中島卓也 年俸。 中島卓也

ファイターズ契約更改(2020年度):北海道新聞 どうしん電子版

中島卓也 年俸

中島 卓也 選手データ 生年月日 1991年 1月 11日 出身地 福岡 投打 右投げ 左打ち ポジション 内野手 ドラフト 2008年 ドラフト 5位 契約金 2500万円 経歴 福岡工高 中島 卓也 年俸・年収データ 年 年俸 推定 チーム 背番号 2020年 1億5000万円 9 2019年 1億円 9 2018年 8600万円 9 2017年 1億円 9 2016年 8000万円 9 2015年 4000万円 9 2014年 2200万円 9 2013年 1000万円 56 2012年 540万円 北海道日本ハムファイターズ 56 2011年 500万円 北海道日本ハムファイターズ 56 2010年 500万円 北海道日本ハムファイターズ 56 2009年 480万円 北海道日本ハムファイターズ 56 年 打率 打数 安打 打点 本塁打 二塁打 三塁打 四球 死球 三振 盗塁 2020年 0. 257 35 9 4 0 2 0 4 0 4 4 2019年 0. 220 291 64 16 0 5 1 22 2 70 12 2018年 0. 261 391 102 23 1 11 3 35 0 88 29 2017年 0. 208 283 59 13 1 1 2 23 0 80 11 2016年 0. 243 473 115 28 0 10 1 63 1 117 23 2015年 0. 264 515 136 39 0 8 2 66 2 93 34 2014年 0. 259 382 99 32 0 9 3 43 0 92 28 2013年 0. 238 223 53 8 0 5 0 21 1 47 23 2012年 0. 114 70 8 0 0 0 0 1 0 17 2 2011年 0. 000 1 0 0 0 0 0 0 0 1 1 各試合成績(投球・投手成績).

次の

中島卓也の香水のブランドは?愛車ポルシェの助手席が西川遥輝専用の理由は?|暮らしのヒント

中島卓也 年俸

2008年に行われたプロ野球ドラフト会議では、北海道日本ハムファイターズから 5位指名を受け入団しました。 ちなみに、ドラフト制が導入されてから福岡工業高校から直接プロ入りした 初めての選手です。 入団後 プロ入り後数年は2軍暮らしが続きましたが、2012年からは、1軍に定着。 ただ、 代走・守備固めでの出場が大半でした。 守備面では期待に応える内容を残しますが、打撃面では 打率. 114と 結果を残せませんでした。 翌年も代走・守備要員としての起用が多かったですが、セカンドのレギュラーに 定着したり、ショートを守ったりと 内野のユーティリティープレイヤーとして 先発での出場機会を増やします。 打撃面は、 打率を. 238と大きく伸ばします。 2015年はショートとして 自身初の全試合出場を果たし、 打率は. 264を記録します。 さらに 34盗塁を記録し自身初のタイトルの盗塁王を獲得しました。 同じく初の ベストナインを獲得しました。 Sponsored Link 昨シーズンの成績や年俸推移 昨シーズンの成績は 出場試合143 打率. 243 打点28 出塁率. 333 盗塁23 失策14 年俸は 2009年 480万 2010年 500万 2011年 500万 2012年 540万 2013年 1000万 2014年 2200万 2015年 4000万 2016年 8000万 2017年 1億 球界を代表するショートの一人で、ソフトバンクの今宮選手のような、 見ている人が歓喜するような守備を披露してくれるわけではありませんが、 堅実で安定感抜群な守備を見せてくれる中島選手。 html 実は中島選手は室岡里美さんという、皆さんご存知のHTBの女子アナとの 関係が噂されています。 なぜこの噂が出来たのかというと、昨シーズン日本ハムはリーグ優勝・ 日本一を果たしました。 ビールかけの時に、中島選手にインタビューに いったところ「なんで室岡じゃないの?」と話されました。 この一件で、室岡アナと中島選手の関係が噂されました。 しかしその後、中島選手自身が 「室岡アナとは、男友達のような関係。 女性として見ていない」と話されました。 チームメイトの鍵谷選手も と証言!?しているので、おそらく仲の良い友人関係だと思います。

次の

日本ハム 2019年の選手年俸一覧

中島卓也 年俸

経歴 [ ] プロ入り前 [ ] 中学時代はフレッシュリーグの宇美スターズでプレイ。 では、「1番・」として活躍。 春の九州大会では、エースのなどと共にチームを初優勝に導いた。 その一方で、野球と両立しながら、のなどの5つの資格を取得している。 の球団からの評価は高くなく、の指名に向けた調査書も、わずか1球団から届いただけであった。 しかし、で、から5巡目で指名。 契約金2,500万円、年俸480万円(金額は推定)という条件で入団した。 担当スカウトは内野手出身の で、入団当初の背番号は 56。 福岡工業高校からドラフト会議での指名を経てNPBの球団へ直接入った選手は、中島が初めてであった。 日本ハム時代 [ ] 、一軍公式戦への出場機会はなかったものの、の公式戦では、高卒の新人野手ながらチームトップの出場数(97試合)や犠打数(17)をマーク。 リーグの最終へ到達したが、打率は規定打席到達者31人中30位の. 211で、遊撃手としてはリーグ2位の15失策を記録した。 、イースタン・リーグ公式戦70試合に出場すると、チームトップの15犠打を記録。 打率も. 220と前年から上昇したが、2年連続の最終規定打席到達はならず、一軍への昇格にも至らなかった。 、4月20日の対戦()で、二塁の守備要員として一軍公式戦にデビュー。 一軍公式戦全体では、8試合の出場で1打席に立っただけだが、1盗塁2得点を記録した。 、代走・守備要員として一軍に定着すると、一軍公式戦105試合に出場。 しかし、打率は. 114で、盗塁も2個にとどまった。 、一軍公式戦の開幕当初は、前年に続いて、代走・守備要員としての起用が多かった。 しかし、正二塁手のが故障で戦線を離脱した間に二塁手へ抜擢されると、西川の復帰後もしばらくポジションを譲らなかった。 その一方で、正遊撃手のが離脱した直後には遊撃を守るなど、内野のとしてスタメン出場の機会を増やした。 また、走塁面で高い盗塁技術を発揮した結果、一軍公式戦で通算23盗塁をマーク。 盗塁の成功率は9割を超えた。 打撃面でも、打率を. 238にまで上昇させたほか、初の長打・打点を記録。 このように成長を背景に、シーズン終了後から背番号を 9に変更している。 、2月の春季キャンプの時点では、二塁手として西川に次ぐ2番手と扱われていた。 シーズン中の一軍公式戦で遊撃や三塁を守る機会もあったが、併殺時の送球の精度が高かったこと などから、 二塁手として定着。 俊足ながら送球に難のあった西川は、内野手登録のまま、事実上外野手へ転向した。 打撃面では、シーズン序盤こそ打順が定まっていなかった ものの、8月14日の対ロッテ戦以降は2番打者に定着。 一軍公式戦では126試合へ出場すると、の最終規定打席へ初めて到達するとともに、打率. 259、28盗塁を記録した。 、パ・リーグ公式戦全143試合およびへの出場を初めて果たすとともに、自己最高の打率. 264をマーク。 さらに、34盗塁でのタイトルを獲得したほか、パ・リーグ遊撃手部門のに初めて選ばれた。 シーズン終了後に開催のでへの初選出を果たした ものの、実際には出場機会が少なく、1犠打1得点を記録しただけで大会を終えた。 、一軍公式戦で2年連続の全試合出場を果たすとともに、パ・リーグ公式戦シーズン最多タイ記録(NPB史上3位)の62をマーク。 打率を. 243、盗塁を23に減らしたものの、4年連続の一軍公式戦20盗塁を達成した。 また、シーズン終了後に開催の「侍ジャパン 野球オランダ代表 野球メキシコ代表 強化試合」にも、日本代表の一員として出場。 シーズン終了後の契約交渉では、推定年俸1億円で翌の契約を更改した。 、NPB期間中の本大会に向けてに選ばれていたが、前シーズンからの疲労の蓄積を理由に参加せず 、NPBレギュラーシーズンの開幕に向けた調整を優先。 7月30日に故郷・福岡県ので催された対戦では、人生初の柵越え本塁打 を、からライト側ホームランテラスへのソロ本塁打で記録した。 NPB実働9年目・一軍公式戦への出場723試合目での初本塁打で、NPBの一軍公式戦で1本でも本塁打を放った選手としては、一軍公式戦の初打席から最も多くの打席(通算2287打席)を要した末の初本塁打でもあった。 しかし、8月6日の対オリックス戦()9回表の打席で遊撃へゴロを放って一塁へ走り込んだ際に、元チームメイトで一塁手のと接触した影響で左足の踵を負傷。 8月7日に踵骨下の滑液包炎と診断されると、同日付で出場選手登録を抹消されたため、2015年シーズンから始まった一軍公式戦での全試合スタメン出場記録が2シーズンで途切れた。 一軍のレギュラーシーズン最終戦であった10月9日の対楽天戦()で遊撃の守備要員として実戦復帰を果たしたものの、出場試合数は91、打率は. 208、盗塁数は11にとどまった。 は、この年から選手会長へ就任。 一軍公式戦の開幕を再び正遊撃手として迎えると、5月12日の対ソフトバンク戦(福岡ヤフオク! ドーム)では、1点ビハインドの2回裏1死満塁から一軍公式戦通算2本目の本塁打をから放った。 この年はチームの正遊撃手に返り咲き、自身2年ぶりとなるパリーグの最終規定打席に到達した。 、FA宣言せず来季も残留が決まった。 選手としての特徴 [ ] 軽快なグラブ捌き と判断力に優れた走塁、コースに逆らわないシュアなバッティングが持ち味で、スローイングも正確性が高い。 守備位置については2014年には二塁手として、2015年には遊撃手として規定試合数に到達し 、2014年には二塁手としてUZR9. 2 、2015年にも遊撃手としてゴールデングラブ賞のを上回る数値を記録した。 日本ハムの九州担当スカウトを務めていた岩井も高校時代の中島の試合を観戦して、スローイングの良さからとの共通点を感じたと語っている。 また、際どいコースのボールをカットしファウルにする技術を持ち 、2015年、2016年には両リーグトップのファウル数を記録した。 周囲からは努力の人であると高く評価されている。 2018年までの通算打率は2割5分程度と低いが、四球の多さから出塁率は3割を超えている。 、の『』の「人生で1度もホームラン打ったことないプロ野球選手などいない説」にて、アマチュア時代は 公式戦でホームランを1本も打っていないことを明かした。 しかし、2017年にようやく人生初のホームランを放った。 詳細情報 [ ] 年度別打撃成績 [ ] 8 1 1 2 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 0. 000. 000. 000. 000 105 82 70 9 8 0 0 0 8 0 2 0 11 0 1 0 0 17 0. 114. 127. 114. 241 127 272 223 24 53 5 0 0 58 8 23 2 26 1 21 0 1 47 2. 238. 305. 260. 565 126 461 382 55 99 9 3 0 114 32 28 9 35 1 43 0 0 92 4. 259. 333. 298. 632 143 617 515 69 136 8 2 0 148 39 34 7 34 0 66 0 2 93 10. 264. 350. 287. 637 143 600 473 66 115 10 1 0 127 28 23 9 62 1 63 0 1 117 5. 243. 333. 268. 601 91 331 283 26 59 1 2 1 67 13 11 3 25 0 23 0 0 80 2. 208. 268. 237. 505 132 449 391 57 102 11 3 1 122 23 29 5 22 1 35 0 0 88 4. 261. 321. 312. 633 120 328 291 39 64 5 1 0 71 16 12 5 12 1 22 0 2 70 2. 220. 278. 244. 522 :9年 995 3141 2629 347 636 49 12 2 715 159 163 40 227 5 274 0 6 605 29. 242. 314. 272. 586• 2019年度シーズン終了時• 各年度の 太字はリーグ最高 年度別守備成績 [ ] 年 度 試 合 試 合 刺 殺 補 殺 失 策 併 殺 守 備 率 試 合 刺 殺 補 殺 失 策 併 殺 守 備 率 試 合 刺 殺 補 殺 失 策 併 殺 守 備 率 2011 2 0 2 0 0 1. 000 - 1 0 0 0 0. 000 - 2012 28 19 22 0 5 1. 000 3 0 5 0 0 1. 000 73 41 81 2 14. 984 - 2013 91 159 221 4 42. 990 - 44 42 78 5 17. 960 - 2014 99 239 320 9 62. 984 13 6 14 1 2. 952 21 23 38 2 5. 968 1 0 0 0 0. --- 2015 - - 143 215 450 14 79. 979 - 2016 - - 143 219 447 14 100. 979 - 2017 - - 91 128 260 9 42. 977 - 2018 - - 131 213 422 13 68. 980 - 2019 - - 120 149 281 3 60. 993 - 通算 220 417 565 13 109. 987 16 6 19 1 2. 962 767 1030 2057 62 385. 980 1 0 0 0 0. ---• 2019年度シーズン終了時• 各年度の 太字はリーグ最高 タイトル [ ]• :1回 (2015年) 表彰 [ ]• :1回 (遊撃手部門:2015年) 記録 [ ] 初記録• 初出場:2011年4月20日、対2回戦()、8回裏にに代わりで出場• 初打席:同上、9回表にの前に見逃し三振• 初盗塁:2011年4月24日、対3回戦(ほっともっとフィールド神戸)、9回表2死に二盗(投手:、捕手:)• 初先発出場:2012年4月7日、対2回戦()、9番・で先発出場• 初安打:2012年4月17日、対5回戦()、5回表にから三塁内野安打• 初打点:2013年5月3日、対東北楽天ゴールデンイーグルス6回戦()、9回表にから左翼線適時二塁打• 初本塁打:2017年7月30日、対17回戦()、6回表にから右越ソロ• 初満塁本塁打:2018年5月12日、対8回戦()、2回表にから右越満塁 その他の記録• オールスターゲーム出場:1回()• 56 (2009年 - 2013年)• 9 (2014年 - ) 登場曲 [ ]• 『Happy Song』• 西野カナ 『』• 西野カナ 『』• 『Never Never』• 『RUN』 代表歴 [ ]• 脚注 [ ]• 日刊スポーツ. 2018年12月21日閲覧。 週刊ベースボール2014年10月27日号 P46• 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト 2015年10月9日 2015年10月9日閲覧• 野球日本代表 侍ジャパン オフィシャルサイト 2016年10月18日 2016年10月18日閲覧• 日刊スポーツ. 2017年1月26日. スポーツ報知. 2017年7月31日. 2017年7月31日閲覧。 フルカウント. 2017年7月30日. フルカウント. 2017年7月30日. 日刊スポーツ. 2017年8月6日. サンケイスポーツ. 2017年11月28日. 日刊スポーツ. 2018年5月12日. 日刊スポーツ 2019年11月1日. 2019年11月3日閲覧。 日本野球機構オフィシャルサイト 2015年11月20日閲覧• 日本野球機構オフィシャルサイト 2015年11月20日閲覧• 岡田友輔、道作、三宅博人、morithy、蛭川皓平、高多薪吾、Student、水島仁、神事努、市川博久、大南淳『プロ野球を統計学と客観分析で考える セイバーメトリクスマガジン4』水曜社、2015年、143頁。 『数字で斬る! 2015年プロ野球 パ・リーグ編』ベースボール・マガジン社、2015年、66頁。 Number. 2015年6月9日. Baseball LAB 2015年9月1日 2015年11月13日閲覧• 日刊スポーツ 2015年11月10日 2015年11月13日閲覧• 2018年9月15日閲覧。 gooテレビ番組. 2016年2月24日. 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - NPB. jp 日本野球機構• 選手の各国通算成績 、.

次の