爪 先端 剥がれ。 爪の先の表面が剥がれてきます。薄く剥離する感じなんですが…原因や...

爪の先の表面が剥がれてきます。薄く剥離する感じなんですが…原因や...

爪 先端 剥がれ

手足口病による爪甲脱落症(そうこうだつらくしょう) 手足口病は5歳以下の乳幼児がかかりやすいウイルス性の感染症です。 保育園などではすぐに感染が拡大してしまうので、子供のうちにかかったことのある方は多いでしょう。 手足口病の特徴といえば、名前の通り手・足・口などにできる水ぶくれです。 とても痛痒くて、口の中にできてしまった時は食事もとれなくなってしまう子供もいます。 また子供から大人へ感染することもある病気です。 初期症状についてはぜひこちらをチェックしておいてください。 参考: 1週間もすれば症状はおさまるので安心しますが、 数週間後に爪が剥がれるという症状が出ることがあります。 数週間後なので、まさか手足口病の影響だとは気づかない方も多いです。 ウイルスが爪の根元に感染すると、爪を生成する過程に支障が出ます。 この時生成された爪は少しずつ伸びていきますが、途中で剥がれてしまうのです。 このように爪の根元部分が剥がれると非常に驚きますが、手足口病に感染した後の症状であれば自然に治りますので、痛みがなければそのまま様子を見てみましょう。 痛みがある場合は医療機関で相談して、痛みを和らげる薬を処方してもらいましょう。 子供の場合は小児科、大人の場合は皮膚科を受診するとよいでしょう。 ヘルパンギーナ ヘルパンギーナは夏に流行しやすい夏風邪の1種で、4歳以下の乳幼児がかかりやすい感染症です。 高熱や喉の奥の水ぶくれが特徴で、治ったころに爪が剥がれる症状が現れることがあります。 手足口病と同様で、爪の生成時にウイルスが影響したと考えられます。 痛みがなければそのまま様子を見てみましょう。 痛みがある場合は小児科や皮膚科で相談してみましょう。 参考: 参考: 爪甲剥離症(そうこうはくりしょう) 爪の表面が先端から薄く剥がれ、爪が薄くなったり黄色っぽくなったりします。 原因は様々で、解明されていませんが、 女性に多く見られる症状です。 少し爪が薄くなっている軽度の状態は二枚爪とも言われます。 指先をよく使う仕事をされている方や爪の間に硬いものが入り込んでしまったり、マニキュアや除光液・洗剤などによる乾燥が原因となる場合があります。 また、カンジダ菌による感染や乾癬(かんせん)・扁平苔癬(へんぺいたいせん)多汗症(たかんしょう)・接触皮膚炎などの皮膚病でも起こります。 その他、甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)・甲状腺機能低下症・糖尿病・貧血・肺疾患・腎臓疾患などでも現れることがあります。 このように、爪甲剥離症の原因は多岐に渡ります。 原因となっている怪我や病気などを治療する必要がありますので、気になる他の症状があれば、合わせて医療機関で相談してみましょう。 特に他に原因になりそうな症状がない場合は、マニキュアを少し休んでみたり、保湿を入念にしたり、爪の切り方に気をつけるなど、爪のケアに気をつけてみましょう。 怪我 爪をドアに挟んでしまったり、爪の上に重いものを落としてしまったり、激しくぶつけてしまったりした衝撃で爪が剥がれた場合は、痛みで冷静さを失ってしまいそうになります。 一刻も早く医療機関で診てもらうことが大切ですが、それまでの間、どのように処置しておいたらよいでしょうか。 爪が剥がれ落ちていいない場合はそのままの状態で医師に診てもらいましょう。 すでに爪が剥がれ落ちてしまっている場合は、そこから雑菌などが入ってしまう可能性がありますので、患部を清潔にしましょう。 気になっても触らないように注意して下さい。 まとめ 爪が剥がれているのに気づいても、痛みがなければつい放置してしまいがちです。 根元から剥がれている場合は爪の生成時の異常が原因ですので、爪の成長とともに改善されます。 しかし爪の先から剥がれる場合は、その原因をつきとめて治療を行う必要があります。 自分では判断するのが難しいので、自己判断せず医療機関で相談しましょう。 また、怪我によって爪が剥がれた場合は、最初の処置が悪くて化膿してしまうと後で困りますので、いざという時のために、無理にはがさず、清潔に保つことを覚えておきましょう。

次の

爪が剥がれる4つの原因と処置方法を徹底解説!

爪 先端 剥がれ

爪の成分は、ケラチンというタンパク質の一種で、適度に水分を含んでいる組織ですが、乾燥したり、栄養状態が悪いと、割れやすくなります。 私たちが「爪」と呼んでいるものは「爪甲(そうこう)」という部分です。 爪のつけ根から奥は「爪根(そうこん)」と呼ばれます。 ここには爪の元になる大事なところ「爪母(そうぼ)」があります。 爪のつけ根には、半月状の白い部分がありますが、これは「爪半月(そうはんげつ)」といって、これから爪になっていく部分です。 「半月が大きいと健康」などと言われたりしますが、全身の健康状態には実はあまり関係がありません。 特に、小さい子どもの爪では、半月がほとんど見えないこともあります。 爪がはがれた場合の対応 爪が無くなると、物をつまんだり、足指に力を入れたりするのが難しくなります。 生活する上で非常に重要なのですね。 何かに引っかけて爪がはがれてしまうと、大変な痛みを伴います。 爪がはがれたら、消毒したうえで爪を元に戻して乗せ、ガーゼや包帯などで固定してすぐ外科を受診してください。 汚れた手で傷口を押えないようにしましょう。 爪が割れたら、そのままばんそうこうで固定をしてください。 爪は再生しますが、完全に元に戻るまでには1ヶ月以上かかってしまいます。 爪を切っているときなどの「深爪」にも注意しましょう 子どもの爪は薄くて切りにくく、うっかり深爪してしまいがちです。 大人用ではなく、子ども用の爪切りで切った方がよいでしょう。 深爪してしまったときは、流水で洗い、ばんそうこうで固定しカバーしておきます。 巻き爪への対応 巻爪とは、爪の両側が指先の皮膚に食い込む現象です。 足指の状態を見て、巻き爪や陥入爪(かんにゅうそう)らしいとわかったら、整形外科に相談して下さい。 巻き爪そのものを治療するのも大切ですが、靴との相性などが原因という場合もありますので、子どもに合った靴を選びましょう。 幼児の成長は早いので、靴もあっという間に合わなくなることがあります。 歩き方が変だな?と気づいたら、足もとにも注意してあげるとよいでしょう。 爪の根元を傷めたときの対応 指を挟んで、爪の内側が内出血してしまうことがあります。 骨折などなければ自然に治っていきますが、爪が黒くなって、後日はがれてしまうこともあります。 念のため消毒し、ばんそうこうでカバーしておきましょう。 爪がはがれたり傷んだりしても、爪甲だけなら再生します。 しかし、爪母が傷ついたり取れてしまったりすると、再生は難しくなります。 根元を傷めたときは、必ず外科を受診し、適切な処置を受けましょう。

次の

爪が剥がれる病気一覧

爪 先端 剥がれ

変形が進み、靴が履けない状態になることも 爪甲鉤彎症の原因は「足先への過度な負担」? それでは爪甲鉤彎症の原因は何でしょうか。 海外の文献には下記のようなものが原因として挙げられています。 皮膚科疾患(魚鱗癬、乾癬、爪真菌症、梅毒、天疱瘡、痘瘡など)• 局所の要因( ケガ、靴、外反母趾、下肢静脈瘤、血栓性静脈炎、象皮症、末梢神経障害)• 全身の要因(老化、認知症、神経障害、高尿酸血症)• 遺伝性の要因 しかし、実際の診療現場で患者さんから話を伺うと、その多くが 足先への過度な負担が原因として考えられます。 私のクリニックでも爪甲鉤彎症の原因を調べてみたところ、 靴やスポーツ、ケガなどによる足先への負担によるものが半数以上を占めました。 原因不明の中にも外反母趾や巻き爪などがある人が多く、これも靴による足への負担があったと考えると、この数はさらに多くなります(表1参照)。 爪甲鉤彎症の9割が女性 爪甲鉤彎症の発生機序 では、外傷や爪手術などの影響で爪が剥がれた後は、なぜ変形した爪が生えてくるのでしょう。 爪がない状態で歩くと、指の先端の骨がない部分の柔らかい組織が上に持ち上げられるとともに、骨の先端も上に持ち上げる方向で負担がかかり続けます。 その結果、指先にポテッとした盛り上がり(bulging)が出来て、爪がそれより先に伸びることを妨害してしまうのです。 先に伸びることを妨害された爪は当たった爪の先端から分厚くなり、爪の根元方向へ向かって爪全体が徐々に厚くなっていきます。 しかし、それだけでは説明のつかないケースもあり、明確な発生機序はわかっていません。 爪甲鉤彎症の治し方・治療法…希望・状況に合わせて選択を 上記の通り、爪甲鉤彎症はまだはっきりとした原因が解明しきれておらず、わかっていないことも多いため、治療も難しいのが現状です。 いくつかの治療は試みられていますが、現時点では確実に治せる良い方法は残念ながらありません。 そもそも診断も難しいことがあり、正しい診断に辿り着かない場合もあると推測されます。 当院では爪を専門としているため、いらっしゃる患者さんの多くは複数の病院を受診された経験があり、「長年爪水虫の治療をしているけれど全く変化がない」「病名は不明と言われた」といった理由から来院されます。 爪水虫で爪の伸びが遅くなることはないですし、鑑別は難しくありませんが、これら2つは合併することもあるので、状況が複雑になりがちなのです。 とはいえ、この病気の主な症状は爪の「見た目の悪さ」であって、爪を上手に削っていれば、日常生活に差し支えはありません。 見た目の悪さにさえ目をつぶれば、圧迫を避けながら様子を見ても大きな問題はないのです。 痛みなどの理由で治療を希望される場合は、以下のような方法があります。 爪甲部分除去 分厚くなった爪が靴の中で当たって痛い、またはそもそも爪が靴に当たって履けない、縦方向に巻いた爪が指先に刺さる、場合などは、その部分の爪を一部削ったり、切ったりします。 爪が綺麗になるわけではありませんが、痛みはすぐラクになります。 抜爪+テーピング 爪甲鉤彎症では、ケガなどで爪が生え替わることをきっかけに、再び綺麗な爪が自然に生えてくることがあります。 これを利用した方法です。 局所麻酔をして爪を抜き、新しい爪が生えて数ヶ月してからテーピングをします。 テーピングをする期間は半年程度。 多くの場合、抜爪後に生え始める爪は以前のような変形はなく、比較的綺麗です。 しかし前述の様に、指先の皮膚の盛り上がり(bulging)に当たって爪の伸長が妨害されることで発症するので、その盛り上がりを抑える為にテープを貼ります。 指先が平らになることで爪がより先まで綺麗なまま伸びることができます。 爪を抜くと言っても、爪甲鉤彎症は爪が指にくっついている部分が少ないので、正常な爪を抜く時と比べて出血や痛みはずっと少ないです。 さらに麻酔をするので、抜爪自体は痛みもなく1分ほどで終わります。 爪を抜くだけでは9割以上再発するが、爪を抜いたあとにこのテーピングをすることで6割くらいは正常な爪が生えてくる、という報告もありますが、治療法と呼ぶには確実性が低く、爪を抜いた後に生えてくる爪が生えはじめから分厚い場合もあるなど、積極的にはお勧めしにくいのが現状です。 ただし、うまくいけば正常な爪にもどること、他の手術と比べて患者さんの負担が小さいことから、現状の有望な方法であることも事実です。 手術(爪床形成術) 皮膚に切開を加えて爪ごと持ち上げた後、爪の下の骨を平らにする手術です。 「指先の盛り上がりの原因が骨にある」と判断された場合に行います。 一部の医療機関で行われています。 手術(Zadik手術) 「爪をキレイにする方法がないのであれば、いっそ爪を生えなくする」という治療法です。 爪を抜いた後に、爪の付け根の皮膚下にある爪を作る細胞「爪母」を取り除きます。 こうすると、一生爪は生えてきません。 爪がなくなってしまうことに抵抗を感じる方も多いですが、実際には日常生活に支障はありません。 痛みが強い場合や、爪の見た目の悪さが深い悩みになっている方、介護を受けるので厚い爪を人に切ってもらうのが嫌だとおっしゃる高齢の方などが、この治療法を希望されます。 以下は自費診療となるため、限られた病院で行います。 人工爪(アクリル爪) 爪甲鈎弯症は治療が難しいのですが、痛みがなく見た目の悪さが主な問題の場合は、見た目を改善すれば患者さんの悩みのほとんどが解決する、という考え方もあります。 それが人工爪(アクリル爪)です。 変形した爪の大半を痛みの無い範囲で削り落とし、アクリル製の人工爪を装着します。 これは治療ではなく、見た目の改善が目的となるいわば美容的施術です。 定期的な付け替えも必要となります。 「夏場にサンダルを履けない」「温泉やプールで靴が脱げない」などの悩みを持つ患者さん向けの方法です。 痛みがなく、すぐに健康に見える爪を取り戻せるため、非常に喜ばれる施術でもあります。 爪甲鉤彎症の予防法 このように爪甲鉤彎症は治療が難しいため、 予防が何よりも大切になります。 具体的にはパンプスなどの幅の狭い靴による慢性的な圧迫や、足に合わない靴での長時間の歩行など指先へのストレスを避けることが大切です。 軽症の場合は圧迫を避けることで自然に治る場合もあります。 爪に変化を感じたらまずは専門機関でご相談下さい。 8 No. 7)秀潤社 関連記事 ・ ・ ・.

次の