仕事 辞め たい うつ。 うつ(鬱)で仕事を辞めたい!と思った時の退職方法

【体験談】うつで仕事辞めたいあなたに伝えたいこと

仕事 辞め たい うつ

悲しい、憂うつな気分、沈んだ気分 2. 何事にも興味がわかず、楽しくない 3. 疲れやすく、元気がない(だるい) 4. 気力、意欲、集中力の低下を自覚する(おっくう) 5. 寝つきが悪くて、朝早く目がさめる 6. 食欲がなくなる 7. 人に会いたくなくなる 8. 夕方より朝方の方が気分、体調が悪い 9. 心配事が頭から離れず、考えが堂々めぐりする 10. 失敗や悲しみ、失望から立ち直れない 11. 自分を責め、自分は価値がないと感じる…など (引用: ) これらに当てはまるようなら、うつ病を疑った方が良いでしょう。 そして、うつ病は甘えではありません。 精神疾患の一つですので、医療機関に受診することをおすすめします。 うつ病になりそうで限界を迎えている人は、一旦休職することも考えましょう。 「休職」とは、従業員の都合で会社を休むことです。 会社の就業規則によって、休職期間が最大何日間取れるのかが決められているため、休職したい人は就業規則をしっかりと確認してください。 また、休職を取得する場合は原則として給与は支払われません。 その代わりに、国から「傷病手当金」という給付金が支払われますので安心してください。 ただし、会社によっては給与を支給してくれるケースもありますので、ご自身の会社がどのような対応をしているのか確認する必要があります。 生活費の心配はいらないことをお分かりいただけたと思うので、もしも限界に近づいているのなら休職して心をリフレッシュしましょう。

次の

うつ(鬱)で仕事を辞めたい!と思った時の退職方法

仕事 辞め たい うつ

退職代行を依頼してから即日対応が可能!明日からでも会社に行かなくてもいい• 職場の人に会わずに退職ができる!会社に行かなくていい!• 書類の対応などはすべてEXITが会社とやり取りをしてくれるので連絡もしなくていい! 仕事を辞めたくても辞められない人は 上司に言いづらい、辞めると言ったら怒られる、など辞められない理由もさまざまあるはずです。 そんな人でもEXITを使えば 誰にも会わずにすぐに退職ができるんです。 中々勇気が踏み出せなかった人もEXITを使って新しい仕事で 新たな気持ちで働けるようになれば気持ちも楽になります。 こんな状態で働いていませんか?うつを助長する状況とは よく、「真面目で責任感がある人ほどうつになりやすい」などと言われます。 確かに、思いつめて悩みやすい性格の人など、うつになりやすい傾向というのはあります。 しかし性格だけの問題でもありません。 ここでは、 うつを助長してしまうパターンをご紹介します。 職場に相談できる人がいない 職場に相談のできる人がおらず、出勤すると疎外感を感じるような状態はあまり望ましくありません。 たとえば以下のような状況です。 本来なら困ったときに相談できるはずの上司と、良い関係が築けていない• もともとコミュニケーションが苦手で、同僚の輪に入れていない• 年の離れた人や異性ばかりの職場で、誰とも話題が合わない• 自分だけ新人で右も左も分からないけれど、みんな忙しそうで誰にも質問ができない 悩みを分かち合えないと、一人で思いつめてしまいます。 それはうつを助長する原因のひとつになってしまうでしょう。 もし仕事仲間以外に、 産業医・カウンセラーなど提携している相談窓口があるのなら、ぜひ頼ってみましょう。 「これくらいのことで相談に行っていいのかな……」と思う必要はありません。 すでにうつ病と診断されたら…仕事復帰は「シゴトライ」 もし医療機関に相談に行って、うつだと診断されたなら、まずはしっかり休んで要領することが大切です。 その後、仕事に復帰したいと思ってもいきなり無理は禁物。 できれば 「うつ明け」の仕事探しに理解のあるエージェントや職場を見つけたいものですよね。 そこで頼れるのがシゴトライです。 うつの症状がある求職者に対応できる、専門の転職エージェント• 面接が苦手・離職期間が長い・仕事が長続きしないなどの悩みに向き合える• 長く働けることを重視し、職場定着率は90%を誇る うつ症状に特有の問題があり、再就職に向けて腰が重くなってしまっている方には、ぜひ一度相談してみてほしいエージェントです。 一人暮らしをしている 日頃は自由で気ままな一人暮らしですが、うつに傾いているときにはあまりよくありません。 理由は2つあります。 まず1つは、 自分の生活ぶりに変化が生じても、誰も指摘してくれないことです。 たとえば食事の量が明らかに少なかったり、自炊していたのにコンビニで済ませるようになったとき、 同居人がいれば「何かおかしい」と思ってくれます。 また、風呂や歯みがきなどの日常行為をするのがおっくうで省略してしまうのは、うつの人によくあることですが、同居人がいればそういうことも指摘してくれるでしょう。 もう1つ、 生活費の支払いが自己責任だというのも問題です。 「仕事を辞めたら収入がなくなる」という切迫感から、無理を続けてしまうのです。 友達が少ない 「地方から上京してきた」「身寄りのない土地に赴任した」などの理由で、 仕事以外の時間に会って話せるような相手がいないのも問題です。 一人でも打ち込める趣味などがあればよいのですが、そうでなければ仕事と家を往復するだけの生活になります。 仕事を離れた会話を楽しめる相手がいないと、刺激が乏しく、日頃の考え事が仕事のことか自分のことだけになってしまうでしょう。 そうなると、仕事に悩みがあるときは、 誰の意見も聞けずに思い詰めることになってしまいます。 生活に余裕がない 「新卒でまだ貯金がない」「低賃金の職場で働いている」「無理して一人暮らしを始めた」などの理由で生活が苦しい場合、 とにかく「仕事=収入」と考えてしまいがちです。 「仕事を辞めるわけにはいかない」という思いは、踏ん張りどころで自分を奮い立たせる原動力にもなりますが、 身に余る無理をしてしまう原因にもなります。 しかし、本当にいま仕事を辞めたら完全に無収入になるのでしょうか。 頼れる家族・友人や公的サービスはないでしょうか。 もしかしたら自分が思い込んでいるよりも、周りはあなたを助けようとしてくれるかもしれません。 家庭など仕事以外のことでも悩みを抱えている 仕事で気持ちがふさいでいるうえに、家族や恋人との間に問題があったり、他の悩み事を抱えていたりするのは、沈んだ気持ちをなおさら悪化させてしまいます。 「あっちでもこっちでも悩みを抱えている自分は不幸」と、無意識に思ってしまうのです。 そうなると、「誰にも相談できない」「この状況に耐えるしかない」と思うようになり、たとえ解決策があったとしても、 解決策への道を自分で閉ざしてしまうことになります。 「仕事辞めたい」がいつのまにかうつ病になった体験談 「仕事を辞めたい」と思い続けていたら、いつのまにかうつ病と診断される状態になっていたという人は少なくありません。 いざ病気になってしまってからでは、 治療に時間やお金がかかる上、転職などの行動も取りづらくなってしまうことが多いです。 ここでは、実際にそのような体験をした人たちのエピソードを紹介します。 自分を犠牲にしてまで会社に居続ける必要は果たしてあるのでしょうか。 考え直すきっかけにしてみてください。 気持ちが沈んでいるときは自分の価値を再確認してみよう 「この会社で働くのが辛い……」と自信を失っているときには、気分転換として「自分の市場価値を測る」診断サービスをチェックしてみましょう。 「ミイダス」では、簡単な質問に答えていくだけで、 いまの自分の市場価値=想定年収がわかります。 今は辛い環境にいても、自分を認めてくれる新たな環境でなら、これくらいの価値が発揮できるとわかるはずです。 とはいえ、とても転職活動をするような気持ちにはなれないかもしれません。 それでもミイダスなら、 登録しておくだけで企業からあなたにオファーが届きます。 オファーが届いたら書類選考は免除なので、すぐ面接に進むことができます。 元気がないときでもできる転職活動として、ぜひミイダスをチェックしてみてください。 保険金や給付金の金額を調べ、支払い可能か判断し金額を決定する部署です。 そこは業務量が多くて始発から終電までの仕事になる日があったり、さらにクレームが多くて、心も体も疲れて2時間しか眠れなくなってしまいました。 生命保険会社は古い体制のところも多いです。 また、古い体制でやってきたというプライドを持ち続けている上司も多いものです。 勤務体制が改善されない限り、平成生まれの若者も、 昭和の働き方を強いられがちです。 また、この方のいた生命保険会社は、過去にあった生命保険の不払いの件で不信感を抱いている顧客がいるため、 クレームが多かったそうです。 とはいえ会社の過去のことで社歴の浅い社員が怒られるのは、納得がいきませんよね。 この方の場合、疲労のためすぐに寝付けはするのですが、 仕事が気になり2時間後には目が覚めてしまう日が続いたそうです。 本人は忙しすぎて気にしなくても、周りからみれば明らかに異常だといえますよね。 仕事は他にもある。 20代なら「JAIC」でリスタートしよう 仕事が辛いのに転職や退職を決意できないときは、「自分なんて……」と自信がなくなっていて、新しい行動を起こす気力も失われているのかもしれません。 そんなとき、もしあなたが20代なら、 JAIC(ジェイック)に相談してみましょう。 JAICは、 社会人経験の少ない20代向けの就職支援サービスです。 正社員として通用するよう、しっかりとビジネス研修を行ったうえで、 若さに可能性を感じてくれるホワイト企業との出会いを提供してくれます。 仕事内容は電話対応や事務作業でしたが、事務をするような若い女性が自分だけだったので、みんな私が入社したことで電話をとらなくなったそうです。 周りは中高年ばかりなので人間関係にも馴染めず。 もともと実家から2時間近くかけて通勤していたのですが、心が疲れるにつれて通勤時間の長さもこたえてきました。 若者を採用してこなかった会社で急に新卒採用をすると、このように新人が疎外感を感じて、病んで辞めてしまうことがあります。 社員の皆さんは、「事務作業は若い女性がするもの」「電話は新人が取るもの」と思い、この方が業務に追われているときでも電話を取ってくれませんでした。 だれも協力してくれないという思いがこの方を辛くさせたようです。 また、 片道2時間近い通勤時間も問題でした。 関東圏だと、新人で収入が少ないうちは千葉や埼玉のニュータウンにある実家から、2時間かけて都内に出るという人もよくいます。 しかし、長い通勤時間はじわじわと体力・気力を削っていきます。 しかしなぜか「現場経験を積むため半年間はアルバイト」と言われ…。 今思えば明らかにおかしいのですが、名目上は正社員として内定しているからということで、他のアルバイトより責任は重く、店長に毎日怒鳴られていました。 長時間勤務&連勤の末にうつで退職しましたが、退職届を書いている最中にも怒鳴られました。 この方は とにかく労働時間が長く、18時間勤務をしたこともあるそうです。 心身ともに疲弊してしまうのは当然で、病院でうつと診断されました。 しかし電話で上司にそれを伝えても休養が許されず、仕方なく 診断書を持って出社し、改めてお願いしてもやはり聞き入れられなかったとのこと。 診断書は退職・休職のための最終手段のように思われますが、それを持っていってもダメというのは、ブラックとしか言いようがありません。 辞めたい気持ちを受け入れる3つの考え方 もしあなたが今の職場を辞めたいと考えていて、心身に少しでも悪影響が出ているというのなら、 我慢せず自分の気持ちに正直になった方が良いでしょう。 もちろん、ちょっとしたことですぐに辞めてしまうのは、自分の成長の機会を逃すことにもなります。 ですが、自分が頑張っているつもりの会社が、他人から見てブラック企業だったならどうでしょうか。 心身を病んでしまう社員を生むようなブラック企業は、勤めている本人はなかなか気づけないものです。 仕事を頑張る気持ちも大切ですが、1番大切なのはやはり自分の心身の健康です。 今の仕事を続ける危険性を理解する 転職や退職に抵抗感があるのは当然です。 転職活動には時間も気力も要りますし、退職を申し出るのにも勇気が要ります。 しかし、一度それらの労力と、 このまま今の仕事を続けるデメリットを天秤にかけてみましょう。 本記事で紹介したような体験をした方々は、うつと診断されたことで数ヶ月〜一年以上の休養を余儀なくされたり、休職期間があることでその後の転職活動が不利になったりしています。 「自分は大丈夫」「まだ大丈夫」と思っていると、ある日突然動けなくなることがあります。 周りの人の意見も聞きながら、どんな判断がいまの自分にとって正解かを見極めましょう。 労働者には辞める自由がある事を覚えておく 仕事を辞める決断をした場合には、会社に対してその旨を伝えなければなりません。 会社によっては、そのような申し入れが即座に認められない場合が多くあります。 特に、あなたの代わりがなかなか見つからないような場合、そのようなことが起こりえます。 しかし、 会社は基本的に労働者がいつ退職するのか、そのタイミングを指定することはできないのです。 同じ会社で働きつづける義務は存在しません。 退職を無理やり引き留めようとするようなブラック企業もありますが、それは企業側が強硬な態度を取っているだけで、 法的にはなんの力もありません。 堂々と退職していいのです。 退職代行サービスを使うという手もある 退職交渉ができないほどなら、冷静に対処できる第三者に任せてしまうのもひとつの方法です。 そんな「退職代行」をしてくれるサービスのひとつがこのEXITです。 初めてなら信頼できる大手エージェントを使ってみよう 転職エージェントは無料で利用できる便利なサービスですが、人対人の関わりになるので、やはり相性というのはあります。 知識の豊富さ、連絡のスピード、もちろん人柄も、コンサルタントによって違うもの。 その点、転職大手マイナビが提供する「マイナビエージェント」は、 相談に乗ってくれるコンサルタントの質が高いと口コミでも評判です。 大手ならではの豊富なノウハウで、 希望した企業の内定を取るためのサポートもしっかりしてもらえますよ。 会社に所属せずに仕事をする方法を知る 会社に就職することだけが仕事ではありません。 会社づとめに疲れたのなら、この機に在宅ワークに挑戦してみるのもおすすめです。 今は、PCひとつでできるデータ入力や文章執筆などの仕事が多数あります。 初めのうちは単価が低い仕事になりますが、 要領を覚えて依頼主から信頼を得ると、だんだん高単価で仕事ができるようになってくるでしょう。 また、ブログ・ウェブサイトの作成のスキルがあれば、「アフィリエイト」などで広告収入を得ることや、動画をYouTubeに投稿して収入を得るということもできます。 このような仕事は、 軌道に乗り出すと会社員以上の収入が得られるケースもあります。 クラウドワークスで仕事を探して在宅ワークで稼ぐ クラウドソーシングサイト「クラウドワークス」では、 PCひとつで好きな時に簡単に始められる仕事がたくさん見つかります。 特別なスキルなしに未経験からできる仕事も非常に多いので安心です。 ライティングや データ入力、口コミの投稿、画像データのアノテーション(注釈付け)など、仕事の種類は多岐にわたります。 専門技能を持っていれば、さらに仕事の幅は広くなり、報酬が高額のものが視野に入ってくるでしょう。 まずはぜひチェックしてみましょう。 ハローワークの紹介する職業訓練を受けてみる 失業給付金をもらう場合、指定の日にハローワークに行って説明会を受けることになります。 その説明会で、 地域の職業訓練講座の案内をもらうことになるでしょう。 これらの訓練は、 無料または格安で受講できるので、興味のある講座があればぜひこの機会に挑戦してみましょう。 しかも受講することで「就職の意思がある」と見なされるため、失業給付金をもらう資格が延長されます。 プログラミングなど、 習熟すれば高収入な仕事に就けるような講座も多いので、ぜひチェックしてみてください。 心身の危険を感じたら仕事は辞めていい 仕事を辞めたい…と悩んでいる人がまず避けるべきことは、自分でも気付かないうちに思いつめて「うつ病」になることです。 うつ病になると退職しても 数ヶ月〜一年は治療の必要があるため、 転職活動に移るタイミングを逃し、金銭的にも精神的にも辛い状況になってしまいます。 さらに、最も避けるべきは過労死です。 日本では、現在も過労死のニュースが後を絶ちません。 ニュースで放送されていないだけで、過労死は確実に毎年どこかで起こっているのです。 長時間労働や理不尽なパワハラ、いじめなど社会には理不尽な事がたくさんありますが、それら全てを我慢して根性で乗り切る必要はありません。 仕事はあくまで生活のための糧であり、自分の健康が最優先だということを忘れないで下さい。

次の

【仕事辞めたい】新卒一年目によくある退職理由とおすすめの転職方法!

仕事 辞め たい うつ

他人は変わらない。 他者は変えようがない 他人というか他者は変わりません。 変わるとしたら自分だけです。 他人を変える努力というのは、「太陽を西から昇らせて東へ沈めよう」というくらい無謀なことです。 かつての私も他者を変えようと無駄な努力を積み重ねて来ました。 しかし、自分以外の人間は変えようがないのです。 このことに気付くまで、かなりの時間を要しました。 今まで自分以外の人間を変える努力をして何か変わりましたか? ただ徒労感だけを感じたのではないですか? かつての私もそうでした。 @会社の人間関係を変えたい。 @平気で横領が行われるような企業風土を改めたい。 @企業体質を、もっと堅固なものにするために事業計画を上長に提出する。 @労災隠しを行う企業体質を改めたい。 @有給休暇の取得どころか、長時間のサービス残業も当たり前になっている状況を労働組合に説明する。 等々、、、、、、すべて無駄な努力でした。 他人を変える努力をする時間と情熱を自分を変えるために使っていたら、果たして今ごろ、どんな結果になっていただろうか?と考えるときがあります。 あなたには私と同じ轍を踏んで欲しくありません。 あなたには、無駄な努力をしないで欲しいのです。 美しく空に舞う蝶を見て、それがかつて醜いイモムシであったことに思いを馳せる人は、ごく稀です。 あなたは今までイモムシであったかもしれません。 そして、この文章を読んでいる現在は、恐らくはサナギの状態なのかもしれません。 美しく羽ばたく蝶になるまで、あと一歩です。 自分に合った環境の職場へ転職 生物(いきもの)には、それぞれ最適な環境というのがあります。 マグロは淡水では生息出来ませんし、メダカは海水では生息出来ません。 もっと言うならばサカナは陸上では生息出来ませんし、哺乳類もまた水中で生息することは不可能です。 それぞれの固有種には最適な生息環境というのがあるわけです。 あなたが今の職場で居心地の悪さを感じるのであれば、その職場環境はあなたにとって最適なものではないのでしょう。 自分に合った環境の職場へ転職しましょう。 あなたが転職できない本当の理由 まずは、おめでとうございます! このページに辿り着いたということは幸せな転職まで、あともう一歩のところまで、あなたは来ています。 ところで、あなたは自分が、なぜ転職できないのか?深く掘り下げて考えてみたことはありますか? もし、今まで、 転職出来ない理由を突き詰めて考えたことがないならば、これを機会に突き詰めて自分自身に問いかけてみて下さい。 答えは下部に書きます。 では、考えてみてください。 >>>>>>>>>>>>>> >>>>>>>>>>>> >>>>>>>>>> >>>>>>>> >>>>>> >>>> >> > 考えましたか? 答えは単純なようですが「 企業の採用担当者が、あなたのことを知らないから」です。 バカにするな!と怒らないで聞いて下さい。 例えば企業が新しい製品、サービスを販売するときに消費者に、その存在を知ってもらいたいときには、どうしますか? 「広告を打つ」ことを企業は行います。 テレビコマーシャル、新聞の折り込みチラシ、雑誌媒体への掲載、電車の中吊り広告、最近ではウェブ広告などもあります。 フェイスブックなどのSNSにも広告が掲載されていますね。 これは企業が、まだ世間に認知されていないサービス・製品を消費者に知ってもらうための広告です。 同じことが「 あなたという商品」にも言えます。 労働力市場に放り込まれた時に、「あなた」は売る方の側の立場、商品になるのです。 イヤな言い方かもしれませんが。 「あなた」以外に「あなた」を売り込んでくれる人間は誰もいません。 自分自身の宣伝、売り込み、アピールは自分自身でやらなければなりません。 そして、この場合、消費者(買う人間)に相当するのが企業の人事採用担当者です。 買う方が売っている商品の存在を知らなければ買いようがありません。 当然ですね。 転職を考えているならば、まずは広く「あなた」という存在、労働力としての価値を企業の採用担当者に知ってもらうことから始めるのが最初の一歩です。 幸いなことに、現代ではインターネットを使い、広く採用担当者にアピールすることも可能です。 まずは、無料登録できる求人サイトに登録しましょう! リクナビNEXT 新卒の就職活動で利用されたことがある方も多いと思います。 リクルートの転職サービスです。 登録無料で手続きも簡単ですので、まずはここに登録してみてはどうでしょうか? 転職会議 転職を考えたことのある人なら、一度くらいは名前を聞いたことがあるはずです。 このサイトに登録することが、成功する転職の第一歩でしょう。 @国内最大級100万件以上のの転職口コミ情報を掲載しています。 @会員数は500万人以上、たくさんの方にご利用いただけているからこそ、日本中の企業の口コミが集まっています @転職会議独自の求人票に加え、大手転職サイトと求人提携をし ているため、多くの求人をまとめて検索できます。 登録は無料!ハローワークとの違いを知ってください。 ミイダス @面接確約の求人だけが紹介されるので無駄足を踏むことがありません。 効率良く転職活動ができます。 年齢制限はありません。 参照 DODA デューダ 転職のプロ、エージェントが直接、コンサルティングをしてくれます。 しかしながら下記のオフィスにまで応募者は直接、出向く必要があります。 面談をしながらエージェントが転職カウンセリングをしてくれます。 こうしたDODAのオフィスまで行ける人は良いのですが、行けない人、近くにDODAのオフィスが無いという方には厳しいかもしれません。 逆を言うと下記の場所にお住いの方は積極的に利用されてみては、いかがでしょうか? 「 札幌市,仙台市,東京(丸の内、新宿、大手町、秋葉原、渋谷、田町、青山、池袋、浅草、町田、立川)横浜、さいたま、名古屋、岡崎市、一宮市、大阪市、京都市、神戸市、広島市、福岡市 」 Facebookを活用した新感覚スカウト転職サイト Switch. (スウィッチ) フェイスブックを使って転職活動が出来ます。 スマホしか持っていない人でも、割と簡単にご利用いただけるのではないでしょうか? 企業側には個人情報は漏れることはないので心配は不要です。 フェイスブックを使った転職活動なので 「履歴書や職務経歴を作らずに」 職探しをすることが可能です。 返信は「この求人にいいね!」のワンクリックのみでOK!という手軽さです。 顔写真、氏名はマッチングまで見られません。 企業にFacebook情報は公開されません。 type 転職力診断 無料でできる転職力診断です。 簡単な入力なので10分くらいで終わります。 ただし、 こちらは年齢が25歳から35歳の方を対象にしたサービスです。 これに当てはまらない年齢の方が応募しても納得のいくサービスを受けることは難しいでしょう。 25歳未満、36歳以上の方は、他の転職サービスを利用した方が間違いはないはずです。 新卒が半年、1年で退職?うつになる前に 新卒、社会人1年目ですが、これはどんな部署に配属されるか、どんな上司の部下になるかで、その後の会社員人生が大きく違ってきます。 ひどい話ですが、世の中には新人が配属されてきたら「潰す」と決めている上司もいます。 私の場合が、そうでした。 会社の飲み会では、「今まで何人の新人を潰したことがある!」と自慢げに話していたそうです。 こうした上司は最初から新人を育てる意思はありません。 ちなみに、この上司が「新卒を潰す」と決めている理由ですが「新人は使えない。 即戦力にならない」という理由でした。 新卒が即戦力でないことは、当たり前の話ですが、この上司は自分も、かつて新卒であったことを都合よく忘れて、このようなパワーハラスメントを繰り返してきたというのです。 このときのパワーハラスメントですが、流石に暴力をふるうことはなかったですが、衆人環視の中で毎日、罵倒し続けるというものでした。 喉からパンチが出ているのか思うくらい顔が痛くなりました。 「声」は「音」ですから、大きな声は振動で身体まで揺れるのです。 「声」は当然、口から出ますから罵倒された時に唾液が顔にかかります。 今、思えばずいぶんと汚いものでした。 新卒が辞めるタイミングですが、早ければ早いほど良いです。 私の友人は、あるブラック企業に入社しました。 最初は履歴書に傷がつくので最低でも半年くらいは頑張る!なんて言っていましたが3ヶ月で退職しました。 彼が言うには、もっと早く転職するべきだったとのことです。 その職場では、うつ病になる人間も多かったといいます。 休職あつかいにしてもらうことも出来なくはないのですが、仮に職場復帰したとしても、再びブラックな環境で働かなければならないのです。 利口な人間は、うつ病で休職扱いにしてもらって、その間に転職活動をして、次の仕事を見つけていました。 新卒の女性が会社を辞めたい場合 女性の場合、上記のような例はもちろんですが、やはり一番多いのがセクシュアルハラスメントではないでしょうか。 初々しい女性は脂ぎったオッサンの格好の餌食です。 飲み会でのボデイタッチから始まり、職場での説教じみた口説き、気にしていたら生理がおかしくなった女性もいるといいます。 女性は結婚、出産のこともきちんと考慮してくてる会社で働くべきではないでしょうか。 仕事を辞めたいは甘えなのか? 「仕事辞めたい病」なんて言い方をされることもあるようです。 はっきり言って、毎日の仕事がつらい、憂鬱だというのは向いていない証拠です。 例えば、身体の小さい人は武豊のような騎手、ジョッキーや競艇選手には向いていますが、相撲取りや重量挙げには向いていません。 やはり人間には向き不向きがあります。 仕事にも合う、合わないはあって当たり前です。 ましてや職場において目標もやりがいも見出すことが出来ないならば、本人が一番良く分かっているとは思いますが、間違いなくクロ判定です。 あなたが仕事を辞めたいのは「甘え」ではありません。 安心してください。 仕事を辞めたいと家族(親)に言えない どれだけ辛くても仕事を辞めたいとは家族にはなかなか言えないものです。 独身者でも親に心配をかけるとか、既婚者であれば扶養するべき家族もいます。 ましてや住宅ローンがあれば、なおさらです。 そんなときには、在職中に転職活動をして次の仕事を決めてしまうのです。 昔ならハローワークで求人募集を探すくらいしか転職手段はなかったですが、今ならインターネットの転職サイトを利用することでスマホ一台あれば、まったく問題なく自分の希望する職種を探すことも可能です。 終身雇用制度が崩壊しつつある現在、少しでも若いうちに転職した方が有利であることは間違いありません。 親をはじめとする家族には転職が決まってから報告すれば良いだけのことです。 最終的には、家族ではなく自分自身の人生です。 親に決めてもらうことは必要ありません。 たとえ、それがであったとしてもです。 あなたは親の決めた人生を歩みますか? それとも自分自身で決めた人生を歩みますか? ブラック企業の見分け方 そして、実際に会社の企業風土や社内体質、人間関係を知りたいときは、 この記事を参照してください。 あと、もう一歩です!がんばりましょう!.

次の