仏壇 りん 鳴らし 方。 仏壇を拝むときに「ちーん」とならすやつ。あれは何?正しい使い方は?

お仏壇のまつり方

仏壇 りん 鳴らし 方

曹洞宗のお参りの仕方 一、お仏壇の前で正座をして座ります。 仏壇内のご本尊様やお位牌を仰ぎ見て一呼吸して気持ちを落ち着かせます。 一、ライターやマッチなどでロウソクに火を灯し、お線香を手に取ります。 お線香の本数に決まりはありませんが、通常は1本で大丈夫です。 (2本または3本立てる地域もあります) ロウソクの火からお線香に火をつけます。 この時、ろうそくの炎は上部の方が温度が高いため、 お線香の先を炎の上部に当てるようにすると早くお線香に火がつきます。 もしお線香の先が燃えて炎が出てしまった場合、 口の息で吹き消すのはマナー違反ですから、 落ち着いて、もう片方の手に線香を持ちかえて仰いで炎を消すようにします。 その後、お線香を両手で上に軽く押しいただいてから、 お線香立ての真ん中にまっすぐ立てます。 一、次にリンを鳴らします。 回数は通常「2回」です。 まず、リンを鳴らす棒「バイ」を人差し指、中指、親指の三指で軽く持ちます。 心を静めて、リンの側面を2回打ち鳴らします。 リンは打つ位置や力加減などによって奏でる音の響きが全く違います。 力いっぱいに打つ必要はありません。 手首のスナップを効かせるようにしてやさしく丁寧に打ちます。 そのリンの一番良い音を鳴らすように意識すると良いでしょう。 一、次に「バイ」を元の場所に置き、 今一度、背筋を伸ばして正しい姿勢で座り、合掌をします。 合掌は左右の手のひらに隙間ができないよう、 胸の前できちんと合わせ、肘をかるく張ります。 そして合掌のまま一礼します。 一、合掌を解きます。 以上が曹洞宗の仏壇へ参る時の基本作法となります。 この一連の流れは何度も繰り返して行うことで自然と身について憶えていきます。 いずれも無心で行うといいと思います。 それとお参りの後は必ずろうそくの火を消すように注意しましょう。

次の

仏壇の鈴(りん)の鳴らし方|回数は自由でオッケー?

仏壇 りん 鳴らし 方

「りんの正しい鳴らし方や、手入れの方法がわからない」• 「新しくりんを買うとき、どんなことに気をつければいい?」• 「仏壇まわりにはりん以外にも仏具があるけれど、どんなタイミングでどう使えばいいの?」 この記事では、以上のような悩みや疑問を持つ人のために、りんの正しい使用法や手入れ方法をお伝えします。 新しくりんを買うときの注意点や、他の仏具の使い方についても解説するため、正しい作法で供養できるようになりますよ。 りんを使う目的 この章では、りんを使う目的から鳴らし方、りんの手入れ方法まで詳しくお伝えします。 りんの使い方は、そもそもりんとは何かを知ることで、深く理解できるようになります。 りんを使う目的は、主に次の3つです。 周囲の邪気を祓い、空気を清らかにする• お祈りしていることを故人に知らせる• 読経の調子を整える それぞれ詳しく説明します。 周囲の邪気を祓い、空気を清らかにする りんの澄み切った音色は、人の邪気を祓うことから、お参りをする周囲の空気を清浄にするといわれています。 お葬式で僧侶が葬儀ホールに入ってくるとき、りんを鳴らしながら歩いてくるのは、ホール内を清めるためです。 お祈りしていることを故人に知らせる りんの音は、故人のいる浄土にまで届くといわれています。 つまり、りんを鳴らすということは、「ここにいて、あなたのためにお参りしていますよ」ということを故人に知らせる行為です。 読経の調子を整える お経の始まりと終わりに、あるいは読経の合間にりんを鳴らすことがあります。 りんは、木魚などとともに読経の調子を整えるための、いわば楽器として使われます。 以上のような目的を考えれば、りんをどんなときに、どう使うべきかは、何となく理解ができるのではないでしょうか。 りんの鳴らし方 りんを使う目的を踏まえて、りんの鳴らし方を覚えましょう。 「読経の調子を整える」という意味だけをとると、「読経せずにお参りをするだけなら、りんを鳴らす必要はないのでは?」と思う人もいるかもしれません。 しかし、「お祈りしていることを故人に知らせる」意味があることを考えれば、やはりお参りの度にりんを鳴らすのがよいといえるでしょう。 お参りするとき、りんは次のように鳴らしましょう。 りんを鳴らすタイミングは線香をあげた後、合掌する前 線香に火をつけ、香炉に立てたらりんを鳴らし、合掌してお参りしましょう。 昔ながらのりんは、ふちをりん棒で打つ 昔ながらの半球型のりんは、ふちを打つととくにきれいな音色が出ます。 ふちの外側と内側を叩くケースがあり、宗派によって違います。 ただし、厳密に決まっているわけではないため、好みの音色がなる方を選んで叩きましょう。 ふちの外側なら凛と澄み切った音になり、内側ならややこもった柔らかい音になります。 球体のりんは、中ほどを打つ 最近はデザイン性を持った、ユニークなりんが増えてきています。 とくに多いのが、完全な球体をしたりんです。 球体のりんは、ふちがないため、最も膨らんでいる中央部分をりん棒で鳴らしましょう。 やや高めの、可憐な音色を聴くことができます。 りんを打つ回数は1回から3回 りんを打つ回数は、1回から3回程度としましょう。 回数は宗派によって違うとされてはいるものの、厳密なものではありませんし、お寺によっても考え方が違います。 ふちの打ち方や鳴らす回数を、 寺院のしきたりにのっとって決めたいという人は、菩提寺に問い合わせてみましょう。 りんの手入れ りんの手入れは、基本的に乾拭きとします。 日常的なお手入れは、柔らかいタオルや布でサッとほこりを払うだけで十分です。 りんが変色してきたら、りん専用のクリーナーと、柔らかい布を使って汚れを落としましょう。 自己判断で、専用洗剤ではないものを使ってしまうと、変色が進んだりコーティングが剥がれてきたりします。 仏壇・仏具店や通販サイトで、りん専用のクリーナーを購入し、初めはごく小さい部分に使って効果を確かめるのがおすすめです。 なお、手入れのときには必ず白手袋などを使い、素手で触らないようにしましょう。 素手で触ると、指の脂がりんに付着し、汚れてしまいます。 日常使用するときも気をつけて扱いましょう。 りんの買い替え時期 専用のクリーナーを使っても汚れが落ちないときや、表面のコーティングが剥がれてきてしまったときは、買い替えを検討しましょう。 「人が亡くなったわけでもないのに、買い替えてもいいものだろうか」と、買い替えのタイミングに迷う人もいることでしょう。 しかし、仏具を買い替えるタイミングに吉凶はありません。 いつまでもボロボロのりんを使うより、汚れが目立って来たら買い替えたほうが、気持ちよく毎日お参りできます。 以上、りんの使い方や手入れについて解説しました。 使用法も手入れ方法も至ってシンプルですから、日常的にりんを使う生活をしたいものです。 次章では、りんを買い替えるとき、あるいは仏壇とあわせて初めてりんを買うときの注意点をお伝えします。 りんを買うときの注意点 りんを買うときは、サイズや価格相場、一緒に買うべき付属品について注意しましょう。 りんのサイズ りんを買うとき、 最初に検討したいのが「りんのサイズ」です。 りんのサイズは「寸」表記なので、通販サイトなどで確認しようとすると、なかなかピンとこないかもしれません。 しかし、わからないからといって適当なサイズを買ってしまうと、仏壇に並べたときに不釣り合いなことが多々あります。 自宅の仏壇に合うりんのサイズを、きちんと確認して購入しましょう。 りんを買い替えたいなら、今あるりんの直径を測り、「寸」表記に直してみましょう。 1寸は約3センチですから、今あるりんの直径が18センチ程度なら、6寸のりんを買うのがよいことになります。 「今使っているりんより一回り小さいのがよい」と思ったなら、1サイズ下げて5. 5寸、あるいは5寸のりんを買うのがおすすめです。 新しく仏壇を購入するなら、仏壇を買うお店ですすめられたサイズのりんを、同時に購入するのが正解です。 数種類おすすめされて迷ったなら、鳴らしてみて好みの音色が出るものを購入しましょう。 大きいりんは低い音、小さいりんは高い音が出ます。 りんと一緒に買うべき付属品 りんは、単品で買っても鳴らすことができません。 「りん棒」と、おりんの「下に敷く座布団」を合わせて購入しましょう。 もちろん、「りん・りん棒・座布団」が3点セットになっている商品がほとんどですが、りんだけを買い替える人のために、単品商品を用意しているお店もありますから、注意が必要です。 また、裁縫の得意な人であれば、りんの座布団を手作りするのもいいでしょう。 市販のりん専用座布団のように、ふっくらしている必要はありません。 りんが落ち着くように真ん中にくぼみをつけてあげさえすれば、あとは通常のクッションのつくり方で構いません。 りんのサイズに合わせて、好みの布で手作りしてみましょう。 りんの価格相場 りんの価格相場は、 小さな仏壇用なら1万円程度、伝統的な大きい仏壇用でも2万円から3万円程度です。 もっとも、職人が作る一点もののりんは、100万円を超えるものもあります。 反面、格安だからといって飛びつくと、見栄えの悪さや音のチープさにがっかりすることがあります。 できれば、仏壇・仏具店で質を確認して購入するのがおすすめです。 通販サイトを利用する場合は、 写真をよくチェックする、音色を聴けるサイトから購入するなど 慎重に選びましょう。 以上、りんを買うときの注意点をお伝えしました。 りん以外にも、揃えるべき仏具はあります。 次章では、「ついでだから、すべて揃えてしまいたい」という人のために、りん以外の仏具と供養法を一覧でご紹介します。 りん以外にも揃えたい仏具と供養作法 りん以外にも、揃えたい仏具があります。 とくに初めて仏壇を買う人は、まとめて買ってしまえば安心です。 また、宗派によって必要になる仏具もあります。 いずれも一覧にしてご紹介します。 初めて仏壇を買うときに必要になる仏具 初めて仏壇を買うときに必要になる仏具は、以下の通りです。 仏壇の形によって、また代用品がある場合は不要なケースもあるため、確認しながら揃えましょう。 仏具 目的など 燭台 ロウソクを立てる 香炉 線香を立てる 花立 お花を活ける 線香立て 線香を数本差しておく 火消し 使用済みのマッチを入れる。 マッチを使わないなら不要 座布団 参拝するときに敷く。 上置き仏壇など立ってお参りするなら不要 経机(きょうづくえ) 燭台や香炉を置く。 上置き仏壇など他にスペースがあれば不要 仏飯器(ぶっぱんき) ご飯を供える。 故人の茶碗などで代用することもある 高坏(たかつき) お菓子や果物を供える。 家にあるお皿などで代用することもある いずれも、仏壇やりんとセットで売られていることが多いため、重複しないように購入しましょう。 仏具のセットって、何がまとめられているの?と、詳しく知りたい人は「」を参考にしてください。 宗派によって必要になる仏具 宗派によって、また家の考え方によって必要になる仏具もあります。 仏具 目的など 茶湯器(ちゃとうき) お茶をお供えするためのフタがついた湯呑道具 浄土真宗では使われない 通常の湯呑で代用することもある 木魚 読経のリズムを整えるための道具 浄土真宗や日蓮宗では使われない 日常的に読経を行わない家では不要とする考えもある 木柾(もくしょう) 読経のリズムを整える円形の鐘 日蓮宗などで使われる 必要かどうかは、菩提寺に相談して決めましょう。 日常の供養作法 最後に、日常の供養作法について、一連の流れを確認しておきましょう。 仏壇に向かって一礼する ご本尊や遺影、位牌に目を向けた後、一礼します。 お供え物をする 仏飯やお茶、お菓子などを仏壇の供物台などへお供えします。 線香を供える ろうそくに火を灯し、線香へ火を移して供えます。 線香の火は、手でそっとあおいで消しましょう。 息を吹きかけてはいけません。 線香の供え方は、香炉にそのまま立てる宗派と、2つに折って香炉に寝かせる宗派があります。 とくに浄土真宗は寝かせる場合が多いでしょう。 りんを鳴らす お線香を立てたらりんを鳴らします。 木魚や木柾を叩きながらお経を唱える 熱心な信徒であれば、仏具を駆使してお経を唱えましょう。 合掌し祈りを捧げる 手を合わせ、故人の冥福を祈り、先祖に自分の近況を報告します。 ろうそくを消す 手であおいでろうそくを消します。 息を吹きかけるのはマナー違反です。 以上、りん以外に揃えたい仏具や、日常的な供養の作法についてご紹介しました。 とくに、仏壇を新しく買う人は買い逃しのないよう気をつけましょう。 まとめ この記事では、りんを鳴らす目的や使い方、りんの手入れ方法、購入時の注意点についてまとめました。 また、りん以外の仏具についても簡単に説明したので、日常的に仏壇で行う供養の作法が掴めたかと思います。 仏壇に向かい、故人と対話する時間を何より大事に、心を込めてお参りしましょう。 監修者コメント 監修者 終活・葬送ソーシャルワーカー 吉川美津子 りんは、仏具としては必ず揃えなければいけないアイテムではないのですが、仏壇を購入する際に三具足と一緒に揃える家庭が多いようです。 りんの意味は宗派によって異なります。 日々のお参りに必要なしという宗派もありますが、線香を焚いてりんを打つと自然と身が引き締まるものです。 りんを購入する際に、ポイントとなるのは大きさでしょうか。 置き場所を考え、仏壇に合うサイズを購入します。 小型サイズはインターネットでもよく売れる商品のひとつですが、材質によって音色も違うので要注意。 最近ではYoutubeで音色を確認することもできます。 モダン仏壇に合うスタイリッシュなデザインもりんも人気があります。

次の

仏壇のりんの作法!鳴らし方や回数の正しいマナーを解説

仏壇 りん 鳴らし 方

人々の邪念を払う• 音に乗せて供養や祈りを極楽浄土へ届ける• 読経の始まりと終わりの合図として鳴らす 仏壇にある鐘には様々な呼び方があります。 鈴 りん 、お鈴、天台宗や浄土真宗では鏧(きん)、浄土宗では小鏧(しょうきん)などと呼びます。 以下、当記事では鐘もしくはお鈴と呼びます。 このお鈴はもともとは禅宗で使われていましたが、現在ではあらゆる仏教宗派で使われています。 お鈴を鳴らす意味は上記の3つがあります。 要約すると、「 お鈴を鳴らす事で人々の邪念を払い、音に乗せて供養や祈りを極楽浄土へ届ける」という意味があります。 獨協の始まりと終わりの合図として鳴らすというのは、僧侶の方の場合ですので、普段お祈りしている時には祈りの始まりと終わりを意味しています。 仏壇の鐘の作法、マナー• お鈴を鳴らすタイミング• お鈴を鳴らす回数• お鈴の鳴らし方 一般的にお線香をあげた後にお鈴を鳴らす、という方が多いのではないでしょうか? また、鳴らす回数もなんとなく周りの人に合わせて鳴らしているという方も多いかと思います。 お鈴はいつ鳴らすべきか、何回鳴らせばいいのか、また正しい鳴らし方について解説します。 お鈴を鳴らすタイミング まず一つは読経の開始と終了の合図として鳴らします。 また、読経中の区切りとしてお鈴をならすこともあります。 次に日頃の仏壇にお参りをする時に鳴らすかどうかです。 お線香をあげた後に鳴らすと言う人が多いですが、お鈴は読経の際に鳴らすものなのでこれは間違いです!という情報が多く流れています。 しかし、これについては宗派によって変わりますし、比較的自由であり様々な考え方もあります。 日頃から鳴らしているというのであればそれで大丈夫ですし、ちゃんと知りたいと言う場合には菩提寺に聞いてみましょう。 宗派によって決められているところもあるのでご紹介します。 真言宗 お鈴を鳴らす回数は2回とされています。 1回目は優しく、2回目は少し強めに叩きます。 曹洞宗 お鈴を3回鳴らすとしているお寺と、内側を2回鳴らすとしているお寺があります。 浄土宗 お鈴は読経時にのみ鳴らすものとしており、読経をしないお参りの際には鳴らしません。 浄土真宗 浄土真宗では勤行の時にだけ、お鈴を鳴らします。 合掌礼拝時には鳴らしません お鈴の正しい鳴らし方 お鈴を鳴らすには専用の鈴棒でお鈴を叩いて鳴らします。 この鈴棒を親指と人差し指で軽く持ち、お鈴の縁を外側か内側から優しく叩きます。 縦方向に叩いてしまうと美しい音が出ないので気をつけましょう。 また、力を込めすぎるといい音が出ない他にお鈴自体の破損の原因となってしまいます。 仏壇の鐘の掃除の仕方 仏壇の手入れと一緒にお鈴も手入れをしてあげようね! タオルでさっと拭くだけで問題ないよ。 お鈴は基本的に金属でできているため、掃除や手入れは少し気を遣ってする必要があります。 基本的にはタオルや布などでさっと拭いてホコリや汚れを落とすぐらいで問題ありません。 お鈴が変色してきたりした場合には専用の洗剤が売っていますので、それを使ってしっかり手入れをしましょう。 また、手入れの際には指紋や手の油が付着してしまうのを防ぐために白手袋などをはめることをお勧めします。 もし、お鈴の傷が目立ってきた、そもそも古いという場合には買い替えも検討しましょう。 買い替えの際には「いい仏壇」がおすすめです。 「いい仏壇」では、自分が住んでいる場所の近くのどこに仏壇店があるのかを検索することができます。 また、初回来店時に使えるクーポンが発行できますので、来店前にはクーポンを発行して持って行きましょう。

次の