ノーサイドゲーム 本物のラグビー選手。 主演男優賞・大泉洋が語る『ノーサイド・ゲーム』 この先もそう作れない熱量の高いドラマ

全員がラグビー経験者! 日曜の夜を熱くする『ノーサイド・ゲーム』アストロズ俳優|Real Sound|リアルサウンド 映画部

ノーサイドゲーム 本物のラグビー選手

この先も日本代表の試合は、準々決勝が20日(日)、準決勝が27日(日)、決勝が11月2日(土)で、3位決定戦に回ったとしても11月1日(金)と、やはり「週末ごとに1試合」のペース。 相手は優勝候補の強豪ばかりですが、日本が勝ち抜くほど週末のフィーバーは続いていくことになります。 また、日本以外の試合が盛り上がったら、「にわか」のフレーズが取れた本物の「ファン」が増えたことの証明となるでしょう。 放映権がないのに盛り上げたTBS 4つ目の理由は、今年6月13日に発売された池井戸潤さんの小説『ノーサイド・ゲーム』と、同作を実写化したドラマの事前アシスト。 とくに7月7日スタートのドラマ「ノーサイド・ゲーム」は、大学時代に名選手だった福澤克雄さんがチーフ監督を務めたため、ラグビーの魅力を凝縮したような作品となりました。 「アストロズ」の選手を演じる俳優をラグビー経験者で固めたほか、ロケをラグビー聖地の1つである東京都府中市で行い、試合シーンもラグビーワールドカップの会場でもある熊谷ラグビー場で撮影するなど、細部にわたるまで本物志向。 さらに、大泉洋さん、上川隆也さん、西郷輝彦さんらがビジネスシーン、松たか子さん、市川右近さんらがファミリーシーンを彩り、ゲスト俳優に栃ノ心さんら力士、吉田沙保里さん、濱田岳さん、櫻井翔さんらを迎えたことで、「ただのラグビードラマ」に陥らず、のちのにわかファンにつながる間口の広い作品となったのです。 また、同作の主題歌だった米津玄師さんの「馬と鹿」は、現在TBSに限らずラグビーワールドカップに関わる各局の映像で多用。 大会を盛り上げるとともに、米津さんのファンたちにもラグビーにはまっている人が多いようです。 同作は、ラグビーワールドカップ開幕直前の9月15日に最終回が放送され、まるで「続きはラグビーワールドカップで!」とパスを出しているようなメッセージ性すら感じさせました。 事実、最終回の放送後、ネット上には感謝の言葉とともに、「ラグビーワールドカップも絶対に見る」という書き込みが殺到していたのです。 ラグビーワールドカップの放映権がないにもかかわらず、大会を盛り上げた陰の立役者と言っていいでしょう。

次の

ノーサイドゲーム廣瀬俊朗はラグビー元日本代表?浜さんの演技力評価は?

ノーサイドゲーム 本物のラグビー選手

こんにちは。 ぽわです。 TBSの日曜劇場で「 ノーサイド・ゲーム」が始まりました。 大泉洋さん演じる君嶋が、左遷先で低迷するラグビー部のGMに就任し立て直しを図るストーリーです。 第1話が放送され、視聴率13. そして、このドラマの中心となるのが君嶋がGMになったチーム「 アストロズ」。 アストロズの部員がラグビーをするシーンが多々ありましたが、みなさん体格がいいんです! 本当のラグビー選手なのかな!?と思った方も多いはず。 そこで、アストロズの部員はたくさんいるので、今回は主要ラグビー選手をご紹介します。 いわゆる二世タレントさんも多いので注目しましょう。 スポンサードリンク 有馬真吾( 村田 琳) 選手ではありませんが、アストロズのメディカル兼任のアシスタントです。 TBS日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」に有馬真吾 ありましんご 役で出演させて頂く事になりました! 自分の最初のドラマが日曜劇場というとても大きな舞台で緊張していますが、少しでも作品の力になれるように頑張ります!! こう見えて小学生からラグビーやってました🏉 — 村田 琳 RINMURA0402 小学生からラグビーをやっていたそうですが、なんとあの 蓮舫さんの息子さんなんだそうです! またまた二世タレントさんです。 イケメンですよね。 最後に ドラマ「ノーサイド・ゲーム」内のラグビーチームアストロズ。 その主要選手についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか? 元日本代表選手だけでなく、ご両親が意外な二世タレントさん俳優さんも多くて驚きました。 アストロズの他のメンバーにも元ラグビー選手はたくさんいるので、ファンは違う楽しみがあるかもしれませんね。

次の

ノーサイドゲーム廣瀬俊朗はラグビー元日本代表?浜さんの演技力評価は?

ノーサイドゲーム 本物のラグビー選手

その 楽しみは、輝かしい実績を持つ元ラグビー選手たちの姿を画面の中に見つけることにもある。 ラグビー界きってのイケメン選手として人気を集めた天野義久さんもそのひとり。 現役引退後は経営者、そして俳優に転身し、話題作への出演が 相次いで いる。 第5話で見せた渾身のタックルには思わず息をのんだ視聴者も多かったのではないだろうか。 そこで今回はアストロズの 精神的支柱で最年長メンバー、ナンバーエイトの本波寛人を演じている天野さんにドラマにかける思いを語ってもらった。 天野義久(あまの・よしひさ) 1972年生まれ。 明治大学卒業後、サントリーに在籍。 2010年にNHK大河ドラマ「龍馬伝」で俳優デビュー。 映画「セカンドバージン」やTBSドラマ「天皇の料理番」「陸王」、NHK大河ドラマ「西郷どん」などに出演。 本来、ラグビーをする事と仕事を選ぶ事は別だと考えていました。 ラグビーチームを持っている企業はどこも素晴らしい企業だと思います。 ただ僕の場合は就職イコール、ラグビーチームに在籍するという選択以外のものを考えたかった。 今でこそ複業という考え方がありますが、当時からそのような選択肢を求めていた気がします。 大学を卒業した時に一度、大手ゼネコンに就職したんです。 チームの監督に熱心に誘われ心が動きました。 でもバブルがはじけてラグビー部の予算が取れなくなり、強化として採用するはずだった有望選手の話が流れたりした。 結果半年ほどでその会社を辞める決断をしました。 日本代表にも選ばれたのですが、もっと視野を広く世界の強豪国がどのように取り組んでいるかを知りたかったので海外に出ました。 ご縁を頂きオーストラリアとイングランドでプレーができた事はとても大きな財産になりました。 帰国後もラグビーのあるべき姿を自分なりに考えて、より良い環境になるようにと自分の意見をまっすぐに所属した会社にぶつけていました。 振り返るとと重なる経験がたくさんありました。 だからラグビー経験のない大泉洋さん演じる君島GMが経営戦略の目線でどのようにアストロズを変えていくかすごく興味深いんです。 演技初体験の人が多くて、みんな撮影のルールを知らないから静かにしなきゃいけないときに静かにできない。 監督が話している時にガヤガヤしたり(笑)。 撮影のルールが分からない人が圧倒的に多い現場なんてもうないでしょうね。 でもジャイさん(福澤克雄監督)が言うんです。 普通のドラマは役者にラグビーを教える。 今回はラグビー経験者に役者をやらせる。 画面に映る迫力が違う。 ハリウッドでは本物に演技させる事が時流になっている、と。 最初のセリフはいまも忘れられません。 福山雅治さん演じる坂本龍馬に、「坂本龍馬じゃな」と言うものでした。 何も知らない世界に飛び込んで、カツラをかぶってセリフを言う。 どのタイミングで話していいか分からない。 怖かった。 最初は本当に緊張しました。 だから今回のアストロズのみんなもすごく頑張っていると思います。 最初の台本読みの回数も普通ではないくらい多くやっていたようです。 ジャイさんの演出は直球、そしてとても繊細。 (ラグビー日本代表前ヘッドコーチの)エディー・ジョーンズみたいな人です。 状況を整えて後はハートを届ければいいようにしてくれる。 みんなやりやすいんじゃないかな。 「演技をしろ」ではなく、心からの言葉が出れば表情にもそれが出ると指導してくれています。

次の