手 が 痒い。 手のむくみ:医師が考える原因と対処法|症状辞典

手がジュクジュクして汁が出る、痒みが強い手荒れ手湿疹。

手 が 痒い

風邪などで体温が高くなった時に手が熱く感じることはよくありますが、場合によっては他の原因で手が熱く感じることもあります。 汚いものを触った後に手がジンジンと痛み出して、熱くなってきた• 急に手が熱くなって、何だか体もほっているような感じがする• 緊張しているわけではないのに、手が熱く手汗がでることがよくある こういった場合に考えられる原因や、病院を受診した方がよい目安とはどのようなものでしょうか。 手が熱い場合に考えられる病気 手が熱い場合に考えられる病気は、以下のようなものが挙げられます。 皮膚の病気 皮膚の炎症によって患部に熱を帯びることが多く、何らかの刺激物質が接触して起こる接触性、細菌が皮膚の深部に感染して起こるなどが手に発症することで、手が熱いという症状が現れる場合があります。 いずれも患部の腫れや熱感、、痛み、痒みなどが典型的な症状です。 原因や炎症の程度によっては発熱や体のだるさなどの全身症状が伴うこともあります。 全身の発熱 個人差はありますが、成人であれば目安として体温37. 5度以上を発熱と考える場合が多いといわれています。 発熱すると全身が熱くなるのが一般的ですが、手が熱く感じることもあります。 発熱の原因はさまざまですが、中でも頻度が高いのが風邪などの感染症で、風邪であれば咳や喉の痛み、鼻水などの症状が伴うことが多くあります。 また、高熱がでると関節痛やが生じる場合もあります。 更年期障害 前後の5年間(更年期)には、ホルモンや自律神経などが関係して不快な症状が現れることがあります。 これを更年期症状といい、症状がひどく生活に支障をきたす状態をといいます。 症状の種類は200〜300あるといわれていますが、大きく身体的症状と精神的症状の2つに分けられます。 身体的症状として代表されるのがホットフラッシュ(ほてり)で、体全体が熱くなるのが一般的ですが、手が熱くなることもあります。 他にも動悸、、・頭重感、体のだるさなどがよくみられます。 精神症状としてはうつ傾向や不眠、不安、情緒不安定などがよくみられます。 自律神経失調症 とは、自律神経のバランス乱れることによって心身にさまざまな症状が現れる状態のことをいい、ストレスによって発症することが多いとされています。 症状は多種多様で個人差がありますが、ほてりやのぼせ、動悸、、・頭重感、体のだるさ、不安、情緒不安定などが代表的なものに挙げられます。 また、ほてりは一般的に体全体に起こりますが、手に起こることもあります。 甲状腺機能亢進症 とは、首にある甲状腺という臓器からホルモンが過剰に分泌される病気のことを指します。 代表的な症状は、体や手足のほてり、のぼせ、疲れやすくなる、脈が速くなる、動悸、汗が多くなる、甲状腺が腫れる、手が震えるなどです。 また、が長く続くと、(目が前方に飛び出る)が現れる場合もあります。 受診の目安とポイント 手が熱いという症状が不定期でも長く続いている場合や、ほかに何かしらの症状がでている場合には、一度病院を受診することを検討しましょう。 原因によって専門の科目が分かれる場合があるため、迷うようであれば近くの内科やかかりつけの医療機関で相談するとよいでしょう。 ただし、皮膚に異常がある場合はまず皮膚科への受診がスムーズです。 受診時には、手が熱いという症状がいつから続いているのか、他にどのような症状があるかを詳しく伝えましょう。

次の

手がかゆい、手のかゆみの主な原因と症状や治療方法

手 が 痒い

お酒を飲み過ぎた次の日や、長時間デスクワークをした日の夕方などに、体や手足のむくみを感じたことのある人は多いのではないでしょうか。 つけている指輪がきつく感じるようになった• 生理前に手がむくんで、生理が始まると徐々に消えていく• 手がむくむようになってから、疲れや息切れが起こりやすくなった このような場合、むくみの原因は一体何なのでしょうか。 また、どのように対処すればよいのでしょうか。 手のむくみの原因となる病気 むくみは医学的には「 浮腫 ふしゅ 」といい、血管中の水分が血管外に漏れ出るなどして、皮下組織に溜まることで起こるといわれています。 手のむくみは病気が原因となって起こることもあり、考えられる病気はさまざまです。 頻度の高い病気 手のむくみを引き起こす病気のうち、頻度の高いものとしては以下が挙げられます。 甲状腺機能低下症 甲状腺とは喉ぼとけの下にある小さな臓器で、甲状腺ホルモンを分泌していますが、炎症などでホルモンの分泌量が少なくなることがあり、と呼ばれます。 症状は人によって異なりますが、体のだるさ、、声のかすれ、イライラ、やる気・記憶力の低下、情緒不安定、生理不順などがよくみられます。 むくみ(手足・顔・まぶたなど)は左右対称性に起こり、押してもへこまないのが特徴です。 比較的に頻度の低い病気 手のむくみを引き起こす病気のうち、比較的に頻度の低いものとしては主に以下のようなものがあります。 薬剤性 薬にはさまざまな副作用がありますが、たとえば風邪薬や漢方、ステロイド剤、降圧剤、治療薬では、手にむくみが生じることがあります。 このような薬を服用した後にむくみに加えて何かしらの症状が現れることも多く、症状は薬の種類や体調などによって異なります。 心不全 心臓は血液を全身に送り出すポンプの役割を果たしています。 このポンプ機能が何らかの原因によって低下し、血液をうまく全身に送り出せない状態がです。 症状はさまざまですが、息苦しさや体のだるさ、咳、胸の痛み、動悸、冷感、足のむくみなどがよくみられます。 受診の目安とポイント 手のむくみが続いている場合、他の症状がある場合には、一度病院を受診するようにしましょう。 特に、息苦しさや体のだるさなどの症状を伴っていれば、体重の変化も確認して早めに受診することがすすめられます。 原因によって専門科目は異なりますが、まずは近くの内科やかかりつけの医療機関へ受診するとよいでしょう。 受診の際には、手のむくみが出始めた時期、よく起こる時期、痛みの有無、他の症状などについて詳しく医師に伝えると診断の助けになります。 日常生活上の原因と対処法 生活習慣が原因となって手のむくみが起こることも少なくありません。 考えられる原因としては以下が挙げられます。 アルコールの飲みすぎ 体に入ったアルコールを代謝する過程で、アセトアルデヒドと呼ばれる有害物質が産生されます。 この物質には血管を拡張させる作用があり、血管にできた隙間から血中の水分が漏れ出すことで、むくみが引き起こされることがあります。 アルコールを飲みすぎてしまったら アセトアルデヒドには利尿作用もあることから、体内の水分が減少して脱水症状を起こしやすくなります。 アルコールを飲みすぎてしまったら、まずは脱水症状を回避するためにしっかりと水分をとるようにしましょう。 そして、日頃の飲酒習慣を見直し、飲酒量をほどほどにする、食べながら飲む、一気飲みをしない、飲酒の間には適度に水を飲む、などの対策をしましょう。 水分や塩分の取りすぎ 水分を摂りすぎると、血管の中の水分が増加して血管の外に漏れ出しやすくなります。 また、塩分には体内に水分を蓄えるはたらきがあるため、摂りすぎると水分がうまく排出されず、むくみが生じやすくなります。 水分や塩分を取りすぎてしまったら 日頃から水分・塩分を過剰に摂取しないよう生活を見直し、水分に関してはがぶ飲みせずに少量ずつ飲む、熱めのお湯やお茶を飲む、塩分に関しては減塩食を取り入れるなど、工夫するようにしましょう。 心疾患、肝疾患、腎疾患などのある方は、主治医と相談しましょう。 よくならないときには 手のむくみがいつまでもよくならない場合には、思わぬ病気が隠れているかもしれません。 一度病院で相談してみましょう。

次の

手にぶつぶつな透明なものができてかゆいのはストレスなの?何か病気なの?

手 が 痒い

手のひらの小さな水ぶくれがやぶれてジュクジュクしている。 まわりも赤く、がさがさしている。 かゆみが強い 手湿疹の原因……手の洗いすぎ・かぶれ・乾燥 手湿疹の原因としてよく挙げられるのは、• 手の洗いすぎ• かぶれ• 乾燥 の3つです。 手湿疹は手で水を頻繁に扱う方に多く、看護師などの医療従事者、美容師、飲食店で働く方がよく皮膚科を受診します。 「主婦湿疹」とも呼ばれる通り、水仕事の多い主婦の方の受診も多いです。 水をよく扱うことで皮膚が本来もつ保湿の成分が流れて乾燥してしまいますし、石鹸や洗剤は皮膚表面の皮脂を流してしまいますので皮膚のバリアが障害されて湿疹を起こしやすくなります。 かぶれは美容師に多く、パーマ液やカラーリングによりかぶれて強い赤みやがさがさ、亀裂が出現します。 ほかにも看護師など医療従事者では手袋のラテックスや消毒液でかぶれる方がいます。 乾燥も手湿疹をよく起こす原因で、手湿疹の患者さんは冬に増えます。 冬で乾燥する時期に手の保湿をしていないと誰でも手湿疹になるリスクがあります。 また、特に多いのがアトピー性皮膚炎の患者さんや以前アトピー性皮膚炎があったという場合です。 子どもから大人になる過程でアトピー性皮膚炎は治る場合も多いですが、大人になっても乾燥しやすい体質が続きますので、冬の乾燥を特に受けやすい手にはがさがさや赤みが出やすいです。 アトピー性皮膚炎がもともとあると、手にも湿疹がでやすい 仕事が忙しい時など、寝不足で不規則な生活を送っているときには手湿疹が悪化する場合が多いです。 忙しくて保湿薬をぬり忘れてしまう、強いストレスでひっかいてしまう、などが原因になります。 新しい市販薬や手袋を使ったら悪化したような場合には、かぶれている可能性があるので、それらの使用をやめるようにしましょう。 ただ、手は毎日いろいろなものに触れているため、原因がわからないことも多いです。 また、美容師さんのカラーリング液や看護師さんの消毒薬など、荒れるとわかっていても職業柄避けられないものもあります。 頻繁に水に触れていたり、ごしごし石鹸で手洗いをするだけでも手湿疹の原因になります。 頻回な手洗いは手が荒れている場合にはなるべく避けるようにしましょう。 保湿することで皮膚の乾燥を防げますし、保湿剤の層が皮膚の上にできることで、手の刺激になるものから皮膚を守ることができます。 ベトつきが気にならなければワセリンは非常にいい保護剤ですが、ベトつきが強いため使いにくく感じる方が多いかもしれません。 ローションはさらっとしていますが、手に対しては保湿力が弱いので、クリームの使用をおすすめします。 市販の製品に含まれる成分はさまざまで選ぶのが難しいと思いますが、市販でも優れた製品があります。 毎日使いやすい自分に合うものを選ぶといいでしょう。 皮膚のバリア成分を補うセラミドや皮膚表面のガサガサを抑えて保湿する尿素の入った保湿薬はおすすめできます。 手を洗う度に使えるように、洗面台の近くに置いておきましょう。 医療従事者や飲食店勤務の方で手を頻回に洗う場合は、ポケットに保湿クリームを入れておくと、まめに塗ることができると思います。 市販の薬には炎症を抑える非ステロイド性の抗炎症薬、かゆみを抑える局所麻酔薬や抗ヒスタミン薬、植物の抽出液が含まれているものも多くみられます。 これらが含まれた保湿薬や湿疹の市販薬はかぶれの原因になりやすいので、できるだけ避けて下さい。 セラミドや尿素など保湿の成分が入った成分構成がシンプルなものがよいでしょう。 手湿疹治療の皮膚科受診の目安・ステロイドを使用する場合 湿疹といえばステロイドの塗り薬で皮膚の赤い炎症を抑えるのが治療の基本ですが、手湿疹も例外ではありません。 軽いカサカサや皮むけであれば保湿薬をまめに塗るだけで治ることも多いですが、赤くなりかゆみが出ているときや、ひびわれができたり皮膚がゴワゴワしてきたりすると、保湿剤を塗っても治らず、次第に悪化していきます。 一週間保湿剤を塗っても改善がない場合や、水疱や赤み、かゆみが強い場合には、皮膚科を受診しましょう。 ステロイドの塗り薬は市販もされていますが、効果は低いもののみになります。 手は皮膚が厚く、また手を洗う度に塗り薬が落ちてしまうので、湿疹の中でも最も治りにくい部分です。 強めのステロイドを塗って早めに治す必要があります。 ステロイド使用を検討しなければならない程度に悪化が見られる場合は、適切に皮膚科を受診して処方してもらうようにしましょう。 手湿疹治療へのステロイドの使用法・治療期間の目安 がさがさした皮むけ、ひびわれ、かきこわしてできたカサブタ、かゆい水ぶくれは、いずれも手湿疹の症状です。 どの症状も強めのステロイドを2週間ほど毎日塗ることで改善します。 良くなるまでの期間は症状次第で、症状が軽ければ1週間ほどで発疹が完全に消える場合もありますし、ごわごわや赤みが広範囲にあった場合には3~4週間ほど塗る必要がある場合もあります。 赤みが消えた時点で塗るのを止めてしまうとすぐに再発してしまうので、皮膚が元のつるつるの状態になるまでしっかりと塗りましょう。 この程度の期間であれば、ステロイドによる副作用が出る心配はありません。 まとめ 手湿疹に悩まされている場合、手袋や消毒薬など手湿疹の原因になる思い当たるものがあれば避けるようにしましょう。 石鹸で手を洗いすぎると、乾燥から手湿疹になる原因になることがあるので、洗いすぎも避けましょう。 こまめな保湿を心がけ、悪化して症状がひどくなった場合にはステロイドの塗り薬を使い、元のツルツルの状態の皮膚に戻るまでしっかり塗り続けて治すことが大事です。 【関連記事】•

次の