ライオン ブリリアント モア。 ブリリアントモア|歯磨き粉 通販・価格比較

ライオンのホワイトニング歯磨き粉「ブリリアントモア」の口コミ・評判を調査!

ライオン ブリリアント モア

あまりホワイトニング効果が感じられませんでした。 歯医者さんで勧められて4ヶ月くらい使ったけど、効果なし。 普通の歯磨き粉より高い割には、歯が白くならなかった。 成分見たら刺激の強いラウリル硫酸ナトリウム入ってたのでもう使わない。 使ってたら知覚過敏が悪化してしまいました… ブリリアントモアの成分を調査!ホワイトニング効果は それでは、ブリリアントモアの成分を見てみましょう。 ホワイトニング歯磨き粉では、歯を白くする成分は複数入っていることが多いですが、ブリリアントモアではどうでしょうか。 また、研磨剤が入っているかどうかも気になるところですね。 ブリリアントモアの全成分一覧 成分一覧 【基剤】無水ケイ酸 【湿潤剤】ソルビット液、プロピレングリコール 【清涼剤】メントール 【清掃剤】無水ケイ酸A 【清掃助剤】無水ピロリン酸Na 【粘度調整剤】カルボキシメチルセルロースNa 【発泡剤】ラウリル硫酸Na 【着香剤】香料(フレッシュスペアミントタイプまたはアプリコットミントタイプ)、サッカリンNa 【保存剤】パラベン 【薬用成分】フッ化ナトリウム 【着色剤】酸化Ti 研磨剤は使っているのか? ブリリアントモアの全成分表示を見ると、「清掃剤」というものがあります。 これらは成分によって歯の表面をこすって汚れなどを落とす「研磨剤」の可能性も。 ブリリアントモアに含まれているのは「研磨剤」の無水ケイ酸。 ただし、研磨剤の中でも無水ケイ酸は研磨力が弱めなので、入っていてもそれほど気にしなくても良いでしょう。 歯を白くする成分は入っているのか? ブリリアントモアの成分の中では、歯を白くするものは「清掃助剤」の無水ピロリン酸Naが相当します。 無水ピロリン酸Naは着色汚れと歯の間に浸透していき、結びつきを弱めて汚れを浮かせ、落としやすくするのです。 ブリリアントモアにはホワイトニングの成分はこれ一つしか入っていないようです。 ホワイトニングジェルでは2~3つのホワイトニング成分が入っていることが多いので、ちょっとこころもとない感じがしますね。 ブリリアントモアの値段は? ブリリアントモアは、メーカー希望販売価格で950円となっています。 もともとは歯科医院向けの製品なんですね。 ホワイトニング歯磨き粉としては安い方で、市販の普通の歯磨き粉に比べると高いといった価格帯ですね。 薬局で市販されてるの?amazon・楽天は? 歯医者さん向けの製品なのですが、楽天、amazonなどの通販でも販売されているようです。 値段は800~1,000円前後のところが多いみたいですね。 中には3個セットや5個、10個セットなんていうのもありました。 ドラッグストアや薬局では見かけないのですが、東急ハンズやロフトなどには置いてあるようですね。 大手=安心・安全ではない ブリリアントモアはライオンの製品で、大手だとなんとなく安心とか、安全だと感じる方もいらっしゃるかと思います。 でも、大手の製品の値段が高いのは広告宣伝費にお金をかけているからなんです。 実際に全成分表示を見てみると、市販の安い歯磨き粉に使っている成分とほとんど同じものが入っているのが分かります。 違う点といえば、「無水ピロリン酸Na」が入っているところだけです。 これもものすごく高い成分というわけではないようですね。 商品の値段には広告宣伝費などの手数料が上乗せされているため、原価が安くても高い値段になってしまいます。 また、安全なのかどうかということですが、ブリリアントモアは発泡剤としてラウリル硫酸Naを使用していますね。 これは刺激が強く、毒性が高めということで問題視されている成分です。 シャンプーなどにも泡立ちを良くするために配合されています。 口コミで知覚過敏が悪化したと書いている方がおられましたが、これが原因の可能性もありますね。 やはり歯磨き粉を選ぶときは、しっかりと内容成分を見極める必要があり、大手だから大丈夫と妄信しない方が良いようです。 ブリリアントモアの口コミ・評判まとめ ブリリアントモアは、ホワイトニング歯磨き粉としては安いのですが、歯が白くなる成分は一つしか入っていません。 口コミでも効果がないと言っている方が多いようです。 ちゃんと歯を白くするためには、知名度や値段などで選ぶと失敗してしまうんですね。 今回調べてみて正直、ホワイトニングをするならブリリアントモアはあまりお勧めではないと感じました。 また「 歯医者さんで勧められたので買った」という口コミがとても多かったです。 でも歯医者さんにもメーカーの営業の方が出向いて置いてもらっていますので、 勧められた=効果があるというわけではないことは覚えておきましょう。 当サイトでは、「」を紹介しています。 よかったらそちらのページも参考にして、美しい歯を手に入れる一歩を踏み出してみてくださいね!.

次の

ライオンにしては高級な美白歯磨き粉「ブリリアントモア 歯科用 美白歯磨剤」を買ってみた

ライオン ブリリアント モア

歯の着色汚れの原因とは? 歯の着色汚れの原因は、歯の表面に食べ物、飲み物の色素や、タバコのヤニなどが取り込まれ、それらが蓄積して着色汚れになります。 着色しやすい食品や嗜好品は主に、 ・コーヒー ・紅茶 ・日本茶 ・コーラ ・赤ワイン ・カレー ・タバコ などになります。 よくお口にするものばかりなので、これらのものを好んでいる方もいらっしゃるかと思います。 一般的に食品では色の濃い物、色の付いているものが着色しやすいと言われています。 食べ物、飲み物ともに無色のものばかりを選んで生活するのは難しいので、着色汚れが付くのは仕方のない事でしょう。 したがって、着色汚れが付着するのを予防することが大切です。 とはいえ、ごくごく一般的に市販されているような歯磨き粉では、歯を白くするほど着色汚れを落とすのは難しいです。 しかし、ライオンの歯磨き粉「ブリリアントモア」は、これらの着色汚れが歯に付着するのを防いでくれる歯磨き粉なのです。 次項から、その特長について触れていきます。 ライオンの歯磨き粉!ブリリアントモアの特徴 ライオンの歯磨き粉「ブリリアントモア」1つめの特徴は、着色汚れを浮き上がらせる成分が配合されていることです。 その成分とは、「ピロリン酸ナトリウム」。 ピロリン酸ナトリウムのイオンが歯と着色汚れの間に入り込み着色汚れを浮き上がらせます。 浮き上がった着色汚れを、ブラッシングと歯磨き剤の働きでスッキリ落とし、歯本来の白さを引き出します。 研磨剤の粒子の力で磨いて着色汚れを落とすのは少し違い、イオンの力で浮き上がらせて落とす、新しく進化した美白歯磨剤なのです。 飲食物やタバコ等の着色が歯の表面に付着すると、歯面はザラつきます。 ザラザラしているところには、プラークなどの汚れが付着しやすくなります。 反対に、ツルツルしている歯面にはプラークなどの汚れは付きにくいのです。 着色汚れが防止できるということは、プラークなどの汚れ自体も付きにくく、また、ブラッシングで落としやすくなるとも言えるでしょう。 ブリリアントモアで磨くと、毎日の何気ない歯磨きで目に見えて歯が白くなっていく。 自分で白さを感じることができると、歯磨きにやる気が出て来る気がしませんか? ライオンのブリリアントモアは虫歯予防とホワイトニングに ライオンの歯磨き粉「ブリリアントモア」の特徴2つめは、虫歯を予防するフッ素が配合されています。 フッ素が歯の再石灰化を促し、虫歯の発生・進行を予防し、健康な白い歯を守ります。 最近では歯磨き粉にフッ素が入っていないほうが珍しいほど、よく配合されている成分ですが、虫歯予防効果のメインの歯磨き粉ではなく、美白歯磨剤にも配合されているとうれしいですね。 ブリリアントモアを使うことによって、本来の目的である着色汚れを防止、除去するだけでなく、歯を強くし虫歯を防ぐことができます。 「虫歯をしっかり防ぎたい」 歯磨き粉を使って歯磨きする方の多くがそう思っているでしょう。 また、歯の色目を気にする人も最近は多いのではないでしょうか? 虫歯予防効果のある歯磨き粉と、ホワイトニング効果のある歯磨き粉。 2本それぞれの効果のある歯磨き粉を、それぞれ揃えるのは経済的ではないし、なにより2本使い分けるのも面倒だと感じます。 ライオンの歯磨き粉「ブリリアントモア」を使うことによって、1本で気になるこの2つを同時に予防することができるのです。 ライオンのブリリアントモアは香りが選べる! ライオンの歯磨き粉「ブリリアントモア」の特徴3つめは、選べる香りです。 ・さわやかなフレッシュスペアミント ・ほんのりフルーティなアプリコットミント ・甘さが上2つの間のシトラスミント 3つ香味から選べます。 好みや生活シーンに合わせて使い分けることができます。 3つともミントの香味なのですが、強烈なミントの感じはなく爽やかさを感じる程度です。 甘い香味も好き嫌いがあります。 泡立ちも少なく、「長時間磨いていても口の中が泡でいっぱい」なんて事はなく、磨きやすくなっています。 毎日使うものですし、香味は性別によっても好みが違いますので、気に入った物が選べるのはうれしいですね。 価格は一般的な歯磨き粉に比べると少しお高めですが、毎日使っても数日でなくなるようなものではないので、あまり気にならないようです。 ブリリアントモアの効果的な使い方 歯ブラシにライオンのブリリアントモアの歯磨き粉を適量付け、磨き残しがないようにしっかりと歯磨きします。 着色汚れの付きやすい歯と歯の境目や、歯の裏側は、歯ブラシの毛先がしっかり届いているか確認しながら磨きましょう。 初期虫歯で歯の表面に目には見えない小さな凸凹があったり、歯周病などで歯の根元が露出していると、より着色しやすくなります。 歯ブラシを小さく動かして、細かく磨きましょう。 家庭で美白歯磨剤を使っての毎日のセルフケアによって、健康な歯と歯肉を保ち、着色しにくい口腔環境を整えることができます。 また、歯科医院でホワイトニングをするやり方もあるでしょう。 歯科医院での検診で、機器を使ってお掃除したり磨いてもらったりする方法もあります。 ホワイトニングや機器を使っての処置は、お家ではできない特別な処置です。 お家でご自身でする特別な材料を使って行うホームホワイトニングもそうですが、「処置の効果が永久に続くのか?」というとそうではありません。 せっかくお金と時間をかけて歯科医院でキレイにしてもらっても、徐々に少しずつ、元の状態に戻ってしまうのです。 元に戻るのを防ぐためにも、キレイになった状態からこのブリリアントモアをホームケアで使っていだだくのもおすすめです。 病院帰りのキレイな歯が長続きするでしょう。 ホワイトニング後のキレイな白い歯を保つことができるでしょう。 何か特別なことを毎日続けるのは難しいかもしれませんが、毎日使っているものを変えるだけなので、続けやすいのではないでしょうか。 ブリリアントモアを効果的にサポート! ブリリアントモアの効果をさらに引き出すために、美白用歯ブラシ「ブリリアント V」があります。 着色汚れが付着しやすい歯と歯の境目にもしっかりとブラシが届くように、V字カットの毛束になっています。 ギザギザとした面になっているので、平切りの普通の歯ブラシに比べると、歯への接触面積が30%向上し、歯肉に優しい磨き上げが可能となった配慮も施されています。 内側に3度傾斜した長めで持ちやすい丸みのある柄のおかげで、着色汚れの付きやすい歯の裏側にもしっかり届き、美白のために作られたライオンの歯ブラシです。 ブリリアントモアの歯磨き粉を使うなら、せっかくなので一緒に歯ブラシも「ブリリアント V」にしてみてはいかがでしょうか。 ご家庭でもセルフケアの時代 最近は歯の白さにこだわる人も増えてきました。 身だしなみの1つと言えるかもしれません。 歯科医院でのホワイトニングは少し費用がかかり過ぎるし時間もない。 しかし、「着色汚れが気になる」「歯が白くなればなぁ…」と、言う方には簡単にお家で使えるライオンの歯磨き粉「ブリリアント」でセルフケアが良いのではないでしょうか。

次の

ライオン ブリリアントモア 90g × 3本 (シトラスミント) :20200619121714

ライオン ブリリアント モア

歯磨き粉は、 ライオンのブリリアントモアを使っています。 毎日何気なく使ってたけど・・・初めて買ったのは、いつだっけ? と思い、Amazonの購入履歴を調べたら2013年12月でした。 浮気をせずにかれこれ2年は使ってます。 ってことは今年で3年目かぁ。 早いなぁ。。 歯磨き粉の購入履歴を見ながら、しみじみする私。 ブリリアントモアは歯科用の歯磨き粉で、ドラッグストアでは見かけません。 わざわざ歯医者さんで購入するのも面倒なので、いつもネット購入。 Amazonは価格変動があるので高い時は、楽天でポイント使って購入したりしてます。 2種類のフレーバーと使用感 アプリコットミントとフレッシュスペアミント ちょっと前まで使っていたブリリアントモアの。 フルーティーな、あまーい香りです。 フレーバー大好き!って人には向いてるかな。 この歯磨き粉1本800~900円くらいする まとめ買いだともう少し安い ので、いつも最後のさいごまできっちり使い切ってます。 テイストは、上の2種類のみ。 ちなみに私はフレッシュスペアミントが好み。 なので8割方こっちのテイストを使っています。 ちょっと紫蘇 シソ っぽくて、爽やかな味なんです。 あ、あんまり辛くないですよ。 フレッシュスペアミントのパッケージはこんな感じ。 箱の中に、ステイン形成のメカニズムと、ピロリン酸ナトリウムによるステイン除去の説明が書かれた紙が1枚入ってます。 個人的な使用感 これを使うようになって、徐々にですけどステイン汚れが付きにくくなったんですよね。 効果は、使って 数日で劇的に白くなる!ってものでは全然なくて、使い続けるうちにステイン汚れが少しずつ落ちて、 自分の歯本来の白さになっていくって感じです。 今までステイン除去をうたう歯磨き粉をいくつか試しましたが、これは信頼できます。 ライオン製品・歯科用ってところも安心ですし。 私の使い方 — ブリリアントモアの使用頻度は毎日1回 使用は1日1回のみ、おもに夜に使ってます。 朝昼は、フッ素ジェルのみで歯みがき。 フレッシュスペアミントを歯ブラシにとった状態。 ステイン汚れが残りやすい、歯の裏や、すきまなどにも注意して磨きます。 コーヒー飲みすぎて着色が気になるなぁって時は、この歯磨き粉を歯につけて、5~10分ほど放置。 トゥースパック?とでも言うのでしょうか。 そのあと普段通りに歯磨きをすると、その日に付いた着色汚れはキレイになります。 ピロリン酸ナトリウムが汚れを浮かせて落としてくれるので、強く磨いたりしません。 歯医者さんで教わったとおり、優しく丁寧に磨きます。 ちなみに歯ブラシは、システマの もしくはクリニカのアドバンテージハブラシ 超コンパクト 手磨き を使用しています。 次にフロスを使って歯間の取れなかった汚れをとり、最後に、歯の再石灰化を促すためにフッ素ジェルをつけて仕上げ磨きをしていきます。 ブリリアントモアにもフッ素入っているんですが、このジェルで磨かないと気が済まないのです。 これは定番ですね。 フッ素を残すためすすぎは軽く。 これでトゥルントゥルンで つややかな歯に仕上がります。 毎日使うようになってから自分で満足できる白さになったので、今後は使用頻度を少し減らそうかなぁと考えています。 LIONブリリアントモア歯科用の成分 ステインを浮かせる「ピロリン酸ナトリウム」の他に、虫歯を予防する「フッ化ナトリウム フッ素 」も配合されています。 清掃剤 研磨剤 には、無水ケイ酸Aが入ってます。 知覚過敏の人は注意が必要ですね。 最近は、母もこの歯磨き粉が気に入り使いだしました。 なので、2個ずつまとめ買い。 1本よりも安く買えます。 脱線:アパガードプレミオも人気 研磨剤に抵抗がある人からは や上位商品の が人気ですね。 Amazonでプレミオを調べてみると、 160件超えで評価も高く、 ホワイトニングカテゴリでは1位。 レビューには、実際に3週間使用した方のビフォーアフター写真が掲載されていて参考になります。 結構キレイになっていたので効果が期待できるんじゃないでしょうか。 アパガードの公式サイトを覗いてみると「アパガードは研磨剤や漂白ではなく、歯とほぼ同じ成分を補給し、歯を健康な状態にすることで本来の白さを取り戻す歯みがき剤です。 」とのこと。 Amazonだとプレミオは1,000円~、リナメルは2,000円ちょっとの価格。 ブリリアントモアと比較するのに調べてみるといいかもしれません。

次の