生年 月 日 年齢。 Template:生年月日と年齢/doc

なにわ男子プロフィールまとめ!メンバーカラーや年齢に身長は?

生年 月 日 年齢

Introduction Excel(エクセル)で、現在の日付(基準となる日付)と生年月日から年齢を求める方法です。 現在の日付の場所が無い場合でも、TODAY関数やNOW関数を使用することで、その場に年齢を表示することができます。 また、日付が和暦や西暦の表示になっていても、エクセルは日付を数値として認識しているので同じように設定が可能ですよ。 使用するのはDATEDIF関数。 DATEDIF関数・・・2つの日付期間の日数、月数、年数を数える。 DATEDIF(開始日,終了日,単位)• 開始日・・・期間の最初の日付(開始日)を指定• 終了日・・・期間の最後の日付(終了日)を指定• 単位・・・表示される結果の情報を指定• 月と年は無視して、1月以内の日数を表示。 年は無視して、1年以内の日数を表示。 年は無視して、1年以内の月数を表示。 この関数は、 [関数の挿入ダイアログボックス]には表示されません。 ということで、「DATEDIF」関数を使用する時は、 直接関数を自分で入力する必要があります。 日付から年齢を算出する方法 では、やってみましょう。 下の表の「生年月日」と「今日の日付」のセルを使用することで「年齢」を表示してみます。 まず、 「E5」をクリックして、 「=」を自分で入力します。 これで、関数を入力する準備完了です。 次に 「datedif」と関数名を入力します。 大文字、小文字はどちらでも構いません。 (小文字で入力しても後で大文字に変換されます) 関数の引数(詳細設定)を入力するための 括弧「 」を入力して、 マウスに持ち替えます。 「生年月日」の 「D5」をクリックします。 キーボードで「d5」と入力しても良いのですが、セル参照はマウスを使用した方が早いですし正確です。 引数の区切りの カンマ「,」を入力して、 「今日の日付」の 「D2」をクリック。 後でオートフィル機能で下にコピーした時に、「D2」のセル参照が下にずれると困るためです。 「y」も小文字でかまいません。 「Enter」キーで確定すると、期間の年数が表示されます。 後は、 右下のフィルハンドルを下に引っ張りましょう。 計算式がコピーされて、下の結果も表示されます。 日付を用意せずに年齢を表示する方法 現在の日付の場所を用意していない場合は、 今日の日付を表示する関数を利用しましょう。 TODAY関数・・・現在の日付を表示する• NOW関数・・・現在の日付と時刻を表示する どちらでも良いのですが、年齢を算出するのに時刻は必要ないので、 TODAY関数を利用するのが普通だと思います。 先ほどの 「今日の日付」の場所をTODAY関数で置き換えるだけです。 TODAY関数・・・コンピュータの日付を参照し、現在の日付を表示する(シリアル値を返す) TODAY()• 「()」だけが必要になります。 中身の引数は必要ありません。 他の関数では必要になる引数という 括弧の中の細かい設定が一切必要ないのがTODAY関数の特徴ですね。 下の画像の数式バーの 赤線の場所に注目。 先ほどの「今日の日付」のセル参照を入れていた場所を、「TODAY()」に置き換えています。 これで、生年月日さえあれば、年齢が表示できますね。 年齢の表示(見た目)を変更する方法 単純に年齢を数字で表示するのではなく、下のように「〇歳」と表示したり、もう少し細かく「〇年〇ヶ月」のように表示するやり方です。 まず、「〇歳」と表示する方法ですが、下のように設定します。 赤線の場所が新たに設定した箇所です。 次に、「〇歳 〇ヶ月」と表示する方法です。 少し面倒になります。 式は下のようになります。 赤線の場所がポイントとなる場所。 これにより、「〇歳」と「〇ヶ月」がくっつかずに表示されて見やすくなります。 緑線の場所です。 最後に、「〇」日まで表示するやり方。 方法は、先ほどと一緒です。 一応説明しましたが、月数までに留めておいた方が良さそうですね。 まとめ 年齢を表示する方法についての説明でした。 DATEDIF関数を使用することで簡単に算出できます。 関数ダイアログボックスが使用できず、直接関数を入力する必要があるのが面倒ですが、覚えておくと便利ですよ。 「〇歳」と表示するだけなら、 表示形式を使用しても良いですね。 これで見た目だけ「歳」を表示することができます。

次の

年齢 年 数え年 干支 計算 生年月日 シリアル値 エクセル Excel [エクセルの学校]

生年 月 日 年齢

生年月日と年齢の計算 mm0601 生年月日と年齢の計算についてわかりやすく説明します シリアル値• セルA1に[年]が 2004 のように表示されます• セルB4に本日現在の[年齢]が 25 のように表示されます• 引数3の "y" は "Y" でも同様です• セルB7に4月1日現在の[年齢]が 24 のように表示されます• 誕生日から今年の4月1日現在までの年数を求めます 4 生年月日から[数え年]を求める• セルB10に[数え年]が 26 のように表示されます 5 生年月日が別々のセルに入っている場合に[年齢]を求める• セルA13 に 1979 セルB13 に 4 セルC13 に 14 と別々に入力されているとき• セルD13 に本日現在の[年齢]が 25 のように表示されます 6 生年月日から[干支]を求める2つの方法• 方法1• セルB20 に[干支]が 未 のように表示されます• 方法2• セルB19 に[干支]が 未 のように表示されます• 『生年月日から干支を表示する方法』(アメハイ) を参考に作成、 [Yosh! ]さん[シニア]さん[jun53]さんに感謝 関連ページ• e2h 参考ページ• 『生年月日を入れると年齢が出るように』(ピロ子)• 『生年月日から4月1日現在の年齢表示させる?』(うえちゃん)• 『指定した年での年齢がわかる方法』(名無し40)• 『和暦の生年月日から生まれた日の曜日を求める』(哲)• 『年齢について』(mame)• 『生年月日から計算して小1,小2と表示したい。 』(yur)• 『ある日から満60歳になるまでの正確な日数』(デフィカルト)• 『昭和33年03月03日の0を表示しないように』(けん)• 『過去の年齢を求める』(豊)• 『DATEDIF関数で年齢を求めたい』(マック)• 『datedifが無い!』(名無し175)• 『年齢の計算方法を教えて下さい。 』(せっちゃん)• 『生年月日から[数え歳]を計算するには?』(BB5)• 『指定年齢範囲ごとの人数を表示したい!』(レア)• 『元号をtodayで引きたい』(たか)• 『生年月日から年齢を計算する方法は?』(なお)• 『生年月日を3450326と入力』(橋の下から)• 『19951224から年齢を求めたい』(あくび)• 『年齢101歳以上』(クンクン)• 『和暦生年月日の数字の羅列を認識してもらうには』(はな)• 『誕生日を入力した際に初めて年齢を出すには』(たけ)• 『年月の計算について』(うーみん)• 『生年月日を入力したら年齢を表示できるように』(コドモ)• 『年齢カウント』(ミカ)• 『生年月日から年齢を割り出す関数』(ドラミ)• 『生年月日を指定する年月で表示する方法』(ケンシロウ)• 『生年月日から年齢を割り出す関数』(つばさ)• 『1900年以前に生まれた人の生年月日』(名無し0516)• 『5ヶ月以下を繰り下げ、6ヶ月以上を繰り上げる』(うーみん) 今回は数が多いので、回答者の方を紹介できませんでした、謝々。 9 ExcelのHELPにdatedifが表示されない理由• datedif は元々表計算ソフトLotus-123 の関数 互換用に組み込まれました• 従って、ExcelのHELPには表示されません• 10 間違いの訂正•

次の

【kintone】標準機能で年齢算出試みてみた

生年 月 日 年齢

一概に年金といっても、国民年金、厚生年金があります。 国民年金の老齢基礎年金(定額部分)支給開始年齢は「原則65歳支給開始」です。 厚生年金の老齢厚生年金(報酬比例部分)については、昭和61年4月以前では「原則60歳支給開始」となっていましたが、徐々に支給開始年齢が引き上げられ、平成12年の改正では生年月日によっての支給開始年齢も引き上げられることが決定しました。 下に年金支給年齢早見一覧表を掲載しましたので、ご自分の性別と誕生日で見てください。 あまりたくさんの表になると見にくいかもしれませんので男性で昭和24年生まれの人(今年71歳)、女性で昭和29年生まれの人(今年66歳)の人からにさせていただきました。 この年齢から下の年齢の人は厚生年金の老齢厚生年金(報酬比例部分)が何歳からもらえるかの違いだけです。 Sponsored Link 年金受給開始年齢早見一覧表 生年月日(年齢) 厚生年金 60歳 61歳 62歳 63歳 64歳 65歳• 男性:昭和24年4月2日~昭和28年4月1日( 71歳~67歳)• 男性:昭和28年4月2日~昭和30年4月1日( 67歳~65歳)• 男性:昭和30年4月2日~昭和32年4月1日( 65歳~63歳)• 男性:昭和32年4月2日~昭和34年4月1日( 63歳~61歳)• 男性:昭和34年4月2日~昭和36年4月1日( 61歳~59歳)• 男性:昭和36年4月2日以降生( 59歳~下)• たとえば、歳の差夫婦で夫が65歳をすぎて妻が65歳未満で専業主婦なら65歳になるまで加算して支給される年金です。 私の場合は昭和36年4月2日以降生れですから、すべて65歳からしかもらえませんわ。 60歳からもらえるはずの年金が支給開始年齢が5年も引き上げられて、なんか詐欺にあったような気がするのは私だけでしょうか? サラリーマンの厚生年金の平均が、毎月14. 5万だそうですから、 14. 5万x12か月x5年=870万円 自分の寿命は決まっているわけですから、生きている間に870万円もらえたはずがなくなったわけです。 いままで積み立てた年金を全額返してくれるならいいですが、そういうわけにもいかなそうですから、年金積立を続けるしかないですけどね。 どう考えても釈然としません。 自己責任、自己責任とよく耳にするようになりましたが、もはや国とか年金をあてにしては危ない時代なのかもしれませんね。 【追記】 繰り上げ受給と繰り下げ受給 年金受給開始年齢は65歳が原則で、支給開始年齢を60歳~70歳まで選ぶことができます。 65歳が基準で早く年金を受給することを、「繰り上げ受給」、遅く受給することを「繰り下げ受給」といいます。 繰り上げ受給の場合は、年金受給額が減額され、繰り下げ受給の場合は増額されます。 減額は最大30%(60歳0ヵ月受給)、増額は最大42%(70歳0ヵ月受給)となっています。 それだけでなく、自分や配偶者の受給できる年金額や老後の生活費の収支状況、 老後資金としていくら必要なのかもわかる方法です。 LINEに友達申請いただければ今すぐ無料でレポートをダウンロードできます。 【この無料レポートで得られる情報】 あなたの生命保険の必要保障額 あなたや配偶者の老後の年金受給額 あなたが用意しなければならい老後資金 あなたの老後の生活資金の収支状況(キャッシュフロー) あなたの一生涯の収入と支出 などなど・・・これらを把握できれば、あなたが老後に向けて対策していく第一歩となるでしょう。 Sponsored Link.

次の