都知事選 なんj。 【朗報】後藤輝樹さん都知事選で7000票を獲得 : ネトウヨにゅーす。

異色の都知事候補「スーパークレイジー君」西本誠氏 渋谷の街頭演説会では特攻服で踊る

都知事選 なんj

「本当に、どうしたらいいのか」 16日午前の記者団の取材に対し、小池百合子都知事が新規感染者数について「280人台に乗せるだろうと聞いている」と明かした。 また、午後には286人と発表された。 いずれも複数メディアが報じた。 1日に確認された人数としては過去最多となり、ツイッターの国内トレンドでは「東京280人」が上位入りを果たす事態にもなった。 午前の「280人台」報道に対し、各著名人もツイッターで反応した。 声優の井上和彦さんは「東京、増えちゃったな〜〜。 本当に、どうしたらいいのか・・」コメントし、タレントの中川翔子さんも「なんとか、止めないと、命が一番大切、どうしたらいいの」と、増加する感染者数への困惑をみせた。 登山家の野口健さんは「気が緩む瞬間がある。 改めて気を気を引き締めなければならない。 僕自身、反省しなければならない事もやはり会食。 アルコールが入ってしまうと声が大きくなる」(原文ママ)と、「気の緩み」に対する引き締めを語った。 また、午前のうちに小池都知事が「280人台」と発言したことに対し、タレントのラサール石井さんは「280人ですって。 いや、午前中って発表早くない?GoToと一緒で前倒しか」とツイートした。 また、「いくら増えても全然慌てた様子なく冷静を装ってますが、むしろ慌ててくれませんか。 落ち着いてるほうが、こちらが不安になります」とも提言(?)した。

次の

都知事選「テレビ討論」なぜ行われず? J

都知事選 なんj

6月18日、東京都知事選挙が告示され夕方締め切られた。 候補者は22人で過去最多とのことである。 6月15日昼には、れいわ新選組の山本太郎代表が出馬表明を行っていたが、同日夕方に作家の百田尚樹さんは なんか都知事選が腐ったゴミ溜めみたいになってきたなあ、 何年か前のクズの集まりが懐かしい… — 百田尚樹 hyakutanaoki なんか都知事選が腐ったゴミ溜めみたいになってきたなあ、 何年か前のクズの集まりが懐かしい… とツイートを行っていた。 小池百合子都知事が出馬表明を行った6月12日には、 東京都の知事をまた小池百合子がやるの? 東京都民てバカの集まり? 小池さんというのは、政治家としては無能な上に、人間としてはそれ以下やと思うよ。 — 百田尚樹 hyakutanaoki 東京都の知事をまた小池百合子がやるの? 東京都民てバカの集まり? 小池さんというのは、政治家としては無能な上に、人間としてはそれ以下やと思うよ。 と、なんとも辛辣なツイートを行い反響を呼んでいた百田さん。 15日のツイートもやはり反響を呼んでいた。 tokyo-sports. ニュース』のコメント欄では 「ちょっと表現キツイが内心皆同感だろう。 中身ない小池の対抗が慰安婦像国会前に建てる宇都宮とオリンピック勝手に中止の山本と極左の共食い。 維新推薦の九州元副知事に期待するが知名度がネック」 「これからの首都東京は大丈夫か?と思ってしまう。 東京へ一極集中の日本だから東京がしっかりしないとやばいんだけどね。 知名度認知度のない小野が何かしっかりとしたビジョンを示さない限り何もしてない小池の再選確実だろうな。 それが良い未来だとは思わないが」 「言い方は悪いけど、まあそんなに外れてはいない。 東京のために頑張るぞ、という人が一人もいない。 みんなどっかで負けた人ばかり」 といったようなコメントに多くの「そう思う」が集まっていたようだ。 注目の東京都知事選挙、投票日は7月5日となっている。

次の

都知事選「テレビ討論」なぜ行われず? J

都知事選 なんj

「医療が東京と同様のレベルではない、十分でない地域もある」 7月15日の新規感染の確認者数は165人で、7日連続で感染者が100人を超えた。 こうした状況を踏まえ、都は15日午後に専門家によるモニタリング分析を実施。 分析の結果、感染状況の警戒レベルは4段階中最高の「感染が拡大していると思われる」に引き上げ、医療提供体制については4段階中3段階目の「体制強化が必要であると思われる」状況を維持し、小池知事は「感染拡大警報を発すべき状況」との認識を示した。 22日からは「GoToキャンペーン」が開始されるが、都内から地方へ感染が広がることへの懸念もある。 小池知事は、キャンペーンについて「現在の感染状況を踏まえますと、実施の時期・方法については、改めて『よーく』お考えをいただきたい」と見解を示した。 記者からの質疑応答では、キャンペーン実施の是非を問われた。 小池知事は「国の政策でございますので、どういう政策がいいのかは国によってお考えいただければと思います」としつつも、「都民の皆様方には不要不急の外出をお控えいただく方がいいのではないだろうか」とコメント。 また、地方では「医療が東京と同様のレベルではない、十分でない地域もある」とし、キャンペーンの実施については「『よーく』お考えになるべきだと思っております」と語った。 キャンペーン準備時と「状況が変わってきている」 その後は別の記者が、キャンペーンの延期が良いかどうかについて「はっきり(見解を)お願いできますでしょうか」と小池知事に問いかけた。 小池知事は「東京都内におきましても、観光産業の皆さまは大変厳しい状況に置かれている。 連休が始まったり、夏休みのシーズンでございますので、(キャンペーンは)それを狙ってのことだというのは理解している」としつつも、「それ(キャンペーン)が準備された頃と、今と、少し状況が変わってきているのではないだろうか」と実施のタイミングを疑問視。 そして、 「(国は)『よーく』お考えいただく必要があるのではないか。 『よーく』お考えいただいた結果、延期になるのか、地域を限定するのか。 それは一番いい方法を考えていただきたい」 と、またしても「よーく」というワードを使って国に問いかけた。 加えて、22日に予定通りキャンペーンが始まることが決定した場合の捉え方について聞かれると、「都民の皆さまが都外に出ることをお控えになることについては、キャンペーンとしてフルスペックにならないのではないか」とした。

次の