ニチイ 学 館 株価。 ニチイ学館 (9792) の株価・株式|QUICK Money World

(株)ニチイ学館【9792】:株主優待

ニチイ 学 館 株価

優待の選択制 あり 株数による格差 なし 長期保有優遇 なし 社会貢献寄附制度 なし 企業情報 医療・介護・保育を中心に、人々の生活に密着した分野で事業を展開。 また、事業間シナジーを活かした語学や家事代行サービスの展開により、幅広い世代の方々のニーズ・ライフステージに寄り添うサービスを提供。 住所 〒101-8688 東京都千代田区神田駿河台2-9 担当部署 広報部 TEL 03-329-3954• (外部サイトへリンク) TDnet情報 TDnet(適時開示情報閲覧サービス)にて開示された情報を掲載しております。 当ウェブサイトの著作権は大和インベスター・リレーションズ株式会社に帰属します。 著作権法上認められた範囲を超えて当ウェブサイトのコンテンツを使用する場合には著作権者の許諾が必要になりますのでご注意ください。 当ウェブサイトに掲載している内容は、信頼できると思われる情報源から作成していますが、正確性、完全性を保証するものではありません。 大和インベスター・リレーションズ株式会社は利用者が当ウェブサイトの情報を用いて行う一切の行為については、何ら責任を負いません。 また、ここで提供される情報は、投資勧誘を意図したものではありません。 投資判断の最終決定は、ご自身の判断と責任で行っていただきますようお願いします。

次の

ニチイ学館、TOB期間延長(7月9日まで)で株価急落(でも1,500円超)

ニチイ 学 館 株価

QUICKレーティング QUICKレーティングは、証券会社や調査機関のアナリストなどが付与した投資判断の平均値です。 「買い」や「売り」といった投資判断をマイナス2からプラス2までの数値に変換し、平均を集計しています。 プラスが大きいほど、アナリストなどが強気にみているということを意味します。 五つ星はプラス2、星ゼロはマイナス2を意味しています。 五つ星の下にある矢印は、直近1カ月以内に星の増減があったがどうかを示しています。 アナリストは業績成長を予想しているからといって、必ずしも「買い」の投資判断(レーティング)をつけるわけではありません。 業績の成長が見込めたとしても、すでに株価がその成長を織り込み、割高な水準まで上昇していれば「売り」をつけるでしょう。 一方、業績が低迷していても、その低迷を織り込んで割安と思える水準まで株価が下がれば、逆に「買い」の判断を掲げることもあります。 調査担当のアナリストがいない場合は算出対象ではありません。 算出には直近6カ月以内のデータを採用しています。 QUICKコンセンサス QUICKコンセンサスは、証券会社や調査機関のアナリストなどによる上場企業の業績予想の平均値(コンセンサス)です。 QUICKが独自に算出しています。 QUICKレーティングは、証券会社や調査機関のアナリストなどが付与した投資判断の平均値です。 「買い」や「売り」といった投資判断をマイナス2からプラス2までの数値に変換し、平均を集計しています。 プラスが大きいほど、アナリストなどが強気にみているということを意味します。 調査担当のアナリストがいない場合は、コンセンサスは算出対象ではありません。 企業が業績予想を修正した際、新たなアナリスト予想が収録されるまでは、参考値として業績予想修正前の値が表示されます。 日本経済新聞の記者や会社側の予想値ではありません。 なお、コンセンサス予想の算出には直近6カ月以内のデータを採用しています。 QUICKコンセンサスと会社側の会計基準は必ずしも一致しない場合があります。 また、決算期変更などのケースを含めて更新タイミングがずれる可能性があります。

次の

ニチイ学館【9792】株の基本情報|株探(かぶたん)

ニチイ 学 館 株価

株価は「戻り過ぎ」の修正局面に入った。 しかし、コロナ禍で世界規模の金融相場、つまり緩和マネーを原動力にした不況下の株高は数年継続しそうだ。 株価の上昇トレンドにも変化はないと思われる。 今週は最大手で医療事務受託でも最大手のニチイ学館(9792)に注目したい。 先月8日に米投資ファンドのベインキャピタルを通じたMBO(経営陣による買収)を発表したことが、買い材料となる。 発表直前の株価1155円に対し、TOB(株式公開買い付け)価格は1500円。 一見すると、妥当な価格のように思えるが、コロナショック前の半年間はおおむね1500円から1900円ほどで推移。 約30%のプレミアムを乗せたとはいえ、買収側にしてみればお買い得なTOB価格といえる。 だが、5月12日以降の株価はそれを一貫して上回っている。 TOB期間は今月22日まで。 そのため、今のTOB価格では明らかに不成立となる。 したがってTOB価格を引き上げて、期間も延長する必要があると思われる。

次の