悪玉 コレステロール が 高い 原因。 善玉コレステロール(HDL)とは?基準値や高い原因について

LDLコレステロール値を下げるには?悪玉が高い原因3つと食品一覧

悪玉 コレステロール が 高い 原因

「善玉コレステロール(HDL)」は、「悪玉コレステロール(LDL)」と同様に、体を作るために欠かせない物質です。 「善玉コレステロール(HDL)」は、名前に「善」とあるので、体の健康にとってとても良いものであるというイメージを持ちやすいですが、数値が高すぎても低すぎても、体に及ぼす影響というものはあります。 高くても低くても良くないのであれば、そのHDLコレステロール値がどれくらいの数値であれば問題がないのか、またHDLコレステロール値が高い場合、低い場合それぞれの原因や注意点について、そしてHDLコレステロールを増やした方が良い場合と下げた方が良い場合の、それぞれの方法などについてご紹介したいと思いますので、ぜひ参考にしてみて下さい。 善玉コレステロール(HDL)とは? 脂質の一種であるコレステロールは、人間の体内で、消化液の1つである胆汁酸や、細胞膜、男性ホルモンや女性ホルモンなどの性ホルモンや副腎皮質ホルモンを作るための原料となるので、人間が体を維持するために必要不可欠な物質です。 コレステロールには、「悪玉コレステロール(LDL)」と「善玉コレステロール(HDL)」があり、それぞれに設けられている役割というものがあります。 その量が多くなりすぎてしまうと血中に溜まり、行き場のなくなったLDLコレステロールは動脈の内側の壁に入り込むようになり、それが蓄積することによって動脈硬化の発症に繋がりやすくなります。 悪玉コレステロールについては、こちらで詳しくご紹介しています 一方で、善玉であるHDLコレステロールは小腸などで作られ、動脈の内側の壁に溜まったLDLコレステロールを取り除き、肝臓に回収するという働きがあり、このことから「善玉コレステロール(HDL)」と呼ばれているのです。 「悪玉コレステロール(LDL)」と「善玉コレステロール(HDL)」は、どちらも体を作るために欠かせない存在ですが、名前に「悪」や「善」と付いていると、何となく体に与える影響も、悪玉コレステロールであれば悪影響を、善玉コレステロールであれば良い影響となるのではないかと思ってしまうのではないでしょうか。 しかしどちらとも均衡が崩れるのは良いこととは言えず、悪玉であるLDLコレステロール値が高すぎたり、善玉であるHDLコレステロール値が低すぎるといった状態は、どちらも動脈硬化の可能性が高くなってしまうことになるのです。 特に善玉コレステロールは、「善」という文字のせいで、多ければ多いほど体に良いと思いがちですが、実はそうではなく、LDLコレステロールとHDLコレステロールの両方の数値のバランスがとても大切になります。 動脈に張り付いたLDLコレステロールを掃除する役割のあるHDLコレステロールの数値が低いと、それだけ動脈硬化の危険性が高まるので「HDLが低いのは良くない!」とイメージしやすいですが、逆にそのHDLコレステロール値が高くても何かしらの疾患の疑いを持つ必要があるのです。 HDLコレステロールの基準値 日本人間ドック学会の判定基準とされているHDLコレステロールの数値は以下の通りとなります。 基準値• HDLコレステロールが高い場合の原因と注意点 HDLコレステロール値が高いということは、体内の余分なコレステロールがきちんと回収されていることを意味するので、動脈硬化に繋がる心配は低くなります。 しかしだからと言ってHDLコレステロール値が高ければ高いほど良いということではなく、定められた基準値を大幅に超えている場合には、体に何らかの悪影響が起きている可能性があり、「高HDLコレステロール血症」「家族性CETP欠損症」「原発性胆汁性肝硬変」などの病気が疑われます。 その中でも、HDLコレステロール値が高い場合に特に注意が必要なのが、「原発性胆汁性肝硬変」と「家族性CETP欠損症」の2つになります。 原発性胆汁性肝硬変 原発性胆汁性肝硬変は、肝臓の中にある胆管という部分が、自己免疫のメカニズムによって破壊されることで胆汁の流れが悪くなり、回収したコレステロールを胆汁の中に排出することができず、これによってHDLコレステロールの数値が高くなるという病気です。 原発性胆汁性肝硬変の症状としては、疲労感やかゆみ、ドライアイや口の渇き、黄疸などがありますが、たとえば疲労感などは慢性的に感じている方も多いので、このような症状が出たからといってすぐに原発性胆汁性肝硬変を自分で疑うのは難しいとも言えます。 しかしHDLコレステロール値が明らかに高いという場合や、検査を受けるたびに数値が上がっているという場合は、原発性胆汁性肝硬変の可能性を疑うようにしてみて下さい。 家族性CETP欠損症 家族性CETP欠損症は、「コレステロールエステル転送たんぱく(=CETP)」という酵素が、遺伝的に欠損することで発症する病気で、遺伝によって低くなっているHDLコレステロールの機能を補うために大量に合成することから、HDLコレステロールの数値が高くなると言われています。 家族性CETP欠損症の遺伝子を持つ人の割合は、アジア圏では非常に多く、日本においては約100人に1人が家族性CETP欠損症であると推定されています。 この家族性CETP欠損症を患っている人は、細胞からコレステロールを引き抜く作用が弱くなっていて、血中からコレステロールを取り除く役割がうまく働かなくなるため、動脈硬化の恐れが高まると同時に、心筋梗塞や狭心症といった病気を発症するリスクも上がると言われています。 HDLコレステロールの数値が高くなる要因には、家族性CETP欠損症以外では、お酒や運動が起因している場合もあるので、日頃お酒を少量でも嗜む方や、よく運動をするという方でもHDLコレステロール値が高めになることがあります。 HDLコレステロールが低い場合の原因と注意点 HDLコレステロール値が低いということは、本来回収するべき余分なコレステロールがそのまま放置されていることを意味するので、動脈の内側の壁に蓄積したコレステロールによって動脈硬化となったりするのです。 その動脈硬化が進行してさらに心筋梗塞や狭心症、脳梗塞といった重篤な病気へと発展してしまう可能性があるので、数値が低いとわかったら速やかに原因を突き止めて、きちんと対処することが大切になります。 HDLコレステロール値が低くなる原因として、真っ先に挙げられるのが食生活や運動不足、喫煙といった生活習慣によるものです。 現代人の食生活は一昔前の日本食と比べると、脂質が圧倒的に増えていて、脂っこい物を食べる機会も多くなっていますが、これらの過剰摂取は脂質の代謝異常をもたらし、悪玉であるLDLコレステロールや中性脂肪を増やして、善玉であるHDLコレステロールを減らすことに繋がるとされています。 また、HDLコレステロールは運動によって増えるため、その逆である運動不足の状態になると、当然のことながらHDLコレステロールは減少するということになるのです。 そして喫煙もHDLコレステロールを低くする原因であり、タバコを吸うと血中のLDLコレステロールの増加と中性脂肪の合成を促進する一方で、HDLコレステロールが減少するというデータがあります。 これは、脂質の代謝に関わっている酵素の働きが、タバコに含まれるニコチンなどによって不活性化されるためと考えられています。 上記の生活習慣による原因だけでなく、体に異常があることで、HDLコレステロール値が下がるということもあり、たとえばコレステロールを作っている肝臓に炎症が起こると、必要な量のコレステロールを作り続けることができなくなるために数値が下がり、急性肝炎や慢性肝炎に繋がるということもあります。 肝機能だけでなく、慢性膵炎や腎臓の疾患などでも、HDLコレステロール値が低くなるということを覚えておくようにして下さい。 とは言っても、HDLコレステロール値が低くなる原因のほとんどは生活習慣の乱れによるものが多いので、できるだけタバコは控える、または禁煙に挑戦したり、日頃から積極的に体を動かすようにしたり、野菜や海藻などを多めに取り入れた食生活を心がけるなど、まずはご自身の生活習慣を見直してみることをお勧めします。 HDLコレステロールを増やすには? 禁煙をする 喫煙の習慣がある方は、タバコをやめるとHDLコレステロール値が増える可能性が高くなります。 食用油を変える 生活習慣によるものだけでなく、肝疾患があるという方でも動脈硬化を予防するために有効なのが、日頃利用している食用油の種類を変えるという方法です。 特にオリーブオイルには、リノール酸やオレイン酸といった、LDLコレステロールを下げる作用のある必須脂肪酸を豊富に含んでいるので、普段の調理で使うサラダ油などをオリーブオイルに置き換えることで、HDLコレステロールの増加に繋がりやすくなります。 ただ、そんなオリーブオイルも摂りすぎは禁物ですので、いつも使っている調理油を変えるということから、少しずつ取り入れてみるようにして下さい。 運動の習慣をつける HDLコレステロールを増やすために効果的なのが、運動の中でも特に有酸素運動を行うということになり、ランニングやジョギングといったハードなものではなくても、ストレッチやウォーキングといった、運動初心者でも続けやすい有酸素運動を行う習慣をつけることをお勧めします。 少量の飲酒をたしなむ 肝疾患が見られないのであれば、少しの飲酒はHDLコレステロール値を改善することに効果があるとされていますが、あくまで少量なので、飲みすぎの恐れがあるという方は避けるようにして下さい。 善玉コレステロールを増やす方法についてこちらでお伝えしています! HDLコレステロールを下げるには? 適度な運動を心がける 体を動かすことは大切であり、運動をする習慣がついていることは、健康を維持するためにも非常に良いことではありますが、何事にもある程度の限度というものがあるので、過度な運動はHDLコレステロール値の上昇に繋がってしまうため、行いすぎには気をつける必要があります。 ご自身の生活に組み込んだ運動量について、今一度振り返って確認し、運動しすぎだと思ったのであれば、その運動量を適度なものにコントロールするようにしてみて下さい。 適度な飲酒を心がける 一度に飲むお酒の量が決して多くなく、適量であったとしても、毎晩のようにたしなむ習慣があるのであれば、それらがHDLコレステロール値の上昇の原因となっている場合があります。 飲みすぎることはないけれども、ほぼ毎晩お酒を飲んでいるという方は、飲酒の頻度を数日に一度というように間隔をあけて総体的な飲酒量を制限することで、数値が改善されるということもあるので、適度にたしなむ程度にすることをお勧めします。 青魚を積極的に摂取する 肉類ばかり食べる食生活になっていると、LDLコレステロールが増えてHDLコレステロールが減少する傾向があるので、HDLコレステロールを増やす「ドコサヘキサエン酸(DHA)」や「エイコサペンタエン酸(EPA)」などの不飽和脂肪酸を多く含む青魚を、積極的に摂取するようにして下さい。 これらの不飽和脂肪酸は、イワシやサンマ、サバなどに特に多く含まれているので、日々の食卓に上げる頻度を増やすことをお勧めします。 まとめ 善玉コレステロール(HDL)について、さまざまなことをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか? 「善玉だから大丈夫」と、名前のイメージだけで根拠もなくつい安心してしまいますが、善玉コレステロールも多くても少なくても体に悪影響を与えるということが、おわかり頂けたかと思います。 多くの場合、生活習慣を見直すことで、HDLコレステロールのバランスを整えることができますので、まずはご自身の食生活や運動、喫煙状況などを見直してみることをお勧めします。

次の

LDL(悪玉)コレステロールに要注意!LDLが高い原因と下げる方法を解説

悪玉 コレステロール が 高い 原因

【目次】 ・ ・ ・ ・ コレステロールの役割や値と、健康体に欠かせない運動について 加藤杏奈先生にお聞きしました 善玉? 悪玉? LDLやHDL…。 値が高いとどうなるの? それぞれのコレステロールの役割や、気をつけるべきこと。 しかし、どちらも多すぎると動脈硬化を進行させ、心筋梗塞や脳卒中のリスクとなります。 大酒飲みの人は中性脂肪が高い傾向になり、また前日の食事の影響も受けやすいので、正確に検査をするために、前日は肉類や脂っこいものの食べ過ぎには注意してください。 低値の場合、喫煙、肥満、運動不足を原因として考えますが、生まれながらに低いこともあります。 HDコレステロール血症は動脈硬化を促進しやすいので、禁煙やダイエットをしても良くならない場合は治療が勧められます。 まずは食事や運動習慣の改善が必要ですが、高い状態が続く場合は、内服治療が勧められます。 私にとってはこれが一番ですね。 ストレス解消にもなります。 血行が良くなり、肩こりや冷えが改善する。 また疲れにくくなる。 筋肉が増え、骨も丈夫になる。 抵抗力が高まる。 血中脂質が気になるときの飲み物 【1】カテキンが豊富な緑茶 生活習慣病の予防に有効という研究あり! 緑茶には「カテキン」が豊富に含まれています。 カテキンとは、抗酸化作用で知られているポリフェノールの一種。 免疫力をアップしたり、脂肪とコレステロールの吸収を抑える効果と、抗炎症作用や脂肪燃焼促進効果などがあるとされています。 【2】茶葉を粉末にした抹茶がオススメ 生活習慣病の予防に有効という研究あり! 「カテキン」は抹茶にも含まれていて、糖質や脂肪の吸収を抑える働きがあることが知られています。 カテキンは特定保健用食品にも利用されている成分。 生活習慣病の予防に役立つという研究があります。 悪球コレステロールや中性脂肪といった血中脂質を減少させる作用があるほか、血圧・血糖値の上昇を抑えたり、高脂血症・糖尿病・動脈硬化・肥満症・高血圧などの生活習慣病のケアにも有効です。 アーモンドミルクは、アーモンドと水から生まれた植物性の飲料。 アーモンドの栄養素をまるごと摂れ、ヘルシーなのが何より魅力です。 さらに、乳糖やグルテンを含まないので、これらの物質に過敏な人や不耐症の人も安心して飲むことができます。 そのまま飲んでも、料理やスイーツに使ってもいいアーモンドミルク。 アーモンドの豊富な栄養素を効果的に吸収するためにはアーモンドミルクのように「液状」であることが良いという研究報告もされているそう! 血管の健康を維持してくれる食べ物(おやつも) 【1】最強のダイエットフード「高野豆腐」 「畑の肉」と言われている高野豆腐は、ダイエット食としても人気! 高野豆腐の、33. 脂質といっても、そのおよそ8割は、中性脂肪や悪玉コレステロールを減らしたり、血管の健康を維持しつつ、血栓や高血圧を防ぐ働きのある不飽和脂肪酸です。 さらに高野豆腐には、脂肪の代謝を促す大豆サポニンや、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きのある大豆イソフラボン、そして、脳を活性化させるレシチンに、老化を予防するビタミンE・カルシウム・マグネシウム・鉄・亜鉛・食物繊維など、豊富な栄養素がたっぷり。 大豆のタンパク質に含まれている「レジスタントタンパク」は、肝臓での中性脂肪合成を抑えたり、さらに腸管からの脂肪吸収を抑制することで血中の中性脂肪の上昇を抑える作用があります。 その特殊なタンパク質は、高野豆腐の凍結・熟成などの製造の過程で増えることがわかっており、コレステロールからつくられる胆汁酸と結合して外に排出されるため、血中のコレステロールを減らす作用があると考えられています。 【2】「オルニチン」を含んだ貝類 お酒を飲んだ時に効くことで知られる「オルニチン」には、こんな作用も! しじみ・アサリ・はまぐりなどの貝類は利水作用のほかに、コレステロールを抑制したり、高血圧予防の作用があるとされています。 【3】「枝豆」には薬膳的効能が! おつまみとしてだけじゃなく、枝豆は超優等生だった! 枝豆は、消化吸収を助けて胃を元気にする効能のほかに、コレステロールやカロリーが低く、良性の植物性たんぱく質を多く含んでいます。 【4】「気」を補ってくれるきのこ類 きのこは、低カロリーでありながら元気が欲しいときの救世主です! 気力や元気の「気」を補ってくれるのは椎茸と舞茸。 気力がないと感じる時には、同じく補気作用が高い鶏肉との料理がオススメ。 いずれも血中コレステロール値の抑制に効果があるとされています。 【5】ココアに含まれるポリフェノールの「強心」の機能 甘みが疲れをとってくれるイメージのあるチョコレートですが、ココアにも「益気」という機能があり、字の通り「気を増す」=「疲労感を改善し元気になる」効能があるとされています。 栄養学ではポリフェノールは動脈硬化の予防や、コレステロール値の改善・血圧の改善に役立つとされています。 まさにその効能が薬膳で言う「強心」にあたります。 (心を強くするという意味) 悪玉コレステロールに効く調味料とレシピ 【1】マヨラーにおすすめの人気のマヨネーズ 「マヨネーズは好きだけど、カロリーやコレステロールが高くて…」という人にはコレ! アンチエイジングやお肌にうれしい、強い抗酸化作用を持つビタミンEや、コラーゲンの生成を促すビタミンCなどが豊富に含まれていアボカド。 ですが、アボカドのもつ効果は美容面ではありませんでした。 リノール酸やオレイン酸といった不飽和脂肪酸は、悪玉コレステロール値を下げて、血液をサラサラにしてくれる効果も期待できるのです。 マヨラーさんには、完全ヴィーガンなアボカドで作られている「アボネーズ」がオススメです。 最近ニューヨークで開かれたフードイベントで話題になり、マヨネーズが苦手な人も楽しめる万能調味料として注目を集めています。 【2】体内で作れないオイル「必須脂肪酸」を料理に 女性ホルモンをつくったり、体も機能をバランス良く調整したりと、体にとって欠かせないオイル。 中でも生活習慣病を予防して、脂肪の蓄積をおさえてくれるオイルをご紹介します。 【青魚の油・亜麻仁油・エゴマ油】 血中の善玉コレステロールを高め、中性脂肪を低下させて内臓脂肪の蓄積も防ぎつつ、血液をサラサラに導きます。 【オリーブオイル・アボカド油・菜種油】 血中の善玉コレステロールの濃度はキープしながら、悪玉のみを下げます。 加熱調理としてもこのオイルがおすすめ。 あれば、デシケイテッドココナッツ ロング 少々。 /【A】ナンプラー大さじ1(12g)・レモン汁大さじ1(10g)・鷹の爪1本・リキッドココナッツオイル大さじ1。 【作りかた】 いかを食べやすい大きさに切って、さっと茹でます。 糸こんにゃくを茹でたらざるにあげて冷まし、3等分に切ります。 セロリ・紫玉ねぎを薄切りにします。 ボウルに【A】の材料を混ぜて、具材を入れてあえます。 最後に塩で味を整えて、ローストしたデシケイテッドココナッツ(ロング)をかけて出来上がり。 あれば、デシケイテッドココナッツ ロング 少々。 【作りかた】 エキストラバージンココナッツオイルを鍋にひきます。 紫玉ねぎ・パプリカ・トマトを乱切りにして鍋に入れ、甘味が出るように炒めたら、ミキサーにかけて液状にこします。 液状にこしたものを鍋に戻して、水を加えて【A】を入れます。 最後に茹でたキヌアを入れて、ひと煮立ちさせます。 デシケイテッドココナッツ(ロング)をかけて出来上がり。 【5】簡単! 栄養たっぷりのアボカドトースト アボカドは「森のバター」と呼ばれるほど、果肉に脂肪分を多く含んでいますが、身体の中で酸化されにくく、悪玉コレステロールを減らしてくれるオレイン酸です。 【作りかた】 食パンの片面にマヨネーズを均一に塗ります。 皮を剥いたアボカドを縦3mmにスライスします。 マヨネーズを塗ったパンの上にスライスしたアボカドを少しずつずらしながら、真ん中がくぼむように並べます酸化して変色しないよう、アボカドにレモン汁をかけます。 真ん中に卵を割り入れて500Wのトースターで約6~7分焼きます。 【6】基礎代謝UPを目指せる「黒ニンニク」 まるでドライフルーツのような食感の黒いニンニクは、驚きの効果満載! 通常の白いにんにくを発酵熟成させ、栄養価が抜群に高い黒にんにく。 アンチエイジングやダイエットにもおすすめで、ニオイもほとんど気になりません。 オリーブオイル・バルサミコ酢・塩・コショウを混ぜ合わせたドレッシングをかけて出来上がり。 温かいパスタと黒にんにくがなじんで、さらに甘味が増しておいしいです。 いつものアイスが味わい深くなります。 バニラアイスもチョコレートアイスもおいしい! 【7】食物繊維が白米の22倍の「もち麦」 腸活も促すと、ダイエッターからも注目の的! 腹持ちのいいもち麦。 もち性の大麦「もち麦」に含まれている水溶性の食物繊維には、腸内の糖分や脂質を体内に溜め込まない役割と、メタボや糖尿病の予防・コレステロール低減など、身体に嬉しい作用が含まれています。 また、不溶性の食物繊維もバランス良く含まれているので、「腸活」を促すとして注目を集めています。 【作りかた】 梅昆布茶に水を混ぜ、だしを作ります。 高菜漬け・いりごまをもち麦ごはんと混ぜ合わせてどんぶりに盛り、山芋をのせ、だしをかけて出来上がり。 【作りかた】 [1] フライパンにオリーブ油を入れて中火で熱し、パプリカ・なす・ズッキーニを炒めて、塩・こしょうで味付けをします。 [2] ボウルに酢・塩・こしょうを入れてよく混ぜ【ドレッシング】を作ります。 オリーブ油を加えて白っぽくなるまで混ぜます。 [3] ドレッシングの半量と、ストックゆでもち麦を合わせます。 [4] もう半量のドレッシングと炒めた野菜を合わせます。 [5] 鍋に水を入れ火にかけ【コンソメゼリー】を作ります。 コンソメ顆粒を入れ、溶けたら粉ゼラチンを入れて粗熱をとります。 容器に入れ、冷蔵庫で固めましょう。 [6] トマトの半分まで3を入れ、その上に4をのせます。 最後にコンソメゼリーをのせて出来上がり。 [2] 器にバナナと1とあんを盛って出来上がり。

次の

【女性向け】LDLコレステロールが高い原因や対策方法は?

悪玉 コレステロール が 高い 原因

コレステロールには 生命活動をするうえで非常に大切な役割があります。 そのため、体内で不足しないようコレステロールの約7割は 体内で合成され、常に一定の量が保たれるような仕組みがあります。 コレステロールは、LDL(悪玉)コレステロールが 酸化したり、糖化することで血管壁にこびりつき、 動脈硬化を引き起こす誘因となります。 さらに、中性脂肪を運んだ残骸である レムナントコレステロールも血管壁に侵入し 動脈硬化を引き起こします。 血液検査のコレステロール値は、LDLコレステロールとHDLコレステロールの割合( LH比)をみることと、 non-LDLコレステロールの値を確認することが大切です。 脳卒中後の 嚥下障害や認知症の方のリハビリを 主に行っている言語聴覚士です。 嚥下障害があっても、 認知症があっても、 どんな人であっても、 元気に自分らしく生きるための、 一次、二次、三次予防と リハビリについてお伝えしています。 つばめの顔をクリックすると、 詳しい自己紹介をお読みいただけます。 よく読まれている記事• 537件のビュー• 331件のビュー• 321件のビュー• 297件のビュー• 275件のビュー• 257件のビュー• 242件のビュー• 220件のビュー• 198件のビュー• 188件のビュー 検索 カテゴリー• 最近のコメント• に つばめ より• に マサノブ より• に つばめ より• に 西山耕一郎 より• に つばめ より.

次の