電脳 コイル トラウマ。 空想と現実の狭間に 「電脳コイル」で考える近未来の脅威 (1/7)

電脳コイルはSF?ホラー?少しフシギなジュヴナイルアニメ6つの魅力!【電脳コイル】

電脳 コイル トラウマ

結論から言うと矛盾はしていません。 イサコと天沢信彦が交通事故に遭い、信彦は死亡。 イサコは大黒市の病院へ搬送される。 イサコ一時的に目覚める、しかし信彦が死亡したことを知り、精神的ショックで再度意識不明に。 精神の治療のため、小此木宏文医師(おじじ)の下でイサコに電脳医療 4423領域、仮想の信彦による心の治療 が施される。 で変質、イサコが閉じ込められる。 イサコ救出のためオジジがヌルキャリアーで4423領域へ、イマーゴの負荷によってオジジ死亡。 この時点ではイサコの救出は出来ておらず、オジジは4423領域でイリーガル化。 ヤサコ、オジジの葬式へ行く。 ヤサコ、デンスケに着いて行き4423領域へ迷い込む。 デンスケは治療施設の一部であり、生前のオジジがロックをかけ忘れ死亡、そのままヤサコの手に渡ってしまった為、迷い込む原因となりました。 ユウコが信彦と出会いキス。 イサコがそれを目撃し、暴走。 ミチコ誕生。 ユウコ、オジジと遭遇。 オジジはユウコと出会ったことで自分を完全に思い出しイリーガル化が解ける。 オジジはユウコがまた4423領域に迷い込まぬようデンスケにロックをかける。 デンスケの案内によりユウコは現実世界へ。 オジジは、イサコを探し出し救出。 イサコ目覚める。 といった流れになっています。 オジジが死亡してから、イサコを救出するまでにはかなりの時間差があること。 説明のある26話での、台詞とシーンが時系列順ではなく分かりづらいこと。 などが質問者さまの混乱の原因になったのだと思います。 私の説明が至らない部分がありますので、分かりづらいようでしたら、コレを踏まえて25,26話をご覧になってください。

次の

アニメのトラウマ回《衝撃的なキャラの死亡シーン編⑬》9作品

電脳 コイル トラウマ

物語の舞台は2026年。 しかも、『電脳コイル』の世界では電脳メガネが普及していて、子どもでさえ持てるようになっているのはちょっぴり羨ましかったりします。 主人公・ヤサコが暮らしているのは、大黒市という石川県金沢市からそう遠くない場所に位置している歴史ある都市。 古い神社や木造の建物がたくさんあり、畳の敷かれた和室、夏祭り、老朽化した校舎……などなど、2026年という未来の話でありながら、どこか昭和のような風景が広がります。 そんな古き良き日本のノスタルジックな空間とSFならではの電脳世界が交錯しているのが本作の不思議なところであり、魅力です。 ちなみに、磯監督は、スタジオ・ジブリにて『おもひでぽろぽろ』や『紅の豚』の原画を手掛けていた方。 ときたま起こるホラーな展開にぞっとすることもあれば、登場キャラクターたちにヒゲが生えてしまう(主人公は女の子)など、笑える展開も交えつつ、ヤサコたちの日常がオムニバス形式で展開されていきます。 そんな少し不思議な日常から始まり、後半戦では子供たちの過去や電脳世界の謎が明らかに。 電脳世界とは何か、電脳メガネが映し出しているものは何なのか。 電脳メガネを用いた子供たちの単なる遊びであったはずなのに、次第に大人をも巻き込む大きな事件にまで発展してしまいます。 そして、前半戦に登場した都市伝説や事件の数々が伏線になっていたこと、登場人物たちが抱える過去が繋がっていたことに気付いたときには「そういうことだったのか!」と思わず叫びだしたくなるはず。 子供向けアニメでありながら、謎が謎を呼ぶ壮大な展開は鳥肌ものです。 そのため、最後にこれから『電脳コイル』見る人に向けて覚えておいてほしい2つのキーワードがあります。 この2つのキーワードが繋がった時、登場人物たちの日常に隠されていた謎が明らかになっていくはずです。

次の

電脳コイルって、怖くないですか?アニメの中では、今まで見た中で一番怖い...

電脳 コイル トラウマ

をアップしました。 をアップしました。 2本追加いたしました。 を更新しました。 をアップしました。 を掲載しました。 をアップしました。 をアップしました。 を掲載しました。 1話〜12話のあらすじを掲載。

次の