瞬きが多い人の心理。 実はわかりやすい女性心理。恋愛で簡単に好意を見分ける5つの仕草

瞬きが多い心理はなぜ?相手の思いが分かる!

瞬きが多い人の心理

From:吉本みかん 好きな人と目が合うとドキッとしますよね。 お互いに意識している場合は特に目をそらしません。 今、あなたに好きな人がいるなら、今日の記事がきっと役に立つでしょう。 婚活や恋愛で、好きな人の目線からその心理を読み取れる方法です。 これを知ることで、婚活や恋愛を一歩二歩進めてみてください。 今回は、こんなテーマでお話します。 ・相手の目線から読み取れる7つの心理 ・男性の脈あり目線 4つの特徴 ・女性の脈あり目線 4つの特徴 ・目線の方向によって分かる心理(右上・右下・左上・左下) 目線から読み取れる心理 目線は、心理的な影響を受けやすいです。 目は口ほどにモノを言う、ですね。 僕も普段、お客さんのカウンセリングをしているときお客さんの目を見ながら様子を感じています。 この段階ではまだ気になっているだけかもしれませんので、少し様子見です。 アプローチしすぎるとかえって相手が引いてしまう可能性があるので注意が必要。 ちょっと気になる程度なので、笑いかけてみたり、会釈してみたりと一歩を踏み出してみましょう。 もっと進展したきたら、こちらの記事も参考にしてみてください。 特に男性は,好意のある女性と二人きりのとなど、無意識に目を見つめてきます。 「どうにかしてこの人を自分のものにしたい」 「自分の思い通りにしたい」という欲求から、つい見つめてしまうんですね。 女性の場合は逆に、恥ずかしがって好きな男性の目を見つめることができません。 男性からすると、女性と目が合ってもすぐ逸らされてしまうので、ついネガティブに捉えてしまいがちです。 でも実は逆で、女性は恥ずかしいから目を逸らしてしまうんです。 見てしまうと、周囲の誰かに好きな気持ちがバレてしまうのでは?と思い、あえて見ないんです(笑) ですので、他の人がいるときは、なかなか自分を見てくれなくても凹む必要はありませんので安心してください。 考え事をしているときに使う脳の場所によって、目の動きが変わるからです。 目線が上のときは、何かを思い出そうとしています。 ただ、上目遣いをしてくる場合は「あなたに甘えたい」という好意の表れです。 それ以外にも、緊張したときなども瞬きが増えます。 平常時の瞬きの回数は 、1分間に約20回です。 つまり、 3秒に1回瞬きをしてることになります。 ですが、目の前に好きな人がいるときは、緊張してしまってもっと瞬きの回数が多くなります。 1、2、3と相手の瞬きの回数を数えてみるのも面白いと思います。 特にコミュニケーションが苦手な人にはよく見られる光景です。 会話のとき、どこを見れば良いのか分からず、キョロキョロしてしまうんですね。 好きな人がいつも目が泳ぐ人なら、会うたびに目が泳がなくなってくることがあります。 もし、好きな人の目が泳がなくなってきたとしら、それは徐々にあなたに心を開いてきている証拠とも言えます。 これは驚きですよね。 特に男性は、女性から見つめられると、心が揺れ動きやすいです。 気になる男性にアプローチする際は、まずは目をしっかり見ること、これが恋愛上手の一手になるかもしれませんよ。 逆に、女性の目を見て話を聞いてくれる場合も、脈ありと言えます。 ですので、よく目が合う男性は、あなたに好意がある可能性がとても高いんです。 後からお話しますけど、これに関しては女性と真逆です。 だから、緊張しているときは自然と瞬きの回数が増えるんですね。 好意のある女性の前では緊張してしまうもの。 それで、自然に瞬きの回数が増えます。 瞳孔が開くことにより、黒目が大きくなり、目が輝いて見えるんです。 つまり、好きな女性を目の前にすると、男性の目は瞳孔が開き、目が輝きます。 もっと見たい!と言う気持ちから、目が大きくなり、目が輝いて見えることもあります。 さらに、目をそらさずにじっと見てくる場合は、あなたにぞっこん(笑) 逆に残念ながら、女性がキョロキョロと目線を動かす場合は、脈なしと言っても良いでしょう。 それは、緊張してしまって目をそらしてしまうんですね。 好きな人と目が合うと、照れや恥ずかしさから一刻も早く男性の視界から消え去りたい、という気持ちで目をそらしてしまうんです。 そう考えるとかわいいですね。 逆にジーっと見つめられたままなら、「あの人、何なんだろう?」とマイナスの意味もあるので、要注意。 特に男性からすると、こういう表情や感情を読むのは苦手。 恋愛で男性が立ち遅れてしまうのも無理はないですね。。 女性は、好きな男性の前では緊張してしまって瞬きの回数が増えます。 ですが、女性の場合は不安や緊張からも瞬きが増えることが多いです。 残念ながら、女性の場合は瞬きの回数で好意を読み取ることはできません。 さらには、うるうるっとした目になります。 好きな女性をご飯に誘ったとき、彼女の瞳がうるうるとしている場合、とても喜んでくれているという証拠です。 目線の方向によって分かる心理 最後に小ネタとして、目線の方向によって分かる心理について。 実は、目線を向ける方向によっても、今その人がどんなことを考えているのかが分かるのです。 ただし、男性の場合、嘘をつくときも右上を向く特徴があります。 会話の内容によって、相手の心理を判断してみましょう。 一緒にいる相手が、右下ばかり見ている時は、楽しい話題や癒しを与えてあげると効果的です。 辛い経験ではなく、それ以外の思い出を思い出そうとしている時に左上を見ます。 例えば、気まずい質問をされて、左上を向いた後に、目が泳いでいる場合は、何か突っ込まれたくない過去が隠れているのでしょう。 自分の考えをまとめたり、自分の心を整理しているとき、人は左下を向きます。 目の前の相手の視線が左下を向いていたら、何か真剣に考えているので、そっとしてあげましょう。 まとめ いかがでしたでしょうか?目は口以上に物を言いますね。 ぜひあなたの婚活や恋愛に活かしてください。 もっと進展したきたら、こちらの記事も参考にしてみてください。 婚活や恋愛、心理学の情報配信をしています。

次の

瞬きが多い時の心理にはこんな思いが隠れていた!

瞬きが多い人の心理

目をパチパチと忙しく瞬きをすることがありますが、相手がすると気になって見てしまう時がありますよね。 瞬きが多いのは、こちらに対するサインの可能性も。 目の動きや瞬きに、心理はこっそり表れます。 瞬きが多い時、心理状態はどのように変化していくのでしょうか。 それでは、瞬きが多い人の心理についてお伝えします。 後ろめたい「何か」がある 隠し事を秘めていると、瞬きが多い心理状態になります。 怪しいと疑われることもあり、周りの雰囲気に動揺している様子に、更に疑われるという最悪の展開に。 後ろめたさがあると、表情が変わらなくても瞬きや手足の動きに変化がみられる場合もあるでしょう。 瞬きが多いのは、心理的に隠し通したい思いが強いのです。 「問い詰められたらどうすべきか」と、ハラハラした心境が表れています。 言えない秘密がある 瞬きが多い人の心理は、言いたくても言えない秘密がある時も。 友人に口止めされた内容や、サプライズの企画など、つい口から滑らせてしまいそうな状況に弱い人もいますよね。 「うっかり話さないように」と、自分にプレッシャーをかけ、わざと話す内容を変えてごまかすところがあります。 黙っていることができない性格の持ち主は、隠し通すのが辛く、後ろめたさを感じるでしょう。 しつこく聞き出せば、重たい口を開いてくれる可能性も高いですが、知らないままでいることが良い場合も。 時期が来たら、秘密が明らかになることもありますので、そっと待つ姿勢も楽しみのひとつになります。 気まずさの表れ 嘘をついていると、見破られるのが怖くて瞬きが多い心理に。 浮気や失敗を隠すと、バレるのが怖くなります。 気まずい状況が耐えられず、どんどん嘘を重ねてしまうことがあります。 気まずさがピークに達すると、どうしていいかわからずに、いつもとは違った仕草が表れるのです。 やましい気持ちがあると、見抜かれる怖さから無意識に視線をそらす態度に。 わかりやすい反応をするため、話題によって気まずく感じた時に瞬きが多くなるでしょう。 ストレスが原因 瞬きが多い時の心理には、ストレスが大きく関わる場合も。 目が疲れている時にも、回数が増えることがありますが、気付かずに溜め込んでしまいます。 忙しい日々を過ごすとストレス解消する時間が作れずに、悪循環な生活を送る人も多いでしょう。 適度なストレス発散は、心の余裕をもたらします。 わずかな時間の中でも、好きなものを食べたりストレッチをしてみたりすると、ストレスを溜め込む癖が解消されるもの。 休憩するのも、大切な時間になります。 逃げたくなる心境に 対人関係のストレスも、逃げ出したい感情から瞬きが多い心理状態になります。 楽しい会話の時は、瞬きは少なくなりますが、悪口や批判的な内容ばかりの嫌な会話にのみ、反応して目を閉じる回数が多くなる場合も。 話題に興味がない様子を見せて、早く会話を終了させようと態度に表す人もいるでしょう。 苦手な会話や人物に対して、反論や否定的な気持ちが込み上げてきても、言えない現実にストレスは溜まっていく一方に。 逃げ出したい心理が高まると、通常よりも瞬きが多いと感じることがあります。 気になった時は、違う会話に切り替えると、口数が増えて表情も柔らかくなるでしょう。 ピンチで追い込まれた状態 心も体も追い込まれると、後に引けない不安と恐怖が大きくなる場合が。 瞬きが多い心理には、必死で耐えている気持ちが隠されています。 追い込まれると、ストレスは極限を迎えてしまう可能性があり辛い状況に。 目ヂカラが弱く、落ち込んでいる様子にも見えるので心配されることもあるでしょう。 心に余裕がなくなると考えがまとまらずに、自分自身を追い込んでいく事態を生み出します。 時には休息を取り入れて、心の負担を減らすことも必要です。 軽く目を閉じて深呼吸をすると、辛さが和らぐ瞬間が訪れるでしょう。 緊張が瞬きに 瞬きが多いと、心理的に緊張している状態に。 視線の位置を変えることが出来ても、瞼の動く回数を自在に操るのは難しいものです。 気持ちに共感するように、緊張に合わせてパチパチと目の動きも忙しくなるでしょう。 無我夢中で物事に取り組むため、緊張していると何も考えられずに真っ白になる場合も。 少しでもリラックスできる環境を作り出すと、緊張感がほぐれるはずです。 相手が好きな人だから 好きな人と会話をする時、瞬きが多い心理になります。 抑えていた感情が、高まり過ぎて瞼の動きに表れるのです。 好意があっても相手に気持ちを知られるのは、心の準備が出来ていないため困る人もいますよね。 好きな人の前では、必死で感情を隠そうとしている心境が秘められているでしょう。 ドキドキした感情を抑えようとする程、瞬きが多い状況を作り出すもの。 好きな人を目の前にすると、すごく幸せな気分になります。 この喜びを、そっと胸の中で噛みしめている状態なのです。 女性の場合は、可愛さアピールのために、好きな人に向かって瞬きを何度も繰り返す人も。 気になる女性がこちらに向かって瞬きを繰り返す時には、チャンスですので思いきって声を掛けると距離が縮まるきっかけになります。 チャレンジ意欲がある 前向きに挑戦したい思いが、瞬きが多いときの心理に表れています。 新しいものに立ち向かう時は、緊張感に溢れているのです。 自分の中の覚悟が決まる直前までは、いろいろな思いが頭の中で飛び交うものです。 念願の夢に手が届きそうになると、今までにない興奮と緊張が交差して、前に進む勇気へと変わるきっかけに。 チャレンジする時は、本番直前が一番緊張するという人もいます。 気の焦りや迷いが一つになるまでのわずかな時間が、気持ちを高ぶらせていき、瞬きの回数に大きく影響していくでしょう。 まとめ 瞬きが多い人の心理を知るには、相手の視線や言葉、行動をしっかりと観察してみることがポイントに。 気持ちの高まりは、隠していても表れてしまうものです。 喜びや悲しみといった感情の中で、相手の心が感じ取れた時は一緒に共感すると今までよりも親睦が深まる場合も。 自分では気付かない瞬きの多さですが、周りに指摘された時は気持ちを落ち着かせると回数も少なくなるでしょう。 周りの感情を理解していくと、相手もこちらの感情を理解しようと心を開いてくれるもの。 目の周辺の動きは、心の言葉を教えてくれるでしょう。

次の

瞬きが多いのはチック症?その原因と治療法とは!?

瞬きが多い人の心理

Contents• まばたき 瞬き(まばたき)には3つの種類があり、無意識に行う 自発性まばたき、目に光が差し込んだ時の 反射性まばたき、意識して行う 髄意 性まばたきです。 まばたきの大半は自発性まばたきです。 私たちは、1分間に20回程度のまばたきをしています。 1回のまばたきは0.3秒程度なので、20回で6秒になります。 1分間(=60秒)のうちの6秒なので、起きている時間の1割は暗闇で過ごしていることになります。 このまばたきの目的は、眼球を潤すためと言われていますが、眼球の表面を調べてみると、眼球の表面湿潤のためだけならば1分間に3回程度で十分なのだそうでどうしてこんなに多くの回数まばたきをするのかはわからないらしいです。 まばたきと情報処理 大阪大学の研究では、動画を見る人のまばたきを記録すると、動画の中の情報のまとまりの切れ目でまばたきをすることが共通しているのだそうです。 また、会話している状態でも会話の中身の情報の切れ目でまばたきは共通していて、情報のまとまりを共有しているのだそうです。 コミュニケーション障害の自閉症者の会話を観察すると、まばたきの同期が見られないそうです。 情報のまとまりを共有しようとする無意識の行為の欠如コミュニケーションを難しくしているのではとしています。 こういった実験観察結果から、環境の中から情報のまとまりを見つけその切れ目でまばたきをしており、見ているものからいったん注意を解除し情報のまとまりを作ることがまばたきの目的ではと推察しています。 ドライアイとの関係 眼球表面の粘膜を保護する涙が減少したり、成分が変化すると、粘膜や角膜が乾燥し、傷つき、ドライアイとなります。 自発的まばたきが少ないとドライアイの原因となるそうです。 読書に集中したり、パソコンに夢中になったりするとまばたきの回数が減るそうで、日常生活での注意が必要ですね。 心理的まばたき回数 まばたきの回数は、人間の心理的状態の影響も多いそうで、緊張状態で回数は増えます。 1分間に40~50回になることもあるようです。 心配事があったり居心地が悪かったりしても増えるそうで、逆に集中していると減るので、相手のまばたきの回数を見ると気持ちがわかるかもしれません。 意中の相手と話すときにそっと観察するといいかもしれませんね。

次の