ベンツ ボンネット 開け 方。 ボンネットの開け方や閉め方は?国産車や外車の操作方法を確認

ボンネットを閉める正しい方法

ベンツ ボンネット 開け 方

お電話で廃車をご依頼されるお客様は 車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。 ボンネットの開け方、閉め方を知ろう ボンネットの開け方や閉め方は非常に簡単です。 基本的にはレバーを引くだけで、ボンネットを開けたり、閉めたりすることができます。 細かな手順を再確認してみましょう。 ボンネットの開け方 1:運転席の足元付近のレバー(ボンネットオープナー)を引く 多くの車には、車のボンネットが開いている絵のマークが記されています。 一目で見て、すぐにボンネットのレバーと判断できますので、このレバーを引きます。 ボンネットを開けるためのレバーを引くと、「ボンッ」と音がしますので、音がするまでレバーを手前に引きます。 ジムニーなど運転席の足元にボンネットを開けるレバーがない場合、助手席のグローブボックスの中にあるので見つからない場合そこも探してみると、ボンネット開閉用のレバーを探すことができるでしょう。 2:ボンネットが半開きになるので、ボンネットとボディの隙間に手を入れてレバーを動かして開ける ボンネットが半開きになると、ボディに隙間が生じるので、この隙間から再度レバー操作をします。 主に上下に動かす場合と、左右に動かす場合があるので、初めての車の場合にはどちらに動かすのか試してみる必要があります。 3:ボンネットステーという棒をエンジンルームのどこかに挿し込めるくぼみに入れて固定する ボンネットを開けることができれば、最後にボンネットステーをエンジンルームのどこかに固定します。 ボンネットを固定できないと、手で支え続ける必要がありますので、ボンネットを開けたら、どこにステーがあるのか確認しましょう。 このボンネットを固定する方法ですが、大きく分けて3つの方法に分けられます。 ボンネットのレバーを引き開けたらそのまま自動で開きボンネットステーが必要でないもの。 次にステーを固定しなければならないもの(ボンネット側についているものと、車側についているものがある)。 最後にステーがロックされているものです。 車種によって異なりますので、どのようにステーを固定するのかを確認して、しっかりとボンネットがステーによって固定されていることを確認しましょう。 ボンネットの閉め方 ボンネットを閉めるのは、開ける時よりも簡単です。 基本的には、開ける時と逆の手順で閉めていきます。 1:まずはステーを外すこと(ステーを挿し込む必要がない車は2の手順から) いきなりボンネットが落ちてきて怪我や破損をしないためにしっかりと手でボンネットを支えて外します。 ステーが固定されていますので、丁寧に外して、ステーを固定する部分にはめ込みます。 2:20~30㎝の高さから手を放して落として閉める いきなり高い所から手を離すと、大きな音がして、衝撃が加わりますので、ある程度の高さまで手で支えてから手を離します。 放しただけで閉まらない軽めのボンネットの場合は軽く勢いをつけて閉めることが必要です。 軽自動車で小さなボンネットの場合には、勢いをつけて閉めるか、もしくは手で抑え込んで閉めることが必要になるでしょう。 3:きちんと閉まっているか、ボンネットを軽く押すか、動かしてみてガタガタ揺れないか確認 ボンネットはきちんと閉める必要があります。 開け方の所でも触れましたが、ボンネットは半開きの状態があります。 ボンネットを閉める際には、半開きの状態になっていないか、再度確認をしておきましょう。 車種によっては、半開きの状態が非常に分かりづらいので、走行している時に初めてボンネットが半開きになっていることに気付く場合もあります。 それでボンネットを閉めた時には、再度手で押してみてチェックすることが大切です。 ボンネットを開ける、閉めるときに注意すること! ボンネットの開け閉めの際に、注意しておきたい点を確認しておきましょう。 破損に注意! 簡単に出来るボンネットの開閉ですが、破損が起きないように注意する必要があります。 よくあるのは、ボンネットを開ける時に、ワイパーを上げたままにしておき、ボディを傷つけてしまうというケースです。 洗車をした後に、エンジンルームを確認しようとボンネットを開けると、このような失敗をしてしまう事があります。 ボンネットを開ける前には、ワイパーが下がっている状態なのかを確認してから作業を行いましょう。 せっかくの愛車ですので、ボンネットを開けるという作業で傷つけることがないように、ボンネットを開ける前に確認するのを忘れないようにしましょう。 またボンネットを閉める時には、一度手で支えてボンネットを下ろしてから、手で抑え込む方法もあります。 しかしアルミ製の軽いボンネットの場合には、手で抑え込んだ部分がへこんでしまうケースもあります。 簡単に閉まらないだけでなく、ボンネットを傷つけることにもなりかねませんので、一度20cm~30cmの高さまで支えてから、手を離すという方法で確実にボンネットを閉めましょう。 国産車と違う?外車のボンネットの開け方 国産車とは異なり、外車の場合にはボンネットの開け方が異なることがあります。 ボンネットを開けるレバーの位置だけでなく、ボンネットを開ける手順も異なるケースもあります。 主な方法を紹介しておきましょう。 外車のボンネットが開かない場合 ・BMWやミニの場合 BMWやミニの場合には、ボンネット側にはレバーがなく、運転席のレバーを2回引いてボンネットを開くものがあります。 通常であれば、レバーを引くとボンネットが半開きになり、ボンネット側のレバーを引きます。 しかし外車の場合には、1回レバーを引くとボンネットが半開きになり、2回目のレバーを引くとボンネットが開くようになっている車種もあります。 ボンネット側にレバーが見当たらない場合には、運転席側のレバーを2回引く必要がある車種かもしれません。 ・運転席にレバーが見当たらない場合 運転席の下側に、ボンネットを開くレバーがない場合には、助手席側にレバーが設置されている車種もあります。 ベンツのVクラスなどは、助手席のボックスの中にレバーがあります。 運転席側にレバーが全くない場合には、助手席側を再確認してみましょう。 ・ベンツの場合 ベンツの場合には、運転席側のレバーを引くとボンネットの下からつまみが出てきます。 ボンネットが半開きになったら、つまみを引きながらボンネットを開けると、フックが取れてボンネットを開けることができます。 運転席側のレバーを引くと、ちょうどベンツのマークの左側からつまみが現れます。 このつまみを引くことでボンネットを開けることができるのです。 まとめ ボンネットを開けたり、閉めたりするのは、非常に簡単です。 しかし思わぬ破損につながったり、ボディを傷つけたりしてしまう危険性もありますので、丁寧に作業するようにしましょう。 ボンネットは意外と重量もありますので、手を離した際に手を挟むことがないようにも注意しておきたいものです。 また外車の場合には、ボンネットの開閉の仕方が国産車と異なるケースもありますので、この記事の手順を参考にして、ボンネットを開閉してみてください。 エンジンルーム内のチェックは、愛車のメンテナンスには欠かせません。 確実にボンネットを開閉できるようにして、愛車が故障しないようにエンジンルームのチェックをしていきましょう。

次の

車のボンネットが閉まらない!その原因は?

ベンツ ボンネット 開け 方

英語圏ではエンジンフードやエンジンリッドの名称も用いられるが、日本では一般的にボンネットの名称が用いられる。 英語圏でもアメリカとイギリスで用語が異なる理由としては、英国の用語ではフードとは乗員が搭乗するキャビンの屋根に被せられた布製のカバー[1]のことを示すためである。 1930年代から1940年代までに作られた自動車では、キャビンの屋根であるフードとエンジンルームの蓋であるボンネットは構造上もその機能的な位置づけも類似していて、悪く言えば両者ともただの覆いに過ぎない存在であったため、必要に応じて開閉と同時に取り外すこともできた。 近代的な自動車では、両者は覆いという元の目的そのものは同じであるものの、空力特性の改善、キャビンの気密性の向上、エンジンルーム内の保温性または排熱性などの様々な機能性を持たせるために、ボディと一体化して特化した機能性を持つ存在となり、もはや両者は構造上は類似性が見られないものとなっている。 出典: ちなみにボンネットの歴史はこんな感じです。 現代のボンネットはこんな歴史があって今の形になったようです。 みなさんは車のボンネットを開けたことがありますか。 一度も開けたことがないという人のためにまずボンネットの開け方を確認します。 ボンネットを開けるには運転席の足もとにある車のマークのレバーを引っ張ります。 車種によってはレバーだけのタイプもありますが「ボン」という音がしてボンネットが少し浮いたらOKです。 車の前方に回りボンネットを持ち上げます。 ボンネットの真ん中部分に指を入れてみましょう。 何か当たったら左側に押してみてそのままボンネットを持ち上げてみて下さい。 フックが簡単には開かないように固定されているため、苦労するかもしれませんがここをクリアすると後は固定です。 エンジンルーム内に細長い棒がありますのでボンネット側にある穴に棒を通して引っ張って取り、手を離してボンネットが落ちてこなければ大丈夫です。 今回の手順なくもっと簡単にボンネットを開けられる車もありますので、まずは愛車のボンネットを開けてみましょう。 その後に日常点検開始です。 出典: ボンネットってみなさん開けたことあります?もし開けたことがなければ開け方もわからないですよね。 開け方がわからなければ、車の点検もできないのでボンネットの開け方をおさらいしましょう!!.

次の

メルセデスベンツ A180 ボンネット開け方: 自動車日記

ベンツ ボンネット 開け 方

皆さんは自分の車のボンネットを開けることはありますか。 自分でできる限りのメンテナンスをお勧めしている私としては、定期的にボンネットを開けてチェックして欲しいと思っています。 ボンネットの開け方は誰がやっても同じです。 室内にあるレバーを引いてロックを外し、ボンネットのレバーを押して上にあげるだけです。 ボンネットを開けたまま固定する方法は車によって若干違いますが、それほど大きな問題はないでしょう。 では、エンジンルーム内をチェックしてからボンネットを閉める時、どうやって閉めていますか。 ボンネットの閉め方は人によって様々で、正しい方法を知っている人は多くありません。 間違った閉め方をすると、ボンネットを凹ませてしまう場合もあります。 ここではボンネットを閉める正しい方法とその意味を説明します。 一般的に行なわれているボンネットの閉め方 ボンネットの閉め方には大きく分けると以下の方法があります。 手でボンネットを支えながらそっと下し、ロックさせる時に手で押し込む ガソリンスタンドなどでオイル交換したり、ウォッシャー液を補充してもらった場合にこんな閉め方をしている店員を良く見かけます。 大きな音もしないので、車を丁寧に扱ってくれている印象を受けます。 手で支えながら下げていき、完全に閉じる少し前に手を離す ゆっくりとボンネットを手で支えながら下げていき、完全に閉じる少し手前、およそ20㎝から30㎝の位置で手を離し、落下させて閉じる方法です。 ボンネットを落とした際にやや大きめの音がします。 車のボディの進化 車は重くなればなるほど燃費は悪化し、ブレーキの効きも悪くなり、加速も鈍くなります。 色々な快適装備を付けようとするとどんどん重くなっていきます。 本来、車は軽い方が基本性能は高くなるのですが、その時代的にどうしても欠かせない装備を加えていくと必然的に重くなってしまいます。 しかも時代が要求する装備は増える一方です。 また車が衝突した時の搭乗者の安全性も高めなくてはいけません。 これらの条件を満足させるために、現代の車ではボディ外装を軽くしてことで対応しています。 軽く、すなわち薄くしていっても、必要な強度は維持しなくてはなりません。 そのためにボディパーツ毎の形状で強度を出しています。 例えば丸みを持たせた形状にするなどで強度を出しているのです。 またアルミ製のボンネットやボディの車も増えてきています。 昔の車のように頑丈で分厚い鉄板の車が良いという時代ではなくなってきているのです。 欠点がある、手でロックまで押し込む方法 この方法は静かにボンネットを閉めることができるので、いかにも車を大切に扱っているように感じます。 それ故にガソリンスタンドなどで用いられているのでしょう。 ですが、現代の車のボンネットは非常に薄くできていたり、アルミ製のものまであります。 こんなボンネットを上から手で押すとどうなるでしょう。 簡単に凹んでしまい、鈑金しないと直すことができません。 特に アルミ製のボンネットの場合は注意が必要です。 またボンネットのロックも手で押しただけでは不十分な場合があります。 しっかりロックが掛かっていないと、走行中にボンネットが開いてしまう危険性もあります。 正しいボンネットの閉め方は 現代の車にとって最も正しいボンネットの閉め方は、 20㎝~30㎝の高さからボンネットを落として閉めるものです。 この方法なら確実にロックができますので、走行中にボンネットが開く危険もありません。 アルミ製のボンネットであっても、鉄製のボンネットであっても、この方法をとるのが一番確実です。 もちろん閉める際に音がしますので、乱暴に扱っているように感じるかもしれません。 ですが、これが正しい閉め方です。 ディーラーや修理工場、スタンドなどでこのような閉め方をするのは、車のことを正しく理解しているからやっているのだと思ってください。 決して無造作に扱っているのではないのです。 ボンネットダンパー装着車の場合 最近はボンネットを支えるステーの代わりにボンネットダンパーが装着されている車も増えてきました。 国産高級車や欧州車では以前から装着されているものもあり、アフターマーケットでも車種別に設定されたものが販売されているようです。 ボンネットダンパーはボンネットを開ける際、ガスやオイルなどが封入されたダンパーでボンネットを支えるものです。 ボンネットを開ける際に軽く開けられ、ステーを差し込むまで手で押さえておく必要なく保持できます。 また、万が一向かい風が吹いてきてもステーが外れる心配もなく便利なものです。 ボンネットダンパーが装着されている車の場合、ステーで支える車と同じように20㎝~30㎝の高さからボンネットを落としてもしっかり締まらないことがあります。 同じ程度の高さから、やや下に勢いをつけるようにして閉めるとしっかり締まるようになります。 まとめ 最近の車は特に軽量化が進み、一般的な車でもアルミボンネットを採用しているものが増えてきています。 大切な車なのにボンネットの閉め方を間違えただけで凹ませてしまうなんてことは絶対に避けたいです。 車を大切にしたいからこそ、自分でできるメンテナンスをしようとボンネットを開けるのですから、それで修理が必要になると本末転倒ですね。 ボンネットは必ず20㎝~30㎝上から落として閉めてあげるようにしてください。

次の