かぼちゃ 冷凍 煮物。 かぼちゃの天ぷらは冷凍できる?煮物は?解凍方法も教えます

【写真付きで解説!】かぼちゃの冷凍方法と保存期間、レシピ5選

かぼちゃ 冷凍 煮物

大量に作った煮物を腐らせてしまったことはありませんか? 「煮物を大量に作ると、3日目には嫌そうな顔されるよね〜」 って切り出してみたら、 「里帰りの時に大量に煮物を作っておいたけど、腐って捨てられたわ〜」 「彼の家で煮物を作ったけど、彼が実家に帰ることになって腐らせたわ〜」 と、食べ切れずに腐らせてしまった話が出るわ出るわ…。 ついつい作りすぎちゃう煮物。 同じ味が続けば飽きてしまうし、腐って捨てるのはよくある話なんですね。 「解凍したら、かぼちゃが カッスカスだった!」 「なんか美味しくなくなってるのよね〜」 などなど、煮物の 冷凍保存にも失敗談が山積み。 そうなんです! 煮物の冷凍って、失敗が多いんです! 美味しいまま冷凍保存できたら、食べ飽きて腐らせることもないのに!! あなたもそう思ったことありませんか? そこで今回は、煮物を大量に作っても困らない為に 煮物を冷凍する方法を調べてみました! 保存期間:2週間〜1ヶ月 ・多少は見た目や味が落ちる ・日本かぼちゃより 西洋かぼちゃの方が冷凍向き かぼちゃの煮物を冷凍保存する時の注意点は、形や味が劣化してしまうこと。 水分が飛んで パサパサになった 温め直したら ベチャっとした ということがあるそうです。 多少の見た目は気にしない我が家では、かぼちゃの煮物を冷凍しても問題無さそうですけどね。 またパサつきが気になる場合には、 味付け無しで水煮したかぼちゃを冷凍保存する方法もあります。 解凍後につぶしてマヨネーズで和えれば、スピーディに一品完成です。 お弁当にも使えそうですね! 農家の友達が沢山かぼちゃを送ってくれるので「どうしようか?」と悩んでいましたが、これからは 新鮮なうちに水煮にして、冷凍保存します! ひじきの煮物は冷凍保存に適している? 保存期間:2週間〜1ヶ月 ・ひじきは 冷凍保存向きの食材 ・一緒に入れる具材に注意!!こんにゃくは入れない方がいい ひじきはもともと水分の少ない食材なので、冷凍してもパサパサしません。 また形も細かいので加熱で崩れる心配がなく、冷凍保存に向いています。 お弁当用の冷凍食品でも定番になっていますよね。 そんな便利なひじきですが、煮物の場合は 一緒に入れる具材に注意が必要です。 せっかくひじきが美味しいままなのですから、 他 の食材も解凍した時に形が崩れたりベチャっとしないように注意したいですね。 ごめん、もうしないよ。 冷凍する時にカップに小分けしておけば、お弁当に毎日少しずつ入れられて便利ですね! そして定番以外では、 旬の食材も大量に作ってしまいやすいですよね。 次からは余らせがちな旬の食材の例をみていきましょう! 旬の味!筍の煮物は冷凍保存できるの? 春ともなれば、旬の味「筍」がたくさん出回ります。 お裾分けもスーパーの特売も、とにかく量が多いですよね。 もともと水分が少ないので、冷凍・解凍しても形が崩れません。 筍ってば素敵! 形が崩れなければ、小分け冷凍してお弁当に入れても余り物っぽい見た目になりません。 高級感が出る気がするし、やってみたいですね! ちょっとおかずが足りない時に出したら、彼氏や旦那も喜びそうですよね。 我が家の「筍事情」ですが、いただき物でも特売品でも、 一度にたくさん調理することが比較的多いです。 そのため灰汁抜きをした所で力尽きてしまい、煮物は最後の力を振り絞って作っていました。 灰汁抜きした状態で冷凍できるのなら、今後は筍料理の登場回数が増えそうです。 保存期間:1ヶ月 ・煮汁を少し入れた状態でラップに包んで冷凍する ・大量に作った場合は小分けして冷凍するとシャキシャキとした食感が楽しめる 子ども用おかずと大人用おかずを毎回作り分けるのは面倒ですし、大人が食べたい物のストックがあると便利です。 と書きつつ、うちの旦那はふきが苦手なので夕食には出せないんですけどね(笑) 大量に作って冷凍保存して、お昼ご飯に自分だけ食べようじゃないかと今からニヤニヤしています。 次は、サツマイモの煮物を冷凍保存! サツマイモの煮物って、思ったより減らないんですよね。 子どもも好きな食材なのに。 しかも毎日続くと飽きてしまい、最後は私だけが白米を諦めてサツマイモを主食として食べる毎日…。 数日おきに出せると、家族も食べてくれそうなので助かります。 水分が染み出て他のおかずを浸してしまうので、 お弁当用カップに入れるなど汁気対策をしてくださいね。 高野豆腐を戻し過ぎた経験は、誰にでもあるんじゃないでしょうか。 自分がお腹が減ってる時に作るのがいけないのか、水分を含んだ時の量がわかっていないのか…。 「これくらい食べ切るだろう」と思った量で作るんですが、思ったより多くて「全部食べるの無理だわ…」ってなってしまいます。 冷凍保存できれば、多く戻し過ぎても安心ですね。 まとめ 冷凍保存の鉄則 忙しい主婦のための失敗しない冷凍術• 最初から一口サイズに!1回に食べる量で分けて冷凍• 自分で冷凍したものは 1ヶ月を目安に使い切る! 「カッスカス」 「味が美味しく無くなる」 という失敗は、この鉄則を守っていなかったからかもしれません。 少し気をつければ、冷凍した煮物も美味しいまま! 「手間をかけて美味しくする」というわけではないので、気軽に実践できますね。 それぞれの煮物の特徴の総まとめ この冷凍保存のコツを踏まえた上で、それぞれの煮物の特徴を振り返ってみましょう。 <かぼちゃの煮物> ・多少は見た目や味が落ちるものの、2週間~1ヶ月程度の保存が可能 ・日本かぼちゃよりも西洋かぼちゃの方が冷凍に向く <ひじきの煮物> ・2週間~1ヶ月の保存が可能で、ひじきは見た目や味が変化しにくく冷凍向き。 ・こんにゃくは変質するので、冷凍保存する時には入れない ・一緒に入れる具材も冷凍で劣化しにくいよう、切り方など注意 <筍の煮物> ・1ヶ月程度の保存が可能で、小さ目に切っておくと良い ・灰汁抜きした後、砂糖を揉みこんでから冷凍すると良い <ふきの煮物> ・1ヶ月程度の保存ができ、煮汁を少しいれた状態で冷凍する ・小分け冷凍すると、毎回シャキシャキの食感が楽しめる <サツマイモの煮物> ・1ヶ月程度の保存ができ、少しパサつくが十分食べられる ・味を濃くして煮詰めておくと良い <高野豆腐の煮物> ・1ヶ月程度の保存が可能で、解凍する時は汁気に注意する 今まで煮物を作ると旦那に「そんなに作ったの?」ていつも言われていました。 これからは「冷凍するから平気」って言えると思うと嬉しい限りです。 やっぱり 煮物って一度にたくさん作った方が美味しい気がしますもんね。 それに小分け冷凍でお弁当用に保存しておけば、忙しい朝に大助かり! 冷凍食品に頼りがちなお弁当に、健康的なバリエーションが増えます。 煮物はたっぷり作って、賢く冷凍保存しちゃえばいいんです。 今後はプラス1品、煮物が増えて食卓が更に健康的になりますね! 【不要な外出を減らす食材宅配サービス】 新型コロナウイルスによる外出自粛は緩和されつつありますが、第2波を警戒する状況は現在も続いています。 外出自粛の期間中、 食材の宅配サービスを利用する人が急激に増えており、当サイトで紹介していた Oisix オイシックス のお試しセット等の新規受付は 一時休止している状況です。 そこで、類似の人気サービスを改めて調べてみました。 食材の宅配サービスが良いのは、 ・スーパー等に行くのを避けられる ・カートや買い物かごの接触を避けられる ・レジに並ぶ時など人に近づくことを回避 ・宅配される食材そのものが安全である ・ 無農薬野菜や厳選食材を入手できる 供給量の限界もありますので、100%安心できませんが、外出自粛が強まったときの準備にもなります。 今求められているサービスと感じ、今回2つ紹介させていただきます。

次の

かぼちゃの煮物、冷凍できないです(>_<)みなさん冷凍保存できるよ...

かぼちゃ 冷凍 煮物

かぼちゃを冷凍するとまずい、煮物も冷凍できると書かれているのに、冷凍したらやっぱり まずい! うそばっかじゃん!って思ってる人多くないですか? 冷凍方法も、いろいろな説があって、実際どの情報が本当なのか全くわかりませんね。 生のままがいいのか、 レンジで温めてからがいいのか、 煮物なら、煮汁も一緒なのか別なのか・・・ そして、 解凍方法は自然解凍なのか、レンジなのか、はたまた凍ったまま調理なのか・・・? まぁ、食べたい分だけ買って、食べる分だけ調理すればいいんだよ、と言われればそれが一番いいんでしょうが、丸ごと一個いただくときや、一個が安い!っていうときありますやん? みなさんに変わって、 私が実験してみました!これでどの方法がいいのかはっきりするはず! その結果、 驚きの結論が!• 煮物をお弁当用に小分けしてタッパーに入れる• 煮物を汁ごとジップロックへ• 煮物を汁なしでジップロックへ• 生のかぼちゃをそのままジップロックへ(自然解凍用と凍ったまま調理用の2種類)• 生のかぼちゃをやわらかくなるまでレンジでチンしてジップロックへ(自然解凍用と凍ったまま調理用の2種類) 生のまま冷凍したものは、 凍ったまま調理するものと 自然解凍してから調理するものに分けました。 調理方法• お弁当用に小分けしたものは、冷凍のままお弁当箱で自然解凍しました。 煮物は、煮汁があるものもないものも、 湯煎で温めました。 生のまま冷凍したものは、 煮物にするのですが、 凍ったまま調理するものと、 自然解凍してから調理するものに分けました。 冷凍したものに加えて、 冷凍していないかぼちゃを煮物にしたものも入れました。 さぁ、気になる結果はいかに?! スポンサーリンク かぼちゃの冷凍保存の実験結果! 気になる実験結果は・・・ 冷凍してから調理したものはまずい! 煮物にしてから冷凍したものはまだ食べられる 冷凍したものを煮物にしたものは、生のままやレンジでやわらかくしたもの、どちらもまずかったです・・・ ちょっと食べられそうもありません・・・ 煮物にしてから冷凍したものは、煮汁と一緒だと、味が濃くて、煮汁がないものはパサっとしていました。 主人はパサっとしたやつの方がいいらしいんですが、私は味が濃い方が好きだったので、これは好みかもしれませんね。 一番おいしかったのは、 お弁当用の小分けしたやつです! お弁当に冷凍したまま入れたものは、 美味しかったです! まとめると、 かぼちゃは煮物にしてから冷凍する! という結果になりました。 これは、 煮物の場合で、スープやてんぷらなどの場合はまた違うと思いますよ。 で、冷凍したものを煮物にしたものを並べてたら、義母さんが、夕立に遭って、うちに避難してきたんですよ。

次の

かぼちゃを冷凍保存する方法は?保存期間と活用レシピまとめ!

かぼちゃ 冷凍 煮物

大量に作った煮物を腐らせてしまったことはありませんか? 「煮物を大量に作ると、3日目には嫌そうな顔されるよね〜」 って切り出してみたら、 「里帰りの時に大量に煮物を作っておいたけど、腐って捨てられたわ〜」 「彼の家で煮物を作ったけど、彼が実家に帰ることになって腐らせたわ〜」 と、食べ切れずに腐らせてしまった話が出るわ出るわ…。 ついつい作りすぎちゃう煮物。 同じ味が続けば飽きてしまうし、腐って捨てるのはよくある話なんですね。 「解凍したら、かぼちゃが カッスカスだった!」 「なんか美味しくなくなってるのよね〜」 などなど、煮物の 冷凍保存にも失敗談が山積み。 そうなんです! 煮物の冷凍って、失敗が多いんです! 美味しいまま冷凍保存できたら、食べ飽きて腐らせることもないのに!! あなたもそう思ったことありませんか? そこで今回は、煮物を大量に作っても困らない為に 煮物を冷凍する方法を調べてみました! 保存期間:2週間〜1ヶ月 ・多少は見た目や味が落ちる ・日本かぼちゃより 西洋かぼちゃの方が冷凍向き かぼちゃの煮物を冷凍保存する時の注意点は、形や味が劣化してしまうこと。 水分が飛んで パサパサになった 温め直したら ベチャっとした ということがあるそうです。 多少の見た目は気にしない我が家では、かぼちゃの煮物を冷凍しても問題無さそうですけどね。 またパサつきが気になる場合には、 味付け無しで水煮したかぼちゃを冷凍保存する方法もあります。 解凍後につぶしてマヨネーズで和えれば、スピーディに一品完成です。 お弁当にも使えそうですね! 農家の友達が沢山かぼちゃを送ってくれるので「どうしようか?」と悩んでいましたが、これからは 新鮮なうちに水煮にして、冷凍保存します! ひじきの煮物は冷凍保存に適している? 保存期間:2週間〜1ヶ月 ・ひじきは 冷凍保存向きの食材 ・一緒に入れる具材に注意!!こんにゃくは入れない方がいい ひじきはもともと水分の少ない食材なので、冷凍してもパサパサしません。 また形も細かいので加熱で崩れる心配がなく、冷凍保存に向いています。 お弁当用の冷凍食品でも定番になっていますよね。 そんな便利なひじきですが、煮物の場合は 一緒に入れる具材に注意が必要です。 せっかくひじきが美味しいままなのですから、 他 の食材も解凍した時に形が崩れたりベチャっとしないように注意したいですね。 ごめん、もうしないよ。 冷凍する時にカップに小分けしておけば、お弁当に毎日少しずつ入れられて便利ですね! そして定番以外では、 旬の食材も大量に作ってしまいやすいですよね。 次からは余らせがちな旬の食材の例をみていきましょう! 旬の味!筍の煮物は冷凍保存できるの? 春ともなれば、旬の味「筍」がたくさん出回ります。 お裾分けもスーパーの特売も、とにかく量が多いですよね。 もともと水分が少ないので、冷凍・解凍しても形が崩れません。 筍ってば素敵! 形が崩れなければ、小分け冷凍してお弁当に入れても余り物っぽい見た目になりません。 高級感が出る気がするし、やってみたいですね! ちょっとおかずが足りない時に出したら、彼氏や旦那も喜びそうですよね。 我が家の「筍事情」ですが、いただき物でも特売品でも、 一度にたくさん調理することが比較的多いです。 そのため灰汁抜きをした所で力尽きてしまい、煮物は最後の力を振り絞って作っていました。 灰汁抜きした状態で冷凍できるのなら、今後は筍料理の登場回数が増えそうです。 保存期間:1ヶ月 ・煮汁を少し入れた状態でラップに包んで冷凍する ・大量に作った場合は小分けして冷凍するとシャキシャキとした食感が楽しめる 子ども用おかずと大人用おかずを毎回作り分けるのは面倒ですし、大人が食べたい物のストックがあると便利です。 と書きつつ、うちの旦那はふきが苦手なので夕食には出せないんですけどね(笑) 大量に作って冷凍保存して、お昼ご飯に自分だけ食べようじゃないかと今からニヤニヤしています。 次は、サツマイモの煮物を冷凍保存! サツマイモの煮物って、思ったより減らないんですよね。 子どもも好きな食材なのに。 しかも毎日続くと飽きてしまい、最後は私だけが白米を諦めてサツマイモを主食として食べる毎日…。 数日おきに出せると、家族も食べてくれそうなので助かります。 水分が染み出て他のおかずを浸してしまうので、 お弁当用カップに入れるなど汁気対策をしてくださいね。 高野豆腐を戻し過ぎた経験は、誰にでもあるんじゃないでしょうか。 自分がお腹が減ってる時に作るのがいけないのか、水分を含んだ時の量がわかっていないのか…。 「これくらい食べ切るだろう」と思った量で作るんですが、思ったより多くて「全部食べるの無理だわ…」ってなってしまいます。 冷凍保存できれば、多く戻し過ぎても安心ですね。 まとめ 冷凍保存の鉄則 忙しい主婦のための失敗しない冷凍術• 最初から一口サイズに!1回に食べる量で分けて冷凍• 自分で冷凍したものは 1ヶ月を目安に使い切る! 「カッスカス」 「味が美味しく無くなる」 という失敗は、この鉄則を守っていなかったからかもしれません。 少し気をつければ、冷凍した煮物も美味しいまま! 「手間をかけて美味しくする」というわけではないので、気軽に実践できますね。 それぞれの煮物の特徴の総まとめ この冷凍保存のコツを踏まえた上で、それぞれの煮物の特徴を振り返ってみましょう。 <かぼちゃの煮物> ・多少は見た目や味が落ちるものの、2週間~1ヶ月程度の保存が可能 ・日本かぼちゃよりも西洋かぼちゃの方が冷凍に向く <ひじきの煮物> ・2週間~1ヶ月の保存が可能で、ひじきは見た目や味が変化しにくく冷凍向き。 ・こんにゃくは変質するので、冷凍保存する時には入れない ・一緒に入れる具材も冷凍で劣化しにくいよう、切り方など注意 <筍の煮物> ・1ヶ月程度の保存が可能で、小さ目に切っておくと良い ・灰汁抜きした後、砂糖を揉みこんでから冷凍すると良い <ふきの煮物> ・1ヶ月程度の保存ができ、煮汁を少しいれた状態で冷凍する ・小分け冷凍すると、毎回シャキシャキの食感が楽しめる <サツマイモの煮物> ・1ヶ月程度の保存ができ、少しパサつくが十分食べられる ・味を濃くして煮詰めておくと良い <高野豆腐の煮物> ・1ヶ月程度の保存が可能で、解凍する時は汁気に注意する 今まで煮物を作ると旦那に「そんなに作ったの?」ていつも言われていました。 これからは「冷凍するから平気」って言えると思うと嬉しい限りです。 やっぱり 煮物って一度にたくさん作った方が美味しい気がしますもんね。 それに小分け冷凍でお弁当用に保存しておけば、忙しい朝に大助かり! 冷凍食品に頼りがちなお弁当に、健康的なバリエーションが増えます。 煮物はたっぷり作って、賢く冷凍保存しちゃえばいいんです。 今後はプラス1品、煮物が増えて食卓が更に健康的になりますね! 【不要な外出を減らす食材宅配サービス】 新型コロナウイルスによる外出自粛は緩和されつつありますが、第2波を警戒する状況は現在も続いています。 外出自粛の期間中、 食材の宅配サービスを利用する人が急激に増えており、当サイトで紹介していた Oisix オイシックス のお試しセット等の新規受付は 一時休止している状況です。 そこで、類似の人気サービスを改めて調べてみました。 食材の宅配サービスが良いのは、 ・スーパー等に行くのを避けられる ・カートや買い物かごの接触を避けられる ・レジに並ぶ時など人に近づくことを回避 ・宅配される食材そのものが安全である ・ 無農薬野菜や厳選食材を入手できる 供給量の限界もありますので、100%安心できませんが、外出自粛が強まったときの準備にもなります。 今求められているサービスと感じ、今回2つ紹介させていただきます。

次の