感じている。 軍人ならば当然だと思う。 また、金委員長が日本の首相の前で謝罪しなければならなかったこともそうだ。 別なやり方があったと非難している。 例えば、金委員長が謝らず、下級官吏らに対応させればよかったと。 結局、金委員長に恥をかかせたと怒っている。 自分らが神のように崇拝している金委員長が敵国である日本の首相の面前で謝罪させたしまったと言うことだ。 軍部忠誠者らにとってはそれを目にすること自体が辛いわけだ。 「必ずしも日本側が提示した10人の安否不明者に限った、死亡したとされた人達に限ってのみ調査するとは思われない。 というのも、死亡したと発表した人達を出すことは、北朝鮮としては困る。 「特殊工作機関に勤めていた経験からして、例えば金正日政治軍事大学は全的に対外工作員を育成する学校である。 学校で数年間日本語を教えていれば、多数の人に顔を知られ、学校のすべての流れや状況も把握できる。 日本から膨大な経済支援や金銭の見返りを手に入れることがあったとしても彼らを出すことは、それにひけを取らない損失であると彼らなりに判断しているはずだ。 日本人を利用している機関は、対外情報などを統括する、安保にかかわる重要な機関だ。 そこで働いている人達を容易には認められないと思う。 今も生存しているとすれば、彼らを生かして返す可能性は薄いとみたほうがよい。 現状では不可能かもしれない。 前回は人民武力相(国防相)が出た。 前回の首脳会談では金委員長は拉致を認めた。 拉致を認めれば、おそらく日本が感謝し、朝日関係が前進すると思ったからだ。 南北首脳会談のように前進があると思ったはずだ。 しかし、全く逆の結果になってしまった。 軍部の人は、このことは判断ミスとみなし、金委員長に拉致を認めるべきと進言した会談主導者らを問責している。 北朝鮮が一旦死亡したと発表した10人が生存していると発表すれば、収拾できなくなると思っている。 仮に生存者として一人、あるいは二人返した場合、日本側は残りの人も生存していると言うのは間違いない。 そうなれば、収拾が付かなくなる。 軍部及び情報機関のトップは『生存していると発表してはならない、死んだままにしたほうがよい』と進言し、金委員長もそれを受け入れようとしている。 そうなれば、いくら金委員長でも、『生存していた』と発表するのは不可能だと思う。 但し、再調査したら、発表してなかった別の人物が出てくる可能性はある。 「軍部や労働党連絡所、対外工作員育成所で働いていた日本人はなるべくなら『廃棄処分』にしてしまうのではないだろうか。 日本に戻しても大丈夫との判断がつくまでの間は絶対に明らかにしないと思う。 労働党、国家安全保衛部、軍部、これは金正日政権を支える守護勢力、基本集団だ。 最高指導者とはいえ、彼らの立場は無視できない。 北朝鮮なりの国益のかかった問題なので、解決には多くの時間を要することになると思う。 今後認めるにしても、彼らが高齢となるか、記憶が乏しくなるか、もう使い道がなくなった時点ではないか。 あるいは、次の体制下(金正恩体制)で明らかにすることはあるかもしれない」.

次の

海外の反応「いかなる合意をしても全て反故にするのが韓国だ、韓国、貿易管理強化をめぐり、WTOに日本を提訴」

韓国 wto 提訴 海外 の 反応

日本の「経済仕返し挑発」に韓国政府が「深い遺憾、G20合意に反する行為」と表明して、緊急対策会議を開きました。 韓国政府としては実効性のある対応カードがなく、正面戦として対日半導体の輸出を中断する極端な案も出ていますが、日韓貿易戦争になりかねないので選択肢としては難しいという評価です。 殴られてばかりで、何の国なんだ。 400年前にも、100年前にもぶん殴られて、貶すばかりしてたら今日もう一度殴られた。 いつ返せるんだよ、口ばかりで殴ってどうすんだよ。 こんな状況でもチョッパリとか土着倭寇しか言えないのか。 金大中、盧武鉉、李明博、朴槿恵がカスだから日本との関係が円満だったと? 何を言っているんだか。 日本車はこれから禁止だ! チョッパリのものは不買! ここは売国奴しかないのかよWWW半導体の価格が上がったらサムスンがアップルに納品する量が減るのに、アップルまで打撃受けることになったらトランプが手放しするはずがないでしょ?? 1.米国が北朝鮮を攻撃すると言ったら? -それは脅威である。 北朝鮮が米国を攻撃すると言ったら? -それは嘘である。 2.日本が韓国に経済制裁すると言ったら? それは実質的な脅威である。 韓国が日本の経済制裁に対応したら? それは自爆である。 3.実質的な得もないのに国民の反日感情に沿って反日を連発した結果、国家の指導者たるものがこのくらいも予想できず隣国とさらなる紛争を起こしたの? 政治っていうものは熱い胸でするのではない。 冷静な頭でするもんだ。 文政府には本当に残念。 韓国政府は反撃なんてバカなこと言ってるねWW韓国はすぐ半導体生産が中断になる反面、日本は韓国じゃなくても半導体の調達が可能なんだ。 相手になれると思うのか? 私たちが持ってるカードは半導体しかない状況。 本来外交っていうものは嫌な奴に対しても笑いながら国家に利益を与えるのが基本なのに、外交が隣人同士の喧嘩なのか?? どんなにチョッパリが嫌でもこれはないだろ? 国民の自発的な行動が必要な時期かもね、少なくても日本旅行とか日用品のボイコットとか!! よいものは全部日本に捧げて、日本観光で悪口言われながらも金出してる国民からして精神改造できないなら黙ってろよ。 いつまで罵っても日本をモノ好きな朝鮮人は変わらない。 常識に反する政策を先にしたのは誰だっけ? 文在寅じゃないの? ボイコットしよう。 リンナイ、ABCマート、ユニクロ、無印良品、ダイソー、旅行のボイコットは当たり前では?? 日本が韓国にやったことを考えると当然だと思う。 難しいけど今度をきっかけに国産化に頑張ろう! 日本だって私たちに売らなきゃ大損だ。 国家的に支援して日本にちゃんと見せよう。 私だって韓国人だけど政府が日本に「賠償しろ」と言って日本側から賠償すると、また内容を変えて賠償要求してきたくせに、まるで今まで日本が賠償しなかったように言ってるのはひどいと思う。 この記事だって貿易戦争の原因がちゃんとあるのにまた日本から一方的に貿易戦争を起こしたような言い方してるね。 親日も問題だけどあまりにひどすぎる反日も問題じゃないかな? だから協定をちゃんとしてほしい。 韓国も日本輸出と輸入禁止すべきだ。 今度から日本依存から逃れるべきだ。 賠償金は朴正煕の時からずっと要求してきたし、もらってきた。 いつも同じ口実でね。 外国人は韓国が金が足りないから、植民地だったのを利用して日本から金をもらってると思ってる。 本当に謝ってほしいならそれだけ要求しろ、なんで金を求めるの? 文在寅は初めに日本から謝ってもらう前には「合意などない」と言ったのに、今度また賠償金を要求したらしい。 いつまで貧乏くさい外交を繰り返すの? 過去のことを政治に巻き込んだせいで被害受けてるのは国民だ。 反日感情を政治に利用して得するものなんてないってことだ。 そもそも私たちは後進国なのにどうやって勝つの?ふざけてるの? でもおかしいのは日本部品会社の株式は急落した反面韓国の部品会社の株式は急上昇したこと。 これは時間がたつにつれ半導体の部品だって韓国産に代替されるってことだよ。 結局取引先を失った日本の会社は売上急落するだけで、韓国の会社は新素材開発に成功して売り上げが上昇すると予想されてるってことだ。 金は嘘つかないから。 日本旅行をするな。 日本側企業でもろに打撃を受けるのは下関三井化学と、関東電化だと言われてますね。 ただし、この親会社の三井化学と古河グループからすると、フッ化ポリイミドなんてのは非主力製品もいいところ。 そもそも国内半導体産業が終わってる時点で、ここらへんの中間素材を国内で作り続けても日本としてはあんまり旨味がないです。 しかも下関三井はこの間事故を起こして稼働率が半分近くに下がったりしてて、国内生産ラインは現状めちゃくちゃですし。 しかも半導体にはもう一つ、炭素電極やダイヤモンド電極が必要で、こっちはほぼ日本企業ワールドなので、電極を握ってる限り今の日本のポジションは揺るぎません。 なので実はフッ化ポリイミドに関しては日本企業は既に「詰み」で、いつでも捨てられるんですよね。 経産省は明らかにそこらへんを分かってやっている感じがあります。 となると最悪の場合、二年後くらいに経産省主導で国内のフッ化製品製造企業を台湾メーカーあたりに高値で売却して、韓国側が「日本は韓国の圧力に屈服した」とかいう声明を出すシナリオも見えてきますねえ。

次の

海外の反応「いかなる合意をしても全て反故にするのが韓国だ、韓国、貿易管理強化をめぐり、WTOに日本を提訴」

韓国 wto 提訴 海外 の 反応

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が、国際舞台で大失敗をやらかした。 日本政府による韓国向け半導体素材などの輸出管理強化について、WTO(世界貿易機関)一般理事会で「自由貿易への逆行」などと批判したが、日本の「安全保障上の運用見直し」という主張を覆せず、他国は無反応だったのだ。 韓国政府は今後、「日本の措置=いわゆる『元徴用工』訴訟の報復」という筋違いの主張を展開し、WTOへの提訴を目指すが、日本政府は動じていない。 WTOの規定上、勝利を確信しているうえ、韓国の提訴は自縄自縛に陥りかねない愚策だからだ。 (今回の輸出管理強化は)輸出管理制度に基づく措置で、安全保障の観点から(大量破壊兵器の)関連物資・技術の拡散を防ぐことを目的としている。 WTOの場で取り上げるのは適切ではない」 伊原純一・駐ジュネーブ国際機関政府代表部大使は24日、WTOの一般理事会で、こう堂々と主張した。 これは、韓国産業通商資源省の金勝鎬(キム・スンホ)新通商秩序戦略室長が「WTO体制に脅威を与える措置。 韓国は半導体分野の主要製造国であり、世界の供給網に影響する」などと、日本を批判したためだ。 両国の主張に対し、理事会で第三国からの発言はなかった。 ロイター通信は25日、「韓国は国際社会を動員して日本の動きを牽制(けんせい)しようとしたが、WTO関係筋によると、いずれの国も介入する姿勢を示さなかった」と伝えた。

次の