中華 クラゲ と は。 中華クラゲの栄養と料理への使い方

クラゲ

中華 クラゲ と は

ビゼンクラゲ 中華料理で高級食材とされているクラゲです。 中国国内での漁獲量が少なく、日本近海で漁獲されることが多いです。 近年は漁獲量の減少により、さらに希少性が増しています。 エチゼンクラゲ 日本でも大量発生して問題となったクラゲです。 中国での需要はありますが、国内で漁獲して加工するとコストが高くつくため、日本では捨てられてしまうことも多いです。 ビゼンクラゲに比べると単価が安く手に入るため、コストを大衆的な店で使われることが多いです。 近年では、日本でも加工する業者が出てきており、今後普及してゆく可能性があります。 キャノンボールクラゲ キャノンボールクラゲはメキシコやアメリカで取れるクラゲです。 少し前まで中国の基準では低品質とされていて使われていませんでしたが、加工技術が進んだことによりむしろ主力として扱われるようになりました。 もともと肉質が良よかったのも一因でしょう。 主要三種をご紹介しましたが、これら以外にも食用となるクラゲはまだまだ存在しています。 <スポンサーリンク>.

次の

%page_title%

中華 クラゲ と は

種類によって歯ごたえが違いますし価格も違います! 今まで皆様はクラゲを食べてもクラゲの種類などまったく気にはならなかったと思います。 クラゲを食べた時、「今日のクラゲはコリコリ感がある」「今日のクラゲはザクザクしている」「今日のクラゲは肉が厚い」「今日のクラゲはクルクル巻いている」「今日のクラゲは水っぽい」など感じたことがあったのではないでしょうか?それらの違いはクラゲの種類からきているのです。 現在食用に給されているクラゲには大きく分けて6種類あり、それぞれ特徴があります。 それらをこのコーナーでお伝えしたいと思います。 今度皆様がクラゲを食べた時何クラゲか聞いてみると分かるようになると思います。 またこのコーナーは業者の方も見ると思いますが、お客様は家庭では食べられない、食べて感動するクラゲを求めていますので是非お客様が食べて感動するクラゲをお勧め下さい。 よろしくお願い致します。 食用クラゲは、大きく分けて 「業務用クラゲ」と 「加工用クラゲ」に分かれています。 業務用クラゲは主に中華の前菜に出てくるクラゲです。 加工用クラゲはスーパー等で売られている中華くらげやクラゲ珍味に使われているクラゲです。 業務用クラゲは単価は高いのですが肉質を重要視し、加工用クラゲは単価を重要視します。 以前は湯通しした時クルクル巻くのが業務用クラゲで、巻かないクラゲが加工用クラゲとなっていました。 日本で今食べられているクラゲの種類は、 (1)キャノンボールクラゲ(2)ビゼンクラゲ(3)ヒゼンクラゲ(4)エチゼンクラゲ(5)ホワイトクラゲ(6)チラチャップクラゲの6種類に大別できます。 傘の部分は「皮」 「Body」、足の部分は「頭」 「Head」とも言います。 傘の部分も足の部分も加工されます。 それぞれ産地も肉質も違い、歯ごたえも違います。 業務用クラゲはだいたい(1)〜(4)、加工用クラゲはだいたい(5)のクラゲを使います。 (6)の頭は業務用で使われ、皮は加工用のクラゲがない時加工用として使われます。 販売されているクラゲにはいろいろなクラゲ名がついていますが必ず(1)〜(6)のクラゲのどれかに属します。 クラゲを食べた時(1)〜(6)のどのクラゲか考えて食べるとクラゲの違いが分かるようになり、クラゲを食べる楽しさも増し、必ず"クラゲの通"になれると思います。

次の

食用クラゲは6種類/くらげ普及協会

中華 クラゲ と は

でも、そもそも一体ナニモノなんでしょう? 原料って? 元々の姿って? 栄養とかカロリーとかってあるの? 普段よく食されているのに、 あまり素性を知られていない「 中華クラゲ 」。 ちょっと調べてみることにしました。 水族館でフワフワ浮いてるあのクラゲたちが、 すべて『食べられる』わけではありません。 食用になる主なクラゲ は、 「 エチゼンクラゲ」と「 ビゼンクラゲ」が有名。 エチゼンクラゲ は、 傘が2メートルにもなく大型で、 名前の由来になっている越前「福井県」だけでなく、 日本海沿岸全域で収穫されます。 ビゼンクラゲ は、 傘は50センチ~1メートルほどで、 やはりその名の通り 備前(岡山県)が名産地 です。 エチゼンクラゲよりも品質が高いと評価されています。 これらのクラゲを乾燥させた食材が、 あの中華風和えものに使われている「クラゲ」だったんですね! 通常は、 塩とミョウバンに漬け込んで、 その後水分を抜いて乾燥クラゲとして製品化します。 <食用クラゲのトリビア> もともと日本では、クラゲを食する習慣はありませんでした。 しかし、お隣り 中国では、 前菜としてクラゲを食べる食習慣 があり、 中国の海産物市場では、多くの種類のクラゲを買うことができます。 しかし、そんな中国近海ではクラゲ漁は芳しくなく、 日本からの輸入に大きく頼っています。 そのため、日本産のクラゲは市場でも高値で取引されており、 特に ビゼンクラゲは、 中国産のものに比べても2倍以上の価格 で売られています。 2012年に有明海でビゼンクラゲが大量発生し、 この時「ビゼンクラゲの漁獲ブーム」になったことは、 多くの方の記憶にも新しいかと思います。 sponserd link <栄養やカロリーってあるの?> ほとんど栄養はありません! その割に、コリコリとしたその食感や、 少し濃い目に味付けをするとなかなか美味しいことから、 ダイエット中の女性も人気があるとかないとか・・・! 調理前のクラゲ(塩蔵)の100g中の栄養素 は次の通り。 エネルギー:22キロカロリー ナトリウム:110mg コレステロール:31mg タンパク質:5. 2g リン:26mg カルシウム:2mg 葉酸:3ug 食物繊維:0g 残念ながら 食物繊維に至っては「0g」なんですねぇ。 でも 漢方の国中国では、 乾燥したクラゲは、お料理の前菜の他に、 漢方薬としても使われています。 主な効能は、 二日酔い・便秘・高血圧・むくみ などの改善です。 栄養価は低いけどコリコリ感がたまらない~! カロリーも栄養価もほとんどない、 という中華クラゲの正体がわかったところで、 まだ「中華クラゲ」を食べたことがない! というあなたへ・・・。 美味しいレシピをご紹介しちゃいましょう! ぜひ試してみてくださいね~!.

次の