日経 エンタ。 日経エンタテインメント! 5%OFF

日経エンタを読んだ嵐ファン、特に櫻井翔くんのファンの方に質問...

日経 エンタ

概要 [ ] 、、、を中心に、、、、等の流行のものや人物等を幅広く掲載している。 毎回様々なテーマに沿ったランキングを掲載しており、2002年以降、芸人ランキングを年に1回行うようになっている。 毎号、やをユニークな軸を用いて分類したチャートが登場する。 また、一部の特集ではで転載の許諾を得ている。 なお、本項で解説する雑誌の創刊以前、からに『日経エンタテインメント』(はつかない)というが日経BP社から出版されていた。 歴代編集長 [ ]• 初代 - (その後発行人に)• 二代目 - 小川仁志(現在本誌別冊編集長、『』編集長)• 三代目 - (現在本誌編集委員)• 四代目 - 大谷真幸(現在編集委員)• 五代目 - 吉岡広統 好きな芸人・嫌いな芸人ランキング [ ] から本誌が独自にし、作成しているの人気ランキングである。 調査は日経BP社、日経BPコンサルティングの調査モニター『日経エンタテインメント! 』が発行する『日経エンタテインメント! メール』受信者を対象としたウェブ調査で行われる。 調査は毎年3月上旬以降に行われる。 編集部が選出した全国ネットのなどで活躍するお笑い芸人100組以上の中からメール受信者が、「好きな芸人」「嫌いな芸人」「この1年で最もブレイクした芸人」「来年消えると思う芸人」の4項目について、1組ずつ挙げる形式である。 また、「ネタ」「キャラクター」「ルックス」「(メディア)露出の仕方」「周囲の評判」など、その理由も書かなければならない。 調査協力者のは10代から60代、男女比率は、が7割、が3割である。 から休止され、に復活した。 「好きな芸人」1位は調査開始の2002年から2017年まで14度連続で、が2位と大差をつけて選ばれている。 2018年と2019年はサンドウィッチマンが1位で2位はさんまだった。 「嫌いな芸人」では、2002年から2010年までの9年連続でが選ばれており、こちらも2位と大差をつけての首位。 江頭が2011年も首位に選ばれなかったのは、本誌の分析によれば、2011年は調査が4月下旬から5月上旬と後に行われていたことから、3月に被災地へ支援に赴いた江頭の姿がメディアで取り上げられたのが影響した。 また、2008年度調査から彼を「嫌い」に選びながらも、選出理由の項目に彼を応援する声を送る人が増え始めていた。 なお、江頭の10年連続1位を阻止したのが、だった。 3年ぶりに復活した2014年の同ランキングで江頭が再び「嫌いな芸人」1位に返り咲く。 2015年も1位となり、江頭が通算11度目の「嫌いな芸人」1位となっている。 2016年と2017年の「嫌いな芸人」1位はで江頭は2位、2018年は石橋(3年連続)とが同率1位だった。 2019年はさんまが1位だった。 一方で、江頭は2014年に「好きな芸人」7位になるなど、近年「好きな芸人」にも上位にランクインするようになっている。 表紙 [ ]• 創刊号の表紙を飾ったのは。 2017年4月号時点での表紙登場回数ランキングは以下の通り。 9回 -• 8回 -• 6回 - 、• 5回 - 、、、、• 4回 -• 3回 - 、、、、、奥菜恵、、、、、、、、• KinKi Kidsは、唯一・・の3つの西暦10年代で表紙を飾った(2017年4月号時点)。 広告 [ ] 創刊時にはが出演するテレビコマーシャルが放送された。 連載コラム [ ] 現在 [ ]• 「新 ももクロ61分3本勝負」• 「負けず嫌い。 エンタ! 女子会• ヒットメーカーズ・ファイル• 海外ドラマはやめられない!• 「エンタテイナーの条件」• 「乃木坂46 梅澤美波の清楚系熱血派」• ニッポンの超定番• 欅坂46キャプテン「菅井友香のお嬢様はいつも真剣勝負」• 浜辺美波「気ままに美波」• 「ヒットの理由がありあまる」 過去 [ ]• 「」(小説) - 『日経キャラクターズ! 』より連載移行• 「」後に「変なおじさん」と「変なおじさんリタ〜ンズ」として日経BP社より刊行された 他。 「シゲキ的メジャーリーグ通信」• ・「ギョーカイのゆかいな仲間たち」• 「音楽映画館」• ()「シネマ坊主」• 1999年連載開始、2008年6月号にて休載が発表された。 休載は本人の希望によるもので、今後も映画をちゃんと撮っていきたいので純粋に評価される側に立ちたいという理由である。 ()「アイドル武者修行」• 「ファッション観察記」• 文・、イラスト・「負け組ハリウッドの肖像」• 「田村 淳のニッポン異論・激論」• 伝統芸能入門 初心者のための落語ガイド」• 「美輪明宏の芸術原論」• 「市川哲史の音楽は人なり。 」( - 2012年4月号最終回)• 「乃木坂46生駒里奈のAKB48交換留学日記( - 2015年7月号最終回)• 「マーティ・フリードマンのJ-POPメタル斬り」• ()「次長課長・井上の炎上DVD」( - 2013年7月号最終回)• 「麻生香太郎の業界潜行」( - 2013年7月号最終回)• 「しょこたんのまんヲタ日記」( - 2013年7月号最終回)• 「小説家 平野啓一郎の勝手に気になるエンタ! リサ子「が見た! 業界のお値段」• 「加藤ローサのお試し魂」• 「本谷国際映画祭」( - 2013年7月号最終回)• 「フードコーディネーターSHIORI作ってみたいシネマごはん」( - 2013年7月号最終回)• 「大人向けアニメWiki」• 「チュートリアル徳井義実の女性はみんなプリンセス」( - 2018年3月号最終回)• 「Meet & Smile」 2018年4月号 最終回• 「乃木坂46 生駒里奈のほのぼの日記」 2018年4月号 最終回 脚注 [ ] []• 』第10巻第8号、、、2006年6月、 pp. 25、 2011年7月8日閲覧。 』第12巻第8号、、、2008年6月、 pp. 32、 2011年7月8日閲覧。 Narinari. com編集部 2011年7月7日. 2011年7月8日閲覧。 』2017年4月号、47頁。 430号『よいこの広告 テレビCMが10倍面白くなる本! 』、1999年、39頁。。 2冊の内容から選りすぐったのを合本としてより『変なおじさん完全版』として刊行された。 外部リンク [ ]• (日本語)•

次の

日経エンタテインメント!

日経 エンタ

今月号の特集は【ライヴアーティスト】 😞💨 光一さんのソロコンが今年も無い、という事実をまた突き付けられて、ちょっと凹みます。 で、光一さんの連載のページへ! まずは舞台の. アンサンブルさんたちが来年はかなり変わる、と。 長く「SHOCK」を支えてくださった方たちとのお別れですね。 来年は20年目。 確かに節目です。 キャストも変わる、と。 不動のコウイチ以外は代わってしまうのでしょうか? 光一さん自身もいつか句切りの時がくると言ってますね。 「SHOCK」のように、長年に渡ってブラッシュァップされている作品は珍しいです。 「オリジナル」作品だからこそ、ですね。 見方を変えれば、ずっと未完のまま、ともいえます。 どれが完成稿なのか?何をもって完成というのか?今となっては難しいです。 光一さんがもっと成熟したどこかの時点で完成するのか? ただ、コウイチの若さ故のアクシデントならば、そのコウイチがあまりに成熟してはまずいでしょう。 コウイチを中心とした若いカンパニーの成長の物語なのてすから。 今年2019年の「SHOCK」は、ライバル(ここではウチ)の夢のシーンが大きく変わっていました。 ウチを責めるカンパニーの仲間たちの声がまず響いてきます。 このシーンではウチの「悪夢」という設定がより分かりやすくなって、一連のシェークスピアの舞台の意味合いがはっきりしてきました。 ここは[SHOCK」の進化の表れとして優れた場面だと思います。 ただ、もう一つ加えられたコウイチの歌のシーン。 これは、大劇場でのショーに多様な魅力を添えるという点では素敵だと思いますが、光一さんの年齢にふさわしい曲と表現が加わったと捉えるのはちょっと違う気がするのです。 「SHOCK」のコウイチは、20代の若きスターでありカンパニーの希望です。 ですからこのショーでちょっと背伸びした楽曲を歌う、という演出があってもいいのですが、そのことと、光一さんの実年齢を重ねてしまうと、今後の「SHOCK」の「進化」はどこに向かうのか、とやや心配になるのです。 ここで「ナイツテイル」のケアード氏の言葉を思い出します。 「演出家はどこかで作品を手放さなければならない」 (かなり記憶が曖昧で、この言葉ではないかもしれませんが・・・) 光一さんも40歳を超えました。 もしや、手放す時期を逸したのではないか、とも思うのです。 上演回数のこともあるでしょうが、コウイチが若さ故の未熟さを失うほどに大人になってしまっては、そもそもの主旨がどこかにいってしまいます。 コウイチの人格的完成が目標ではないのですから。 どこまでいけば「手放す」事ができるのか。 どこで「手放し」たらいいのか。 そのときこそ、光一さんが新たな舞台へ踏み出す時ではないでしょうか? そもそもジャニーさんの舞台は、若さを表現する舞台のはずです。 過ちも、そこからの再生も含めて。 舞台の進化と、キャラクターの成長とは、必ずしもイコールではないと思います。 そういう意味で今後どこまで行くのか、どこで手放すのか、年々難しくなる気がしています。 光一さんは、新しい舞台を作ろうとしていましたが、「SHOCK」を見られていない多くのお客さんの声に応えるために「SHOCK」を続けたのでした。 ですから、今度は「SHOCK」のコウイチとは違う、今の光一さんだから表現できる大人の魅力溢れたキャラクターを創って欲しいですし、できれば「SHOCK」と並行してそれを上演して欲しいです。 『堂本光一作・演出・主演』の舞台として。 私としては、これまでとは違った舞台、光一さんの演出による舞台を観たいですし、「SHOCK」と並行して新作が観られたら嬉しいです。 また、後輩の指導については、コンサートは基本セルフプロデュースと言ってますね。 これは、ジャニーズの伝統でもあり、プロデュースも含めてそのグループの力だと思います。 年末のキンキコンがどんなものになるのか? どんなコンサートが可能なのか? それもまたグループの力を表す指標になるなら、もう無理と認めることも必要でしょう。 こちらもどこかで手を離すべきだと思います。 あちらの言い分ではありませんが、グループとして、たまったカスは洗い流し、スッキリする時ではないでしょうか? 目の前のことに全力を尽くす、というのはある種の思考停止です。 そろそろ、夢は見ないという光一さんも、未来を描くことを考えてもいいのでは?と思います。 思い描く未来のために、いま何をするべきか、そこが大事だと思うのです。 40歳を超えて、遅くなりすぎないうちに自身の未来を描いてみてはどうでしょう。 その時こそ、本当に自分がしたいことが見えてくるのではないでしょうか?.

次の

日経エンタテインメント!

日経 エンタ

今月号の特集は【ライヴアーティスト】 😞💨 光一さんのソロコンが今年も無い、という事実をまた突き付けられて、ちょっと凹みます。 で、光一さんの連載のページへ! まずは舞台の. アンサンブルさんたちが来年はかなり変わる、と。 長く「SHOCK」を支えてくださった方たちとのお別れですね。 来年は20年目。 確かに節目です。 キャストも変わる、と。 不動のコウイチ以外は代わってしまうのでしょうか? 光一さん自身もいつか句切りの時がくると言ってますね。 「SHOCK」のように、長年に渡ってブラッシュァップされている作品は珍しいです。 「オリジナル」作品だからこそ、ですね。 見方を変えれば、ずっと未完のまま、ともいえます。 どれが完成稿なのか?何をもって完成というのか?今となっては難しいです。 光一さんがもっと成熟したどこかの時点で完成するのか? ただ、コウイチの若さ故のアクシデントならば、そのコウイチがあまりに成熟してはまずいでしょう。 コウイチを中心とした若いカンパニーの成長の物語なのてすから。 今年2019年の「SHOCK」は、ライバル(ここではウチ)の夢のシーンが大きく変わっていました。 ウチを責めるカンパニーの仲間たちの声がまず響いてきます。 このシーンではウチの「悪夢」という設定がより分かりやすくなって、一連のシェークスピアの舞台の意味合いがはっきりしてきました。 ここは[SHOCK」の進化の表れとして優れた場面だと思います。 ただ、もう一つ加えられたコウイチの歌のシーン。 これは、大劇場でのショーに多様な魅力を添えるという点では素敵だと思いますが、光一さんの年齢にふさわしい曲と表現が加わったと捉えるのはちょっと違う気がするのです。 「SHOCK」のコウイチは、20代の若きスターでありカンパニーの希望です。 ですからこのショーでちょっと背伸びした楽曲を歌う、という演出があってもいいのですが、そのことと、光一さんの実年齢を重ねてしまうと、今後の「SHOCK」の「進化」はどこに向かうのか、とやや心配になるのです。 ここで「ナイツテイル」のケアード氏の言葉を思い出します。 「演出家はどこかで作品を手放さなければならない」 (かなり記憶が曖昧で、この言葉ではないかもしれませんが・・・) 光一さんも40歳を超えました。 もしや、手放す時期を逸したのではないか、とも思うのです。 上演回数のこともあるでしょうが、コウイチが若さ故の未熟さを失うほどに大人になってしまっては、そもそもの主旨がどこかにいってしまいます。 コウイチの人格的完成が目標ではないのですから。 どこまでいけば「手放す」事ができるのか。 どこで「手放し」たらいいのか。 そのときこそ、光一さんが新たな舞台へ踏み出す時ではないでしょうか? そもそもジャニーさんの舞台は、若さを表現する舞台のはずです。 過ちも、そこからの再生も含めて。 舞台の進化と、キャラクターの成長とは、必ずしもイコールではないと思います。 そういう意味で今後どこまで行くのか、どこで手放すのか、年々難しくなる気がしています。 光一さんは、新しい舞台を作ろうとしていましたが、「SHOCK」を見られていない多くのお客さんの声に応えるために「SHOCK」を続けたのでした。 ですから、今度は「SHOCK」のコウイチとは違う、今の光一さんだから表現できる大人の魅力溢れたキャラクターを創って欲しいですし、できれば「SHOCK」と並行してそれを上演して欲しいです。 『堂本光一作・演出・主演』の舞台として。 私としては、これまでとは違った舞台、光一さんの演出による舞台を観たいですし、「SHOCK」と並行して新作が観られたら嬉しいです。 また、後輩の指導については、コンサートは基本セルフプロデュースと言ってますね。 これは、ジャニーズの伝統でもあり、プロデュースも含めてそのグループの力だと思います。 年末のキンキコンがどんなものになるのか? どんなコンサートが可能なのか? それもまたグループの力を表す指標になるなら、もう無理と認めることも必要でしょう。 こちらもどこかで手を離すべきだと思います。 あちらの言い分ではありませんが、グループとして、たまったカスは洗い流し、スッキリする時ではないでしょうか? 目の前のことに全力を尽くす、というのはある種の思考停止です。 そろそろ、夢は見ないという光一さんも、未来を描くことを考えてもいいのでは?と思います。 思い描く未来のために、いま何をするべきか、そこが大事だと思うのです。 40歳を超えて、遅くなりすぎないうちに自身の未来を描いてみてはどうでしょう。 その時こそ、本当に自分がしたいことが見えてくるのではないでしょうか?.

次の