家政婦 料金 比較。 家政婦の相場:どんなことを頼める?今話題の家事代行との違いも

家事代行・家政婦を料金・口コミで比較・ネット予約|おうちにプロ

家政婦 料金 比較

近頃、TVなどでも良く取り上げられる家事代行サービスという言葉。 会社を通して、各ご家庭に家政婦を派遣してくれるサービスです。 家政婦と言うと、昔は大きなお宅のお金持ちの方が利用しているイメージでした。 しかし今では、ごく一般のご家庭でも出産したばかりで家事まで手が回らないという方や、共働きで忙しい方などが週に1回や月1回など、それぞれのご家庭のご都合に合わせて気軽に頼めるサービスとして人気なのです。 「でもきちんとコミュニケーションを取れるか不安…。 」 「日本人の家政婦さんとの違いは?」 など、色々と分からない部分も多いかと思います。 今回は、フィリピン人家政婦による家事代行サービスがどのようなものなのか、ご紹介したいと思います。 見出し一覧• フィリピン人家政婦のメリット・デメリット メリット コミュニケーションが英語・日本語どちらでも取れる フィリピンの公用語は英語とタガログ語です。 そして、フィリピン人は世界の中でも 英語の発音が良いと言われています。 また日本語も日常会話程度でしたら話せるので、直接コミュニケーションを取ることができます。 お子さんがいる家庭や語学力を高めたい方は、作業中敢えて英語で話してもらい、英語力を高めている方が多いようです。 技術力の高さ フィリピンには約4,000校の職業訓練校があり、 プロフェッショナルな訓練を受けて日本に来ています。 特に首都マニラにある家事代行スタッフの養成施設では、日本の家庭を再現したモデルルームがあり、3か月にわたって畳の掃除の仕方からウォシュレット付きトイレの清掃の仕方まで、みっちり研修を受けます。 その為とてもスピーディーで、高い技術力を持っているのです。 プライバシーを覗かれない フィリピン人家政婦の多くは、日本語が話せても読むことは難しいようです。 その為、本棚にある本や置いてある書類を見られる…といった心配がありません。 お願いがしやすい 比較的若い方が多いこと。 そしてもともとフィリピン人のもつ、陽気で明るい性格とホスピタリティー精神の強さからなのか、なぜか作業のお願いがとてもしやすいという方が多いようです。 デメリット 文章でのやり取りが難しい 先述したようにフィリピン人家政婦の多くが文章を読むことが苦手です。 その為、 不在時の作業の際など手紙でやり取りをすることが難しいです。 指示などは会社を通して事前に連絡を入れましょう。 料金が安いわけではない フィリピン人だからといって料金が安いわけではありません。 むしろフィリピン人家政婦の方が訓練を受け、家事代行サービスに対するプロ意識と技術が高い為、 一般の日本人家政婦より高めの料金に設定しているところもあるくらいです。 料理は頼みづらい 通常家事代行サービスには料理をお願いできるところが多いですが、やはり 日本式の味付けは日本人家政婦にはかなわないようです。 もしお願いする場合は、味付けや材料など事前の細かい話し合いが必要です。 このようなメリット・デメリットがあることが分かりましたが、では実際にフィリピン人家政婦によるサービスを体験した方はどのような感想をもったのでしょうか。 【口コミ】フィリピン人家政婦による家事代行サービスを利用した感想は?• 不安があったのは最初だけでしたね。 家政婦さんはよく動いてくれて、2回目からは安心して任せられました。 外国人の方だとちょっと気になったところとか、作業もお願いしやすくて。 いつも助かってます。 (30代 女性)• フィリピン人の方とはもともと交流があったので、コミュニケーションに関しては心配していませんでした。 肝心の家事についてはパーフェクトで文句なし。 あまりに素晴らしかったので、帰り際に握手したほどです。 (30代 女性)• 過去に日本人家政婦さんにお願いしたことがあるのですが、同年代の方にきてもらうことも少なくありませんでした。 友人でフィリピン人家政婦に頼んでいるという方がいて「割り切って家事を頼める」と聞いたのが利用するようになったきっかけです。 聞いた通り、とてもお仕事を頼みやすく、心配していた言葉の壁についても問題ありませんでした。 (60代 女性)• 決して安いわけではありませんが、掃除のクオリティは高く満足しています。 一度料理を頼んだことがありますが、料理は思っていたのと違うという感じでした。 (50代 男性) フィリピン人家政婦の家事代行サービスの相場は? 家事代行サービスは週〇回、月に〇回などの定期利用契約が一般的です。 料金相場は1時間あたり3,000円程度。 それに加えてスタッフの交通費や指名料がかかるところもあります。 また、不在時にサービスをお願いする場合は、鍵の保管料もかかります。 会社によっては、定期利用の他に必要な時に1回お願いしたい場合のスポット利用(定期より料金は高くなる)や、お試しキャンペーンなどで安くサービスを受けられるところもあるようです。 有名なところだと、フィリピン人専門の「[pinai]」があります。 料金は週1回1時間3,000円と相場通りで、他にもスポット制度や様々なプランがあります。 身元保証は確かで高度な教育をされたフィリピン人家政婦が在籍しているので、一般のご家庭はもちろんのこと、大使館や外資系企業にも圧倒的な支持率を誇っています。 家事全般はもちろん、お子さんの送迎や教育として英会話でコミュニケーションまで。 「マルデママ」というコンセプトのもと、まるでお母さんのような家事代行の枠を超えたサービスをしてくれるので、子育て中のお母さんも安心してお願いできそうですね。 まとめ フィリピン人家政婦は下記のような方にオススメです。 コミュニケーションは最低限でいい• とにかくスピードと技術力を重視• プライバシーを極力覗かれたくない• 英語に触れ、語学力を高めたい 逆に下記のような方は日本人家政婦がオススメです。 なるべく料金はおさえたい• 料理を中心にサービスをお願いしたい• 細かいところまでコミュニケーションをとって、指示を出しお願いしたい• 外国人に抵抗がある もし、日本人家政婦を選ぶ時には、しっかりと個人情報保護の研修をおこなっている家事代行サービスを選ぶとプライバシー面での心配もないでしょう。 ご自分の生活の状況や性格に合った家事代行サービスを選ぶことで、毎日の暮らしに余裕ができ、快適に過ごせることでしょう。

次の

家政婦の相場:どんなことを頼める?今話題の家事代行との違いも

家政婦 料金 比較

お部屋の掃除 掃除機がけ、拭き掃除、クイックルワイパーがけ、窓拭きなど• 水周りの掃除 お風呂場、トイレ、キッチン、洗面所• バルコニー・庭の掃除• 植物の水やり• 料理の作り置き• 整理整頓• 食器洗い・片付け• 洗濯・たたみもの• アイロンがけ• 布団干し• クリーニングの受け渡し• 日用品・食料品の買い物• ゴミの分別・ゴミ出し• 靴磨き• 郵便物の受け取り 中でも最もニーズがあるのが 掃除全般です。 お部屋の掃除はもちろん、自分では面倒でなかなか細かくできない水周りの掃除などに、きめ細やかに対応してくれます。 掃除用具は基本的に家にあるものを使用します。 エアコンや換気扇内部、レンジフードの掃除など、専門の掃除用具やスキルが必要な部分は「家事代行」ではなく、「ハウスクリーニング」の分野になるため、対象外になることを覚えておきましょう。 家政婦として来るのはどんな人?年齢は? 家政婦さんは、会社の教育・研修を受けた「家事のプロフェッショナル」です。 主に、 長年主婦として家事の腕に磨きをかけてきた40代から60代の女性が多く、決まった時間内で家事を片付けてくれます。 自分が不在の時にも家を任せることがあるため、信頼できる人に頼みたいですよね。 でも、依頼してみないとその人がどんな人かわからないのが難点です。 最近では、訪問するスタッフの写真やプロフィールを事前に確認させてくれる代行会社もあるため、より安心して任せられるようになってきています。 代行会社に依頼する場合()は、毎回同じスタッフに来てもらうことも可能です。 指名料がかかる場合がありますが、その分家のノウハウがわかってもらえるため安心して任せることができるので、大いにメリットがあると言えます。 家事代行・家政婦サービスはこちら>>• 同じ家政婦さんに来てもらえる• 信頼関係が築きやすい• 日給制が多く、費用が時間に左右されにくい 家政婦さんに依頼する場合、家政婦紹介所から紹介された家政婦さんと依頼者の間で直接契約を結ぶのが一般的です。 個人間で結ぶため、 毎回同じ家政婦さんが担当してくれることになります。 つまり、家についても深く理解してもらえ、信頼関係を築きやすいというメリットがあります。 ただ、個人契約のデメリットとして、契約や物損のトラブルが起こった場合は、利用者自身が対応しなければならないため、十分に注意しましょう。 家政婦さんを雇う場合は日給制が多いため、 日によって作業量が違っても料金が変動することはありません。 定期的、かつ継続的に依頼したい場合は家政婦さんを雇うのが良いでしょう。 家事代行会社に依頼するメリット• 物損事故などのトラブルは運営会社が保証• ニーズに対応したプランを自由に組み立てられる• 希望の時間内での依頼が可能 家事代行会社と契約する場合、基本的に運営会社との法人契約になるため、 雇用に関するトラブルを回避することができます。 また、運営会社は損害保証に加入しているため、 物損事故などのトラブルも運営会社が保証してくれる点も大きなメリットです。 また、家事代行会社の大きなメリットは、 プランや時間が柔軟であること。 ライフスタイルや、その時の状況に合わせて、 必要な作業をピンポイントで依頼することもできます。 さらに、時間単位での契約が一般的なため、 希望した時間内で業務を依頼することが可能なので、効率よく利用したい人に向いています。 家政婦養成学校を卒業し、国家資格を持った家政婦が、全世界で活躍しています。 とにかくフィリピン人はお掃除が大好き。 家財も丁寧に扱ってくれるため安心して任せられます。 英語に触れる機会が増える 日本の家政婦さんにはない魅力の一つが、 英語が堪能であること。 そのため、子どもが英語に触れられる機会を増やしてあげたいと考えている家庭では、作業中あえて英語で話してもらうということもあるようです。 ホスピタリティが高い フィリピン人は、 ホスピタリティの高い国民性で知られています。 非常に献身的で、サービスも手厚いため人気です。 また、明るく人当たりも良いため、良い関係を築けるでしょう。 家政婦のお給料の相場 家政婦さんに依頼した場合の相場をご紹介してきましたが、家政婦さんをやってみたい人が気になるのはお給料の相場でしょう。 しかし、前者の場合は個人契約のため、お給料に関しても直接利用者本人と決めることが可能です。 スーパーのパートや飲食店のアルバイトとして働く場合と比較すると、家事代行スタッフは比較的高時給と言えるでしょう。 働く時間の融通も利きやすく、未経験者でも応募可能なため、家事に自信のある主婦の方にとてもぴったりなお仕事です。 家事代行スタッフの求人情報はこちら>>.

次の

料金一覧

家政婦 料金 比較

家 政 婦 基 本 料 金 表 通勤 1日 就労時間 単価 賃金計 手数料額 総合計 (賃金+手数料) 1時間 2,000 2,000 640 2,640 1. 5時間 2,000 3,000 960 3,960 2時間 2,000 4,000 1,280 5,280 2. 5時間 2,000 5,000 1,600 6,600 3時間 1,600 4,800 1,296 6,096 3. 5時間 1,600 5,600 1,512 7,112 4時間 1,600 6,400 1,728 8,128 4. 5時間 1,600 7,200 1,944 9,144 5時間 1,500 7,500 1,275 8,775 5. 5時間 1,500 8,250 1,402 9,652 6時間 1,500 9,000 1,530 10,530 6. 5時間 1,500 9,750 1,657 11,407 7時間 1,500 10,500 1,785 12,285 7. 5時間 1,500 11,250 1,912 13,162 8時間 1,500 12,000 2,040 14,040 8. 5時間 1,500 12,750 2,167 14,917 9時間 1,500 13,500 2,295 15,795 9. 5時間 1,500 14,250 2,422 16,672 10時間 1,500 15,000 2,550 17,550 10. 5時間 1,500 15,750 2,677 18,427 11時間 1,500 16,500 2,805 19,305 11. 5時間 1,500 17,250 2,932 20,182 12時間 1,500 18,000 3,060 21,060 12.

次の