ヤクルト スワローズ 2020。 ヤクルト本社(2267)、株主優待を変更! 優待品の「ヤクルトスワローズ」公式戦の入場券の利便性が向上して、対象試合が増加&試合日以前に引き換え可能に|株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2020年]|ザイ・オンライン

【6月最新版】2020年・東京ヤクルトスワローズのテレビ放送・中継予定まとめ

ヤクルト スワローズ 2020

打撃成績 2008年 ブルワーズ 9試合 打率. 500 2安打 0本塁打 0打点 0盗塁 2009年 ブルワーズ 38試合 打率. 304 38安打 1本塁打 11打点 4盗塁 2010年 ブルワーズ 145試合 打率. 235 119安打 4本塁打 41打点 10盗塁 2011年 ロイヤルズ 158試合 打率. 254 139安打 4本塁打 46打点 26盗塁 2012年 ロイヤルズ 155試合 打率. 293 177安打 5本塁打 52打点 35盗塁 2013年 ロイヤルズ 158試合 打率. 234 142安打 4本塁打 52打点 22盗塁 2014年 ロイヤルズ 162試合 打率. 285 165安打 3本塁打 50打点 31盗塁 2015年 ロイヤルズ 148試合 打率. 257 157安打 3本塁打 47打点 17盗塁 2016年 ロイヤルズ 162試合 打率. 261 166安打 7本塁打 55打点 17盗塁 2017年 ロイヤルズ 162試合 打率. 250 150安打 6本塁打 54打点 4盗塁 2018年 ロイヤルズ 140試合 打率. 231 112安打 4本塁打 34打点 8盗塁 2019年 1軍出場なし 守備位置、ポジション 2008年 遊撃手 2試合 2009年 遊撃手 37試合 2010年 遊撃手 138試合 中堅手 1試合 左翼手 2試合 右翼手 2試合 2011年 遊撃手 158試合 2012年 遊撃手 155試合 2013年 遊撃手 158試合 2014年 遊撃手 162試合 2015年 遊撃手 148試合 2016年 遊撃手 162試合 2017年 遊撃手 162試合 2018年 遊撃手 104試合 二塁手 3試合 三塁手 29試合 中堅手 6試合 11月20日現在、アルシデス・エスコバー内野手が来季の新外国人選手として決定しています。 エスコバー選手は2015年にはメジャーでショートのゴールドグラブ賞を獲得したことがある名手。 打撃力よりも、守備力が評価されての獲得です。 ヤクルトは、ショートとサードがレギュラー不在。 そこを補うための獲得でしょう。 また、エスコバー選手については、 に詳しく書いています。 ー追記ー 2019年12月5日。 ヤクルトが新外国人、ガブリエル・イノーア投手を獲得しました。 イノーア投手の過去成績は次のようになっています。 ヤクルトは投手陣が非常に弱い球団。 投手の層を厚くするにはうってつけの選手だと思います。 ー追記ー 楽天の美馬投手はFAでのロッテ移籍が決まりました。 ヤクルトの美馬投手獲得は出来ませんでした。 ヤクルトスワローズの2020年のトレード最新状況 最後に、ヤクルトスワローズの2020年のトレードです。 2019年11月20現在、次のようになっています。 嶋捕手は2019年11月時点で33歳。 12月に34歳になります。 経験豊富なキャッチャーで、2010年と2013年にはベストナイン、ゴールドグラブ賞を獲得。 2013年には日本一も経験しています。 嶋選手の過去成績は次のようになっています。 2007年 楽天 125試合 打率. 183 2本塁打 16打点 2008年 楽天 85試合 打率. 230 0本塁打 19打点 2009年 楽天 106試合 打率. 233 1本塁打 14打点 2010年 楽天 127試合 打率. 315 3本塁打 43打点 2011年 楽天 129試合 打率. 224 2本塁打 28打点 2012年 楽天 91試合 打率. 291 1本塁打 8打点 2013年 楽天 134試合 打率. 257 4本塁打 48打点 2014年 楽天 126試合 打率. 263 1本塁打 36打点 2015年 楽天 117試合 打率. 219 4本塁打 18打点 2016年 楽天 80試合 打率. 271 2本塁打 17打点 2017年 楽天 112試合 打率. 199 3本塁打 28打点 2018年 楽天 113試合 打率. 206 0本塁打 21打点 2019年 楽天 57試合 打率. 209 3本塁打 15打点 嶋選手は2017年から打撃成績が振るわず、今季は57試合の出場にまで激減。 ヤクルトは正捕手の中村選手が今オフ右肘の手術をした為、来季はフルでの活躍が不安な状況。 それを補う意味でも経験豊富な嶋選手は貴重な存在になりそうです。 2020年の最新版の補強状況は随時更新していきます。 Sponsored Link.

次の

【ヤクルト】開幕スタメン・先発ローテ予想【2020年最新】

ヤクルト スワローズ 2020

内容的には相手を抑え込んだというよりも、相手の打ち気をかわすような投球という印象。 岡本の当たりは一見捉えたように見えたが、体勢を崩されバットの先だった。 エスコバー、嶋にはフルカウントになり、投手の石川にヒットを打たれ、坂口にはストレートの四球、山田にも甘いボールが多かったが打ち損じに助けられる。 個人的には坂本、岡本、パーラがいずれも完全に石川の術中にハマった抑えられ方をしたので、試合の流れを考えると次の1番から始まる攻撃に不安を感じた。 その後、もはや勢いに乗ったスワローズ打線を止める余力は菅野にはなく、このイニングを終えることなく5失点でマウンドを降りた。 フルカウントから粘って奪った価値あるヒットだった。 しかし、こうして作られていった巨人側の良い流れを止めてしまったプレーが、1塁走者吉川尚の本塁憤死だった。 あの場面については速報版で触れているのでこれ以上は語らないが、普通ならこれが試合を決しかねない致命的なプレーだった。 坂本は審判の微妙な判定に泣くが、岡本・陽・中島、いずれの打者にも直球を狙って弾き返した(特に中島はパーラ三振の後のタイムリーだっただけに価値が高い) ここで巨人が相手のセットアッパーから2点奪って1点差にしたこと、そして抑えの石山を回マタギで引きずり出したことで、9回のまさかのドラマに繋がっていく。 この後、亀井が何とか進塁打を放ってチャンスを広げ、そして重信の劇弾が生まれる。 この場面、直球に強い重信がそのボールを捉えたのなら分かるが、苦手としている低めの落ちるボールを、バットのヘッドを利かせてパンチショットのようなバッティングをするとは、彼には失礼だが夢にも思わなかった。 元木コーチを筆頭とした巨人ベンチの大歓声も彼の打球を後押ししていた。 最後の山田に対してもタイミングを合わせられることなく、やや大きなレフトフライで凌ぎ切った。 次の試合からパーラももたもたしてると重信にポジションを奪われるかもしれない。 そのくらい衝撃的なまさかの一発だった。 ——————————- 〇 陽岱鋼 無駄な力みが一切なく、バットを内側から出す意識が徹底されてるので、質の高い打球を放っている。 この意識をシーズン最後まで徹底して欲しい。 ——————————- 〇 中島宏之 やや当たりが止まりかけていたが、この試合は陽と共に彼の存在感も際立っていた。 現状のバッティングは外寄りのボールの方が対応がスムースになっている。 ——————————- 〇 吉川尚輝 本塁憤死は反省材料だが、彼のチャンスメイクはこの大逆転劇には欠かせなかった。 ようやくバッティングの状態が上がりつつあるので、ソロソロ左右に拘らず1番固定を首脳陣には進言したい。 まだまだ長い目で見るべきだが、このように同じパターンでやられ続けると印象が更に悪い。 彼の奮起と大爆発を期待したい。 色々反省材料があるゲームではあるが、チームとしてはエース菅野が投げる試合を落としたくなかったのでこの逆転勝利は大きい。 原監督が万歳してそばにいる坂本のケツをポンと叩いたシーンは印象的だった。 と、いつまでもその余韻に浸りたいところではあるが、やはりこれから何度も対戦する石川の攻略法を今後の為にも真剣に考えていかなければならない。 振り返るとこの試合、巨人打線の中では陽と中島が合っていた(石川が明らかに嫌がっていた)が二人に共通していたのは決してマン振り、又は当てに行くようなスイングをしなかった事。 つまり、レフト、ライト方向などと打つ方向を決めずに打席に立ち、決して力まずにセンター方向に素直に弾き返していた事が好結果に繋がっていた。 攻略のポイントはズバリ過剰に意識しないこと。 狙い球はコースを絞るのではなく、高めに浮いたボールを積極的にセンター方向に弾き返す意識が攻略の近道だと思う。 ややもすれば彼のような軟投タイプには右打者はライト方向、左打者はレフト方向という手元まで引きつけて逆方向に弾き返す事がセオリーと思いがちだが、実はそういう考えだと、高低をあまり意識しないのでそこを使われて打たされるケースが多くなってしまう。 石川はまさにそこを巧みに利用するので、捉えられそうで捉えられない、そんな状態のまま気づいたら試合中盤まで来てしまっている。 言うは易し行うは難し、外野からとやかく言うのは簡単だが。。 以上 敬称略 超激辛NPBコラムはTwitterでも活動しています。 (超激辛NPBコラムTwitterはをクリック) Twitterではblogで書ききれなかった事や、ファームの試合雑感、G以外他チームの試合雑感、注目選手の評価、ブログ更新情報など、様々な発信をしております。 又、ブログについての感想やご意見もこちらで受け付けております。 このブログを読んで気に入った方は是非ともフォローしてください。 尚、フォローバックにつきましては、基本的にコメントのやり取りをした方に対してのみ行いますのでご了承ください。 (超激辛NPBコラムTwitterはをクリック)•

次の

東京ヤクルトスワローズ 2020年 応援歌まとめ【最新】

ヤクルト スワローズ 2020

2020年もプロ野球開幕が近づいてきました! 今年はコロナウイルスの影響もあり、オープン戦は全試合無観客試合になってしまいました。 球場で応援したいファンとしては、少し寂しいけど仕方がないですね。 現時点では、開幕戦がいつになるかは決まっていませんが、プロ野球ファンとしては早く開幕してもらいたいと思っています。 そこで、気になるのが各球団の今年の戦力ではないでしょうか? この記事では2020年のヤクルトスワローズの戦力分析してみました。 阪神ヤクルトは2019年は残念ながら6位に沈んでしまいました。 雪辱に燃える今年の戦力はどうなっているのでしょう? 気になる2020年の新戦力、野手や投手の顔ぶれ、開幕スタメンや先発ローテーションを予想しました。 ぜひご覧ください。 418 強力な打線2018年2位から優勝を目指した2019年ペナントレース。 野手投手ともに大きな補強はなくスタートし、 山田・バレンティン・青木が期待通りの活躍をするとともに2年目の村上が36本塁打と大きな飛躍を遂げ2018年に引き続き強力打線がチームを牽引しました。 さらに 新人の中山やトレードで獲得した太田など若手選手も着実に力をつけてきており、世代交代の流れを野手陣には感じられた一年であったのではないかと思います。 しかし、 課題の投手陣は新外国人のマクガフや若手の梅野が活躍したものの、相変わらず石川・五十嵐・近藤といったベテラン陣に頼ることも多く、駒不足は解消されませんでした。 脆弱な投手陣に打撃陣の不調が重なると打つ手がなくなり、球団史上最長タイの16連敗を喫するなどセリーグ最下位に沈んでしまいました。 ヤクルトスワローズ2020 年戦力分析 野手 メインの補強がエスコバーのみと不安は残ります。 ただし打撃陣については山田・村上・青木と軸はしっかりしているので5番・6番のポイントゲッターとしてエスコバーが機能するかどうかがカギになってくると思います。 注目ポイントは下記3点です。 同じく守備型という触れ込みでNPBにやってきたクルーズ選手のように2割8分 20本 80打点が狙えるような活躍をすればポイントゲッターとして十分機能すると思います。 塩見が1番で機能すればそのあとの青木・山田・村上と強力打線を形成できます。 あのストレートは序盤の元気な時には打てる感じがしませんので、スタミナの強化が必要かと思います ローテーション候補を見てもわかる通り昨年10勝をした投手は一人もおらず、おそらくルーキー3人のうち一人はローテーション入りしてくると思います。 奥川はシーズン通してフル稼働させるのは身体的に厳しいものがあると思うので、投げ抹消を繰り返しながらということ考えると常時7~8人でローテーションを回すということも十分考えられると思います。 Aクラス争いをしていくためには小川12. 3勝 高橋10勝 石川8勝程度の勝ち星を挙げて軸として回りながら、残りの枠に関しては日程的に余裕をもってフレッシュな状態で回してそれぞれが6勝程度を計算していくことが必要だと筆者は考えます。 しかし外野の世代交代が課題ではあるので両若手を予想したいと思います。 5番以降に未知数な部分が多いものの、上位打線の強力さを考えるとポイントになってくると思います。 中山や廣岡の活躍がそのままチームの得点力に関わってくると思うので、注目ポイントであると思います。

次の