あいのり も も。 あいのり桃がブログで再婚を発表!あざとい・また離婚するなどの意見殺到!

あいのり

あいのり も も

フジテレビ系『あいのり』のメンバーだったタレントの(33)が10日、自身のブログで、2010年に結婚した一般男性との離婚を発表した。 「突然の報告すぎてびっくりするとおもいますが、約8年の結婚生活を経て、私たち夫婦は離れて生きる選択をしました」と報告。 「付き合い始めてからは約9年。 いろいろあったけど、本当に本当に幸せな9年間でした」と振り返った。 2人の関係について「私たち夫婦はものすごく仲の良い夫婦でした。 仲が良すぎて、、、男とか女とかそういうものを通り越して、仲の良い兄妹のようになってしまいました」とし、「気付いた時には、お互いその行為が考えられなくなってしまったのです」と夫婦生活の悩みを告白した。 また、「結婚初期の頃は雑誌の『妊活』の連載で、カラダ作りはしていたものの、肝心の行為には至りませんでした。 結婚して、あまりに早い時点でそうなってしまって。 とっても幸せなんだけど、心のどこかで何かすごく物足りない気持ちが常にありました。 結婚初期は、枕を涙で濡らすこともありました」と吐露。 夫に対して「寛大な優しい彼でした」とする一方で、「周りがどんどん結婚して、子供が出来てゆくのを目の当たりにするたび、すごく嬉しい反面、ずっとどこかで焦りを感じていました」と本音をつづった。 その上で「今は医療も発達してるし、そんなことで別れなくても、って思うかもしれないけど… もちろん私たちもそう思うし、散々悩んだのですが…話し合いをした結果、この決断になりました」とまとめた。 最後の夜には2人の思い出の食事を一緒に作って食べたという。 最後は「本当に私にはもったいないくらい良い人でした。 9年間一緒に過ごした彼のことは、いつまで経っても大切な人に変わりはありません。 今まで私たち2人を応援してくださった皆様、本当にありがとうございました」と感謝の言葉でしめくくった。

次の

あいのり桃の年収は3000万!?職業や仕事は何?ブログ収入も調査!

あいのり も も

フジテレビ系『あいのり』のメンバーだったタレントの(33)が10日、自身のブログで、2010年に結婚した一般男性との離婚を発表した。 「突然の報告すぎてびっくりするとおもいますが、約8年の結婚生活を経て、私たち夫婦は離れて生きる選択をしました」と報告。 「付き合い始めてからは約9年。 いろいろあったけど、本当に本当に幸せな9年間でした」と振り返った。 2人の関係について「私たち夫婦はものすごく仲の良い夫婦でした。 仲が良すぎて、、、男とか女とかそういうものを通り越して、仲の良い兄妹のようになってしまいました」とし、「気付いた時には、お互いその行為が考えられなくなってしまったのです」と夫婦生活の悩みを告白した。 また、「結婚初期の頃は雑誌の『妊活』の連載で、カラダ作りはしていたものの、肝心の行為には至りませんでした。 結婚して、あまりに早い時点でそうなってしまって。 とっても幸せなんだけど、心のどこかで何かすごく物足りない気持ちが常にありました。 結婚初期は、枕を涙で濡らすこともありました」と吐露。 夫に対して「寛大な優しい彼でした」とする一方で、「周りがどんどん結婚して、子供が出来てゆくのを目の当たりにするたび、すごく嬉しい反面、ずっとどこかで焦りを感じていました」と本音をつづった。 その上で「今は医療も発達してるし、そんなことで別れなくても、って思うかもしれないけど… もちろん私たちもそう思うし、散々悩んだのですが…話し合いをした結果、この決断になりました」とまとめた。 最後の夜には2人の思い出の食事を一緒に作って食べたという。 最後は「本当に私にはもったいないくらい良い人でした。 9年間一緒に過ごした彼のことは、いつまで経っても大切な人に変わりはありません。 今まで私たち2人を応援してくださった皆様、本当にありがとうございました」と感謝の言葉でしめくくった。

次の

あいのり桃“再婚報告”であがる祝福と「先が思いやられる!」の不安指摘

あいのり も も

フジテレビ系『あいのり』のメンバーだったタレントの(33)が10日、自身のブログで、2010年に結婚した一般男性との離婚を発表した。 「突然の報告すぎてびっくりするとおもいますが、約8年の結婚生活を経て、私たち夫婦は離れて生きる選択をしました」と報告。 「付き合い始めてからは約9年。 いろいろあったけど、本当に本当に幸せな9年間でした」と振り返った。 2人の関係について「私たち夫婦はものすごく仲の良い夫婦でした。 仲が良すぎて、、、男とか女とかそういうものを通り越して、仲の良い兄妹のようになってしまいました」とし、「気付いた時には、お互いその行為が考えられなくなってしまったのです」と夫婦生活の悩みを告白した。 また、「結婚初期の頃は雑誌の『妊活』の連載で、カラダ作りはしていたものの、肝心の行為には至りませんでした。 結婚して、あまりに早い時点でそうなってしまって。 とっても幸せなんだけど、心のどこかで何かすごく物足りない気持ちが常にありました。 結婚初期は、枕を涙で濡らすこともありました」と吐露。 夫に対して「寛大な優しい彼でした」とする一方で、「周りがどんどん結婚して、子供が出来てゆくのを目の当たりにするたび、すごく嬉しい反面、ずっとどこかで焦りを感じていました」と本音をつづった。 その上で「今は医療も発達してるし、そんなことで別れなくても、って思うかもしれないけど… もちろん私たちもそう思うし、散々悩んだのですが…話し合いをした結果、この決断になりました」とまとめた。 最後の夜には2人の思い出の食事を一緒に作って食べたという。 最後は「本当に私にはもったいないくらい良い人でした。 9年間一緒に過ごした彼のことは、いつまで経っても大切な人に変わりはありません。 今まで私たち2人を応援してくださった皆様、本当にありがとうございました」と感謝の言葉でしめくくった。

次の