ドクターチョイス 排卵。 排卵検査薬ドクターズチョイスワンステップとクリアブルーイージーデジタル使ってみた

【写真付き】ワンステップ排卵検査薬クリアの使用結果&感想

ドクターチョイス 排卵

排卵検査薬で2種類を比較してみました! 最近、2人目の子供が欲しいなと考える機会が増えてきました。 しかし、産後1年が経過して生理が戻ってきたものの、生理周期は不安定な状態。 そして、年齢的にも排卵が正常に行われているかどうかの不安がある。 さらに、このままで問題なく妊娠できるのかどうかとしんぱいになってしまったのです。 そんな時に排卵検査薬をつかうことで排卵日を確実に特定できることを知ったのです。 そこで、この機会に排卵検査薬を使ってみよう!と思い立ちました。 1人目を妊娠した時は、大体の排卵日を産婦人科の先生に教えて貰いながら仲良しのタイミングをきめていました。 それで、確実に排卵日を特定できる検査薬があることは全く知らずにいたんですよね。 でも、いざ排卵検査薬についてネットで検索してみると、とてもたくさんの種類の排卵検査薬があって迷ってしまいました。 色々と比較検討した結果、私はドクターズチョイスで販売されている排卵検査薬を購入することにしました。 ドクターズチョイスを選んだ決め手になったのは、米国食品医薬局認定の商品&後払いOKだったこと。 海外から直接届くものになる訳ですし、何かと安心できる保証のようなものが欲しかったんです。 後払いにすると別途決済手数料が400円かかってしまうんですが、下手にクレジットカードで購入して情報漏れとかがあったり、商品が届かない!なんてトラブルに巻き込まれたりするのも嫌だったので。 後払いなら実際に商品が届いてからコンビニなんかで手軽に支払いができるので、初めてでも安心です。 それで、気軽に排卵検査薬を注文することができました。 私が購入したのは、ワンステップ排卵検査薬100回分とクリアーブルーイージーデジタル7回分。 プラス、妊娠しやすい体をつくっていくためにオーガニックハーブティーのファーティリ・ティーもついで買いしてみました。 購入金額が1万円以上になったので、送料も無料になってラッキーでした。 海外から届くものは税関で引っ掛かるケースもあるそうで、気長に待たなくては... と思っていたのですが、実際は1週間と思いの外早い到着で少し驚きました。 正直あまり期待していない面があったのですが、梱包もきちんとしたものでしたし、日本語の説明書も付いていたりして、これなら今後利用するにも申し分ないなと感じました。 支払いが完了した後もメールでお知らせが届いたりしますし、今回初めての利用でしたがドクターズチョイスへの信頼性はうんと上がりました。 さて肝心の排卵検査薬についてですが、生理周期が安定していない私にとってはどのタイミングで検査薬を使えばいいのかがよくわからない面がありました。 何より毎回同じ時間にチェックすることがポイントになるようなので、私は子供のお昼寝の時間帯である13時前後に毎回チェックするようにしました。 朝は何かと忙しい時間帯ですからね。 どちらの排卵検査薬も清潔で乾燥した状態のプラスチック製やガラス製の容器を使うよう記されていましたが、私は家に常時あると言ってもいい、ペットボトルゴミを適当に切って使うことにしました。 はじめて検査したときの排卵検査薬の検査結果です。 新しくなった排卵検査薬の検査結果 ワンステップ排卵検査薬クリアがあたらしくなりました。 生理初日から数えて、10日目から排卵検査薬を使い始めました。 生理の周期が安定していないので、LHサージの上昇を見逃さないためにも、早めに検査をスタートさせました。 ワンステップ排卵検査薬クリアとクリアブルーイージーデジタル排卵検査薬と兼用しての検査です。 そして、おりものの状態を気にしながら、排卵日の予測をしてみました。 ワンステップ排卵検査薬クリアの検査結果 1日目 朝 1日目 午後 1日目 夜 水っぽいおりものが少し出たので、検査をしてみたのですが陰性でした。 2日目 朝 陰性 2日目 夜 陰性 3日目 朝 陰性 3日目 夜 陰性 4日目 朝 陰性 4日目 夜 少しおりものが出始めたので、もしかしてLHサージが上昇始めるかなとと思ったのですが、陰性でした。 5日日 朝 少し黄色っぽいおりものが多く出ていたのですが陰性でした。 5日目 夜 陰性 6日目 朝 陰性 6日目 夜 陰性 7日目 朝 おりものが結構増えてきましたが、陰性でした。 7日目 午後 7日目 夜 写真には写っていないのですが、よーく見ると薄くラインが出ていました。 陽性だとすると検査した時間から72時間後くらいが排卵でしょうか。 8日目 朝 透明な水っぽそうなおりものの量が増えてきました。 確実に陽性だろうなと思うくらいの量でした。 ようやくぎりぎり写真で写るくらい陽性ラインが出てきました。 このぐらいの濃さだとまだイージーデジタルは陽性にならないかな?と思いました。 もう少し濃くなったらイージーデジタルを使ってみようと思っています。 8日目 午後 量も増え透明で粘りのあるおりものになりました。 LHサージは上昇していると思います。 8日目 夜 夕方同様の濃さでした。 9日目 朝 ほぼピークかなと思える濃さでした。 9日目 夜 LHサージの上昇がピークだと判断できるくらいの、テストラインの濃さです。 10日 朝 LHサージの上昇がピークを過ぎたころには、おりものは粘りのある感じでした。 10日 夜 おりものの量はまだ多く出ていました。 排卵検査薬の結果で予想すると、今日の夜が排卵だと思います。 11日 朝 まだ陽性反応ですが、排卵は終わっていると思います。 排卵が終わっていると、おりものはほとんど出ていません。 11日 夕方 陰性になりました。 クリアブルーイージーデジタル排卵検査薬の検査結果 1日目 夜 ワンステップが陰性だったのですが、おりものが出ていたのでイージーデジタルも使ってみたがやはり陰性でした。 2日目〜6日目 未使用 7日目 朝 おりものが結構増えてきていたので、クリアブルーイージーデジタルも使ったのですが陰性でした。 8日目 午後 ワンステップは陽性でLHサージは上昇していると思うのですが、こちらは陰性でした。 このくらいの濃さなら、クリアブルーイージーデジタルも陽性だろうと思ったのですが、まだだったので少しビックリです。 8日目 夜 陽性になりました。 この時間から48時間後くらいに排卵がおこると予想できます。 1日目〜6日目までずっと陰性でした。 先月の生理から数えて10日目から検査をスタートしたのですが、ちょっと早かったようです。 生理周期が不安定だと、仕方がないことなんでしょうけど。 ただ、検査を初めて6日間も陰性が続いてしまうと、「もしかして無排卵?」と心配になってしまいます。 おりものの量が確実に増えるまでは、1日3回の検査にしてしまうと不安度が増してしまうので、1日2回の検査にしました。 おりものの量が多くなり始めてから、検査を開始するくらいでもいいのかなと思いました。 仲良しのタイミング 7日目の夜に、よーく見ると薄くラインを確認できたので、この時点で陽性なら排卵の3日前ということになります。 この時点でタイミングをとると良さそうです。 8日目の朝にはワンステップでLHサージが上昇を確認。 やはり、昨日の夜のタイミングは正解だったようです。 今日の夜のタイミングで排卵の2日前。 夜にはクリアブルーイージーデジタルが陽性。 この時点で排卵の48時間前だと思います。 タイミングをとるのにはベストな日だと思います。 9日目の夜がちょうど排卵の1日前になると思います。 この3日間で仲良しのタイミング取れていれば、いいのではないでしょうか。 6日間も陰性が続いてちょっとストレスに感じた時もありましたが、仲良しのベストタイミングを知ることが出来て良かったと思います。 仲良しのベストタイミングは排卵日2日前 回のタイミングで妊娠する可能性は、健康な状態で20〜25%の確率と言われています。 そして、妊娠する可能性がある時期に複数回タイミングをとることで、妊娠の確率をあげることができます。 妊娠しやすい時期や排卵日5日前から排卵日までで、ベストなタイミングは排卵日2日前。 ベストなタイミングは「新鮮な卵子と新鮮な精子が受精できる」こと。 それが、排卵日2日前のタイミングなのです。 に排卵検査薬はワンステップ排卵検査薬クリアです。 これは、精子と卵子の生存可能な時間が異なるから。 精子が女性の体内で生存できるのは約5日間(120時間)程度。 さらに、射精後84時間をすぎると精子は受精能力を失ってしまいます。 つまり、受精可能な精子の時間は84時間しかありません。 それから、精子は、射精から5〜6時間で受精機能を獲得し、そこから48時間経過すると徐々に老化します。 卵子の寿命は精子より短く、排卵されてから16時間〜24時間。 そして、受精可能な時間は約12時間です。 また、卵子は排卵の6時間後から老化していきます。 新鮮な卵子と新鮮な精子が受精できる時間は限られていて、排卵後6時間となります。 この精子と卵子の特徴から、妊娠には「排卵が始まる前に精子が待機している」状態がベストとなります。 このよことから、ベストなタイミングは排卵日2日前となります。 受精までのストーリー 女性の体内に入る精子はおおよそ2億〜5億、受精するためには、子宮頸管を通り抜けることが必須。 ところが、最初の難関である子宮頸管を通り抜けることができるのは、すべての精子の1%に満たない。 そして、子宮に入ると精子の数は10万個になり、子宮卵管接合部を通り、卵管峡部の精子貯蔵所に到着できるのは約数十個。 最終的に卵管膨大部で受精できるのはたった1個。 卵管膨大部で卵子と精子が出会うことで受精し、妊娠に至ります。 排卵日検査薬で2種類を比較してみました!記事一覧.

次の

排卵検査薬ドクターズチョイスワンステップとクリアブルーイージーデジタル使ってみた

ドクターチョイス 排卵

市販で出回っているものは、排卵日の当日にならないと反応しないものが多くあるそうです。 しかしこのドクターチョイスの排卵検査薬は、 最も妊娠しやすい排卵日の2日前を正確に知らせてくれるそうです。 ドクターチョイスのホームページに記載してある、• 陽性/陰性が100%明確• 1回あたり69円~と格安• 安心の米国製/正確さ99%以上 という謳い文句に惹かれ、早速購入。 実際に使ってみましたが、このドクターズチョイスの排卵検査薬めちゃくちゃ良いです。 使い方も簡単でラインもはっきり出てくれるし、何より安くて コスパ最高。 今回は、ドクターズチョイスのの使用方法について詳しく書いていきたいと思います。 排卵検査薬の使い方とポイントを確認しよう 1.とっても簡単なドクターズチョイスの使用方法• カップに採尿• 1の中に検査薬を10秒浸す• 平らな所に置き5分間待つ• 判定 この時に使用するカップは、100円ショップに売っている紙カップで十分です。 おすすめの検査タイミングは、 朝起きてすぐと夕飯を食べる前。 水分を多く含まない尿で測ると反応が出やすくなるそうでなので、 飲食する前の尿 で測りましょう。 妊娠率UPのポイント• 毎朝同じ時間に検査• 朝と夜の1日2回測定• 結果は5分で判定 検査結果の見方とベストなタイミング時を覚えておこう 検査薬は毎日使用した方が、自分のサイクルを知ることが出来るそうです。 しかし筆者は勿体無いと思い、妊活アプリで排卵予定日を確認しながら次の 生理予定日の18日前から使い始めました。 1日目 朝と夜 左のラインが出なければ陰性ということなので、この日は陰性でした。 2日目 朝と夜 この日も陰性。 3日目 朝と夜 右のラインが出て、2回とも薄い陽性反応がでました。 説明書には、 薄くても陽性反応がでたら仲良しのタイミングと書いてあったので、仲良し。 4日目 朝と夜 昨日に比べると線がかなり濃いですが、 色の濃淡は関係ないそうです。 色が薄かれ濃かれ、同じ陽性反応ということなので仲良し。 5日目 朝と夜 この日も、2回とも陽性反応が出たので仲良し。 6日目 朝と夜 薄い陽性反応がでましたが、もう数回タイミングをとっているので何もせず。 7日目 朝と夜 陰性反応が出ました。 陰性反応が2日連続続いたので、今月は排卵検査薬を使うのをやめました。 実際に使ってみた感想は、 「とにかく陽性・陰性の判断が明確で、初心者でも分かりやすい!」 線が1本出たら陰性、2本出たら陽性、ラインもくっきりと出てくれるので判断しやすのが分かります。 人それぞれ性格や体質が違うように、ホルモンの上昇期間にも個人差があるそうです。 テストラインの出方は人それぞれ異なりますが、 2本の線が出たら陽性 なので、 この時がベストタイミング です! 妊活の必須アイテム。 試す価値あり これを使って、陽性反応が出て仲良しをすれば必ず妊娠する、というわけではありません。 でも1ヶ月に1回、1年で12回しかないチャンスです。 なかなか妊娠しなくて 生理が来るたびに落ち込み どうしたらいいか分からなかった筆者にとっては、 とてもいい 安心材料になりました。 値段も安いので、まずはでやってみてもいいかもしれませんね。

次の

ドクターズチョイスのワンステップ排卵検査薬とクリアブルーイージーデジタルを使用されている…

ドクターチョイス 排卵

基礎体温では正確な排卵日を特定できない まず妊娠するために知っておきたいのが、最も妊娠しやすい時期は 「排卵の2日前」ということです。 そしてよりスムーズに妊娠するためには、自分の排卵日を正確に知ることが重要ですよね。 妊活中の方で基礎体温を計っている人は多いと思います。 確かに基礎体温表を作成することで、自分に排卵期があるかどうかを知ることができたり、体調の変化を早めに気づくことができたりといい事ずくしなのですが、 「排卵日を特定する」という事になると話は別です。 実は基礎体温を記録するだけでは正確な排卵日を特定することはできないのです。 凄く簡単に説明すると、基礎体温表を構成しているのは 低温期と高温期の2つの時期です。 その 2つの時期の分かれ目が排卵期です。 ということは高温期というのはすでに排卵した後ということになります。 なので、基礎体温表で記録していて高温期になったとわかってからでは遅いということになります。 でもその表から「次の排卵日を予測すればいいだけじゃないか」と思うかもしれませんが、その場合もなんとなくの予想になってしまって正確な排卵日を特定することはできないのです。 生理不順の人は特にわかりにくいですよね。 それに基礎体温を記録している方なら分かると思うのですが、毎朝決まった時間に測ったりと結構大変で面倒ですよね。 測る位置で体温が変わったり、少し動いただけで体温が上昇したりと大変です。 そこで排卵検査薬の必要性が出てくるのです。 排卵検査薬とは? 女性の体は排卵前にはLH(黄体形成ホルモン)というホルモンが急激に増加します(このことをLHサージと呼びます)。 このLHサージが起こると36時間以内に排卵が起こると予測されます。 つまり 排卵検査薬とは、このLHサージの増加をチェックすることで排卵するタイミングを予測することができる検査薬なのです。 そして排卵検査薬には 日本製と 海外製があるのですが、それぞれの特徴とおすすめを以下でまとめてみました。 排卵検査薬の種類と販売店(日本製) ドゥーテストLHa排卵日予測検査薬 ドゥーテストLHa排卵日予測検査薬は、たった2秒尿をかけるだけのお手軽排卵検査薬です。 採尿部が広くなっているので、尿がハネにくい設計になっています。 見やすい判定窓で、簡単に検査することができます。 他の製品に比べて判定時間が短いので、短時間で結果を得ることができます。 色の濃淡ではなく、ラインの本数で判定するので、一目で確認できる排卵検査薬です。 こちらも尿をかけるだけなので簡単に検査できます。 5秒間尿をかけるだけで、簡単に検査できます。 第1類医薬品というのは、販売が、 薬剤師に限られています。 なので、店舗で買う場合は、薬剤師から使用上の安全性などについての説明を受けて購入することになります。 また、amazonなどの通販で購入する場合にも、薬剤師の確認が必要です。 普通だと、カートに入れて購入すればすぐ買えますが、第1類医薬品になると、薬剤師による、使用者の状態確認のための質問に回答してからの購入になります。 当然、薬剤師の確認が終了するまでは、注文が確定しません。 そういう手続きが面倒な人には、値段も安い海外製の排卵検査薬がおすすめです。 排卵検査薬の種類と販売店(海外製) ドクターズチョイス ワンステップ排卵検査薬クリア 1本当たり69円〜と格安で買えることから経済的で人気の製品です。 また、 2日前から排卵日を予想できるので、ベストタイミングを逃す心配がありません。 感度も20mIUで米国ではNo. 1の感度です。 ワンステップ排卵検査薬クリアは海外製ですが、FDA(米国食品医薬品局)認定なので安心です。 また、日本語説明書も付属しているので、使い方がわからないといったこともありません。 デジタルなので薄くてわからないといったことがなく、はっきり判定してくれます。 しかしその分値段も1本当たり479円と高いのがネック。 日本製のチェックワンLHデジタルと全く同じ仕組みで、品質も同じですが、チェックワンLHデジタルが、排卵日の予測が1〜1. 5日前なのに対して、クリアブルーイージーデジタルは2日前から予測できるので、日本製のクリアブルーを買うよりは海外製のほうを買う方がベストタイミングを逃さないのでおすすめです。 他の海外製の検査薬が2日前から予想できるのに対して、5日前からわかるので、前もって予定を立てることができるので、タイミングをとりやすいです。 2つのホルモンを検出することで、より正確な妊娠可能日を得ることができます。 その他にも生理周期を記録できたり、LHピーク前の妊娠可能性が高い時期もわかるという本格的な排卵検査器。 しかし、高性能なだけあって値段がかなり高価なので、本気で妊活を目指す人向けの製品です。 そこで私の考えを書きたいと思います。 まず、 「日本製と海外製どちらを買えばいいか?」ですが、 今すぐに商品が欲しい場合は日本製の一択です。 なぜなら、海外製の排卵検査薬は届くまでに一週間程度かかるからです。 そしてその中でのおすすめはドゥーテストLHa排卵日予測検査薬です。 理由としてはやはり値段が317円〜と他の日本製の商品より安いということと、感度も良いからです。 しかし、日本製の検査薬の場合、排卵日を予想できる時期が1日前なので、最初に説明した 最も妊娠しやすい時期の「排卵2日前」を逃してしまうことになります。 また、先ほども説明した通り、購入するのに、ワンクッション挟むので、通常の通販よりも買いづらいというデメリットもあります。 なので、 今すぐに欲しいという方以外には、届くまでに一週間程度かかりますが、海外製が断然おすすめです。 そして海外製でおすすめなのが、 断然「ワンステップ排卵検査薬クリア」です。 なんといっても1本当たりの 価格が69円〜と他の製品に比べて圧倒的に安く、それでいて排卵日を予想できる時期が2日前からなので、 最も妊娠しやすい時期の排卵日2日前を逃す心配がありません。 確かに、クリアブルーイージーデジタルはデジタル表示で見やすくいのですが、現実的に毎回使用することを考えると、やはりワンステップ排卵検査薬クリアの方が経済的で毎回使用するにはおすすめです。 それに、ワンステップ排卵検査薬クリアもFDA(米国食品医薬品局)認定なの品質面でも安心なのです。 なので、 よほどデジタルで見やすいほうがいいという方以外はワンステップ排卵検査薬クリアがおすすめです。 それでも迷うという方は、 ワンステップ排卵検査薬クリアとクリアブルーイージーデジタルがセットになったお得な商品があるので、試してみるのもいいかもしれません。

次の