歌舞 伎 座 チケット。 歌舞伎座の座席表とチケットの種類

歌舞伎座の座席表とチケットの種類

歌舞 伎 座 チケット

歌舞伎座で上演される演目は月毎に入れ替わります。 映画やドラマに様々なジャンルがあるように、歌舞伎の演目も実に多彩。 大まかには、ストーリー仕立ての「歌舞伎狂言」と義太夫・常磐津・清元・長唄などによって踊る演目「歌舞伎舞踊」に分けられます。 さらに、歌舞伎狂言には、江戸時代より前の時代を扱った演目「時代物」、江戸時代の庶民階層を扱ったドラマ「世話物」などがあり、市川團十郎家のお家芸である「歌舞伎十八番」などがあります。 ここでは参考までに、カテゴリー別に初心者でも楽しめる演目をご紹介しましょう。 最近では漫画原作やインドの叙事詩なども歌舞伎となり、大勢の観客の喝采を集めています。 【入門編】其の三/知っていると通!? 色によって役柄を表す 【入門編】其の四/チケット入手は事前予約で。 約1,000円~2,000円の当日券「一幕見席」はぐっとお得! チケットの種類は以下の5つ。 お茶やおしぼり、事前に予約すればお弁当(別途料金)も出てきます。 1階中央の7~9列が最も見やすく最上といわれています。 芝居の世界にどっぷり浸りたい人向き。 上方から舞台全体を見渡すことができます。 気軽に好きな演目を好きなだけ観ることができる非常にリーズナブルな席。 一歩エントランスに入るだけで、まるで別世界のような華やかな空間が待っています。 メインロビーを艶やかに飾る鳳凰が舞う緋色の絨毯は、豪華な手織りの山形緞通(だんつう)。 2階をはじめ各階の壁にかかる絵画も、有名な画伯たちが描いた由緒あるものばかりです。 せっかく奮発して歌舞伎座へ訪れるのなら、ぜひ開演30分前に到着して、館内を巡って雰囲気を楽しみましょう。 華やかな雰囲気を楽しみながら、売店をのぞいてもよし。 お弁当やおやつを調達してもよし。 幕間(まくあい)時間は短くばたばたしがちなので、早めに到着しておくことが、ゆったり優雅に観劇するポイントです。 傍らに通な友人がいるかのように、俳優が登場するたび誰それと教えてくれたり、衣裳や隈取り、小道具、歌舞伎特有の約束事などの意味合いをレクチャーしてくれるので、ぜひ借りておきましょう。 俳優の顔写真をはじめ配役、ストーリー、見所などが一冊に収められ、観劇の記念にもなるのでぜひ一冊お手元に。 【いざ歌舞伎座編】其の三/歌舞伎の世界に思い切り浸ろう では、いよいよ歌舞伎座の舞台へとご案内します。 1~4階までに総客席数1,808席(幕見席96席を除く)ある歌舞伎座は、舞台の横幅が27. 573m、高さは6. 363m。 俳優が登退場する花道の長さは18. 18mある大劇場です。 幕があがると同時に桜や紅葉など四季の風情が艶やかな装置が現れ、ちょんと鳴る柝(き)の音、三味線や語りや唄などの音楽。 俳優がまとう豪華な衣裳…すべてが一体となり、浮世絵のように美しい世界へ観るものを誘います。 劇場全体が一体となるライブ感を、肩肘張らず、思う存分感じたままに味わいましょう。 目で、耳で、匂いで、五感にうったえてくる生の歌舞伎を一度観れば、その臨場感や迫力に一挙に虜になってしまうかもしれません。 【いざ歌舞伎座編】其の四/幕間の食事も楽しみの一つ 歌舞伎座内には3カ所の食事処と喫茶があり、豪華な食事をいただくなら3階「東京吉兆」、しっかり食事をするなら3階「花篭(はなかご)」と2階「鳳(おおとり)」。 お茶を飲むなら1階の喫茶室「檜(ひのき)」と、予算や希望に応じて飲食を楽しむことができます。これらの食事処で食事をしたい方は、歌舞伎座のホームぺージでの事前予約や入場時に予約を取るのがおすすめです。 また、売店で売っているお弁当などを劇場内に持ち込むこともOK。 座席でゆっくり食べられます。 チケットの半券を持っていれば場内外の出入りも自由なので、歌舞伎座近隣の蕎麦屋などへ赴く人も多くいます。 【いざ歌舞伎座編】其の五/売店でスイーツ&お土産ハント.

次の

初心者でも大丈夫!「歌舞伎座」ではじめての歌舞伎を体験│観光・旅行ガイド

歌舞 伎 座 チケット

<目次>• 「見取り」と「通し」って何? どっちを選べばいいの? 一体、どれを見ればよいのやら。 さっぱりわからないことでしょう。 まずは、歌舞伎公式サイト「」で公演情報をチェックしてみましょう。 歌舞伎は、昼の部と夜の部に分かれ上演されます。 (3部制の月もあります) 歌舞伎の演目の出し方には「 見取り」と「 通し」があります。 それを知らずに、ぼーっと見始めると、休憩でご飯を食べた後、どうして全然別の話になっちゃったの?さっきの話はどうなったんだろう?と混乱したまま終わることにもなりかねないので、そこを説明しておきますね。 もともとの歌舞伎の演目は、1日中、いや何日もかかって上演されるような長々しいお話が多いので、「ここぞ!」という名場面のところのみをチョイスしたものを、3つほど合わせて上演するのが「見取り」です。 歌舞伎座の場合はほとんどこの方式です。 市川猿之助さんがルフィを演じて話題となった「ワンピース」のように一つのお話が上演されるのが「通し」です。 「通し」では、一つのストーリーを上演するので(それでも長すぎてカットする場合もあります)、ややこしい背景や複雑なストーリーの流れがすっきりわかるという利点があります。 半面、好みのストーリーではないと、次第に瞼が重くなってくることも……。 「見取り」では、時代物、舞踊、世話物(江戸時代の現代劇)と、多種多様の演目の見どころをピックアップして見られるので、初心者にはこちらがおすすめかも。 「見取り」は、「1枚のチケットでバラエティに富んだ様々な演目が見られるもの」ということを、押さえておきましょう。 演目選び、初心者にとってわかりやすいのは「世話物」 何を面白いと感じるかは人それぞれですが、最初は世話物がわかりやすいのではないでしょうか。 世話物とは江戸時代の現代劇。 ストーリーもわかりやすくセリフも聞きとりやすい。 夜の部昼の部どちらに行くか悩んだら、大変乱暴な言い方ではありますが、チラシの作者のところを見て「河竹黙阿弥」の名があるほうを選んでみてください。 「河竹黙阿弥」は幕末から明治にかけて活躍した歌舞伎狂言の作者です。 300近い作品を世に出しました。 みなさんも、その名前は知らなくても 「知らざぁ、言ってきかせやしょう」(白波五人男・弁天小僧菊之助) 「こいつぁ春から縁起がいいわぇ」(三人吉三・お嬢吉三) などの名調子は聞いたことがあるのではないでしょうか。 五七調の軽やかなセリフ、小悪党や弱者に心を寄せるストーリーなど、今なお多くの人に愛される作品をたくさん生み出しました。 歌舞伎座では、今年だけでも1月(大津絵道成寺)2月(四千両小判梅葉)5月(魚屋宗五郎)6月(御所五郎蔵)7月(加賀鳶)9月(幡隋長兵衛)11月(雪暮夜入谷畦道)12月(土蜘蛛)と、黙阿弥作品が登場しない月のほうが少ないほど。 しかも初心者にはわかりやすいものが多いので、おすすめなのです。 もちろん、黙阿弥作品以外にもジャンルは多彩。 おどろおどろしいホラー、美しい舞踊、コメディータッチ。 いくつか見るうちに、自分の好きな傾向と合致するものが見つかると思います。 また、好きな役者もできるかもしれません。 そうなればしめたもの。 どんどん好きなものにはまっていってください。 話題の襲名披露もチェック! さらに、観劇する上でおすすめできるのは話題性のある演目。 たとえば、襲名披露や初お目見えなどの演目は、その後長く話題にのぼるので歌舞伎デビューにはおすすめです。 2018年1月2月には白鳳、幸四郎、染五郎の三代同時襲名というビッグイベントがあります。 話題性は抜群ですよ。 これから役者として大きく成長していくであろう若者(新・染五郎)の襲名披露は見ておいて損はありません。 チケットは電話での購入がおすすめ チケットは、ネットで買うか電話をして買うか、直接歌舞伎座下木挽町広場で買うか選べます。 ネットで買うのは、真夜中でもOKなので便利ですが、初心者ですとどの席がいいのかわかりづらいのがデメリットです。 電話は、発売日当日ですと通じにくいこともありますし、かける時間が限られますが「初心者なのでわかりませんが」といえば、よく見える席を丁寧に教えてくれますよ。 ネットや電話で購入したチケットは、郵送してもらうか発券機で受け取りか選ぶことができます。 チケット購入に使ったクレジットカードの持参を忘れないように! 5. どの席を買えばいいの? 歌舞伎というとチケット代が高いという印象があるかと思います。 確かに一番高い席は20000円の桟敷席。 でも、「 一幕見」といって短い一幕だけ見る席なら1000円前後で観ることができますし、そのほか4000円~20000円まで、お財布に合わせて席は選ぶことができます。 そして一概に安いところはよくないというわけでもありません。 ガイドが行くのはたいてい3階席。 もちろん1等席よりもよく見えずよく聞こえず、オペラグラス必携ではあります。 けれども1等席より、舞台全体の絵本のような美しさは堪能できます。 3階A席は6000円。 3階B席は4000円。 決してコスパは悪くないと思います。 一幕見は1000円前後、こちらで試してみるのもいいですね。 (ただし一幕見は前売りはなく、当日券のみ) 全体が見える3階席 6. ストーリーの予習は必要? さて、チケットは買いましたね。 あとは芝居当日を待つばかり。 「まずは、先入観なしで歌舞伎を観て」という人もいます。 けれどもガイドは、できればどんなお話なのか、あらすじ程度は把握してから観たほうがより楽しめると思います。 先ほども書いたように、長いお話の中の一部分を見せられたりするわけですから、背景やあらすじをわかっていないと何が何だかさっぱりわからないまま終わってしまうことになりかねないからです。 何を着て行くか? 持って行くべきものは? 1等席、桟敷席で、穴のあいたジーパンなどをはいていたらさすがに目立ってしまうかもしれません。 けれども気負いすぎて慣れない着物を着たりすると、歌舞伎そのものを楽しめなくなってしまいます。 長時間の観劇になるので、着ていて疲れない服装であること。 その時その席によって空調の具合も違い、暑かったり寒かったりしますので、調整のしやすい服装がベターです。 もちろん着物が慣れているなら、ぜひ着物で! そうでなければゆったりめのワンピースにストールなど、その時々で調整できる服装にしましょう。 ヘアースタイルで気を付けたいのは、トップでお団子にするアレンジ。 後ろのお客様にとって、舞台が見えづらくなってしまいます。 冬は特にコートにマフラーと荷物が多くなってしまうので、ロッカーを借りるか、大きめのエコバッグを持参するのがおすすめです。 コートなどをエコバッグに入れて、席の下にぐっと押し込みますと邪魔になりません。 あれば、オペラグラス。 そのほか眠気防止のミント系タブレット。 飲み物。 そうそう、チケットも忘れずに! エコバッグ、ストール、オペラグラス、飲み物、ミント系タブレット、そしてチケットを忘れずに! 8. 食事は何を、どこで食べるのがおすすめ? さて当日。 歌舞伎座にはいったら、席に着く前にトイレに行き、幕間時間を確認しておきましょう。 歌舞伎座では通常の劇場と違って座席での飲食可能。 とはいえ、それは幕間でのこと。 上演中は飲み物はOKですが、食べるのはNGです。 お弁当は館内で買えますし、食事処も充実していますが、初めてのときは開場前にお弁当を調達しておきましょう。 中に入ったらのんびりお土産を見たり、あらすじを読んだり、劇場の雰囲気を楽しむのがおすすめ。 近くでは歌舞伎座地下の木挽町広場でもお弁当は買えます。 そのほかの食べ物情報は、こちらの記事を読んでいただければと思います。 お弁当は、芝居見物の楽しみの一つ! 9. 幕間の過ごし方は? 幕間とは、演目と演目の間の休憩時間。 30分と10分ほどの時間があるのでその時に食事をしたり、お土産を探したりすることができます。 席のある階だけではなく、ぜひ違う階も行ってみてください。 1階にはお土産屋さん。 2階のロビーは、美術館かと思うほど日本画が並んでいるので一見の価値があります。 3階はというと、食べ物屋、土産屋が軒を連ね、「味見をしてみて」という呼子の声がにぎやかでこれまた楽しい雰囲気です。 人気の「めでたい焼き」も3階で購入できます。 幕間でのトイレは早めに済ませましょう。 最後にトイレに飛び込み、混んでいるために時間に間に合わず、お芝居が始まってから席に着くのはとてもみっともないことです。 「イヤホンガイド」は借りるべきか? ぜひおすすめしたいのはイヤホンガイド。 館内のイヤホンガイド貸出所で借りることができます。 情景に合わせて、あらすじ、背景、衣裳、俳優についてタイミングよく専門家がそっと耳元で解説してくれるようなもの。 なぜあれほどタイミングよく解説してくれるのかという理由についてはこちらの記事を読んでくださいね。

次の

会員になるといろいろ有利 歌舞伎のチケット入手方法 [歌舞伎] All About

歌舞 伎 座 チケット

歌舞伎のチケットの値段は?種類や席別の価格とは 歌舞伎のチケットも、 コンサートやスポーツと同じ。 席種によってお値段が変わります。 一般的に、 見やすい席、 舞台に近い席の方が高額で、 舞台に遠い席は安い席になります。 ちなみに、2016年9月の歌舞伎座での 歌舞伎公演のチケット代金は 以下の通りです。 席種 位置 値段 1等席 1階と2階の前方 18,000円 2等席 1階と2階の後方 14,000円 3階A席 3階前方 6,000円 3階B席 3階後方 4,000円 他の劇場での公演も、 同様の席種別と料金体系です。 幕見席に桟敷席!席の種類別の値段は? 出典: 歌舞伎座には、 他の劇場にはない席が設けられています。 1つは 桟敷席。 ボックスシートになっており、 靴をぬいで上がる掘りごたつ式の席です。 予約しておけば、 幕間に専用のお弁当が届いてくるなど VIPな気分を味わえる席です。 1階の棧敷席は、お値段も高めで、 2016年9月の公演では、20,000円です。 桟敷席についての詳しい情報は、 もご覧ください。 もう1つは 幕見席 こちらは、 リーズナブルなお席です。 一幕ごとの入れ替え制で、 4階に幕見専用の席があります。 1幕、1000円〜2000円に設定されています。 詳しい情報は、 をご覧ください。 上演される劇場によっても価格が違う? 上演される劇場、公演内容によっても、 価格が違います。 国立劇場は、 比較的リーズナブルな価格になっています。 また、お正月に浅草公会堂で上演される 新春浅草歌舞伎は、 若手主体ということもあって、 1等席でも9,000円の設定でした。 (2016年1月) チケットの取り方によっても値段は変わる? 基本的に、チケットの取り方によって、 値段は変わることはありません。 ただし、一部のチケットサービスによっては、 手数料を設定しているところもあるので、 注意が必要ですね。 あまりお客さんの入りが良くない公演では、 特定の日にちのみ、 割引でチケットを 販売するような場合もあります。 ぴあなどのチケットサービスや、 Luxaなどのクーポンサービスなど 時折、チェックしてみましょう。 歌舞伎チケットの値段!最安値と最高値の公演とは? 出典: 歌舞伎のチケットは、同じ一等席でも 劇場や公演内容によって お値段が変わってきます。 一番高い公演と、一番安い公演を ご紹介しましょう。 最高値の公演 私が知る限り、 毎年12月に行われる 京都南座の顔見世興行が 最も高額です。 豪華な出演者の顔ぶれ、 演目数が多いことに加え、 他の劇場に比べて、 席数が少ないことが影響しています。 一等席は25,000円です。 なお、南座は耐震工事を行なっており、 2016年12月の顔見世興行は 先斗町の歌舞練場で 開催されることが決まっています。 チケット争奪戦になるのは必至です。 また、 襲名披露公演も、 幹部級のベテラン俳優が揃って出演し 華やかな演目が多いことに加えて、 ご祝儀の意味もあり 通常時期の公演より各席で1000円程度 値段が高く付くのが慣例です。 最安値の公演 もっとも安いのは、 国立劇場で、毎年5月、6月に開催される 歌舞伎鑑賞教室でしょう。 1等席3,900円、 学生なら1,300円で観劇できます。 学生への伝統芸能の普及が目的ですから、 リーズナブルなお値段になりますね。 幕前には、歌舞伎の見方の解説があり 歌舞伎ならではの演出やあらすじの説明が あります。 初心者にはオススメですよ。 役者さんを近くで観たいなら、 少し高額でも、一等席がオススメ。 一方、 歌舞伎の通の方は、 何度も出かけるので、 安い値段の 3階席を取る方が多いようです。 なぜこんなことが 起こってしまうかというと、 ・親の急死でとにかく処分したかった ・親の遺産で不動産売却の知識がなかった ・どうやって売るか?知らなかった ・個人で売買の交渉をする自信がない など、不動産売却の知識がないために 安く買い叩かれているのが現状です。 そんな時は、 『無料の不動産一括見積もり』オススメです。 ネットで申し込むだけで、 ・かんたん入力で家・土地の値段がわかる ・自分で見積もりを取る必要がない ・信頼できる業者しかいないから安心 ・査定経験がない女性や年配の方にも親切 ・『比較』するから高額査定が期待できる また下取り相場が見れるので、 『買い叩かれる心配がない』ですし、 価格交渉の引き合いに出す材料になります。

次の