ヒロシのテーマ。 Peppino Gagliardi / Che Vuole Questa Musica Stasera (ヒロシ テーマ曲)

テーマパークに来たみたいだぜとは (テーマパークニキタミタイダゼとは) [単語記事]

ヒロシのテーマ

ヒロシのぼっちキャンプ観てますか? ども、アラフォーおやじのたけっちです。 ヒロシのぼっちキャンプを観ているとオープニングのテロップで曲の歌詞が出ていますが、気になったので和訳してみました。 曲名は「Guaranteed」と言ってエディ・ヴェダーというミュージシャンが歌っています。 前回の動画付きの記事を参照ください。 ヒロシのぼっちキャンプの和訳は素晴らしい! 「Guaranteed」をグーグル和訳などを使って意味を調べましたが、かなりこの番組の和訳担当の人はセンスがありますね。 あ~そう訳すのか!と関心してしまいました。 空のグラスを高々とかかげて、どこへ行こうと自分らしくいよう。 自由でいる為に。 髪に風を感じ自然の中を行く。 見失った道を取り戻す為に。 夜の闇にまぎれ木々が歌っている。 僕の頭上で。 直訳したのではこんな素敵な歌詞にはならないんですよね。 「何だこの歌詞?意味不明だな~。 」となってしまいます。 本当に洋楽の歌詞の和訳ってセンスが問われるます。 ちなみにこの歌詞は中間を省略されています。 「Guaranteed」の歌詞をグーグル和訳で調べてみた。 この歌詞は本当に直訳すると、日本人には意味がなかなか分かりません。 以下はグーグル和訳の直訳です。 屈曲した膝の上に自由になる方法はありません。 空のカップを持ち上げて私は黙って尋ねる。 私のすべての目的地が私のものを受け入れること。 だから私は息をすることができます。 彼らが成長し、人々を全面的に飲み込むサークル。 彼らの人生の半分は、彼らが決して知りません。 私の魂の中に疑問や教師がいっぱいいる。 だからそうなるのです。 近くに来ないでください、または私は行かなければならないでしょう。 重力のように私を保持することは、もし私が家にいてくれる人がいたらそれはあなたでしょう。 私が買ったケージで誰もが遭遇する。 彼らは私と私のさまようと思う。 しかし、私は決して彼らが思ったものではない。 私の憤慨を得たが、私はすべての私の考えで純粋だ。 私は生きている。 いかがでしたでしょうか?かなり難しい歌詞ですよね 笑。 でも例えば・・・ 「私のすべての目的地が私のものを受け入れること。 だから私は息をすることができます。 」というこの直訳を・・・ 「どこへ行こうと自分らしくいよう。 自由でいる為に。 」 と和訳したセンスが素晴らしいですよね。 普通に考えると「自由でいる為に」という言葉はどこにもないんですが・・・。 でも 「息をする事が出来る」というのは、「自分らしくいないと息苦しい」という事ですので、そこに歌詞の冒頭にあった 「自由」を持ってきた和訳力はやはり素晴らしいですね。 ちなみに、後半の歌詞には 「夜の闇にまぎれ木々が歌っている」とありますが、実は直訳すると「夜遅く、木が聞こえる。 彼らは死者と歌っている。 」となります 笑 死者というとちょっと不気味ですが、「魂となった人々」みたいな和訳がいいのかもしれませんね。 この番組では「死者」という言葉はカットしています。 それも番組に合っていいのかもしれません。 ヒロシのぼっちキャンプ テーマ曲の和訳 まとめ 私の友人は週1回、たった15分の「ヒロシのぼっちキャンプ」を楽しみに生きているそうです 笑 しかもあえて録画したものを3日後の木曜日に観るそうです。 そうすると4日後の月曜日にはまた「ヒロシのぼっちキャンプ」が観られるからとの事。 そして月曜日になるとやはり我慢して観ないそうです 笑。 ちょっと読んでいて意味不明かもしれませんが、それだけ好きらしいのです。 そして放送を見始めると、あのテーマ曲と共に曲の歌詞の和訳が流れる瞬間が最高に癒されるとの事。 いや、物凄い中毒者ですね 笑 でも気持ち分かります。 私も曲と歌詞が大好きですからね。 そして、その友人は同じヒロシさんがやっている 「迷宮グルメ 異郷の駅前食堂」を知らなかったので教えてあげました。 「単なるグルメ番組ではなく、ヒロシさんが異郷を訪れる旅番組」だと伝えると、友人は嬉しそうにしていました。 そして1時間も番組の放送時間がある事を伝えるとさらに喜んでいました。 迷宮グルメのテーマ曲についてはこちらの記事をご覧くださいね。

次の

ヒロシは自虐ネタよりツイッターつぶやきの方が断然オモシロい!

ヒロシのテーマ

Q あたしの知り合いが生活保護をうけてます 母子家庭で子供一人です普通に生活してればなんも問題はないと思うですが… 毎月お金がたりないとかいって返すから貸してとあたしや他の知り合いにいってきます あたしは結婚して子供もいて専業主婦なので旦那の給料で全部やっていて余裕なんてないからいつも断ってます。 でも知り合いに気いたら結構貸してたりご飯食べさせたりしてるみたいで一体いくらもらって何に使ってるの?と聞いてもカツカツの金額しかもらってないって言われます。 人のことなので言われるすじあいがないと思いますけど毎回お金ないとか財布に1000円しかないというわりに昼ご飯たべにいこうとか言われて 何なのかなぁとおもいました 車も子供がいるからないと困ることしってるんで内緒に車も所有してます毎日出歩きガソリン代はどこからでてくるんだろうと不思議です 北海道なんですけど 子供一人で母子家庭の保護費って誰か知ってる人いませんか? 本当になくて困ってるならと思いますがやってることがやってることなのでとても疑問です A ベストアンサー 自治体にもよりますけども、子供一人の母子家庭であれば15~17万は最低貰っていると思います。 使い途は支給を受けた本人の自由ですが、あまり贅沢はできませんよ、大概は。 問題は車を所有してる事を隠してる事です。 これ、ばれたら大変な事になりますよ。 生活保護は打ち切られるわ、これまで支給された保護費全額を返済しなければならなくなります。 場合によっては「詐欺」で訴えられる事もあります。 恥ずかしながら私も生活保護を受けていますが、一人暮らしで10万5000円ちょいです。 これでカツカツになる事はありませんよ。 光熱費や家賃を払っても4万位は生活資金に充てられますし、冬場(私も北海道)は燃料手当ても加算されて13万ちょいになりますから、冬場は生活としては非常に楽に生活ができます。 ただ私は「精神障害疾病3級」なので、就活については言われませんが、いつまでも貰い続けていると若い人の場合「仕事をちゃんと探してますか?」とは言われるみたいです。

次の

「ヒロシのぼっちキャンプ」のオープニング曲はエディ・ヴェダーの名曲

ヒロシのテーマ

2019. 01 芸人兼ソロキャンプYouTuberのヒロシさん(撮影:萩原美寛) 「ヒロシです…」で始まる自虐ネタが2004年に大ブレイクした、お笑い芸人のヒロシさん(46)。 いまはテレビにあまり登場していませんが、趣味の「ソロキャンプ」を中継するYouTuberとして活躍しています。 ヒロシさんは、自分の生き方や考え方をまとめた著書『』(講談社)を12月に出版しました。 副題は「君も好きなことだけして生きていける」。 その中で、子ども時代に学校でいじめられていたことについても触れています。 DANROの連載企画「ひとりぼっちの君へ」。 いじめられている人に向けて「あなたが今いるところは、広い世界の中で、ほんの小さな一点です」と呼びかけるヒロシさん。 「学校や会社で辛さを感じている人も、ちょっとした工夫で幸せになれることを伝えたい」と語ります。 お笑い芸人はサラリーマンの世界 『働き方1. 9』(著者:ヒロシ/講談社) 自虐ネタが流行った一発屋芸人ーー。 ヒロシさんは、そんなレッテルから解放されたいと思って、この本を書きました。 「本当の俺は違うんだよ、と言いたかったんです。 最初に編集者から『表紙はいつものスーツではなく、白シャツでいきたい』と言われて、それはすごくいいなと思いました。 僕は番組で富士山に登るときも、『スーツを着ろ』って言われますからね... 」 ブレイク時には月収4000万円を超えたこともありました。 しかし、テレビのお笑いの世界はしがらみが多く、精神的に病んでしまったといいます。 本の中では、お笑いの世界で感じた違和感について触れています。 子どもの頃から憧れていたのは、「面白ければ活躍できる世界」。 しかし芸能界に入ってみると、力を持っている人とのコネクションが重要であることに気がつきました。 お酒が飲めなかったヒロシさんは、飲み会に参加することもストレスでした。 「お笑い芸人とはいえ、サラリーマンの世界です。 先輩に気に入られるために、飲み会でお酌をして、お世辞をいう。 そしてネタをつくって、テレビ局のオーディションに行って、テレビ局の人と飲み会をして...。 どんだけ時間をかけるんだよ、と。 でも、今はネットがあるから、速攻なんですよ」 インターネットの時代がきた。 ヒロシさんがそう強く感じたのは、動画共有サイト「YouTube」が登場したときでした。 撮影から公開まで、すべてひとりでこなすことができます。 「ネットはこんだけパワーがあるのかと思いました。 圧倒的に自由です。 僕は人が苦手なんですよ。 一緒にものを作るのって、正直うんざりなんです。 何かを決める時に、周りに気をつかわないといけません」 ヒロシさんは2015年にYouTubeで「ヒロシちゃんねる」を開設しました。 淡々とひとりでキャンプをする動画を中心に配信しています。 焚き火をしたり、魚や肉を焼いたりする様子が映し出されています。 ヒロシさんにとって、ソロキャンプは「日々のしがらみから脱却した息抜き」だといいます。 「ソロキャンプは、ひとりで何でも決められます。 変な煩わしさって、友達でもあるじゃないですか。 食事のメニューを決めるのも、気をつかって合わせないといけない。 もし雨が降って面倒くさくなったら、帰ってもいいし、ホテルに泊まってもいいんです」 「ヒロシちゃんねる」の現在のフォロワーは約30万人。 月収は80万円を超えることもあります。 組織のしがらみの中で鬱々と仕事をするのではなく、自分ひとりで好きなことを仕事にできる。 そんな「個の時代」がきたと考えています。 小学生の時、いじめを受けていた ヒロシさんは、子どもの頃から集団に馴染めませんでした。 小学2年生で転校したときに受けたいじめを振り返ります。 「僕、相当いじめられていたんですよ。 転校生だから『お前はスパイだ』と言われたり、石を投げられたりしていました。 毎年秋の運動会で、対抗リレーがあって、地区ごとに代表を選ぶんです。 俺が一番早かったんだけど、先輩から『お前はダメだ』と言われた。 単に気に入らなかったからですよ」 特に辛かったのは、同級生や先輩からだけでなく、先生からも、ひどい扱いを受けていたからだといいます。 「先生が家庭訪問で、僕の住む地域に来る日がありました。 放課後、近所の友達2人が『どうせだから、先生の車で家まで送ってもらおうよ』と言うんです。 3人で駐車場で先生を待っていた。 そしたら、先生が来て『斎藤(ヒロシさんの本名)、お前だけ歩いて帰れ』と。 嫌いだったんでしょうね。 さすがに泣きながら帰りました」 学校に馴染めない辛い日々。 そんなとき、心の支えとなったのが、お笑いでした。 クラスの誕生日会で、当時人気だったドリフターズのモノマネをした時の思い出を語ります。 「みんながどっと笑ったんです。 そわそわっとしました。 なんだこの感覚は?と。 とても気持ちがよかった。 みんなにウケたときの喜びは今でも覚えています」 その頃から、ヒロシさんはお笑い芸人に憧れるようになりました。 いじめを受けて悔しかった時は「俺は人気になって売れて、いい生活をしてやるんだ」と言い聞かせていました。 「何の根拠で芸人になれるって思ってたんでしょうね。 でも、そう思うことで耐えていたんです」 そんな苦労があったからこそ、今のキャラクターがあるのかーー。 ヒロシさんはそう聞かれることが多いそうです。 しかし「苦労は報われるというのは迷信だ」と考えています。 そんな辛い経験はないほうがいい。 ヒロシさんは、今同じようにいじめを受けている人に向けて、「辛かったら逃げだしたらいい」と話します。 「あなたが今いるところは、広い世界の中で、ほんの小さな一点です。 ペンシルの先みたいなもんです。 たまたまくだらない学校のくだらないクラスに入っただけ。 世の中には絶対にあなたに合う人がいます。 学校が辛かったら、登校拒否すればいい。 そして、YouTuberになればいい。 『引きこもり』実況をして発信すればいいじゃないですか。 有名になって、見返してやりましょう。 好きなことをやって、発信して、共通の仲間と繋がる。 そういう時代がきていますよ」.

次の