ジョージ ソロス コロナ。 新型コロナの別の顔「陰謀論」

ジョージ・ソロスが危険である理由トップ10

ジョージ ソロス コロナ

トルストイ「戦争と平和」とポスト・コロナ新時代とジョージ・ソロスの新しい提案 2020・4・26 (第 1009回) トルストイが 36歳から 40歳まで書きつづけた大長編。 サマセット・モームは「あらゆる小説の中でもっとも偉大な作品」と評している。 私はこれを高校二年生の時に読んだ。 当時の担任の隈部直光先生のおすすめだった。 第一巻はやたらとフランス語が出てくるし、人名も難しく、読むのに苦労した。 しかし、読み進むうちに、オレはなんて面白い小説を読んでいるんだろうとびっくり。 そこから徹夜で岩波文庫を読みふけった。 この体験を後年、現役の浦和高校生に先輩として講演を依頼されて講堂でお話させていただいた。 講演後 30人ぐらいの生徒が次々と後を追ってきて、質問続き。 その中のひとりが、読みさしの岩波文庫を見せて「これから頑張ります」と言ったのが忘れられない。 当然、私のことだから、映画も観る。 ハリウッド版、ソ連時代の国策映画、プロコフィエフのオペラ。 ソチ五輪の時のバレエは観ていない。 多数の人物が登場するが、やはりナターシャが魅力的に画かれ、映画ではオードリー・ヘップバーンが演じた。 まことに適役。 1956年の作品だが、いまでもBS,CSで上映されている。 さて、大騒ぎされている新型のコロナウイルスとの戦争だ。 スフィンクス・インベストメントの藻谷俊介さんは感染者から死者と治癒者を差し引くと、すでに中国、韓国、台湾、豪州は下降。 スペイン、イタリア、米国も下降に向かいつつある姿がグラフから明瞭に見て取れる。 藻谷さん作成のグラフは 100万人当たり 0・ 5人を超えた日を100とし、 4月 21日までを表している。 日本は横這い。 上昇中はシンガポールのみ。 大部屋で集団生活している外国人単純労働者へのケアがなおざりにされたため感染増大がやまないのだろう。 またSMBC日興証券の牧野純一さんも国内の新規感染者頭打ちとなっており、収束に向かいつつある」としている。 私もそう思う。 なお、牧野さんは「緊急事態宣言による経済的損失は約 5兆円。 また輸出、インバウンドの減少、オリンピックの延期はGDPを 5・ 8兆円程度押し下げる」としている。 その結果、「企業収益は 18・ 9%程度、株価は 1月のピークかほぼ同率下落しており、すでに織り込み済みと思われる」と結論付けている。 要するに、アナリストの世界では、対コロナ戦争の次の平和な世界をそろそろ考え出す時期に入った。 その折も折、ジョージ・ソロス氏からメールが届いた。 内容が「永久債」に絡む提案、というので早速目を凝らして読んだ。 題は「EUは永久債を発行すべきである」。 ソロス氏は言う。 スペインがこの新提案を成し遂げるだろう。 またソロス氏は「永久債は新しいものではない。 1752年に英国が発行したものが第一号で、対ナポレオン戦争、クリミア戦争、第一次世界大戦。 また、米国は南北戦争に絡んで、 1870年に議会は容認している。 」とも。 私は、ソロス氏が、経済的な打撃に対する財源を、日本と同じくドケチで有名なEUが予算を絞るのをけん制していると観た。 日本の方も、このブログで書いたとおり、真水が 20兆に満たない景気刺激策なんて無力に決まっている。 日本特に財務省では「永久」という言葉にアレルギーがある。 松田学さんが言うように、超長期の建設国債(「投資国債」と松田さんは言うが)これを日銀が引き受ける。 時限立法、例えば 5年。 米国でも 100年債を真剣に検討していると財務長官が発言したのが、昨年だから、本年はもっと進行しているはず。 前記のソロス氏は当然、当然、米国の事情をよく知っているに違いない。 財源が乏しいのはどこの国も同じ。 恐らく大統領選前に「これを発表、株価は高騰、人気上昇を狙うだろう。 6月又は 7月の最高裁の判決の結果次第だが。 今の戦時は永くは続かない。 次の平和時をそろそろ考える時期に入ったのではないか。 次回のブログ更新は、 情勢を判断するのに日にちが必要で5月7日にします。

次の

ジョージ・ソロス

ジョージ ソロス コロナ

赤十字の運営をしているのがジョージ・ソロス財団です。 ロスチャイルド家の番頭、エリザベス女王の金庫番がジョージソロスです。 世界を牛耳る最高権力者の集うビルダーバーグ会議のメンバーです。 ソロスの今の奥さんは41歳年下の日系アメリカ人タミコ・ボルトンさんです。 ヨガスクールの経営やネット上での健康食品の販売をされているそうです。 2008年のパーティーで知り合い急速に親しくなったそうです。 タミコさんのお母さんは日系アメリカ人の看護師、お父さんはアメリカ海軍の将校だそうです。 アジア通貨危機、韓国のウォン危機、イギリスのポンド危機、スウェーデンのクローナ危機、日本の山一證券破綻からのバブル崩壊、ドイツ銀行破綻危機まで数多くの暴落を作り出し莫大な富を得てきました。 1日の取引で1600億円を稼ぎ出します。 「空売りのソロス」というほどその投資手法は有名です。 空売りという投資手法を編み出したのもジョージ・ソロスさんだそうです。 70年代にジョージ・ソロスさんが立ち上げたヘッジファンド(投資銀行)は他の機関投資家とは全く違う投資手法を行っていました。 ソロスさん以外のほとんどの機関投資家、ヘッジファンド(投資銀行)は株を安値で買い高値で売るという従来からある投資手法を行っていました。 しかしソロスさんのヘッジファンド(投資銀行)は高値で買い、下がったら売るという空売りというやり方を使い巨額の富を得ることに成功した人です。 日本の山一證券破綻ではまずイルミナティ・ロスチャイルド家傘下のロイターや英国ファイナンシャルタイムズが、日本の株式市場の先行き不透明や不安を一斉に煽ります。 そしてソロスがロンドン・NY・香港などの投資家の持ち株を借り集め、山一に空売りを浴びせます。 株価を一挙に引き下げて、下げ止まった所で買い戻して利鞘を稼ぎます。 ジョージ・ソロスさんが山一證券に売りを浴びせた山一株は6500万株にも及びました。 これにより山一證券は破綻します。 90年代前半にはジョージ・ソロスさんはイギリスのポンドに売りを浴びせます。 イギリス政府、イギリス中央銀行は必死にソロスに対抗しますが、ソロスさんには全くかなわず敗北してイングランド銀行は破綻します。 97年にはタイのバーツに売りを浴びせてバーツは暴落しタイの中央銀行の金庫は空になりアジア通貨危機を引き起こします。 今ソロスはコロナショックで米国株を猛烈に空売りしています。 アメリカ政府、FRB、NY連邦準備銀行も1日50兆円、150兆円と買いオペレーションをしていますが、ソロスさん、ロスチャイルド家などのヘッジファンドには全く歯が立たずニューヨークダウは暴落し続けています。 三重県四日市女子中学生殺害事件で逮捕された菰野高校の男子高校生は冤罪だと思います。 製薬会社の正体について水木しげるさんが書いていました。 病気が治るクスリは 弘道会室橋興業(旧薗田組)の組員3人と弘道会高山組清心興業の組員1人、愛人2人によって引き起こされた 「陰謀論」という言葉はいつ生まれたかご存じでしょうか? 「陰謀論」という言 カトリックの聖職者33人が未成年者175人に性虐待していたという事件をロイターが報じていました。 東浩紀は一般意思2、0を発表しますが、その内容が1部の専門家、エリートによる独裁を支持しているもので スターバックスコーヒーは悪魔崇拝のイルミナティ、DS、国際金融資本の直営企業だと言われています。 地球温暖化はCIA、イルミナティ、DSによる完全なウソ、でっちあげのデマです。 松本清張は帝銀事件はGHQ傘下の731部隊、登戸研究所所員の犯行だと推理しました。 交響曲第9番を作った後に多数の音楽家が死んでいます。 ベートーヴェンが交響 神奈川県で教師をしていました。 モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。 東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。 7000人以上の女性を幸せにしています。 国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、全体構造法、動作法、トリガーポイントマッサージによる言語障害・発達障害の治療など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。 心理カウンセラー、ジャーナリスト、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。 人気記事ランキング• カテゴリー•

次の

新型コロナ危機でEU存続の危機、ソロス氏が警告

ジョージ ソロス コロナ

米国カリフォルニア州の共和党の下院予備選候補だったジョアン・ライト氏は先月27日、自身のツイッターで奇妙な主張をした。 同氏は「コロナウイルスは武漢の研究所で人工的に作られたものだ。 ビル・ゲイツに誰が金を出したのか聞いてみろ」とツイートした。 また他にも「ビル・ゲイツが金を出さなかっただと?ジョージ・ソロスが彼の親しい友ではなかったのか?」と投稿した。 マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏とソロス・ファンド・マネジメント会長でウォール街の億万長者の投資家ジョージ・ソロス氏は、共にドナルド・トランプ米大統領と仲が悪い事で有名だ。 更にとんでもない主張もあった。 米国最大のキリスト教系大学、リバティー大学のジェリー・ファールウェル・ジュニア総長は今月の放送で、コロナウイルスは北朝鮮の生物兵器だとする疑惑を提起した。 また米国の有名陰謀説ユーチューバー、ダナ・アシュリー氏は先月、武漢で最初にスタートした5G移動通信サービスが免疫力を低下させ、ウイルス感染が拡大したと主張している。 中国の5Gサービスは昨年11月、武漢を含む16都市で同時に常用化された。 イラクでは事態の背景にユダヤ系金融資本のロスチャイルド一族がいるという噂まで上がっている。 しかし香港メディアは先月、キクガシラコウモリが武漢華南海鮮卸売市場では売られていなかったと、新型コロナウイルスが市場近くにある中国政府の研究所から流出した可能性があると報じた。 既に数年間に渡る貿易戦争に対して鬱憤が溜まっていた一部の米政治家らは、この様なニュースが伝わると、中国政府を非難して責任論を展開した。 中国も同様の批判を行なっている。 中国外交部の趙立堅報道官は今月12日、自身のツイッターに「米軍が武漢に新型コロナウイルスを持ち込んだ可能性もある」とツイートした。 中国の官営メディアも昨年10月に武漢で開かれた世界軍人体育大会に300人以上の米軍代表団が訪問した事を強調した。 中国のネットユーザーらの間では、選手団は競技目的で訪問したと見るには怪しい点が多く、新型コロナウイルスが実は米軍の生物兵器で、選手団が故意に中国に広めたという噂が広まっていた。 新型コロナウイルスが米軍の生物兵器だという陰謀論は中国のみならず、米国に対して悪感情を抱くイランやロシアを中心に瞬く間に拡散した。 米国防省は今年1月中旬からロシアで、米CIAによる「新型コロナウイルス作成説」が組織的に広まっている事を把握している。 歴史的に見ても大規模感染症が広まれば、ほぼ間違いなく陰謀論が付いて回る。 14世紀のヨーロッパでは黒死病(ペスト)が猛威を振るうと、ユダヤ人が井戸に毒を入れたという噂が広がった。 1918年からの2年間で少なくとも2500万人を死に追いやった「スペイン風邪」は、ドイツ軍の生物兵器だという疑いを受けた。 ソ連は1983年、米国に広まるAIDSは米国政府が作成した同性愛者除去用の生物兵器だという噂を広めた。 主な海外メディアは新型コロナウイルスに関連した陰謀論が、現在とてつもない水準にまで増幅してしまったとみている。 一番大きな原因は中国の閉鎖性だ。 中国政府は未だに新型コロナウイルスの具体的な発生地がどこなのか、最初の感染者は誰なのかを明らかにしていない。 中国政府は26日、現地メディアの澎湃(ホウハイ)が昨年12月16日に陽性判定を受けた武漢華南海鮮卸売市場のエビ商人を最初の感染者だと主張した事に対しても反応を見せなかった。 中東の衛生テレビ局アルジャジーラは、爆発的に増加した現代メディアを指摘し、小規模のメディアやSNSが陰謀論を増幅させていると報じた。 All rights reserved.

次の