海外の反応 まとめ。 海外の反応のまとめ

海外の反応【かくしごと】第1話 作画が綺麗でギャグのテンポもいい!

海外の反応 まとめ

「スラムダンク」は表面的には単なるスポーツアニメのように思えるかもしれません。 また、 多くの人は有名な「黒子のバスケ」と同じだと思うかもしれません。 どちらもバスケットボールを中心に展開していますが、 両者は実際にはかなりの違いがあります。 私の意見では、 「スラムダンク」はもっとシリアスな内容であり、非常に悲しい瞬間があります。 主人公の桜木花道はスマートな奴ではありません。 粗暴で頭がおかしくていつも怒っていますが、とにかく彼を応援したくなります。 彼はバスケットボールについて何も知らず、経験豊富なチームメイトを追い抜こうとするため、彼の旅は他のどのチームメイトよりも困難です。 バスケットボールに関する彼の無知にもかかわらず、ライバルの流川を打ち負かそうとする彼の意志は、彼を実際に恐るべきプレイヤーに変えました。 経験が浅いということは桜木にとっては何の意味もありません。 このアニメは私にとってはスロースターターでした。 最初はあまりおもしろいことはありませんが、 20エピソードに耐える忍耐があれば、見事に報われるでしょう。 アニメはチームが成長するにつれてどんどん良くなります。 見るべきものはキャラクター このアニメで見るべき価値のあるものはプレイヤーです。 彼らの動き、考え方、彼らが敵にどう対処するかを観てほしい。 キャラクターは、アニメだけでなく、あらゆるショーや映画の原動力であるため、本当に私をエキサイトさせます。 視聴者は誰でも、メインチームの湘北だけでなくライバルチームにも多大な努力が注がれていることを知ることができます。 各キャラクターには、独特の個性とさまざまなバックグラウンドや経験があります。 これは、それぞれが抱えるな問題に取り組む独自の瞬間を持ち、ゲーム内外で発生する様々な問題に立ち向かいます。 それがキャラクターを立体的にし、アニメ全体およびバスケットボールの試合に本当に特別な感動を追加するのです。 時代遅れのアートとアニメーション 私が「スラムダンク」で感じた問題は、率直に言って、時代遅れのアートとアニメーションでした。 漫画は素晴らしい芸術だと思っていますが、アニメについて同じことを言うことはできませんでした。 Ping Pong the Animationのようなものを見たことがあり、まったく問題はなかったので、私はアニメも大丈夫と思っていました。 しかし、 8歳のいとこが描くことができるようなアニメをじっと見なければならないと気づいた後、約20のエピソードの後に 非常に退屈になりました。 音楽も注目すべきものではなかった。 オープニングもエンディングも覚えていません。 BGMからも注目すべきものはありませんでした。 日本にバスケットボールを広めた.

次の

「わ、私ってかわいい??」 海外の反応 まとめ

海外の反応 まとめ

ちょっと下品な漫画を連載中の後藤可久士は、娘の後藤姫にバレるのを恐れ、「漫画家であること」を隠し続けていた。 ある日、連載する「週刊少年マンガジン」の新しい担当編集者・十丸院五月から打ち合わせの連絡が入る。 しかし、一向に十丸院は仕事場にあらわれない。 なんと十丸院は間違えて自宅へ訪問していたのだった!? 「姫が留守番している家に編集者が来たら、漫画家だとバレてしまう!」と、可久士は自宅めがけて飛び出していく。 海外の反応 良い1話だった ギャグも面白かったし視聴確定 2. 海外の反応 スターバックスのシーンで大爆笑lol、いやロゴが魔女だったのでスターウイッチか? 本編に関してはとてもほのぼのしてて気に入った OPの姫ちゃんを見た限り、割とどんどん進んでいく感じなのかな 3. 海外の反応 つまり日本にもこういう人たちがいるってことだね 4. 海外の反応 普段日常ものは見ないんだけど、これはイケそうな気がする とりあえず視聴継続 5. Hahahaha 19. 海外の反応 想像してた以上に面白かった! シャフトが作りそうなアニメだけど違うのね お母さんに何があったのか気になる…まぁアニメなのでなんとなく予想できるけど 20. 海外の反応 制作スタジオは亜細亜堂ってとこらしい(本好きの下剋上、異世界魔王) シンプルなキャラデザと色鮮やかな背景好き サンプルページで漫画を数ページチラ見したけど、原作の絵を忠実に再現してて素晴らしいね! myanimelist. 56% Great:33. 33% Good:11.

次の

「わ、私ってかわいい??」 海外の反応 まとめ

海外の反応 まとめ

「スラムダンク」は表面的には単なるスポーツアニメのように思えるかもしれません。 また、 多くの人は有名な「黒子のバスケ」と同じだと思うかもしれません。 どちらもバスケットボールを中心に展開していますが、 両者は実際にはかなりの違いがあります。 私の意見では、 「スラムダンク」はもっとシリアスな内容であり、非常に悲しい瞬間があります。 主人公の桜木花道はスマートな奴ではありません。 粗暴で頭がおかしくていつも怒っていますが、とにかく彼を応援したくなります。 彼はバスケットボールについて何も知らず、経験豊富なチームメイトを追い抜こうとするため、彼の旅は他のどのチームメイトよりも困難です。 バスケットボールに関する彼の無知にもかかわらず、ライバルの流川を打ち負かそうとする彼の意志は、彼を実際に恐るべきプレイヤーに変えました。 経験が浅いということは桜木にとっては何の意味もありません。 このアニメは私にとってはスロースターターでした。 最初はあまりおもしろいことはありませんが、 20エピソードに耐える忍耐があれば、見事に報われるでしょう。 アニメはチームが成長するにつれてどんどん良くなります。 見るべきものはキャラクター このアニメで見るべき価値のあるものはプレイヤーです。 彼らの動き、考え方、彼らが敵にどう対処するかを観てほしい。 キャラクターは、アニメだけでなく、あらゆるショーや映画の原動力であるため、本当に私をエキサイトさせます。 視聴者は誰でも、メインチームの湘北だけでなくライバルチームにも多大な努力が注がれていることを知ることができます。 各キャラクターには、独特の個性とさまざまなバックグラウンドや経験があります。 これは、それぞれが抱えるな問題に取り組む独自の瞬間を持ち、ゲーム内外で発生する様々な問題に立ち向かいます。 それがキャラクターを立体的にし、アニメ全体およびバスケットボールの試合に本当に特別な感動を追加するのです。 時代遅れのアートとアニメーション 私が「スラムダンク」で感じた問題は、率直に言って、時代遅れのアートとアニメーションでした。 漫画は素晴らしい芸術だと思っていますが、アニメについて同じことを言うことはできませんでした。 Ping Pong the Animationのようなものを見たことがあり、まったく問題はなかったので、私はアニメも大丈夫と思っていました。 しかし、 8歳のいとこが描くことができるようなアニメをじっと見なければならないと気づいた後、約20のエピソードの後に 非常に退屈になりました。 音楽も注目すべきものではなかった。 オープニングもエンディングも覚えていません。 BGMからも注目すべきものはありませんでした。 日本にバスケットボールを広めた.

次の