ザイリンクス 株価 チャート。 米国のファーウェイに対する輸出規制により、「5G関連銘柄」にも暗雲が! ルメンタムやクアルコムなど、株価急落リスクが発生した銘柄には要注意!|世界投資へのパスポート|ザイ・オンライン

5Gで急成長ザイリンクス、株価割高の評価は変わるか【米決算プレビュー】

ザイリンクス 株価 チャート

コンセンサス予想は一株利益(EPS)が2. 10ドル、売上高が81. 2億ドルです。 ちなみに10月に発表された同社の第3四半期決算は一株利益(EPS)が予想2. 52ドルに対し2. 72ドル、売上高が予想82億ドルに対し79. 9億ドル、売上高成長率は前年同期比-2. 0%でした。 オルガニックな売上高は-1. 3%でした。 第4四半期一株利益(EPS)予想2. 37ドルに対し新ガイダンス2. 05~2. 15ドルが提示されました。 なおこのガイダンスには買収したエースリティーに伴う費用15セントを含めています。 第4四半期の売上高は-3~-1% を見込んでいます。 コンセンサス予想は一株利益(EPS)が5. 02ドル、売上高が152. 6億ドルです。 ちなみに10月に発表された同社の第3四半期決算は一株利益(EPS)が予想5. 06ドルに対し5. 66ドル、売上高が予想148. 7億ドルに対し151. 7億ドル、売上高成長率は前年同期比+6. 0%でした。 部門別売上高は以下の通り: 航空 61. 78億ドル +10% ミサイル 26億ドル +14% ヘリコプター 37. 1億ドル -4% 宇宙 26. 8億ドル +5% 受注残は1,374億ドルでした。 前年同期は1,305億ドルでした。 2019年の一株利益(EPS)は予想21. 23ドルに対し新ガイダンス21. 55ドルが、売上高は予想591. 4億ドルに対し新ガイダンス591億ドルが提示されました。 2020年の売上高は予想627. 2億ドルに対し新ガイダンス620億ドルが提示されました。 コンセンサス予想は一株利益(EPS)が54セント、売上高が1227. 3億ドルです。 ちなみに10月に発表された同社の第3四半期決算は一株利益(EPS)が予想61セントに対し75セント、売上高が予想123. 7億ドルに対し126. 8億ドル、売上高成長率は前年同期比-4. 6%でした。 アップジョン・マイランのスピンオフの後、ファイザー本体はより小さい、サイエンス・ベースの企業になります。 修正一株利益(EPS)成長で業界をリードする存在になることを目指します。 2019年の一株利益(EPS)は予想2. 82ドルに対し新ガイダンス2. 94~3. 00ドルが、売上高は予想514. 7億ドルに対し512~522億ドルが提示されました。 コンセンサス予想は一株利益(EPS)が1. 84ドル、売上高が193. 4億ドルです。 ちなみに10月に発表された同社の第3四半期決算は一株利益(EPS)が予想2. 03ドルに対し2. 21ドル、売上高が予想193. 1億ドルに対し195億ドル、売上高成長率は前年同期比+18. 1%でした。 部門別売上高は以下の通り: オーチス 33. 1億ドル +3% キャリアー 48. 2億ドル -1% プラット&ホイットニー 52. 8億ドル +10% コリンズ・エアロスペース 65億ドル +64%(ただしM&Aを除くと+7%) 2019年の一株利益(EPS)は予想8. 03ドルに対し新ガイダンス8. 05~8. 15ドルが、売上高は予想769. 7億ドルに対し新ガイダンス760~765億ドルが提示されました。 フリー・キャッシュフローは53~57億ドルを見込んでいます。 なお旧ガイダンスは45~50億ドルでした。 同社は将来、オーチス、キャリアーをスピンオフします。 それが完了した後でレイセオンと合併します。 コンセンサス予想は一株利益(EPS)が4. 38ドル、売上高が862. 1億ドルです。 ちなみに10月に発表された同社の第4四半期決算は一株利益(EPS)が予想2. 83ドルに対し3. 03ドル、売上高が予想628. 6億ドルに対し640. 4億ドル、売上高成長率は前年同期比+1. 8%でした。 売上高の内訳は製品が515. 3億ドル、サービスが125. 1億ドルでした。 製品のうちiPhone売上高は-9%の334億ドルでした。 予想は325億ドルでした。 Mac売上高は69. 9億ドルでした。 iPadは+17%の46. 5億ドルでした。 ウェアラブル・ホーム・アクセサリー売上高は+54%の65億ドルでした。 一方、サービス売上高は+18%の125. 1億ドルでした。 サービス・グロスマージンは64. 1%でした。 予想は64. 0%でした。 地域別売上高では米州は+7%の293億ドル、欧州-3%の149. 5億ドル、中国-2%の111億ドル、日本-3%の49. 8億ドル、アジア太平洋+7%の36. 6億ドルでした。 第1四半期売上高予想862億ドルに対し新ガイダンス855~895億ドルが提示されました。 コンセンサス予想は一株利益(EPS)が76セント、売上高が71億ドルです。 ちなみに10月に発表された同社の第4四半期(9月期)決算は一株利益(EPS)が予想70セントに対し70セント、売上高が予想66. 8億ドルに対し67. 5億ドル、売上高成長率は前年同期比+7. 0%でした。 既存店売上比較は+5%でした。 うちチケットが+3%、トラフィックが+2%でした。 2020年度の一株利益(EPS)は予想3. 08ドルに対し新ガイダンス3. 00~3. 05ドルが、売上高は予想284. 4億ドルに対し281~286億ドルが提示されました。 コンセンサス予想は一株利益(EPS)が62セント、売上高が7. 3億ドルです。 ちなみに10月に発表された同社の第2四半期(9月期)決算は一株利益(EPS)が予想92セントに対し94セント、売上高が予想8. 24億ドルに対し8. 33億ドル、売上高成長率は前年同期比+11. 7%でした。 第3四半期の売上高予想8. 49億ドルに対し新ガイダンス7. 1~7. 4億ドルが提示されました。 2020年度の売上高予想34億ドルに対し新ガイダンス32. 1~32. 8億ドルが提示されました。 ファーウェイへの輸出規制、通信向け市場の暗転などが弱いガイダンスの原因です。 <リスク> 米国株式および米国ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「米国株式等」)の売買では、株価等の価格の変動、外国為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化等により、元本損失が生じることがあります。 米国ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。 )や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。 国外株式等の場合には、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために、元本損失が生じることがあります。 なお、外国為替相場の変動により、外貨お預り金の円換算価値が下がり、円ベースでの元本損失が生じることがあります。 本情報は、マネックス証券株式会社(以下「当社」といいます)が信頼できると考える情報源から提供されたものですが、当社はその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。 本情報は有価証券やデリバティブ取引等の価値についての判断の基準を示す目的で提供したものではなく、有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。 本情報に含まれる過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。 本情報は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。 当社は本情報の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。 銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。 なお、本情報は当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。 内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。

次の

ザイリンクス:Xilinx, Inc. (XLNX)~Nasdaq株価速報

ザイリンクス 株価 チャート

ファーウェイ・テクノロジーズに対する 米国の輸出規制が発表される 先週5月15日、米国商務省は中国のファーウェイ・テクノロジーズ(Huawei Technologies:華為技術)に対する輸出規制を発表しました。 これは、アメリカが中国のハイテク企業に対し「鉄のカーテン」を下ろそうとするような行為です。 ファーウェイは、1987年に中国の深センに設立されたネットワーク機器メーカーで、スマホ、PC、タブレット、スイッチ、ルーター、ストレージなどを作っています。 世界170か国で事業展開しており、米国のシスコ・システムズや韓国のサムスンなどのライバルです。 2018年12月1日、ファーウェイの孟晩舟財務部長が、アメリカの要請によりカナダのバンクーバーで当局に拘束されました。 彼女の身柄はアメリカに引き渡され、そこで裁判にかけられることになると思います。 身柄拘束の理由は、ファーウェイがイランへの経済制裁に協力せず、虚偽の申告をして取引を行ったことです。 孟晩舟財務部長はファーウェイ・テクノロジーズの副会長であり、ファーウェイの創業者、任正非の娘でもあります。 米国からの輸出規制が ファーウェイに与える影響は大きい アメリカの半導体メーカーならびにデザイン・ソフトウェア企業は、年間100億ドルにものぼる部品やサービスをファーウェイに対し納入しています。 ファーウェイと商売している92社の部品サプライヤーのうち、33社はアメリカ企業です。 つまり ファーウェイは、中核部品の少なからぬ部分をアメリカに依存しているのです。 中国は「中国製造2025」という国家目標の下、イノベーションによってリードされる経済へと体質改善してゆく方針を打ち出しています。 次世代通信インフラである「5G」は、その重要なプロジェクトのひとつです。 しかし、5Gを実現するためのいろいろなコア技術を考えた場合、現在の中国には「歯抜け」になっている部分が散見されます。 具体的に言うと、5Gの実現には下のようなコンピタンスの動員が必要となります。 1)半導体デザイン 2)RFフロント・エンド 3)半導体製造 4)スマホなどのデバイス 5)ネットワーク・インフラストラクチャ ファーウェイは、これらのうち1)、4)、5)を自社で行っています。 しかし、2)と3)に関しては自社では行っておらず、中国国内に実力あるサプライヤーもありません。 2)に強い企業は、、、、が挙げられます。 また、3)に関しては、TSMC(台湾)、サムスン(韓国)、などに依存しています。 つまり中国は、アメリカから一切部品供給を断たれた場合、独力で5Gを構築するのが現状では困難なのです。 だから、これから急いでそれらの製品の内製化を進める必要があります。 ファーウェイへの輸出規制により 株価急落のリスクが出てきた米国企業も! 今回、米国商務省が発表した規制では、米国企業がファーウェイに部品を提供しようとする場合、まず政府から許可を得ることが必要となります。 これにより、次のような米国企業が影響を受けることになります。 ネオフォトニクスの製品は、100G/200G/400G/600Gの通信ネットワークを実現するのに不可欠で、データセンターや通信会社に納入されるネットワーク機器に組み込まれます。 特にファーウェイとの取引が売上高に占める割合は46%と高く、今回の輸出規制の影響を大きく受けます。 売上高の38%が通信会社、12%がデータセンター、35%が消費者・工業向け製品です。 ファーウェイが売上高に占める割合は11%です。 インファイの半導体は、帯域幅ボトルネックを解消し、レイテンシー(遅延)を最小化するために使用されます。 ファーウェイが売上高の14%を占めています。 ガリウムひ素半導体がミサイルに代表される防衛関連産業で使用されることから、歴史的にコーボならびコーボ製品は、国策の見地から特別な扱いを受けてきました。 ファーウェイが売上高の12%を占めており、ある意味、アメリカ政府が一番中国に渡したくない製品を作っている企業と言えます。 ファーウェイが売上高に占める割合は10%以上です。 ファーウェイが売上高に占める割合は10%以下です。 ザイリンクスの半導体は、ネットワーク機器などに使用されます。 ザイリンクスは、売上高の約半分を代理店経由で販売しているため、最終顧客の厳密なデータは取りにくいです。 地域別では、日本を除くアジア太平洋が売上高の45%を占めています。 このほかに、ネットワーク・テスターなどの検査・計測装置も輸出規制に引っ掛かることが懸念されます。 上記の企業のうちの一部は、 「5G関連銘柄」として株式市場でもてはやされてきた人気株だけに、中国と商売できなくなると株価急落のリスクもあります。 ファーウェイの輸出規制の実施により 中国が米国製品のボイコットを打ち出す可能性も さらに今回、米国がファーウェイに対し輸出規制を発表したことで、今後中国がアメリカ製品ボイコットを打ち出す可能性があります。 その場合は、 などのハイテク製品のみならず、 のようなハイテクに無縁なサービス業やブランドも巻き込まれる可能性があります。 【今週のまとめ】 ファーウェイへの輸出規制により、 投資家に対しても思わぬリスク・シナリオが出現! 米国商務省が、中国のファーウェイ・テクノロジーズに対し輸出規制を発表しました。 アメリカの意図は、中国が5Gを完成することを邪魔する点にあります。 しかし、ファーウェイへの輸出規制を行うことで、ファーウェイと商売をしているアメリカの企業も大きなビジネスを失うリスクがあります。 そのことは、「5G関連株なら堅いだろう」と高を括っている投資家にとって、思わぬリスク・シナリオが現れたことを意味します。 今後、この問題がどう転ぶか、細心の注意を払いたいと思います。 取引手数料もお得で、 米国株なら最低手数料0ドルから購入可能。 さらに、外国株取引口座に初回入金した日から20日間は、 米国株取引手数料(税抜)だ最大3万円がキャッシュバックされる。 また、米国ETFの中で「USAプログラム」対象銘柄は実質手数料無料(キャッシュバック)で取引ができる。 しかもNISA口座なら、日本株の売買手数料が無料なのに加え、 外国株(海外ETF含む)の購入手数料も全額キャッシュバックされ、実質無料になるのもメリット! 【関連記事】 米国株の取扱銘柄数 取扱手数料 (税抜) 3400銘柄以上 約定代金の0. また、一部の米国ETFは売買手数料が実質無料で取引できる。 あらかじめ設定した金額か株数(口数)で定期的に買付する「 米国株式・ETF定期買付サービス」が便利。 NISA口座なら、日本株の売買手数料だけでなく、 海外ETF(米国・中国・韓国)の買付手数料も無料に。 また、米国株の情報入手には、各企業情報が1ページにまとまったレポート「One Pager」、米国株・米国ETFをテーマで検索できる「 米国テーマ・キーワード検索サービス」、さらに銘柄検索やソートができる「米国株式決算スケジュールページ」が使いやすい。 【関連記事】 米国株の取扱銘柄数 取扱手数料 (税抜) 1000銘柄以上 無料 【DMM. com証券おすすめポイント】 2019年12月に 米国株の売買手数料を完全に無料化したことで、取引コストに関しては一歩リード! ただし、配当金が円に両替される際の為替スプレッドが1ドルあたり1円と高いので、配当狙いで長期保有する人は注意が必要だ。 取扱銘柄数は少なめだが、 FAANGなどの有名IT株やバンガードなどの人気ETFは、きちんと網羅されている。 他社と違う点としては、外貨建ての口座がなく、売却時の代金や配当が自動的に米ドルから円に交換されること。 米ドルで持っておきたい人にはデメリットだが、 すべて円で取引されるため初心者にとってはわかりやすいシステムと言えるだろう。 また、米国株式と国内株式が同じ無料取引ツールで一元管理できるのもわかりやすい。 米国株の情報として、米国株式コラムページを設置。 ダウ・ジョーンズ社が発行する「 バロンズ拾い読み」も掲載されている。 【関連記事】.

次の

ザイリンクス(Xilinx)(XLNX):株価 (低配当)|アメリカ株(米国株) | 投資の森

ザイリンクス 株価 チャート

65 3. 01 0. 48 1. 25 -0. 06 -4. 52 1. 56 -0. 07 -4. 74 2. 00 -0. 13 -6. 75 5. 37 -0. 17 -3. 00 1. 70 -0. 13 -7. 59 146. 50 -2. 95 -1. 05 4. 79 -0. 11 -2. 71 2. 05 2. 13 7. 57 -0. 48 -5. 35 2. 02 0. 20 2. 43 -0. 05 -2. 12 4. 11 2. 98 20. 26 -0. 90 -4. 63 59. 07 0. 51 6. 04 0. 46 15. 06 -0. 59 -3. 32 16. 00 -0. 48 -2. 31 16. 25 1. 88 7. 89 -0. 23 -2.

次の