皇帝エンディングでいきます ネタバレ。 【皇帝エンディングでいきます】待たなくても読めるサイトは?

ファイナルファンタジーII(FINAL FANTASY II、FFII、FF2)のネタバレ解説まとめ

皇帝エンディングでいきます ネタバレ

出典: フリオニール達の名前は、ゲーム開始時にプレイヤーが好きな名前に変更できる。 ファイナルファンタジーII(以下FF2)とは、ファイナルファンタジーシリーズの第2作である。 1988年にスクウェア(現スクウェア・エニックス)から発売されたファミリーコンピュータ(FC)用ゲームソフト。 その後様々なゲーム機に移植された。 戦って経験値をため、レベルを上げるという成長システムを撤廃した今作は、これまでのロールプレイングゲーム(RPG)の概念を覆す斬新なシステムで話題を呼んだ。 また、FF2独自のシステムとして、特定のキーワードを記憶・使用することで物語を進行させるワードメモリーシステムが採用された。 FF2は、帝国軍と反乱軍の戦いを中心に、出会いと別れが描かれるストーリーである。 当時のRPGとしては異例とも言える重厚なストーリーで複雑な人間関係を描き、その後のFFシリーズにおける、ストーリー性を重視するという方向性を決定づけるものとなった。 あらすじ・ストーリー 出典: 皇帝の名ゼリフ。 以後、ネタとして使用されることが多くなった。 世界は、パラメキア帝国の侵略を受けていた。 パラメキアの皇帝は地獄の底から魔物を召喚し、全世界を征服しようとしていたのだ。 フィン王国はカシュオーン王国、ディスト王国と共にこれに対抗するが、圧倒的な戦力の前に敗れ、ついには陥落してしまう。 フィン王国に住む4人の若者、フリオニール・マリア・ガイ・レオンハルトも故郷を追われ、迫り来る帝国の魔の手から逃亡を続けていたが、ついに帝国軍に倒されてしまう。 瀕死の重傷を負った彼らを助けたのは、反乱軍を指揮しているフィン王国の王女ヒルダであった。 ヒルダの部下である白魔道士ミンウによって治療を受けたフリオニール達が目覚めたのはアルテアの町であった。 しかし、彼らの仲間であった、マリアの兄であるレオンハルトの姿だけが消えていた。 アルテアには、フィンから逃れてきた住民や義賊ポール、カシュオーン王国から落ち延びてきた第2王子ゴードンらもいた。 フリオニール達は反乱軍への参加を志願すると共に、行方不明となったレオンハルトの捜索を願い出る。 反乱軍の一員となったフリオニール達へ、敗北の原因を武具の性能の差と考えていたヒルダは、帝国が用いていた金属「ミスリル」の入手を命じる。 フリオニール達はミンウの力を借りて「ミスリル」を入手する。 次にヒルダが命じたのは、帝国がバフスクの町で建造中の大戦艦を破壊すること。 フリオニール達は潜入を試みるが、帝国軍の司令官ダークナイトとボーゲンによって大戦艦はあと一歩の所で完成してしまい、町を破壊して飛び立ってしまう。 次の作戦は大戦艦の動力源である「太陽の炎」を入手し、破壊するというものであった。 「太陽の炎」があるカシュオーン城には王子ゴードンの力を借りなければ入れないのだが、ゴードンはアルテアの町から姿を消していた。 仕方なくフリオニール達は、カシュオーン城の扉を開けるアイテム「女神のベル」を手に入れるべく、ミスリル入手の際に救出した少女ネリーの父親であるヨーゼフの協力を得て雪原へと出発する。 なんとか「女神のベル」を入手するが、そこに現れた帝国軍のボーゲンの罠からフリオニール達をかばってヨーゼフは命を落としてしまう。 フリオニール達はカシュオーン城に潜入するが、そこでゴードンと再会する。 彼もまた同じ目的のために潜入していたのだった。 そしてついに「太陽の炎」を入手する。 作戦では王国白騎士団のリーダー、シドの飛空船が迎えに来てくれる手筈だったが、フリオニール達の目の前でシドの飛空船が大戦艦に追われていく。 ヒルダとシドはそのまま帝国に囚われてしまう。 フリオニール達は、補給中の大戦艦に潜入し、ヒルダとシドの救出に成功し、ついに大戦艦を爆破する。 帰還後、フィン王の遺言により、ゴードンは反乱軍の指揮を、ミンウは究極魔法アルテマの入手を、そしてフリオニール達は、滅ぼされたディスト王国で、重要な戦力である竜騎士と飛竜の捜索をすることになる。 フリオニール達は女海賊レイラをメンバーに迎え、ディストに到達する。 しかし、帝国に滅ぼされたディスト王国で発見できたのは余命わずかの最後の飛竜だった。 この飛竜の卵をディストの洞窟の命の泉に沈め、新たなる飛竜の誕生を待つ事となるのだった。 アルテアに戻ると、救出した王女ヒルダの様子がおかしいという話を受け、ヒルダ本人に確認しにいくことになる。 ヒルダはフリオニールを誘惑しようとするが、その正体はヒルダに化けていた帝国の魔物であった。 これを撃破すると同時に帝国の闘技場で、本物のヒルダが賞品となっているとの情報が入る。 フリオニール達は闘技場に参加して勝利し、義賊ポールの助けを借りて罠をかいくぐり、本物のヒルダを救出する。 ヒルダを取り戻した反乱軍はフィン王国の奪還作戦を開始する。 フリオニール達も帝国の司令官を撃破し、フィンを取り戻すことに成功する。 その後、ミンウとの連絡が途絶えたため、フリオニール達はミシディアの塔へと向かう。 究極魔法が封印されたミシディアの塔に行くには様々な仕掛けがあり、塔を目前にしてフリオニール達は、封印を守る怪物リバイアサンに飲まれ、一緒に行動していたレイラは行方不明になってしまう。 そこで全滅したはずのディストの竜騎士・リチャードと遭遇し、行動を共にする。 リチャードはディスト陥落の前に単独任務でアルテマ入手を目指していたが、同じようにリバイアサンに飲まれたため、ここで会うことができたのだった。 その後、リバイアサンを脱出し、ミシディアの塔へ潜入し、ミンウと再会する。 しかし、究極魔法「アルテマ」と引き換えにミンウは力尽きてしまうのだった。 塔から脱出したフリオニール達がフィンに戻ると、皇帝の魔力が生んだ「竜巻」が起きていた。 皇帝自らが「竜巻」となって町を破壊しながら乗り込んできたのだ。 フリオニール達は、新たに誕生した飛竜の力を借りて「竜巻」の中に入り、皇帝を倒した。 皇帝を撃破し平和が訪れると思われたが、帝国が再び侵攻を開始したとの報告を受ける。 パラメキア帝国ではダークナイトが新皇帝として即位していた。 ダークナイトの正体は、行方不明の仲間、レオンハルトだった。 フリオニール達は、竜巻の犠牲となったシドの形見である飛空船で、パラメキア城へ乗り込む。 直接レオンハルトへの説得を試みようとしたその時、倒したはずの皇帝が地獄から復活をとげる。 危機に陥ったフリオニール達だったが、リチャードの犠牲によって、パラメキア城から脱出することができた。 フィンに戻り、ヒルダに皇帝の復活を報告すると、復活した皇帝の居城への入り口である「ジェイド」の存在を告げられる。 復活した皇帝がもはや破壊の魔物と化したことを知ると、敵であったレオンハルトもマリアの説得を受け入れ、仲間となる。 そしてフリオニール達は、皇帝との最終決戦のため、「ジェイド」を通って皇帝の居城パンデモニウムへと潜入する。 パンデモニウムの最上階で激闘の末、皇帝を倒し、世界に平和を取り戻すのであった。 出典: 命中と回避は重要なステータス。 このゲームには従来多くのRPGにある「経験値」は存在せず、明確な「キャラクターのレベル」も存在しない。 キャラクターの能力は、ヒットポイント(HP)・マジックポイント(MP)・力・体力・精神・素早さ・知性・魔力 の各ステータスに加え、各種類の武器と、魔法の「熟練度」によって決まる。 また、敵の物理攻撃をかわす「回避率」と、魔法攻撃を回避、または抵抗する「魔法防御」のステータスも重要である。 それぞれのステータスは、戦闘中に行ったキャラごとの行動によってステータスアップの条件を満たしていれば、戦闘終了後に上昇する。 戦闘不能状態、石化などの状態の場合は上昇しない。 つまり、戦闘でダメージを受け、HPが減ればHPの上限が上がり、MPを使用して減ればMPの上限が上がり、戦闘中に武器を使えば武器のレベルと共に「力」や「体力」が上がり、魔法を使えば使用した魔法のレベルと「知性」や「精神」が上がるということである。 ただし、「力」と「知性」は相反しており、片方が上がるともう片方が下がってしまう場合があるので、すべてのステータスを上限まで上げることは難しい。 他機種への移植リメイク版からはステータスが低下しにくくなり、ゲームボーイアドバンス(GBA)版以降は全く低下しなくなったため、全ステータスが上限値のキャラを作れるようになった。 また、「回避率」や「魔法防御」は、敵の攻撃対象にされると上昇する。 バトル中は前衛と後衛を設定できるので、攻撃を受けさせたくないキャラは後衛として後列に下げ、集中的に上げたいキャラを1人だけ前衛にしておけば良い。 出典: 魔法にも熟練度がある。 魔法は店や敵、宝箱などから、「本」としてアイテムの形で入手し、戦闘中以外の時にそのアイテムをキャラクターに対して使用することでその魔法を覚えることができる。 前述の熟練度システムは魔法においても同様であり、他のFFシリーズにある「ケアルラ」「ケアルガ」といった上位魔法にはならず、すべて「ケアル1」「ケアル3」などの レベルの数字で表される。 魔法熟練度=数字となる。 この数字が大きくなればなるほど威力も増す。 各魔法ごとに消費MPが設定されており、消費MPの値は魔法の熟練度がそのまま適用される。 つまり、魔法の熟練度が高くなると、消費MPも増大する。 ワードメモリーシステム.

次の

【海上牧雲記・全75話まとめ】1分でわかるあらすじ・ネタバレ・感想|善意と野望

皇帝エンディングでいきます ネタバレ

出典: フリオニール達の名前は、ゲーム開始時にプレイヤーが好きな名前に変更できる。 ファイナルファンタジーII(以下FF2)とは、ファイナルファンタジーシリーズの第2作である。 1988年にスクウェア(現スクウェア・エニックス)から発売されたファミリーコンピュータ(FC)用ゲームソフト。 その後様々なゲーム機に移植された。 戦って経験値をため、レベルを上げるという成長システムを撤廃した今作は、これまでのロールプレイングゲーム(RPG)の概念を覆す斬新なシステムで話題を呼んだ。 また、FF2独自のシステムとして、特定のキーワードを記憶・使用することで物語を進行させるワードメモリーシステムが採用された。 FF2は、帝国軍と反乱軍の戦いを中心に、出会いと別れが描かれるストーリーである。 当時のRPGとしては異例とも言える重厚なストーリーで複雑な人間関係を描き、その後のFFシリーズにおける、ストーリー性を重視するという方向性を決定づけるものとなった。 あらすじ・ストーリー 出典: 皇帝の名ゼリフ。 以後、ネタとして使用されることが多くなった。 世界は、パラメキア帝国の侵略を受けていた。 パラメキアの皇帝は地獄の底から魔物を召喚し、全世界を征服しようとしていたのだ。 フィン王国はカシュオーン王国、ディスト王国と共にこれに対抗するが、圧倒的な戦力の前に敗れ、ついには陥落してしまう。 フィン王国に住む4人の若者、フリオニール・マリア・ガイ・レオンハルトも故郷を追われ、迫り来る帝国の魔の手から逃亡を続けていたが、ついに帝国軍に倒されてしまう。 瀕死の重傷を負った彼らを助けたのは、反乱軍を指揮しているフィン王国の王女ヒルダであった。 ヒルダの部下である白魔道士ミンウによって治療を受けたフリオニール達が目覚めたのはアルテアの町であった。 しかし、彼らの仲間であった、マリアの兄であるレオンハルトの姿だけが消えていた。 アルテアには、フィンから逃れてきた住民や義賊ポール、カシュオーン王国から落ち延びてきた第2王子ゴードンらもいた。 フリオニール達は反乱軍への参加を志願すると共に、行方不明となったレオンハルトの捜索を願い出る。 反乱軍の一員となったフリオニール達へ、敗北の原因を武具の性能の差と考えていたヒルダは、帝国が用いていた金属「ミスリル」の入手を命じる。 フリオニール達はミンウの力を借りて「ミスリル」を入手する。 次にヒルダが命じたのは、帝国がバフスクの町で建造中の大戦艦を破壊すること。 フリオニール達は潜入を試みるが、帝国軍の司令官ダークナイトとボーゲンによって大戦艦はあと一歩の所で完成してしまい、町を破壊して飛び立ってしまう。 次の作戦は大戦艦の動力源である「太陽の炎」を入手し、破壊するというものであった。 「太陽の炎」があるカシュオーン城には王子ゴードンの力を借りなければ入れないのだが、ゴードンはアルテアの町から姿を消していた。 仕方なくフリオニール達は、カシュオーン城の扉を開けるアイテム「女神のベル」を手に入れるべく、ミスリル入手の際に救出した少女ネリーの父親であるヨーゼフの協力を得て雪原へと出発する。 なんとか「女神のベル」を入手するが、そこに現れた帝国軍のボーゲンの罠からフリオニール達をかばってヨーゼフは命を落としてしまう。 フリオニール達はカシュオーン城に潜入するが、そこでゴードンと再会する。 彼もまた同じ目的のために潜入していたのだった。 そしてついに「太陽の炎」を入手する。 作戦では王国白騎士団のリーダー、シドの飛空船が迎えに来てくれる手筈だったが、フリオニール達の目の前でシドの飛空船が大戦艦に追われていく。 ヒルダとシドはそのまま帝国に囚われてしまう。 フリオニール達は、補給中の大戦艦に潜入し、ヒルダとシドの救出に成功し、ついに大戦艦を爆破する。 帰還後、フィン王の遺言により、ゴードンは反乱軍の指揮を、ミンウは究極魔法アルテマの入手を、そしてフリオニール達は、滅ぼされたディスト王国で、重要な戦力である竜騎士と飛竜の捜索をすることになる。 フリオニール達は女海賊レイラをメンバーに迎え、ディストに到達する。 しかし、帝国に滅ぼされたディスト王国で発見できたのは余命わずかの最後の飛竜だった。 この飛竜の卵をディストの洞窟の命の泉に沈め、新たなる飛竜の誕生を待つ事となるのだった。 アルテアに戻ると、救出した王女ヒルダの様子がおかしいという話を受け、ヒルダ本人に確認しにいくことになる。 ヒルダはフリオニールを誘惑しようとするが、その正体はヒルダに化けていた帝国の魔物であった。 これを撃破すると同時に帝国の闘技場で、本物のヒルダが賞品となっているとの情報が入る。 フリオニール達は闘技場に参加して勝利し、義賊ポールの助けを借りて罠をかいくぐり、本物のヒルダを救出する。 ヒルダを取り戻した反乱軍はフィン王国の奪還作戦を開始する。 フリオニール達も帝国の司令官を撃破し、フィンを取り戻すことに成功する。 その後、ミンウとの連絡が途絶えたため、フリオニール達はミシディアの塔へと向かう。 究極魔法が封印されたミシディアの塔に行くには様々な仕掛けがあり、塔を目前にしてフリオニール達は、封印を守る怪物リバイアサンに飲まれ、一緒に行動していたレイラは行方不明になってしまう。 そこで全滅したはずのディストの竜騎士・リチャードと遭遇し、行動を共にする。 リチャードはディスト陥落の前に単独任務でアルテマ入手を目指していたが、同じようにリバイアサンに飲まれたため、ここで会うことができたのだった。 その後、リバイアサンを脱出し、ミシディアの塔へ潜入し、ミンウと再会する。 しかし、究極魔法「アルテマ」と引き換えにミンウは力尽きてしまうのだった。 塔から脱出したフリオニール達がフィンに戻ると、皇帝の魔力が生んだ「竜巻」が起きていた。 皇帝自らが「竜巻」となって町を破壊しながら乗り込んできたのだ。 フリオニール達は、新たに誕生した飛竜の力を借りて「竜巻」の中に入り、皇帝を倒した。 皇帝を撃破し平和が訪れると思われたが、帝国が再び侵攻を開始したとの報告を受ける。 パラメキア帝国ではダークナイトが新皇帝として即位していた。 ダークナイトの正体は、行方不明の仲間、レオンハルトだった。 フリオニール達は、竜巻の犠牲となったシドの形見である飛空船で、パラメキア城へ乗り込む。 直接レオンハルトへの説得を試みようとしたその時、倒したはずの皇帝が地獄から復活をとげる。 危機に陥ったフリオニール達だったが、リチャードの犠牲によって、パラメキア城から脱出することができた。 フィンに戻り、ヒルダに皇帝の復活を報告すると、復活した皇帝の居城への入り口である「ジェイド」の存在を告げられる。 復活した皇帝がもはや破壊の魔物と化したことを知ると、敵であったレオンハルトもマリアの説得を受け入れ、仲間となる。 そしてフリオニール達は、皇帝との最終決戦のため、「ジェイド」を通って皇帝の居城パンデモニウムへと潜入する。 パンデモニウムの最上階で激闘の末、皇帝を倒し、世界に平和を取り戻すのであった。 出典: 命中と回避は重要なステータス。 このゲームには従来多くのRPGにある「経験値」は存在せず、明確な「キャラクターのレベル」も存在しない。 キャラクターの能力は、ヒットポイント(HP)・マジックポイント(MP)・力・体力・精神・素早さ・知性・魔力 の各ステータスに加え、各種類の武器と、魔法の「熟練度」によって決まる。 また、敵の物理攻撃をかわす「回避率」と、魔法攻撃を回避、または抵抗する「魔法防御」のステータスも重要である。 それぞれのステータスは、戦闘中に行ったキャラごとの行動によってステータスアップの条件を満たしていれば、戦闘終了後に上昇する。 戦闘不能状態、石化などの状態の場合は上昇しない。 つまり、戦闘でダメージを受け、HPが減ればHPの上限が上がり、MPを使用して減ればMPの上限が上がり、戦闘中に武器を使えば武器のレベルと共に「力」や「体力」が上がり、魔法を使えば使用した魔法のレベルと「知性」や「精神」が上がるということである。 ただし、「力」と「知性」は相反しており、片方が上がるともう片方が下がってしまう場合があるので、すべてのステータスを上限まで上げることは難しい。 他機種への移植リメイク版からはステータスが低下しにくくなり、ゲームボーイアドバンス(GBA)版以降は全く低下しなくなったため、全ステータスが上限値のキャラを作れるようになった。 また、「回避率」や「魔法防御」は、敵の攻撃対象にされると上昇する。 バトル中は前衛と後衛を設定できるので、攻撃を受けさせたくないキャラは後衛として後列に下げ、集中的に上げたいキャラを1人だけ前衛にしておけば良い。 出典: 魔法にも熟練度がある。 魔法は店や敵、宝箱などから、「本」としてアイテムの形で入手し、戦闘中以外の時にそのアイテムをキャラクターに対して使用することでその魔法を覚えることができる。 前述の熟練度システムは魔法においても同様であり、他のFFシリーズにある「ケアルラ」「ケアルガ」といった上位魔法にはならず、すべて「ケアル1」「ケアル3」などの レベルの数字で表される。 魔法熟練度=数字となる。 この数字が大きくなればなるほど威力も増す。 各魔法ごとに消費MPが設定されており、消費MPの値は魔法の熟練度がそのまま適用される。 つまり、魔法の熟練度が高くなると、消費MPも増大する。 ワードメモリーシステム.

次の

皇后の品格 49話・50話・51話・52話(最終回) あらすじと感想

皇帝エンディングでいきます ネタバレ

はじめまして、ヒストリー山田です。 キングダムは4巻だけ何故か行方不明です。 歴史考察の第一回ということで、今回は映画化も決まった最近話題の漫画「キングダム」の今後の展開について、史実を元にまとめてみようと思います。 歴史考察第一回 : ギングダムを最終回まで一気まとめ 万里の長城などでも有名な秦の始皇帝「 嬴政」が中華統一するまでを描く、週刊ヤングジャンプで連載中の人気漫画「キングダム」。 その最初の敵は、 李牧などの三大天を率いる宿敵「趙国」。 主人公「 信」は、元野盗の秦の将軍「 桓騎」の下につき、「黒洋丘」で趙国の将軍「 慶舎」と交戦中です。 では この「黒羊丘」の戦いはどうなるのか? 李牧との決着は? 楚との戦はいつ? 信は六大将軍につくことができるの? などキングダムファンが気になってしょうがない今後の展開を史記やその他資料を元にして読み解いていこうと思います。 先に「黒羊丘」の戦いの結論を言えば、 桓騎軍は勝利します。 そして次の戦いでも勝利をし続けますが、その後 桓騎は 李牧に敗れます。 第一回のこの記事では、 嬴政が実際に 趙、楚、燕、韓、魏、斉といった大国をどのような順序で倒していくのか、すでに登場しているキャラクターなどの紹介と共に大まかな流れをまとめてみることにします。 第一次「趙」征伐 〜李牧に惨敗する桓騎〜 王翦、桓騎、楊端和が趙を攻め、勝利を重ねて9つもの城を落とす。 その後、平陽で 桓騎と趙の将軍「 扈輒 作中未登場 」が大規模な戦を開始。 桓騎はこの戦に勝利して趙兵10万人の首を切る。 桓騎軍はそのまま北上し、宜安にて 李牧と戦を開始。 この戦で 桓騎は大敗し、敗れた桓騎は秦を捨てて燕に逃げ落ちる。 「キングダム」での展開予想 ・「黒羊丘の戦い」で登場する離眼城は秦に落とされる9つの城の1つの可能性が高い ・平陽の戦いは、作中にある「首切り桓騎」の元となった戦の可能性が高く、桓騎の残虐性が目立つ戦となる ・平陽の戦いで趙の将軍として登場する「扈輒」は三大天最後の人物? ・羌瘣がこの趙征伐で六大将軍に上がる可能性が高い 李牧死後の第二次趙征伐では羌瘣が王翦、楊端和と並んで将軍を務めるため ・桓騎が李牧に破れて逃走したことで六大将軍の1枠が空く 「韓」征伐 〜中華統一事業最初の滅亡国〜 趙を攻める一方で秦の将軍「 騰」が弱小国の韓を攻め落とし、韓滅亡。 「キングダム」での展開予想 ・王賁と蒙恬がこの征伐で将軍になる可能性大 第二次「趙」征伐 〜政略で殺される李牧〜 秦が 李牧に苦戦する中、秦の 李斯が 李牧攻略に動く。 李斯は趙王に「 李牧が裏切りを企てている」と嘘の噂を流し、それを信じた趙王は 李牧を将軍から引き下ろそうとするが、秦と交戦中の 李牧らこれを拒否。 怒った趙王は 李牧を捉えて処刑してしまう。 それにより趙の要であった 李牧がいなくなり、 王翦、楊端和、羌瘣が一気に趙を攻略。 趙を滅亡させる。 「キングダム」での展開予想 ・信は羌瘣将軍の下について活躍する? ・信がこの戦で龐煖を撃破して六大将軍に就任する可能性大 ・楊端和か羌瘣が死亡または離脱する可能性が大 この段階で六大将軍には「信」「蒙恬」「王賁」「王翦」「蒙武」の5人が入っている可能性が高く、そうなるとその後史実に出てこない楊端和と羌瘣はここでいなくなってもおかしくないため 第一次「燕」征伐 〜政暗殺を桓騎が裏で糸を引く?〜 燕の 太子丹 作中未登場 が秦王 嬴政の暗殺を企てる。 暗殺者として 荊軻 作中未登場 という男を立て、政が恨みを持つ 樊於期 作中では嫪毐の乱にて毒国の大将を務めていた男 の首を手土産に 嬴政の謁見を受け、そこで暗殺を試みるが失敗。 怒った秦は燕と交戦していた 王翦に 信、王賁の増員をかけて燕征伐を強め、一気に燕を滅亡に追い込む。 ただし燕王と暗殺未遂の張本人 太子丹は遼東に逃げてしまう。 「キングダム」での展開予想 ・政暗殺を裏で糸を引くのは桓騎? 政暗殺の鍵となる樊於期と、李牧に破れて燕に逃れた桓騎が同一人物とする説は有名だが、作中では嫪毐の乱の際に毒国の大将として樊於期が登場しているため、同一人物ではないが、なんらか桓騎がこの場で絡む可能性は高い ・信が王翦と並んで将軍を務めているため、信が六大将軍として活躍する可能性が高い 「魏」征伐 〜王賁が大活躍〜 圧倒的兵力で魏に進軍するが、秦兵の3分の1を失うほど大梁にて苦戦を強いられる。 そんな中、 王賁が大規模な水攻めを実行し、大梁を壊滅させ、魏は滅亡。 「キングダム」での展開予想 ・秦を大いに苦しめる魏の将軍は呉鳳明? ・王賁がここで大活躍 「楚」征伐 〜信の歴史的大敗と昌平君の裏切り〜 楚の征伐の際、 政は 信に進軍する兵の数を問うたところ「20万人いれば打ち破れる」と答えたが、 王翦は60万人は必要だと反論。 王翦は老いて弱気になっていると考えた 政は 信の提案を受け入れ、 信、蒙恬を楚に進軍させる。 しかし 信と蒙恬は楚の大将軍 項燕 作中未登場 により大敗。 大敗に驚いた 政はすでに将軍の座から降りていた 王翦の元に訪れ頭を下げて何度も再度将軍として出陣してほしいと懇願。 王翦は60万の兵を率い、奇襲による戦術で見事 項燕を打ち破り、 蒙武と共に楚王を捉える。 その後、 項燕は秦で相国をしている楚出身の 昌平君を新たに楚王として立てるが、 王翦、蒙武により敗北。 楚は滅亡。 「キングダム」での展開予想 ・信vs項燕で信が大惨敗。 ここで信の仲間を多く失い、六大将軍の立場さえ危うくなる可能性大 ・王翦vs項燕で王翦が勝利。 ここで信が先の戦での大失態を挽回する? ・昌平君vs蒙武の旧友同士の悲しき大戦になる可能性大 第二次「燕」征伐 〜中華統一の最後の大戦?〜 秦の強さに負けを悟り、遼東に逃げた燕王と 太子丹を 信、王賁、蒙恬が追撃する。 燕王は 嬴政暗殺未遂の首謀者 太子丹の首を差し出して和睦をしようとするが受け入れられず捉えられ、燕は滅亡。 「キングダム」での展開予想 ・桓騎が燕の将軍になって信、王賁、蒙恬と対決する? 政暗殺未遂の際、桓騎が関わっていたとすれば、史実にはないがここで桓騎と対立する可能性があり、最後の斉の戦は大きな戦になる可能性が低いので、この戦が実質最後の大戦になるかもしれない 「斉」征伐 〜中華統一を信、王賁、蒙恬が締めくくる〜 斉は同盟国であったが、中華統一の最後の一手として 王賁、蒙恬、信に攻められる。 加えて秦の謀略もあって斉はあまり抵抗することなく国を秦に明け渡す。 「キングダム」での展開予想 ・信、王賁、蒙恬により中華統一を締めくくる ・斉征伐でキングダムエンディングの可能性大 以上、秦の始皇帝が中華を統一するまでの簡単な流れでした。 次回からは、以下のような各キャラクターの考察などに迫っていく予定です。 ・筆の発明者? 「蒙恬」はなぜ趙高に殺されてしまったのか ・三大天と六大将軍の予想 ・キングダムのラスボスは桓騎? それとも項燕? 昌平君? ・「項燕」に大敗した「信」はどのように挽回したのか? ・「キングダム」の信と「センゴク」の仙石秀久は性格から歴史的大失敗までソックリ ・政はいつから残虐な「始皇帝」に変わるのか.

次の