スクスタ 上級+ 攻略。 【スクスタ】MELODY上級攻略【無凸SR5枚でSランク】

【ラブライブ!スクスタ】スタミナが減りライブで失敗しないためにするには?【作戦を切り替え・アイドルを育てよう】

スクスタ 上級+ 攻略

目次ですわ• スクスタはスクフェスとは違い、純粋なリズムゲーム 音ゲー ではなく、「リズムアクションRPG」ということで、ライブパートも特殊になっていて、タイミングよくノーツをタップしても、スタミナが減るという仕組みになっています。 そのため、作戦や編成、さらにはアイドルのレベルやステータス上げを怠っていると、中級や上級に挑んでも数秒でライブ失敗してしまいます。 さらにスクスタでは、コンティニューができないため、消費したLPがそのまま無駄になってしまいます。 なんとかライブを最後までやり遂げるためには、どうすればいいのか? ライブがクリアできない場合の対処法 ライブを最後までやりきるためにはどうすればいいのか? スクールアイドルを育てる スクールアイドルは「 特訓」することで、ステータスやレベルを上げることが可能です。 ステータスを上げないと、スタミナも増えないので、まずは合宿やストーリーを進めて素材を集めて、アイドルを育てる必要があります。 ただ、一人だけ育てればいいと言うわけではなく、スクフェスでもそうですが、UR一人だけ覚醒させレベル90にしても、他のアイドルがレベル1のままだったらスコアが伸びないように、スクスタでも編成に加えたアイドルはある程度育てる必要があります。 「リズムアクションRPG」ということで、RPGはレベルを上げないと強いモンスターやボスを倒せない、より次のステージに行けないと言った感じで、スクスタではアイドルを育てないと難しい難易度の曲に挑戦できないという仕組みになっているということですね汗 ユニット編成、作戦を上手に切り替えよう スクスタでは以下の特技が登場します。 特技 メリット デメリット ボルテージアップ ライブでのボルテージ スコア を上げることができる。 スタミナダメージ増加 SPゲージアップ SPゲージが増える。 特技発動率低下 ガード スタミナダメージ減少 SPゲージ増加量低下 特技発動率アップ キャラクターの特技発動確率が上がる 獲得ボルテージ減少 それぞれ一長一短あり、仮にボルテージアップばかり揃えると、スタミナのダメージが増強してしまうため、ライブを最後までやりきることが難しくなります。 かといって、ガード系ばかり入れても、ボルテージが増えにくく、SPゲージの増加量が低下するため、ミッション失敗し大きくスタミナを減らすことになります。 なので、バランスよくユニット編成する必要があり、「 ボルテージ増&特技発動率増」「 ダメージ減&特技発動率増」「 SPゲージ増」3つの作戦にそれぞれ最適なメンバーで編成しましょう。 さらに作戦ごとに、作戦切り替えボーナスというものがあります。 例えば以下のような効果が期待できます。 ボルテージ増&特技発動率増• 作戦切り替えに必要なノーツが2減る• アピール5%のボルテージを獲得する• 作戦切り替えに必要なノーツが2減る SPゲージ増• 作戦切り替えに必要なノーツが2減る• SPゲージを300獲得する 作戦を切り替えることで、ライブを最後までやりつつ、ミッションも攻略することが可能になります。 作戦の切り替えるタイミング【アピールチャンスは成功させよう】 スクスタでは、ライブ中に「 アピールチャンス AC 」というミッションみたいなものが登場します。 このアピールチャンスですが、「START」から「FINISH」の間で条件を満たすと成功するし、 ボーナスチャンスに入ります。 ボーナスチャンス中は星形のノーツが登場。 ボーナスチャンス中は ボルテージ獲得量が増加するだけでなく、 スタミナ消費もなくなります。 そのため、 ボルテージ獲得量アップの作戦に切り替えましょう。 ただし、書かれているように 失敗してしまうと、大きくスタミナが減少してしまいます。 そのため、制限時間内でボルテージなどを獲得する必要があるので、うまく作戦を切り替え、場合によってはSP特技でボルテージを増やしましょう。 仮に、作戦を切り替えても目標のボルテージに届かない場合は、まずは上に上げたようにアイドルを育ててから再度挑んでみましょう。 ライブごとのアピールチャンス AC は事前に確認できる 楽曲やデッキ選択画面から「 攻略情報」をタップすることでライブ前に、 楽曲のアピールチャンス AC が確認できます。 ライブによって アピールチャンス AC の数や内容が異なるため、事前に知っておくことで、有利にライブをこなすことが可能です。 また、ギミックノーツのボーナス効果や、ライブのヒント、ラブカスターの入手条件も知ることができます。 ライブと同じ属性のキャラを編成しよう スクフェス同様にスクスタでもライブの楽曲には属性が設定されています。 同じ属性を持ったメンバーはパラメーターが上昇し、一部のギミックノーツに対応できます。 ただし、始めて間もない時はとりあえずURやSRを育ててユニット編成し、ゲストキャラの属性を選んでプレイするようにしましょう。

次の

【スクスタ攻略部】スクスタマスターへの道vol.2「スクールアイドルの役割を学ぼう!」

スクスタ 上級+ 攻略

目安としては 「推奨スタミナの1.5倍を目指して編成しましょう。 作戦は3人ごとのグループごとに設定した スクールアイドルに応じて決まり、 最大3つ持たせる事ができますが、 この作戦の組み合わせ方にはパターンがあります。 今回はその中でも、 「一点突破型」の作戦の組み方を紹介していきます。 START:DASH!! メインの3人に作戦を任せ、他の6人センターにいなくても、 発揮される個性でメインの3人をサポートします。 9人の内訳は、ボルテージ系が6人、回復系が3人になります。 これでSランククリアが出来ない場合は、 この割合を変えてボルテージ系7人や5人のパターンなども 試してみましょう。 その他の攻略編成例はこちら!! <役割分担編成例> ライブ中に作戦を切り替えながらプレイするデッキです。 ボルテージを獲得する作戦や回復を担う作戦、 SPスキルを発揮する作戦など、 組みこむ作戦は、ボルテージ系2つと回復系1つとしたり、 3種の作戦を一つずつ置くなど色々と試してみましょう。 <混合編成例> 上級者向けの組み方です。 ライブではアピールチャンスをきちんとクリアしないと、 Sランククリアが難しくなってきます。 アピールチャンスでは、 複数の作戦を組み合わせないと、 対処が難しいものもありますので、 曲ごとの特徴を捉えて編成を組む事が大事です。

次の

【スクスタ】TOP100が教える!イベントの攻略方法・走り方まとめ【効率周回/編成も】

スクスタ 上級+ 攻略

スクスタの上級をクリアするためのキャラ選定と育成のポイント それではさっそく上級をクリアするための編成を解説していくんですが、まずは以下のライブの仕様について知っておく必要があります。 ライブの仕様 まず、大前提としてここでは ライブ中に作戦を切り替えない方法を解説していきます。 理由は単純で、 現状では作戦を切り替えない方がもっとも高スコアがとりやすいからです! そうすると、編成に加えた9人の働きは以下のようになります。 上の図からもわかるように、直接スコアに大きく関わってくるのは 真ん中の作戦(緑作戦)に編成する3人のみです。 つまり 、 真ん中の3人だけ強化すればほとんどの曲をSクリアできる! ってことです。 以上のことを意識して、さっそくキャラ選びと育成を進めていきましょう。 メインキャラの選び方 結論として、メイン(緑作戦)に入れるのは以下の3人です。 ボルテージを稼ぐ アピール値の高いアタッカー2人• スタミナの減少を防ぐ 回復(シールド)キャラ1人 この3人の組み合わせが、 現状の環境ではもっともスコアが出やすいです。 理由を解説します。 回復(シールド)キャラを入れる理由 回復(シールド)キャラを入れると、かなりスタミナの減少を防げるようになるので合計スタミナを気にする必要がなくなります。 また、回復キャラを入れるもう一つの理由は、ライブ中は スタミナゲージを緑に維持する必要があるからです。 スタミナゲージが 黄色以下になると 獲得ボルテージが減ってしまうので、Sクリアが厳しくなります。 回復(シールド)キャラは1体いれば十分なので、必ずメイン作戦にいれましょう。 おすすめの回復キャラは以下の記事で紹介しています。 アピール値が高いキャラを入れる理由 アピール値が高いキャラを入れる理由は単純で、アピール値が高いキャラの方が 1タップあたりのスコアが高く、必然的にスコアが上がるからです。 また、特技で アピールアップや ボルテージ獲得のスキルも持っているとさらにスコアアップが期待できます。 以下の記事で、アピール値の高い最強キャラを紹介しているので参考にしてみてください。 育成 メインキャラを選び終わったら、さっそく育成を行っていきます。 選んだ メインキャラ3人を レベルアップと ス キ ルマス解放で徹底的に育てましょう。 限界突破前のすべてのマスが解放されているのが理想的です。 育成を進めていると、どうしてもマカロン不足になると思うので、 合宿や ライブ・ イベントで入手しましょう。 また、基本的にメインの3人以外のキャラはスタミナが足りていれば 無理して育てる必要はありません。 スクスタの上級をクリアするための編成と作戦について メインキャラ選定と、育成ができたら次はライブの編成を行います。 ここからは、編成と作戦について解説していきます。 ライブ編成 育成した3人を SP特技対象スクールアイドルにするために真ん中に設置します。 その他の6人は、 できるだけスタミナの高いキャラを適当に配置すればOKです。 よりスコアを上げたい場合は、以下の記事でSP特技の 獲得ボルテージと 効果時間を伸ばす方法について解説しているので、参考にしてみてください。 作戦編成 基本的には、 育成した3人を 真ん中(緑作戦)に設置するだけです。 (作戦効果は特に気にしなくてOK!) 青作戦と赤作戦は基本的にどのような組み合わせでも問題ありません。 アクセサリーを装備する 意外と重要なのが アクセサリーです。 メインキャラの3人には、必ずアクセサリーを装備しましょう。 アクセサリーを装備することで、 アクセサリーのステータスとスキルがそのままキャラに付与されます。 また、アクセサリーは能力や種類よりも必ず レアリティーの高いものを選んでください。 (虹のアクセサリーはほとんどドロップしないので金アクセでもOK!) また、アクセサリーは必ず レベル最大まで強化しておきましょう。 よりハイスコアを目指したい方は、以下の記事を参考にアクセサーを選んでみてください。 ゲスト(フレンド)選び フレンドを選ぶ際に注意するべき点は、 個性 (パッシブスキル&ライブスキル)と ひらめきスキルのみ。 他のステータス(スタミナや特技など)は一切編成に影響しないので注意してください。 また、ライブに参加するゲストの能力は センターに配置しているキャラに付与されます。 これらを考慮したうえで、ゲスト選択におすすめなのが以下のキャラです。 パッシブスキルで同作戦内のアピール値を上げるスキルを持っているキャラ• アピール値+系のひらめきスキルを持っているキャラ 理由を解説します。 つまり、このキャラをゲストに参加させるだけで、メインキャラの3人は 常にアピール値が7%バフされた状態でライブを行えるため、かなりスコアが伸びるわけです。 ひらめきスキルについて ひらめきスキルは アピール値+系のスキルが現状ではもっともスコアアップが期待できます。 このスキルは、確率に影響されず、ライブ中常にキャラの基本アピール値を増加させることが可能です。 このアピール+系のスキルは合宿の 瞑想などで入手できます。 このようにライブをする際の、フレンド(ゲスト)選択はかなり重要です。 以下の記事でさらに詳しくフレンドについて解説しているので、参考にしてみてください。 スクスタの上級をクリアするためのプレイのコツ! ここからは、プレイのコツについて解説します。 記事の冒頭でも言いましたが、 ライブ中は基本的に作戦の切り替えをしません。 最初に選んだ「回復キャラ1体とアピール値の高いキャラ2体」を編成した作戦でプレイします。 その上で、プレイ中に意識するのは以下の3つです。 できるだけコンボを続ける• できるだけ「Wonderful」判定を狙う• SP特技はAC(アピールチャンス)時に使用する 一つずつ詳しく解説していきます。 できるだけコンボを続ける スクスタってコンボつなげる意味あるの? と思っている方もいるかもしれませんが、実は、 ライブ中にコンボが70を超えると、71コンボ目からは 1タップあたりのスコアが5%増加するんです! なので、できるだけ正確にノーツを処理してコンボを続けるようにしましょう。 特に、ギリギリ上級Sクリアできない人は、コンボを途切れさせければSクリアできることがあるので、意識してプレイしてみてください。 ちなみに、さらにタップスコアの高い Critical(クリティカル)判定が発生することもありますが、これはキャラのテクニック値によってランダムに発生するものなので、ここではあまり気にする必要はありません。 また、 オートモードでプレイすると Great判定か Critical判定しかでないので、オートモードは避けて 手動でプレイしましょう。 SP特技はAC(アピールチャンス)開始時に使用する スペシャルゲージがたまるとSP特技を使うことができ、 一気にボルテージを獲得できます。 (SP特技対象スクールアイドルのステータスが高いほど獲得できるボルテージが増えます) このSP特技は、ゲージがたまったらすぐに使うのではなく、 アピールチャンス開始直後に使うようにしましょう。 アピールチャンスでは、「一定以上のボルテージを獲得しなければクリアできない」ことが多いので、SP特技を使いボルテージを一気に得ることでかなりアピールチャンスがクリアしやすくなるはずです。 まとめ:上級はメインキャラをしっかり強化すればクリアできる! 上級をクリアするための育成方法や編成方法、プレイのコツなどについて解説しました。 とにかくメインキャラで緑作戦の3人のキャラ選びと育成がしっかりとしていれば、上級でもAやSが十分に狙えるので試してみてください。

次の