クレジット カード 映画。 クレジットカードなしでドラマ・アニメ動画サイトを視聴する方法

映画の割引があるクレジットカード一覧|割引額と対象の映画館も紹介|金融Lab.

クレジット カード 映画

映画館:イオンシネマ 対象カード:イオンマークのついたクレジットカード 毎日:会員、同伴者1名が各300円引き 毎月20、30日:会員本人のみ1,100円、2枚目以上は300円割引 利用方法:e席リザーブ(オンライン予約)、自動券売機、劇場チケット窓口 イオンシネマはイオンやイオンモールなどに併設されている映画館です。 映画料金の割引対象となるイオンカードは 「イオンマークの付いたクレジットカード」であればOKです。 例えばイオンカード、イオンセレクトカードの他にも、イオンSuicaカード、イオンJMBカードなども対象になります。 その中でも「イオンカード(ミニオンズ)」や「イオンカードセレクト(ミニオンズ)」は、年間50枚まで1,000円で映画チケットを購入できます。 イオンが発行するクレジットカードは実に50種類以上あります。 その中でもおすすめのイオンカードを下記の記事で紹介しているので、申込みを検討する際の参考になるかと思います。 あわせて読む: いつでも300円OFF 通常料金が1,800円または1,700円のところ、イオンカードで支払いすると、 カード会員と同伴者1名の一般料金が いつでも各300円引きになります。 他割引サービスとは 併用不可なので、例えばハッピーマンデーの1,100円から300円引きにはなりません。 劇場によって一般料金が1,700円や1,800円と値段が違う場合があるので「300円OFF」という表記になっています。 毎月20日・30日は1,100円 また 毎月20日・30日のお客様感謝デーでは、カード会員本人は 1,100円の割引料金で映画が楽しめます。 2枚目以上は 300円割引が適用されます。 お客様感謝デーの割引は、劇場窓口はクレジットカードの提示、e席リザーブはカード支払いで対象になります。 イオンモールやイオンによっては、毎月20日30日以外の日もお客様感謝デーを開催している場合があります。 20日30日以外の日も割引料金になるかは、イオンシネマによって異なります。 詳しくは各劇場の公式サイトを確認してください。 ミニオンズやTGCデザインは1,000円で映画が見られる イオンカード(ミニオンズ)、イオンカードセレクト(ミニオンズ)、イオンカード(TGCデザイン)限定で、1,000円でいつでも映画が見られます。 これはイオンのポータブルサイト「暮らしのマネーサイト」からイオンシネマのチケットを購入する場合、優待価格1,000円になります(年間50枚まで)。 イオンシネマ劇場窓口やオンライン予約で直接購入する際は、イオンカードの「いつでも300円OFF」が適用されるので注意してください。 専用サイトで購入したチケットは「acチケット」で、次で取り上げるオンライン予約「e席リザーブ」でも使えるため、かなり使い勝手が良いです。 イオンカードはオンライン予約も割引対象になる イオンシネマとイオンカードの組み合わせが便利な点は、 オンライン予約「e席リザーブ」も利用できることです。 上映の3日前から座席の予約が可能なので、劇場まで行く手間がなく、良い席が確保できます。 イオンシネマで割引になるクレジットカードは、イオンカード以外にも実はあります。 ただし他のクレジットカードだと、事前に共通映画鑑賞券を申し込み後、劇場窓口で入場チケットとの引き換えが必要になります。 イオンカードの料金割引は、そのような面倒さが全くないのは非常に使いやすいです。 劇場チケット窓口:シネマイレージカードを提示する。 シネマイレージディで1,400円の料金割引は、オンライン予約「vit」でも対象になるのが便利です。 鑑賞希望日の2日前0時から上映開始20分前までチケットの購入が可能で、映画館へ行く前に席が確保できます。 TOHOシネマズは2019年6月1日より、一般鑑賞料金を1,800円から1,900円に値上げすることが発表されており、当カードを利用するメリットが大きくなっています。 ただし年会費が初年度500円、更新時300円と 有料で、 有効期限が1年間と短いので「年1~2回、毎週火曜日に映画を観なければ年会費の元が取れない」という制約が出てきます。 また提携元の セゾンカードの特典も対象になるのも見逃せないメリットです。 例えば 毎月5日20日は全国の西友・リヴィンで 5%OFFや、プレイガイド「 e+(イープラス)」で 先行予約や優待割引の 会員限定特典があるなど、映画以外にもお得に使えます。 シネマイレージカード セゾンについては、下記の記事も参考になるかと思います。 マルイの年4回のセール「マルコとマルオの7日間」で10%OFFで買い物ができる他、全国7,000店舗以上で優待特典が受けられるカードとして人気がありますが、実は映画館の料金割引も受けられます。 劇場によって割引優待を受ける方法が異なります。 ・会員専用優待サイト 「エポトクプラザ」経由で申し込み、劇場チケット窓口で引き換える。 ・劇場チケット窓口でエポスカードを提示する。 クラブオフとは違い、共通映画鑑賞券の郵送を待たなくても済むので、すぐに映画を観たい時も使いやすいです。 ただしいずれの優待特典も 劇場チケット窓口で、観たい作品の上映回と引き換えが必要になるので、オンライン予約には使えません。 エポスカードについて詳しく知りたい方は、下記の記事も参考にどうぞ。 MOVIX&松竹系映画館:1,300円 イオンシネマ:1,300円 TOHOシネマズ:1,400円 は、通常の楽天カードに女性向けの特典が付帯したクレジットカードです。 楽天PINKカード会員限定のライフスタイル応援サービス「RAKUTEN PINKY LIFE」(月額300円+税)では、MOVIX&松竹系映画館の映画鑑賞券を1,300円で購入できます。 以前はイオンシネマとTOHOシネマズでも、割引サービスが受けられましたが、現在は終了しています。 映画鑑賞券は事前にベネフィット・ステーション経由で申し込み、Loppiやファミポートで発券する必要があります。 後は、映画館の入場券売り場にて、上映作品のチケットと引き換えをすれば、好きな映画がいつでも1,300円で観られます。 他にもカラオケのルーム料金が最大30%OFF、レジャー施設での割引など110,000以上の割引、優待特典が利用できるので、月会費の元は充分に取れます。 初回申し込み後、 最大2ヶ月間は無料で利用できるので、まずはお試し利用から始めても良いと思います。 楽天PINKカードは女性向けの特典が多い楽天カードとなっていますが、男性でも申し込めます。 さらに楽天PINKカードについて興味がある方は、下記の記事も合わせてお読みください。 また話題作などは「ムビチケ」や「全国共通鑑賞券」もあります。 年会費無料のスタンダード会員は1,310円、月額500円+税のVIP会員は1,210円で前売り券よりも安い料金で鑑賞できます。 事前に申し込みと支払いが必要になりますが「すでに観に行く作品が決まっていて、なるべくチケットを安く買いたい」「色々な映画館で作品を観ることが多い」という人に向いています。 クラブオフ会員になるには、クラブオフが付帯しているサービスへの加入が必要になり、クレジットカードもその内の一つです。 年会費無料でクラブオフ付帯のクレジットカードとしては、 ベネッセ・イオンカードや NTTグループカードゴールドがあります。 ベネッセ・イオンカードとNTTグループカードゴールドの詳細は、下記の記事をあわせてお読みください。

次の

TGCデザインのクレジットカードで映画がいつでも1,000円!そして5分で即時発行!メリットいっぱいの可愛いイオンカード!

クレジット カード 映画

今回はTOHOシネマズやイオンシネマといった、映画館での割引や優待があるクレジットカード情報をまとめてみたいと思います。 うまく利用すると平日や休日を問わず、いつでも映画を1,000円で鑑賞することが出来ますよ。 もう前売券を購入したり、金券ショップに足を運ぶ必要性はありません。 映画割引のあるクレジットカードまとめ: 早速、映画館で優待が受けられるおすすめのクレジットカードを紹介させていただきます。 イオンカード(ミニオンズ): 東京や大阪といった都市部にはあまりありませんが、地方に行くとどこにでもあるイオンの映画館「イオンシネマ」。 そんなイオンシネマでいつでも1,000円で映画を見ることが出来るクレジットカードが、イオンカード(ミニオンズ)です。 イオンシネマの映画料金がいつでも1,000円! 年間50枚まで1,000円で鑑賞可能: このイオンカード(ミニオンズ)には年間50枚まで…という上限枚数が設定されているものの、 休日や平日、昼や夜を問わず1回1,000円で映画鑑賞が可能。 年間50枚以内:1回1,000円で鑑賞可能• 年間51枚以上:割引は適用されず それゆえ、このカード1枚あれば、お客さま感謝デーやハッピーマンデー等、イオンシネマの料金が1,100円に割引される日をあえて狙って映画を見に行く必要性も、レイトショーの時間まで待ってから映画を見に行く必要性もなくなります。 比較項目 通常料金 イオンカード(ミニオンズ) 毎月1日 1,100円 1,000円 ハッピーマンデー 1,100円 ハッピーナイト (レイトショー) 1,300円 お客さま感謝デー 1,100円 (イオンカード提示) 火曜~金曜 1,800円 土日 1,800円 いつでも自由に映画を1,000円で見られるって、ほんと最高です。 恋人や家族との映画鑑賞にも: また、恋人とのデートや家族みんなで映画鑑賞…といった場合でも、イオンカード(ミニオンズ)を保有している方がその分を発券しておけば1人あたり1,000円での鑑賞ができる点も大きなメリット。 自分1人で50回鑑賞:問題なし• 恋人と2人で25回鑑賞:問題なし• 友達と3人で13回鑑賞:問題なし 要は 年間50枚まで1,000円の映画鑑賞券を発券できる仕組みなので、お近くにイオンシネマがある方は上手に活用してもらえればな…と思います。 ベネッセ・イオンカード: 進研ゼミで有名なベネッセとイオンカードが提携発行しているベネッセ・イオンカードも、映画料金を割引するためにお得なクレジットカード。 こちらは入会金+年会費無料のクレジットカードにも関わらず、有料の優待サービスである『Club Off(クラブオフ)』を無料で利用することが出来るため、このサービスを使えば下記の映画館を割引料金で利用可能となります(各種利用条件はありますが、平日&休日を問わず1回あたり1,300円に割引される)。 ユナイテッドシネマ• シネプレックス• テアトルシネマ• イオンシネマ• アレックスシネマ• 沖縄スターシアターズ• 109シネマズ• コロナワールド• シネマサンシャイン• MOVIX(ムービックス)等 ざっくり、TOHOシネマズ以外の映画館はほぼ網羅しているのではないでしょうか? イオンシネマでの割引も期待できる: 加えて、ベネッセ・イオンカードはイオンカード系のクレジットカードゆえ、イオンシネマのお客さま感謝デーやハッピーマンデー優待を受けられる点も大きなメリット。 それ以外の日:クラブオフで1,300円鑑賞• 特定日:クラブオフを使わず1,100円で鑑賞 こんな感じでTOHOシネマズ以外の映画館を利用している方にとって最高ランクに使いやすいクレジットカードになると思うので、特に都心部にお住まいの方に強くおすすめできるクレジットカードになることでしょう。 もちろん、進研ゼミ等のベネッセ関連サービスを利用していない方でも申込可能ですよ(実際、クラブオフへの加入目的でベネッセ・イオンカードを申込する人は多い)。 シネマイレージカード: 割引や優待が少なめであるTOHOシネマズで、お得に映画を見たいと思うならシネマイレージカードの作成が必須。 こちらのクレジットカードには6回映画を鑑賞するとその次の1回分が無料になるサービスがあるため、頻繁にTOHOシネマズで映画を見ている方なら作成するメリットは大きいものと思います。 スタンプラリー TOHOシネマズで映画を6本観たら、お好きな映画に1本無料でご招待する、スタンプラリーにご参加いただけます。 毎週火曜日に1,400円で鑑賞できるのも強み: 他、毎週火曜日は1,400円で鑑賞できる優待が受けられたり、映画鑑賞の時間に応じてシネマイレージが貯まるなどのメリットがこのカードには存在。 シネマイレージ(マイル) 映画を有料で観れば、マイルが貯まる!(本編上映時間1分=1マイルで換算) それらのメリットを含めると結構、馬鹿に出来ない節約に繋がりますよ。 私も近所にTOHOシネマズがあった時は良く利用していました。 エポスカード: 丸井系のクレジットカードであるエポスカードも、映画館の優待割引のあるクレジットカードのひとつ。 こちらは丸井の優待サービスである『エポトクプラザ』と掲載のある映画館でのみの割引になりますが、ユナイテッドシネマとイオンシネマは常に網羅されていることが多いので、これらの映画館利用が多い方ならアリな選択肢になると思います。 ユナイテッドシネマ:1回1,300円に割引• イオンシネマ:1回1,300円に割引 総合的に考えるなら: まぁ他の映画館割引があるクレジットカードと比較すると、エポスカードの優待のみじゃ物足りなさがあるのもまた事実。 それゆえ、エポスカードを選択する場合には他の優待やサービス全体を考慮した上で申し込むほうが良いかもですね(サービス概要については下記記事参照)。 詳しくは下記の公式サイトもご覧いただければと思いますが、エポスカードには飲食店やテーマパーク等での優待サービスが多いメリット有りです。 映画鑑賞が無料になるカードもあるけど: 世の中にはTOHOシネマズでの映画鑑賞料が月1~3回、無料になるLUXURY CARDというクレジットカードが存在します。 しかし、こちらのクレジットカードは年会費負担だけでも5万円以上。 率直、映画代の節約のためだけに持つクレジットカードではないので、いくら映画代が無料になるといっても選択肢にはなりません。 他のサービスが魅力的なら作ってみるのも手…といったところでしょうか。 さぁクレカで映画代を安くしよう: ここまで映画の鑑賞料金が割引になるクレジットカードを紹介させていただきましたが、まとめるとイオンシネマを利用している方ならイオンカード(ミニオンズ)、その他の映画館を利用している方ならベネッセ・イオンカードで決まり。 いやいや、自分はどうしてもTOHOシネマズが良いんだ…という方のみ、シネマイレージカードの作成を検討ください。 イオンシネマ利用者:• 幅広く映画館利用:• TOHOシネマズ利用者: 現状の選択肢としてはそれでOKです。 以上、映画館でおどろきの割引&優待があるクレジットカード(2020年版)!割引料金でTOHOシネマズやイオンシネマを鑑賞しよう…という話題でした。 参考リンク: クレジットカードのお得な使い方をもっと知りたい…という方は、下記ページも参考に。 家計の節約に繋がるクレカの活用方法についてまとめています。 cardmics.

次の

イオンカード(ミニオンズ)の会員優待で、映画を1,000円で観る事ができます。

クレジット カード 映画

・ 映画料金がお得になるおすすめクレジットカードはこれだ! 映画館でお得になるクレジットカードは何枚かあるが、いずれも対象となる映画館が決まっている。 しかし、 対象となる映画館であれば日時や年齢などは関係なく、一律で割引を受けられる。 以下で、映画料金がお得になるクレジットカードを5つ紹介していく。 イオンシネマ、ユナイテッド・シネマなどがお得になる「エポスカード」 年会費無料でお得なエポスカード エポスカードは 年会費永年無料で、 最短で即日発行も可能なお得カードである。 200円利用ごとに1ポイントが貯まり、 ポイント還元率は0. 5%だ。 さらに年会費無料にもかかわらず 最高2000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯する。 そして、ロイヤルホストで5%オフ、カラオケが30%オフなど映画以外の割引も豊富だ。 エポスカードで受けられる映画の優待は? エポスカードを使えば以下の映画館で各種優待を受けられる。 直接映画館でエポスカードを使っても割引は受けられないので注意が必要だ。 イオンシネマがお得になる「イオンカードセレクト」 イオン銀行の普通預金金利アップなど、特典が充実 年会費永年無料で、 電子マネー「WAON」が付いている。 WAONへのオートチャージが可能で、チャージだけでポイントが付くイオンカードはかなり珍しい。 イオンカードセレクトを持っていると イオン銀行の普通預金金利が0. 1%となる。 普通の銀行の定期預金並みの金利だ。 また、 毎月20日・30日は5%オフになるなどイオンでのお得度はかなり高い。 イオンカードセレクトで受けられる映画の優待は? イオンカードセレクトを使い映画館でクレジットカード払いをすると、いつでも イオンシネマの映画料金が300円割引(一般料金からの割引)となる。 また、 毎月20日・30日は「お客さま感謝デー」でイオンでは5%オフになるが、イオンシネマでは イオンカードセレクトを提示するだけで一般料金が1100円に割引される。 ただし、料金が1100円になるのは1枚のみで、2枚目以降は通常のイオンカード割引(300円オフ)が適用となるので注意したい。 「ときめきポイント」を貯めてペア観賞券をゲット! イオンカードセレクトを200円利用すると、ときめきポイントが1ポイント貯まる。 3000ポイント貯めるとイオンシネマでの2名分観賞券と交換可能だ。 即日発行も可能で、カード利用で貯まるポイントには期限がない。 会員カード「シネマイレージカード」と共通の特典 シネマイレージカードセゾンには TOHOシネマズの会員カード「シネマイレージカード」が搭載されているため、共通の特典をTOHOシネマズで受けられる。 また、 「スタンプラリー」システムもあり、TOHOシネマズで 6本映画観賞をすると1本無料となる。 割引料金で観賞してもスタンプは1つ貯まるのでさらにお得だ。 そして、TOHOシネマズで映画観賞をすると本編上映時間1分につき1マイルが貯まり、貯まったマイル数に応じてTOHOシネマズで以下のような商品と交換ができる。 300マイル:オリジナルグッズ(抽選で当たる) 1000マイル:ポップコーンSサイズ/ドリンクSサイズ 6000マイル:1か月フリーパスポート 9000マイル1か月フリーパスポート(六本木ヒルズのみ) 他の映画館も「セゾンポイントモール」でお得 TOHOシネマズ以外にも 「セゾンポイントモール」を経由して利用すればお得になる。 例えば、「ユナイテッド・シネマ」のチケットをセゾンポイントモールから購入すると、1000円利用ごとに6~7ポイントの永久不滅ポイントがもらえる。 貯まった永久不滅ポイントはTOHOシネマズの観賞券にも交換可能! シネマイレージカードセゾンのクレジット決済で貯まった永久不滅ポイントには有効期限がないので、必要ポイントの多い交換特典を目指して気長にポイントを貯められる。 貯まった永久不滅ポイントは600ポイントで「TOHOシネマズ映画鑑賞引換券2枚」とも交換可能だ。 【PR】 映画好きにはたまらない会員サイトに入会できる「DCカードジザイル」 年会費無料でポイント還元率1. 5%! DCカードは リボ払い専用カード。 年会費無料で、 ポイント還元率が1. 5%、 海外旅行保険も自動付帯しており、リボ払いカードであることを除けばかなりのハイスペックカードだ。 映画好きの会員サイト「DCシネマクラブ」に入会できる! DCカードジザイル保有者はうれしい特典がいっぱいの 「DCシネマクラブ」に年会費3240円で入会できる。 特典内容は以下の通りだ。 400ポイントで1枚、700ポイントで2枚と交換可能だ。 DCシネマクラブの「シネマポイントバック」よりはレートが悪いが、ポイント還元率が高いDCカードジザイルならばさほど苦にならない。 追加サービスで映画がお得に「楽天ピンクカード」 基本スペックは楽天カードと同じ 楽天ピンクカードは基本的には楽天カードと変わらない。 電子マネー「楽天Edy」ももちろん搭載されている。 「PINKY LIFE」入会で映画がお得になる ライフスタイル応援サービス「RAKUTEN PINKY LIFE」(月額300円+税)に入会すると11万以上の多彩な割引や優待を受けることができる。 このサービスに入会していると TOHOシネマズが300円引き、イオンシネマが500円引きで観賞可能である。 クレジットカードと使い分けよう!さまざまな映画館の割引方法 クレジットカードの特典による割引は基本的に一般料金に対するものなので、他の割引と合わせて使うことはできない。 しかし、その時々でよりお得な方法を使い分けることで常にお得に映画を見ることができる。 映画館ごとに独自の割引もある たとえば、当日券よりも前売券が安いのはどこの映画館でも共通だ。 その他、映画館ごとにさまざまな独自の割引がある。 ここでも、「TOHOシネマズ新宿」を例に、割引サービスを見てみよう。 ・TOHOシネマズデイ 条件:毎月14日、会員限定 料金:1100円 ・シネマイレージデイ 条件:毎週火曜日 料金:1400円 ・ファーストデイ 条件:毎月1日 料金1100円 ・映画の日 条件:12月1日 料金:1000円 ・auマンデイ 条件:毎週月曜日、auスマートパス・auスマートパスプレミアムorビデオパス会員 料金:1100円(高校生以下900円) ・レディースデイ 条件:毎週水曜日、女性限定 料金:1100円 ・シニア割引 条件:60歳以上 料金:1100円 ・夫婦50割引 条件:夫婦どちらかが50歳以上 料金:2名で2200円 ・障がい者割引 条件:付添者1名まで同料金 料金:1000円 ・レイトショー 条件:上映開始時間20時以降の作品 料金:1300円 ・シネマイレージ 条件:6回観賞した会員 料金:無料 シネマイレージデイやレディースデイ、レイトショーなどは比較的使いやすい割引といえる。 これらの割引料金とTOHOシネマズの「割引クーポン」は利用できないので注意が必要だ。 株主優待でお得に映画を観賞しよう 映画館が独自に実施している割引、クレジットカードを使った割引以外にも以下のように株主優待券で観賞券を贈呈しているケースもある。 無料で映画観賞ができるので、これも選択肢に入れておきたい。 ノバレーゼ:イオンシネマ 東宝:TOHOシネマズ 東映:T-JOY、ブルク、バルトなど 東急レクリエーション:109シネマズなど 松竹:MOVIX、ピカデリーなど カドカワ:角川シネマ 東京テアトル:テアトル系 一般的な映画料金 ここまでお得な映画館の利用方法を紹介してきたが、そもそも一般的な映画館の料金がどのぐらいなのだろうか。 最後に、「TOHOシネマズ新宿」を参考に見てみよう。 一般:1800円 大学生:1500円 高校生:1000円 中・小学生:1000円 幼児(3歳~):1000円 これに加えて、「TOHOシネマズ新宿」ではシートや音響設備などによって通常の観賞料金に加え以下のように追加料金がかかる。 プレミアラグジュアリーシート:3000円 ーフットレスト付き革製電動シート プレミアボックスシート:1000円 ー豪華なシート、シートを1席ごとに区切る DOLBY AOMOS追加料金:200円 ーより自然でリアルな音響 IMAX追加料金:500円 ー大迫力のサウンド、大きなスクリーン MX4D追加料金:1200円 ーシート周りに臨場感を高める仕掛け 3D観賞料金:400円 ー専用3Dめがねが付く このように見ると、映画料金は決し安いとは言えない価格のため、特に頻繁に映画を見に行く人にとっては割引方法の活用が欠かせない。 ここで紹介したようなカードや方法でぜひ映画を楽しんでほしい。

次の