エルレイド 育成。 エルレイドの育成論・調整|ポケモン育成論ORAS・XY|ポケモン徹底攻略モバイル

メガエルレイド育成論

エルレイド 育成

エルレイドの歴史 第四世代 豊富なサブウエポン、なら先手を取られても耐えて後手で反撃できるなどから、この世代はそこそこ人気のあったポケモン。 こだわりハチマキを持たせてを、、、にする型が主流であった。 性格はいじっぱりが好まれ、は4振り85族を抜けるように素早さを調整しつつ後攻めができるようHPを調整することが求められた。 単純な攻撃、素早さ特化ではに見劣りすることがあったので注意が必要であった。 で、を、でをとしてそれぞれ獲得。 第五世代 の強化によって、耐久型に磨きがかかった。 ただ、この世代ではやなどの強力なかくとうタイプが多数登場し、複合タイプのポケモンとしてはより攻撃に有利なタイプをしたに見劣りするようになった。 第六世代 天敵としてが登場し、物理低耐久のエルレイドは出落ちの危険性が大きくなった。 また、がとを追加されたため、同じ複合として分岐進化の片割れに需要を奪われる状況となった。 でエルレイド自身もメガシンカを獲得したが、この世代ではメガシンカしたターンにはメガシンカ前の素早さが参照されるため、それが祟って後手を前提とするならより耐性の優秀なサーナイトに立場を譲ったままであった。 PGLレーティングバトル統計データからは、少なくともORASリーグシングルバトルではメインウエポンとして、が、サブウエポンとして、、が需要を集めていたことがうかがえる。 は、が人気を集めていた。 通常環境に乗っているとは言えなかったが、2015年1月に開催されたホウエン図鑑限定戦の「Battle of Hoenn」ではジュニアカテゴリで使用率18位を記録。 とを両立できる唯一のポケモンであるため、トリプルバトルではリフレクターやひかりのかべを張り次第エルレイドのスキルスワップでにを移し、ふくろだたき要員でせいぎのこころを最大6回発動し、レジギガスのとで相手の一掃を狙うというコンボが愛好家筋の中で使用された。 JCS2015オンライン予選環境で使われた「パッチールスタン」では、パッチールからをで移してもらってインファイトのデメリットをメリットに変え、それに加えてで回復しながら戦っていた 第七世代 ファイアローは弱体化によって環境から姿を消したが、やの登場によってインファイトの通りが悪くなった。 第六世代でも重かったやも相変わらず不利な相手として環境に居座っている。 メガシンカの仕様変更によって、メガシンカしたターンにメガシンカ後の素早さが参照されるようになったが、通常特性に天候特性を追加されたポケモンが複数登場し、フィールドメイカー特性を持ったカプが活躍していることもあって、登場時にアドバンテージを取れないというエルレイドの最大の欠点が露呈することとなった。 メガシンカ解禁後のUSUMリーグでは大きな変更点はなし。 一方、2018年2月に行われたシンオウ図鑑限定戦の『バトル オブ シンオウ』ではジュニアカテゴリ29位の使用率を記録。 そこで、それらに抜群が取れる上に素早さの種族値110を活かして、、の上を取ることができ、で対策を張れる上によりもの技の使い勝手が良いエルレイドが注目された。 第八世代 ベースの技より威力が下がりがちな、の登場によりの相対数が減ったことでを展開することによる恩恵を受けづらいと、一致ダイマックスわざの面で非常に不遇。 そもそも弱点タイプが、、と悉くメジャー格なのが難点。 では負け組だが、では型として一定の需要がある。 シリーズ4シーズン6最終71位構築は、のでエルレイドのせいぎのこころを発動する「ミミレイド」構築であった。 なぜ相方がかというと、耐性が優れており耐久もそこそこあるだけでなく、途中で戦術に切り替えることもできるためである。 一般的な育成論 等と同じとの複合タイプであり、弱点が少ない。 と比較すると、との種族値を入れ替えたステータスになっている。 高いとを持つが、、、は低い。 をようきやいじっぱりにして物理アタッカーに育成するのが基本だが、多彩な技を使用できることから他の型に育成することも考えられる。 しかし、物理耐久の低さと微妙な素早さから、どの育成に関しても扱い辛いのが残念なところ。 通常特性はであり、自身がひるむとが上昇する。 上昇は良いがひるみで1ターン無駄になるので扱いにくい。 隠れ特性はであり、攻撃を受けるとが上昇する。 しかし、攻撃のダメージは等倍であること、自身の防御が低いこと、攻撃には物理技が多いことから相性は悪い。 ひるみによる行動不能のディスアドバンテージを考えると、せいぎのこころの方が扱いやすいか。 変化技の候補としては、、、、、、、、、等が挙げられる。 エルレイドはポケモン捕獲の3拍子が揃っているポケモンの代表的な1体であり、、、、などを覚えさせておくと重宝する。 メガエルレイド メガシンカにより攻撃が大幅に上昇し、素早さ、防御も高くなってよりも物理耐久や素早さが上がった。 特性のはなどのによる怯みが無効となり、インファイトで返り討ちに合わせることが可能。 特にこの特性はダブルバトルでかなりの力を発揮する。 シングルでもを覚えるため、要らなくなったら相手と特性を交換する戦法も便利。 ただしインファイトに頼ると折角上がった耐久が下がるため、一撃で倒せないと返り討ちに遭ってしまう。 そのため、あえてドレインパンチ、ビルドアップを中心とした耐久寄りの構成も候補。

次の

【ポケモン剣盾】エルレイドの育成論と対策【ポケモンソードシールド】

エルレイド 育成

エルレイド Erureido 英語名 Gallade 475 — — 160 - - - 067 - - 032 - - - - - - - - - - 123 分類 やいばポケモン 1. 6m 52. 0kg 白 メガエルレイド 1. 6m 56. 4kg 20サイクル• 第四世代: 5355歩• 第四世代: 208• 第五・第六世代: 233• 第七世代: 233• メガシンカ: 278• ポケモン徹底攻略• エルレイドとはのNo. 475のポケモンのこと。 初登場は。 メガエルレイドについてもここで述べる。 特徴 の進化形の1つであり、の最終進化形の1つ。 亜人型のポケモンで、白を基調に頭や腕などに緑色が見られる。 肘の部分は刀になっており、伸び縮みが可能。 胸の辺りから背中にかけて赤いプレートのようなものが体を貫いている。 同様の器官は分岐進化先のにもある他、進化前・の場合は頭部の突起に存在する。 サーナイトに比べると足腰が発達しており、空中浮遊はしない。 また頭の部分も頭頂部に突起がある。 ポケモン図鑑ではサーナイト同様に誰かを守ることが強調されているが、野生での生態は一切分かっていない。 20で• 30で• をサーナイトに持たせた状態ででメガサーナイト• で(のみ)• をエルレイドに持たせた状態ででメガエルレイド ポケモンずかんの説明文 、、 のびちぢみする ひじの かたなで たたかう。 いあいの めいしゅ。 れいぎ ただしい ポケモン。 漢字 伸び縮みする ヒジの 刀で 戦う。 居合の 名手。 礼儀正しい ポケモン。 、、 だれかを まもろうと したとき ひじをのばし かたなの ように へんか させて はげしく たたかう。 漢字 だれかを 守ろうと したとき ひじを伸ばし 刀の ように 変化 させて 激しく 戦う。 、、 あいての かんがえを びんかんに キャッチする のうりょくを もつため さきに こうげきが できるのだ。 漢字 相手の 考えを 敏感に キャッチする 能力を 持つため 先に 攻撃が できるのだ。 ぶじんと よばれる ポケモン。 なにかを まもるためで なければ ひじの かたなは つかわない。 漢字 武人と 呼ばれる ポケモン。 なにかを 守るためで なければ 肘の 刀は 使わない。 たすけを もとめる かんじょうを びんかんに キャッチ。 あいての もとへ はせさんじ かせいするぞ。 漢字 助けを 求める 感情を 敏感に キャッチ。 相手の もとへ 馳せ参じ 加勢するぞ。 種族値 の範囲 第三世代以降 レベル50 レベル100 68 おぼえるわざ も参照。 「進化」と書かれているわざは進化時におぼえるわざです。 わざ 第八世代 その他の世代: , わざ タイプ 分類 威力 命中 PP 剣盾 このポケモンはおしえわざを覚えません。 太字のわざはタイプ一致です。 「」から、形態 メガエルレイドが存在する。 特性はになる。 両腕にはプレートが現れ、頭部や背中は兜やマントのような形になって、騎士を思わせる姿に変化。 ラルトス・キルリア・サーナイトは第六世代以降タイプが付与されたが、エルレイドのタイプは変更されていない。 でもエルレイドとサーナイトのカップリンググッズが発売されている。 及び、かつXDが必要なを除き、通常の習得で唯一とを両立できる。 以降はくさタイプにが効かないためこちらが使用されることもある。 のDLC配信開始前では持ちがを覚えないしかいないため、捕獲要員としてトップクラスの需要を得た。 ではケンシンのベストリンクとして登場。 におけるエルレイド• 映画「」で登場。 のポケモン。 におけるエルレイド におけるエルレイド• を参照。 の第3ブロックにて登場。 には登場していないが、同作リメイクであるには登場する。 表のうち「ともだちエリア」はDX時のもの。 なお、性別の概念が存在しない超不思議のダンジョン・救助隊DXでは全てのキルリアがエルレイドに進化できる。 出現するダンジョン 斜体のダンジョンでは仲間にできない。 ・ 炎:なし 嵐:なし 光:かいきなもり・でんせつのさんがく 未登場 こおりのさいだん・あなぼこそうげん・ニャンダフルなじんせい CONNECTED条件:エルレイドの依頼を受けてロズレイドに手紙を渡す なし 一般的な育成論。 の詳しい対戦考察や育成論は、以下のようなサイトでも取り扱っています。 外部サイトの安全性・正確性・合法性等あらゆる点については、何ら保証しません。 を参照のこと。 関連項目 各言語版での名称と由来 言語 名前 由来 エルレイド earl 英語:伯爵 、elbow 英語:肘 、blade 英語:刃 Gallade gallant 勇敢な ,blade 刃 Galagladi Gallame 엘레이드 艾路雷朵 Gallade 英語に同じ.

次の

エルレイドの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略モバイル

エルレイド 育成

【良いところ】• メガエルレイドは、シンオウ地方で初登場したラルトス分岐進化形であるエルレイドがメガシンカした姿。 ポケモンORASではミツルも使用します。 メガシンカしたことで攻撃・防御・素早さが大きく伸び、他の能力に変化はありません。 特に攻撃種族値は165に達し、メガエルレイドよりも攻撃種族値が高いポケモンはメガヘラクロスとメガガブリアスのみとなっています 伝説・幻は除く。 メガシンカ前のエルレイドは素早さが低く、物理耐久も低かったため素早い物理アタッカーの先制攻撃で倒されがちでした。 メガシンカで素早さと物理耐久が上がったため、メガシンカ前よりもタイマン戦に強くなりました。 メガエルレイドは弱点が3つと少なく、炎・氷・地面などの最メジャー技に弱点を持たないのもいいところ。 【悪いところ】• メガエルレイドはタイプ耐性を格闘と岩の2つしか持たず、半減技読みでの交代出しをしにくいポケモンです。 バトルに出にくいため、一度繰り出したらなるべく止まりにくくしたいところです。 メガエルレイドはメガシンカで素早さが上がったとはいえ、110族と特別素早いわけではありません。 よって相手の素早いポケモンの死に出しに弱く、残念ながら止まりにくいポケモンとはいえません。 メガエルレイドの特性は「せいしんりょく」ですが、効果はひるまないことだけしかありません。 「せいしんりょく」は相手がひるみの追加効果を持つ技や「おうじゃのしるし」を使ってこないと発動しません。 しかしひるみ技はあまり使用率が高くなく、ひるむ確率も低かったりするので「せいしんりょく」が役立つ機会はあまりありません。 メガチャーレムは攻撃種族値が100と特別高くありませんが、特性「ヨガパワー」で攻撃ステータスが2倍になるため実質火力はメガエルレイドよりも高いです。 メインウェポンの火力で比較した場合、メガチャーレムはメガエルレイドの約1. 5倍の火力があります。 メガエルレイドがメガチャーレムよりも有利な点は、素早さと耐久が高く、タイマン戦に強いことです。 特に素早さではメガチャーレムが抜けないガブリアスをメガエルレイドなら抜くことができ、ラティアス・ラティオスやメガメタグロスなどと同速で戦えます。 1回のバトルでメガシンカできるポケモンは1匹までなので、エルレイドをメガシンカさせると他のメガシンカポケモンが使えなくなってしまいます。 メガシンカポケモンには強力なアタッカーが揃うので、どのポケモンをメガシンカさせるか悩みどころです。 現在ほとんどのエルレイドがメガシンカするため、パーティに入っているとメガシンカ枠がバレやすいポケモンです。 メガエルレイドは高い攻撃に加え、威力120の「インファイト」を初めとする格闘技で戦えます。 格闘技は弱点を突きやすい一面半減もされやすいので、サブウェポンも必要です。 メガエルレイドはタイプ耐性が少なく交代出ししにくいポケモンです。 味方の死に出しで登場するほか、格闘や岩といった半減技読みでの繰り出しができます。 格闘技や岩技は物理技が多いので、メガシンカで防御が上がったのは嬉しいところ。 メガエルレイドは特別素早いポケモンではありません。 バトル終盤にHPが減った状態で残してしまうと、相手の素早いアタッカーとのタイマン戦に負けてしまうため注意です。 メガエルレイドのHPが減ってしまったら潔く倒れ、味方の死に出しチャンスを作ることも必要です。 メガエルレイドにメガシンカすると特性が「せいしんりょく」になります。 メガシンカ前のエルレイドの特性は「ふくつのこころ」と隠れ特性「せいぎのこころ」から選択です。 すぐにメガシンカしてしまうためそこまで関係ありません。 「ふくつのこころ」ではエルレイドがひるむと素早さが1段階上がります。 素早さアップした状態でメガシンカできれば速攻アタッカーとして期待できます。 大抵のひるみ技は低確率で追加効果が発動するというものなので、狙って発動はさせにくいです。 「せいぎのこころ」ではエルレイドが悪技を受けると攻撃が1段階上がります。 バンギラスなどが使う悪技が読めれば狙って発動させやすいのが特徴です。 悪技はあまりメジャーではないのが欠点です。 またエルレイドは他の格闘ポケモンと異なり、悪技に耐性を持たないため大ダメージを受けてしまうことが一番の問題です。 性格をいじっぱりにすると火力が上がりますが、素早さに全振りしても最速95族までしか抜けず、最速97族~109族が抜けなくなります。 この素早さ帯は激戦区で、サザンドラ、メガリザードンXY、メガガルーラ、メガサーナイト、サンダーなど多くのメジャーポケモンが属しています。 どのポケモンも最速でない型も多いですが、最速型も少なからずいます。 メガエルレイドの性格をようきにしておけば、これらのポケモンを確実に抜けるので安心です。 性格ようきの場合、素早さに全振りすると108族のテラキオンが抜けるほか、110族のラティアス、ラティオス、メガメタグロス等にランダムで先手が取れます。 しかし103族~109族には超メジャーポケモンがいないため、メガエルレイドの素早さを102族のガブリアス抜きまで落とし、残りをHPに振って耐久を上げる手もあります。 【ようき】 調整先 調整先の ポケモン例 必要努力値 素早さ実数値 最速102族抜き ガブリアス 196 170 最速 - 252 178 努力値調整は個体値Vを仮定しています。 エルレイドナイト: エルレイドをメガエルレイドにメガシンカさせます。 インファイト・ドレインパンチ: タイプ一致の格闘技です。 「インファイト」は威力120の格闘技で、使用後に自分の防御と特防が1段階ずつ下がります。 高威力なのでメインウェポンとして優秀ですが、使用後はタイマン戦に弱くなります。 メガエルレイドよりも素早いポケモンは多いので、「インファイト」で相手を倒した後、相手の素早いアタッカーを死に出しされやすいです。 「ドレインパンチ」は威力75の格闘技で、与ダメージの半分だけ自分のHPを回復できます。 低威力なので相手を一撃で倒しにくく、回復を合わせてもメガエルレイドが反撃で倒される危険が高まります。 はたきおとす: 威力65の悪技ですが、相手が持ち物を持っていると威力97に上がります。 ついでに持ち物を叩き落してそのバトル中は使えなくできます。 メガストーンなど一部のアイテムを叩き落すことはできません。 悪技は格闘技に耐性を持つゴースト・エスパー相手に効果抜群です。 れいとうパンチ: 威力75の氷技で、1割の確率で相手を凍り状態にします。 氷技は格闘技を半減してくる飛行ポケモンに効果抜群であるほか、メガボーマンダやガブリアスといったドラゴンやランドロスの4倍弱点を突けます。 ストーンエッジ・いわなだれ: 岩技は格闘技を半減してくる飛行ポケモンに効果抜群です。 ついでに虫ポケモンの弱点も突けます。 「ストーンエッジ」は威力100・命中80の岩技で、急所に当たりやすいです。 飛行ポケモンに対しては「れいとうパンチ」よりも高威力な代わりに、ガブリアスやランドロスの弱点を突けなくなるのが欠点です。 命中率もタイマン戦で使うには不安です。 「いわなだれ」は威力75・命中90の岩技で、3割の確率で相手をひるませます。 威力が「れいとうパンチ」と同じなのにガブリアスやランドロスの弱点を突けないため、「れいとうパンチ」の方が優秀です。 かみなりパンチ: 威力75の電気技で、1割の確率で相手をまひ状態にします。 電気技は格闘技を半減してくる飛行ポケモンに効果抜群ですが、氷技や岩技と比べて狙える範囲が狭いです。 電気技では特にギャラドスの4倍弱点を突けて、ついでにマリルリの弱点も突けます。 しねんのずつき・サイコカッター: タイプ一致のエスパー技です。 低威力な上に格闘技との相性補完があまり良くないため、優先度は低めです。 一応格闘技を半減してくる毒ポケモンの弱点を突けますが、毒ポケモンは他のタイプと比べてマイナーです。 「しねんのずつき」は威力80・命中90のエスパー技で、2割の確率で相手をひるませます。 「サイコカッター」は威力70・命中100のエスパー技で、急所に当たりやすいです。 「しねんのずつき」と異なり外れない代わりに威力が少し下がります。 じしん: 威力100の地面技です。 地面技は格闘技と半減される相手や弱点を突ける相手が被るため、優先度は低いです。 一応格闘技に耐性を持つ毒ポケモンの弱点を突けますが、毒ポケモンはマイナーです。 「じしん」では格闘技を無効化するギルガルドの弱点を突けます。 直接技ではないため「キングシールド」で攻撃を下げられる心配がありません。 つるぎのまい: 攻撃ランクを2段階上げる積み技で、交代読みなどで積むことができます。 相手の残りポケモンがこちらより鈍足なら、攻撃力を一気に上げて全抜きも期待できます。 メガエルレイドは特別素早いポケモンではないため、実際は積んでも相手の素早いアタッカーに死に出しされてしまい、全抜きは厳しかったりします。 ビルドアップ: 攻撃・防御を1段階ずつ上げる積み技です。 相手の残りポケモンが物理アタッカーならタイマン戦に効果的です。 上がった物理耐久から「ドレインパンチ」で回復しつつ戦う戦法も存在します。 交代読みで使えば、相手の交代先を確認してから攻撃技を選択できます。 また「おにび」「でんじは」など厄介な補助技を避けることもできます。 さいみんじゅつ: 命中60で相手をねむり状態にします。 相手の高耐久ポケモンなど、メガエルレイドでは通常突破が厳しいポケモンを倒せることがあります。 眠らせたら交代してもOKです。 おにび: 命中85で相手をやけど状態にします。 交代読みで使い、メガボーマンダなど相手の物理エースに当たれば効果的です。 ちょうはつ: 3ターンの間、相手は補助技を使えなくなります。 回復技に頼る高耐久ポケモンなどに当たれば効果的ですが、相手に補助技メインのポケモンがいなければあまり役に立ちません。 まもる: 使用ターンはほぼ全ての技を無効化できます。 メガシンカ前のエルレイドは素早さ種族値が80とあまり高くなく、物理耐久も低いのでメガシンカに危険が伴います。 「まもる」を使えばほぼ確実にメガシンカできますが、メガシンカするだけで技枠を1つ消費してしまうことになります。 役割関係.

次の