全農 どんぶり。 「どんぶり」でスポーツ応援 JA全農とJA全国女性協|ニュース|JAの活動|JAcom 農業協同組合新聞

【公式全農】どど~ん!と「どんぶり」

全農 どんぶり

挨拶する野口JA全農専務と加藤JA全国女性協会長 JA全農の野口栄代表理事専務は、あいさつで全農のSR(社会貢献)活動として、プロスポーツ支援では、石川佳純選手などの卓球やカーリングを支援していること。 スポーツの次世代支援では、JA全農チビリンピックや、野球では王貞治氏によるJA全農WCBF少年野球教室、卓球、サッカー、水泳を支援していることを紹介したうえで、今回、JA全国女性組織協議会による「どんぶり47プロジェクト」で開発されたレシピによるご当地「どんぶり」で、食の面からスポーツを支える取り組みであると意義を語った。 JA全国女性組織協議会(JA全国女性協)の加藤和奈会長は、コメの年間1人あたり消費量は、昭和37年度の118㎏をピークに一貫して減少し、平成29年度にはピークの半分以下の54㎏にまで減少していること、主食用米の需要量が毎年約8万tずつ減少していることなどへの危機意識を語った。 とりわけ若い世代ほどコメを食べないという事態に立ち向かうために、「スポーツをがんばる子どもたちに向け、地元農畜産物をメイン食材とした、ご当地どんぶりを開発する」をテーマとして「どんぶり47プロジェクト」を開始したという取り組みの経緯を紹介。 「全国のJA女性組織のメンバーが、味はもちろん、作りやすさにも知恵を絞って、個性豊かなどんぶりメニュー」が47都道府県で考案された。 JA全女協では、開発したどんぶりを紹介する冊子・ポスターの配布、ホームページでのレ式公開、各種イベントでのPRなどを実施するという。 JA全農では、キャンペーン第一弾として、全農が協賛する「第101回全国高等学校野球選手権大会」中継番組(BS朝日)が放送される8月からスタートし、全農が協賛するスポーツ大会やイベント等でキッチンカーを活用して、どんぶりメニューを実際に食べてもらう企画を11月末まで実施する。 今回のキャンペーンのため、食べ盛りの高校生を使った「どんぶりはスポーツの栄養だ」というコピーが印象的なTVのCMも放映する。 また、インターネット上には特設サイトを開設。 47種類の「どんぶり」レシピの提供や、楽しく国産食材を学べる「どんぶり」クイズを展開し、抽選で47名にお米1俵(60㎏=5㎏袋で12袋)が当たる企画も実施する。 さらにキャンペーン第二弾として、11月以降もキッチンカーで47種類の「どんぶり」を提供するイベントやアイドルグループとのコラボ企画、オリンピックをきっかけに来日する訪日外国人への提供などさまざまな企画を実施するという。 (関連記事) ・(19. 06) ・(19. 23).

次の

【公式全農】どど~ん!と「どんぶり」スポーツ応援キャンペーン

全農 どんぶり

当サイトは、JA全農(全国農業協同組合連合会)がTwitterを活用して実施するSNS投稿企画の投稿集約サイトです。 JA全農が実施するSNS投稿企画のハッシュタグ(2つ以上)をつけてSNSに投稿された場合は、本規約に同意したものとみなします。 万が一同意いただけない場合は応募を中止してください。 注意事項• ・あなたの撮影した写真・動画(以下「投稿データ」といいます)を、ハッシュタグを付けて投稿してください。 ・応募者と一緒に投稿データの写真に写っている方がいらっしゃる場合は、必ず投稿前にその方から投稿データの使用につき、使用許諾を得てください。 ・上記の場合の他、投稿データに応募者以外の第三者の知的財産権が含まれる場合、必ず投稿前に権利者から投稿データの使用につき、使用許諾を得てください。 ・15歳未満の方は保護者の同意を得た上でご応募ください。 当ホームページへのリンクについて 当ホームページへのリンクは、営利を目的とせず、そのリンクの対象を当ホームページのトップページとするなど、リンクに関する注意事項がすべて満たされている限り、原則として自由です。 ただし、当ホームページとリンクを張るときは、以下までご連絡ください。 ------------------ 掲載時用のコメントは以下を利用してください。 zennoh. zennoh. リンクは、当ホームページを訪れる方々の便宜を図ることのみを目的とする場合に限って認めています。 当ホームページにつながることをうたい文句に広告を募集したり、商品を販売するなど、営利を目的として行うリンクはお断りします。 当ホームページの内容を、他のコンテンツと組み合わせて表示する形式でのリンクはお断りします。 また、当ホームページの内容が単独で表示される場合であっても、リンク元のホームページの一部として表示されるようなリンクはお断りします。 一般的な常識に照らし、JA全農、および全農グループの信用にかかわるようなリンクの仕方はご遠慮願います。 JAマークのロゴや当ホームページのタイトルデザインは、ホームページ上でリンクボタンなどとして使用することを認めていません。 著作権について ネットワークのうえで提供されている個々の情報(文字・写真・イラスト等)は、すべて著作権の対象となっています。 著作権は、日本国著作権法及び国際条約により保護されています。 著作権者の承諾なしにダウンロードしたり、無断で他の電子メディアや印刷物などに転載することは禁じられています。 ただし、当ホームページでは、利用者がブラウザーを使って画面に呼び出して見ることはなんら問題ありません。 免責事項 当ホームページの情報の利用に伴って発生した不利益や問題について、JA全農は何ら責任を負うものではありません。 推奨環境 以下のブラウザ及びプラグインでのご利用をお奨めいたします。 [PC] Windows:IE11、Edge、Firefox最新版、Chrome最新版 Mac:Safari最新版、Chrome最新版 [SP] iOS:10以降の標準・Chromeブラウザ Android:4.

次の

JA全国女性組織協議会・JA全農共同企画「どんぶり47プロジェクト」への応募作品の開発・作成 |JA宮城中央会

全農 どんぶり

ハッピーくるくる丼 【福井県】 JA福井県女性組織協議会 チーズ、お肉、野菜、いも、ごはん…ひとくちで、いろんな栄養がバランスよくとれるよ。 福井の「福」から「ハッピー」、材料をくるくる巻いていることと、たくさんの福と出会えますようにとの気持ちを込めて名付けました。 1:ごはんを炊く。 2:人参と里芋を5㎜角の棒状に切る。 アスパラガスは半分に切る。 3:人参とアスパラガスは2分、里芋は2分30秒、レンジにかける。 4:うす揚げを開いて正方形に2等分し、内側を上面にして広げる。 5:うす揚げの端にチーズ、豚肉、人参、アスパラ、里芋をのせて巻く。 6:5をフライパンに入れ、弱火で焼き目を付ける。 7:だし汁・みりん・しょう油を煮立てて6を入れ、中火で約5分煮て、そのまま冷ましておく。 8:7が冷めたら1㎝幅に切る。 9:器にごはんを盛り、6の煮汁を少量かける。 10:9の上にレタスをちぎって敷き、8を花形に並べる。 11:中央にレタスを敷いて、大根おろしとねぎのみじん切りをのせる。 作りかたのポイント うす揚げは強めに巻く。 野菜のシャキシャキ感を出すために、煮すぎないようにする。 福井県は、揚げの消費量が全国1位です。 揚げの油で焼けるので、余分な油を使わずヘルシーです。 特産の煮崩れしにくい里芋など、全て福井県産の材料で作っています。

次の