きららファンタジア。 きららファンタジアのガチャは渋い?確率や仕組みを考察してみた!

きらら(きららファンタジア) (きらら)とは【ピクシブ百科事典】

きららファンタジア

と、な冒険と。 きららファンタジアとは、よりおよびで配信中の向けである。 概要 「」系列の達が大する。 に開催された「タ」にて発表された。 は「きらファン」。 ストーリー たちの過ごした日々は、 を癒すになる。 その恩恵を受けて、人びとはあたたかく、しあわせな暮らしを送っていた。 ある者によって、はそのを封印されてしまったのだ。 その者の名は筆頭官ヴ。 の右腕だったはずのの謀略により、エトワのは乱されようとしていた。 こののに、立ち上がった1人と1匹。 に務めていたとはを救う方法をめて、に出る。 なんとは、「」のたちに呼び掛け、たちを召喚するの『』を使える召喚士だったのだ。 の願いを聞いたきららは、共にヴを止める決意をする。 のを取り戻すため、たちの冒険がいま、始まる。 「」より シナリオ 関係について、に関わるきららののの監修が行われていることが、開催の「展」のきらファンで解説されている。 メインシナリオ 画面の「」から行ける、の達と、きららを始めとした達が織り成す、を救うためのな冒険。 、および1〜8章、がある。 以降、や第1章から順次対応された。 クロモンやなど、元からが設定されてないは対応されていない イベントシナリオ 10〜14日間開催されているを進めることで読める。 基本的な形式としては、収集でを集め、トレードで各種と交換する形式である。 というより形式はだいたいこれ。 収集やで手に入る挑戦(挑戦券)を使用してする「強敵」や「乱戦」ではよりが入手でき、場合によってはの「極」やよりの「」もある。 頻度は少ないが、所謂BOX形式でを入手するものや、総出でを稼ぎ、その総計獲得で追加報酬がもらえる形式もある。 の内容としてはおおまかに、新たに参戦する作品の中心の、2つ以上の作品を中心に繰り広げられる(ではと呼んでいる)、や、などの季節モノがある。 は1に2種あるが、については異なる作品の同士の掛け合いになる都合上、解釈の齬がないか気を遣うためなのか、によってまばらである(は不定期ではあるが追加されている)。 メモリアルシナリオ 画面の「」から行ける、5が存在するのを軸とした特別な。 全編でお送りされる。 作家シナリオ 画面の「」から行ける、きららを進めて読める。 このは、監修の立場だったきららが からを手掛けている。 場合によってはで登場する敵も手掛けていたり、描きおろしのも交えながらが進められたりする。 を最後まで進めるとと同じく収集・強敵・極が解放される。 収集で低でする挑戦を使用して挑む強敵では、低で希少の「エトワリウムのかけら」がする。 では、きららのにあたる開発裏話なども聞けるが開されている。 「CO -A tl -」……の得正が担当。 「きんいろ」……のが担当。 「からみねーしょん」……のが担当。 「の小屋のしき」……のが担当。 「野クルと」……のが担当。 バトル 味方3人と敵最大3体 毎 で行う。 味方は2人・1人と交代可。 編成画面では各につき1種のぶきを装備でき、にはぶきに応じたを使用できる。 本は「」を採用しており、画面中央よりやや下に位置するの一番右端に位置するのから行動する。 通常攻撃や、ぶきを使用して行動したのはの左へと移動し、再び右端に位置するまで行動できない。 使用したによっての移動位置が異なり、左へ行けば行くほど次の行動が遅れてしまうため、味方や敵の行動順や、どの場面でどのを出すかなど、先を見据えた判断が重要となる。 とっておき 画面下部には「とっておき」というがあり、一定量溜まるとがり(最大3つ)、を1つ分消費してそのならではの「とっておき」が発動することができる。 発動には時間がかかる分大を与えられたりと強。 が複数溜まっていれば、上で隣接した味方と連続してとっておきを使え、2番手以降のとっておきの効果も大きくなる。 とっておきの内容について、3は共通のモーションであるが、4以上のはその固有のとっておき演出で行われる。 固有の内容はのに因んだものが多く、• のフィードを基にをして攻撃する()• を食べてを溜め、の如く敵に打ちつける()• の菜園で育てたやで味方を回復() など正統なものもあれば、• 葉でにを入れ、そのから発射された線で攻撃する()• 陽子とのツーを見て慌ためき、その際に発生したで攻撃する()• 崖から落ちようとするを助けようと掴み、その際ので大回転して敵に突撃する(優) など いややや奇なものまで多種多様。 強化は後述する曜日などで、は所持済みのが召喚でったときやなどで入手できる。 は毎(3:、4:果実、5:結晶)かつ毎に種類がある(例えば「うつかいの果実」なら4のうつかいにのみ使用できる)。 また、結晶は毎の他にも、作品毎に使用できる結晶(例えば「の結晶」は、5ののにのみ使用できる)や、すべての5に使用できる名の結晶石(の「強化」から入手できる)がある。 特に結晶はで入手できる結晶がとなるので、育てているに対応した結晶が報酬にあるは忘れずにしておきたい。 各には2種と「とっておき」があり、これらにもが設定されている。 でそのの使用を重ねていくとが上がり、再使用までの数減少やとっておき効果の増加などの恩恵を受けられる。 (ちなみにこれら名ととっておき名は中のであることがほとんどなので、を見てを探すのも一。 ) 進化 0(5)または(4)になったは、を使うことでできる。 も再び使用でき、最大で(5)または(4)まで成長する。 なお させたは前の外見やとっておき演出に戻すことはできないVer. 0のにより編成タブからの前後表示切替を。 これにより前の表示にすることでとっておきにおいても前の演出を見ることが可になった。 専用ぶき 一部の5はになった際、本人専用のぶきを入手できる。 基本的に専用ぶきの意は、その5のに描かれているものとなっている。 ぶきもに手に入るぶきのそれとは強になっている。 専用ぶきはぶき及びを一定値まで上げ切る毎にできるようになる。 にはに報酬やの「専用ぶき強化」で入手できる希少「エトワリウム」が複数必須となり、最大で4回させることができる。 ぶき3回では開始時から適用される自動発動も付加される(常時狙われやすさ、スタン状態にならない…. )ようになり、ぶき4回では名および効果も変化する。 効果は基本的に強化される方向での変化が多いが、これも によって変化前のに戻せなくなるので計画的に。 専用ぶきの強化・は非常に険しいのりだが、上述したを進めるうえでの必須条件であることや、がより強になり各種強敵で重宝するようになるので、育てていきたい。 クラス 前述したように各にはが設定されており、ではそれぞれ役割が異なってくる。 せんし 攻撃や素さが高く、攻撃を行うアタッとして活躍する。 対の切り札となりうる。 防御もり。 欠点として、使用できる攻撃が敵単体に対するものばかりなためにやや殲滅に欠ける。 また攻撃には非常に脆弱。 まほうつかい その名の通り攻撃を行うで、せんしと同じくアタッとして活躍する。 全体攻撃を行えるが非常に多く、周回などでも非常に重宝する。 防御もり。 欠点として、がかなり低く防御が壊滅的なため単体で攻撃を行う敵の前に立ち続けるのが困難、ナイトでのなどが必須となる。 また素さが全でもっとも低いので攻撃が後手になりやすい。 そうりょ 味方を回復したりパラメータを強化させたりする。 回復を覚えるため、長期戦では欠かせない存在となる。 に防御がナイトに匹敵するなため攻撃しかしてこない相手には非常に堅。 欠点として、一部のを除けば基本的に攻撃面に期待はできない。 の敵相手では回復するよりもせんしやうつかいによる攻撃偏重編成でやられる前にやる方が時間がかからないので、価を発揮するのは強敵相手となる。 ナイト 自身に攻撃を集中させたり、防御パラメータを増加させるを覚える。 通り味方を守る役を担う。 役の通りにと物魔の防御は非常に高い。 強敵相手では、このので敵の攻撃が他に行かないようにし、そやで援護しながらアタッでを稼ぐのが基本戦術の一つであり、重要な役を担っている。 欠点として、攻撃面はせんしほど高くはなく、素さも遅め。 アルケミスト 敵のパラメータをさせたりにさせたりなど、相手への妨がとなる。 強化施設によりの上がる一のであり、施設による強化を含めればせんしの素さを誇る。 強敵相手では相手をさせつつ、アタッのとっておきで特大を与える一撃必殺戦術を行える。 欠点として、素のが全体的に低く、ピンなを持つが多いため汎用性に欠ける。 強敵相手に価を発揮させるにはやや慣れが必要。 担当ゆえにの調整が難しいのか専用ぶきのあるが他のより少なめであったが、徐々に増えてきている。 里 たちがを過ごす冒険の拠点。 各きらら作品に因んだ、その作品ののパラメータを底上げする効果を持つ施設(施設)を建てられ、その周囲にはののパラメータを底上げする施設(強化施設)とやを生産する施設(生産施設)を建てることもできる。 を進めることで建てられる施設数も増え、ごとにの里づくりができる。 時間帯によっては、後述のムで生活しているきららのが施設上に表示されており、するら(内の一つ)が手に入ったり、スタミナが微量回復する。 里の中心部(画面)では、下記の3つの場所および「召喚の館」「きららム」に行ける。 (2つは後述) クエスト 前述したや、、を進めるのに通うことになる。 その他にも以下のを行える。 曜日……の強化やを入手できる「収穫場」・「採掘場」、ぶき強化が手に入る「修練場」などがある。 それぞれ曜日によって手に入る種類(や)が異なる。 チャ……土日に開催している、以前ので登場したに挑戦できる(敵の強さなどはその時のから変更されていることがほとんど)。 して入手できるチャは、トレードでと交換できる。 商店街 以下の3施設からなっている。 屋……が経営する施設で、きららムのムや、里に設置できる施設を建設できる。 ……が経営する施設で、が装備するを作成・強化できる。 また、エトワリウムを使うことで、5専用をさせることができる。 トレード……商人が経営する施設で、などで入手できる交換や、収集を各種と交換できる。 訓練所 里に住むラが経営する施設。 5一組でを行え、の他に強化やぶきなどを入手できる。 はのにより最大4種まで同時に行える。 なお、中のであっても参加不可などの制限はない。 召喚の館 里のが管理している施設。 でいうをする施設であり、その名の通りきらら作品のをエトワに召喚()する。 召喚は「5:」「4:1」「3:86」。 召喚1回につき石(い話が)を個使用する。 10連召喚(石0個)の場合は初回に限り石個で行える。 召喚するたびにが「次回も頑ります! 」と意気込むが、頑るのはあくまできららの召喚であって5の召喚ではないので5が来なくてもまないでほしい。 召喚の種類には、新規登場や限定登場するが中心の名を冠した召喚の他、の作品のがされた「セレクション召喚」、不定期であるがの・のみのが召喚されるモノもある。 (このうちセレクション召喚では、期間限定で登場したがされる場合もある) 開始から日毎には、有償石0個を消費するが期間限定以外の任意の5を入手できるチケットを入手できる召喚が開催される。 直近1〜2ヶ以内に登場した5は対外だが、元々5の多いであるので、対に推しがいたりに抵抗のない人は利用してもいいだろう。 召喚チケットなどによる単発召喚ができず初回の10連でも石0個が必要だが、10連1回ごとに交換も入手でき、7回には確定で5を召喚できるチケットが手に入る。 俗にいうを採用した召喚であり、石0個(額2万相当)でに行け、途中で5が召喚されてもントがされないが、(雑誌ごとで多少絞れるとはいえ)されるがいないのでの当てで召喚するのは難しい。 また、一定期間ごとのでント数がされる場合があるので、当該のお知らせがあるときは注意。 キャラクターのレアリティについて• 3……の表やなどの流用で、一部のに存在する。 当然これらのはエトワ専用ではないので、やムでのものそれである。 4……エトワ専用の描きおろしで、はそののに沿った色合いになっている。 ほぼ全てのきららにこのが存在しており、中などでのは基本的にこのが使用される。 5……というよりはというほど描きこまれている描きおろしで、は4のそれとは異なっている場合もある。 最高なので一部のしか存在しない。 一部のでは、このが大きく表示される演出がある。 一部のは5用のも存在するが現状はなどで一時的にしか見ることが出来ない。 その他• 開催中のと連動した召喚が開催される際は、前半と後半で分けられることが多い。 前半後半それぞれでされるが異なるので、に確認してう。 1体を召喚するごとに「の」というを1個入手できる。 トレードでやの配布との交換に使用できる。 既に所持済みのが召喚されてった場合は、代わりにそのの・に応じたが手に入る他、が手に入る。 が各毎に設定された一定量まで溜まるとそののが上がり、パラメータが底上げされる。 最大までした状態の4または5のがった場合は、のかけらというを入手でき、好きな4または5のを召喚できるチケットの交換に使用できる。 の「召喚」から入手できる「ホルダー」を使用することで、4および5の召喚を上げる事ができる。 ただし、召喚自体がではないこと、を上げるだけで5を確定で召喚できるわけではないことから、使うは考える必要がある。 ルーム(きららルーム) 召喚したきららたちを住まわせることのできる施設。 里と同じく要素があり、好きなきらら(最大5)たちを住まわせたり、を配置したりと、こちらものづくりができる。 の種類には、「」と大きく書かれた・、の、、机、など多種多様。 中には「」のや「」の没の山、「」ののような各きらら作品に因んだもある。 ム内のもソに座ったり、を持ったりなどに応じたを取ることもある。 (配信前の紹介画像では、 某週刊雑誌の三ヶ条で知られる・努・と書かれた和や「」で登場したさん寝袋などがあったが、の画像だったためか製品版では存在しない。 ) 住んでいるは時間として活動しており、ムで活動していることもあれば里の施設に訪問していたりする。 には コニーこんにちはとしてきたり、には就寝しているを見ることができる。 寝てるはすれば起こすこともできる。 また、ムの床・・も変更することができ、や、のような趣を出すこともできる他、南ビーチや場のような屋外のムづくりもできる。 屋外なのにム()とはこれ如何に。 ムはとの2種類あり、それぞれでムづくりできる。 ムはが訪問する時に参照され、逆に自分がのムを見に行けたりする。 登場作品・キャラクター 時点で判明しているのみ。 今後も追加予定。 登場作品 エトワのに召喚されるにあたって、全に「」「」が割り当てられる。 以下の表は通常で召喚される4のものであり、3や5のものや各種限定のは、異なった「」「」が割り当てられている。 例えばの場合、3には陽・ナイトと・が、4には・そ、5には陽・そ 通常Ver. と陽・うつかい Ver. がいる。 一部のは通常の4がでの配布によるものもある。 この場合は後日「の」で交換可。 因みに、や化などされていなかった、該当作品ので登場していない等の事情から こので初めてが付いたもごく一部いる。 また5のみ存在し3や通常4が存在しない場合は名の後ろにを付け、とは5のものを揭載した。 and re! 休刊後、ットにて連載。 4が存在。 4が存在。 4のみ。 4のみ。 登場している作品はほぼや化した作品が占めている。 また、新規参戦する作品は以下のが当てはまりやすい。 放映中ので参戦告知が流れ、その後参戦する。 「」以降のはだいたいこの方式で参戦している。 当初は後1ヶ以内に参戦していたが、時期的な都合からか放映中(話数で言うと6〜12話あたりの時期)に参戦するようになった。 既にされた作品がする際などに、そのの最終巻の発売日にで参戦告知が開され、その数ヶ後に参戦する。 「」や「」などが該当している。 特番などで発表される。 「」や「」など、放送中だったり最新巻が発売されると合わせての発表が多い。 オリジナルキャラクター きらら作品を題材としているだけあってか、()担当者も系列にて連載しているか連載経験のあるが占めている。 また、一部のは5か配布4としてされている。 この他、でのみ登場するもいる。 きららファンタジア• - より きららファンタジアについてレーしていく。 全27話。 にて「」を連載したが描いている。 1話1方式で毎週にしていた。。 を見て終始歓喜の叫びを発したり、を見た途端流れるようにひれ伏したり、新が滞っていた際にを音読し始めたりらが非常に大きいを中心に活躍している。 配信前の連載だったのでのクションは脚色の加えられたものかと思いきや実際のでもりしていたので面喰らったも多いとか 我らクロモン調査団• - より kusuが描く、敵"クロモン"がきららファンタジアを1でざっくり調していく。 全10話。 コミカライズ• - にてから連載。 後にきらら本誌 で連載された「」等を手掛けた鴻巣覚がを担当。 だが毎週ではないので注意。 楠木ともりのきららファンタジアラジオ• - より、のにて分から放送している番組。 きらら役のがを務め、きらファンにも出演しているをに迎えている。 ではいくつかお便りがあり、の出演作品に因んだを行うこともある。 番組の最後にはきらファンの開催中のや、今後開催予定の、専用ぶき追加などの内容が紹介されることもある。 1の終わりにはが恒例となっている。 は「きららジオ」。 きら ラジオではなくきら らジオ。 主題歌・OPアニメーションスタッフ.

次の

きららファンタジア (1) (芳文社コミックス/FUZコミックス)

きららファンタジア

天野聡美)」の出現率がアップします。 吉岡茉祐)」の出現率がアップします。 さらに、今回のピックアップ対象キャラクターは、6月9日(火)より開催されるイベント「エトワリア野球対決」にてイベント素材のドロップ数がアップする「イベントボーナス効果」を持っています。 本イベントは、『きららファンタジア』オリジナルストーリーが楽しめるシナリオクエストと収集クエスト、【超強敵】クエスト、【極】クエストで構成されています。 また、シナリオクエストを全てクリアすると、全4節からなる後日談シナリオを読むことができます。 イベントで手に入る素材「バット」を集めて、トレードショップで交換することができます。 】 今回のイベントシナリオには、「ひまりのまわり」の原作者・桜木 蓮先生描き下ろしのオリジナルキャラクターが登場します。 彼女の活躍にもご注目ください。 【アイテムセット「エトワリア野球対決」きららパスポート販売開始!! 】 6月9日(火)17:00より「エトワリア野球対決」きららパスポートを販売します。 【購入可能期間】 2020年6月9日(火)17:00 〜 6月23日(火)11:59 【ルームショップに「球詠」関連アイテムが登場!! 】 ルームショップに「球詠」モチーフのアイテム「野球セット」、「球場と合宿場の床」、「球場と合宿場の壁」、「球場の背景」の4点が追加されます。

次の

【きららファンタジア】(きらファン)木ノ幡みら、真中あお、が登場!

きららファンタジア

」など人気作品が多数登場する、完全新作のオールスターRPGです。 ゲームには、きらら作家陣描き下ろしの「かわいい」イラストや、録り下ろしボイスが登場し、作品の垣根を越えた夢の共演を楽しむことができます。 バトルはきららならではの「楽しく」 「かわいい」演出を体感いただけます。 」 原悠衣「きんいろモザイク」 はりかも「うらら迷路帖」 三上小又「ゆゆ式」 ……ほかタイトル続々参戦予定! 【オリジナルキャラクターデザイン】 蒼樹うめ 黒田bb きゆづきさとこ 原悠衣 得能正太郎 ……and more! その恩恵を受けて、人びとはあたたかく、しあわせな暮らしを送っていた。 ある者によって、女神ソラはその力を封印されてしまったのだ。 その者の名は筆頭神官アルシーヴ。 女神ソラの右腕だったはずの彼女の謀略により、 エトワリアの平和は乱されようとしていた。 この世界の危機に、立ち上がった1人と1匹。 神殿に務めていたランプとマッチは女神を救う方法を求めて、旅に出る。 なんと彼女は、「まんがタイムきらら」のキャラクターたちに呼び掛け、 彼女たちを召喚する伝説の魔法『コール』を使える召喚士だったのだ。 世界の平和を取り戻すため、少女たちの冒険がいま、始まる。

次の