アメリカ大統領 地獄のホットライン。 最も存在感のあったアメリカ大統領!第35代ジョン・フィッツジェラルド・ケネディ

米大統領が独断で核攻撃できることの是非 しかもトランプ氏が……上がる不安の声

アメリカ大統領 地獄のホットライン

この革命を指導したのが、 カストロ ( 左写真 )で、こ の革命により、キューバは 社会主義国となり、ソ連に 近づいた。 ユーラシア大陸以外では初の社会主義政権である。 革命政府は土地改革を実施し、アメリカ系企業を接収し た。 1962年、ソ連( 当時の指導者は フルシチョフ ) がキューバに ミサイル基地の建設を始めると、アメリカ ・ ケネディ大統領はミ サイル撤去を要求して海上封鎖を実行した。 結局、ソ連はキュ ーバの革命政権維持を条件にミサイルを撤去したため、米ソ核 戦争の危機は回避されたが世界が緊張した事件だった。 右写真は、ミサイルを持ち帰るソ連船とそれを見守るアメリカ 軍機だ。 1962年のキューバ危機を教訓に、1970年代以降、核戦争の危機が緩和されていくが、 米ソ対立の緊張が ゆるみ、関係を改善しようとするこの動きを 緊張緩和( デタント )という。 この会議には、アルバニアを除く全欧諸国と、アメリカ、カナダの35ヵ国が参加、ヨーロッパでの対立と分断の 終結をめざした。 領土の現状維持、東西交流の促進、経済協力の拡大、人権の尊重を盛り込んだヘルシンキ 宣言が採択された。 【サミットの開催】 1973年の第一次石油危機後、フランスのジスカールデスタン大統領の提唱で、資本主義陣営の経済政策の 協調をめざす首脳会議が開かれた。 最初は経済問題が中心だったが、1980年から政治問題も正式に取り上げられるようになった。 冷戦が終結後、ロシアがサミットに参加するようになった。 1997年からロシアが正式なメンバーとなり、名称 も先進国首脳会議から 主要国首脳会議と変わった。 アフガニスタンの共産党政権を助けるために侵攻した。 国際的非難を浴びたソ連は、1989年、10年以上に わたる介入ののち、ようやく完全撤退した。 西側諸国はこれに抗議し、アメリカ主導により、日本をはじめ西側 諸国の多くが1980年開催の モスクワオリンピックをボイコットした。 ゴルバチョフは、 情報公開(グラスノスチ)による言論の自由を打ち出した。 1986年4月、チェルノブイリ原子力発電所で史上最悪の事故が起こると、管理体 制や情報提供の欠陥が問題となり、改革の必要性が広く認められた。 そして、 ゴルバチョフは、 ペレストロイカと呼ばれる政治・経済改革を進めた。 経済では、今までの 計画経済から市場経済への移行にふみだし、資本主義の 良い点を取りいれて行った。 この波は、東ヨーロッパに広がった。 この結果、ハンガリー、チェコスロバキア、ブルガリアでは 共産党による一党独裁体制が崩れ 、議会制民主 義が確立し、それまでの社会主義体制からも離脱した。 東欧の民主化の中、ドイツでは、 1989年に ベルリンの壁が28年ぶりに開放され、 1990年、 東西ドイツ が統一 した。 こうして、 東ヨーロッパの社会主義圏は消滅し、戦後のヨーロッパの構図は大きく変わった。 この会談に出席したのは、 右写真の ブッシュ米大統領 (左)と、 ゴルバチョフ・ソ連書記長 右)である。 この会 談で、両首脳は 「 米ソ関係は新しい時代に入り、 冷戦は 終結した 」 と宣言した。 これにより、冷戦は過去のもの となり、その後の国際関係に大きな影響を与えた。 注 ゴルバチョフが大統領になったのは1990年なので、この時は、書記長または最高会議議長の肩書き。 【ソ連の崩壊】 1990年の全欧安保協力会議 CSCE では、欧州32ヵ国とアメリカ・カナダが欧州通常戦力 CFE 条約に 調印し、欧州の対立と分断の時代の終結をうたったパリ憲章を採択した。 一方の NATOは、 対ソ連グループの軍事機構という目的から ヨーロッパ全体の安全を守るための組織へ と目的を変え、存続することになった。 冷戦が終わったことで、 地域紛争・民族紛争が各地で問題になり、国際政治はいっそう複雑になった。 東西両陣営の戦後の歴史 1980年代後半から旧ソ連や東ヨーロッパ諸国は社会主義体制をなくし、それまでの経済計画から市場 経済への移行を考え始めた。 それらの国は、 移行経済国と呼んだりする。 現在でも社会主義を維持し ている国は、中国・北朝鮮・ベトナム・キューバである。 社会主義では、労働者や農民の代表である特定の政党に政治権力が集中することを認める 「 民主集 中制 」 「 プロレタリア独裁 」 といった政治制度が基本である。 そして、国民がこのような政治体制を批 判するような政治的な自由( 言論・集会の自由 )を認めていない。 中国は、先進資本主義国からの投資を積極的に受け入れているので、 社会主義市場経済といったりも する。 政治面では社会主義的なしくみを維持しながら、経済面では資本主義的な市場経済を導入しよう としている。 これを、中国では 改革開放政策という。 ベトナムでも 「 ドイモイ 」 という改革が進んでおり、 経済面に限って資本主義の市場経済を採用している。 冷戦がもたらしたプラスの側面… 米ソ両国の宇宙開発が進んだ。 その結果、人工衛星が打ち上げられ、GPSが軍事利用のために開発された。 それがカーナビなどにも利用されている。 インターネットも冷戦中、アメリカがソ連の攻撃で中央のコンピュータが破壊されても通信できるようにと軍事目的で開発されたものだった。

次の

キューバ危機をわかりやすく解説!核戦争を回避したケネディ大統領│アメリカ info

アメリカ大統領 地獄のホットライン

まさかのトランプ大統領誕生に、アメリカだけでなく世界中のLGBTの間で「終わった……」「ショックが大きすぎる」「ひどい時代になる」といった声が次々に上がりました。 多くの人たちが驚き、落胆し、涙を流し、これからどうなってしまうのか…と頭を抱える様子が目に見えるようでした。 アメリカから出て行こうと真剣に考える人によりカナダの移民の公式サイトはパンクし、が鳴り止まず、自殺を思いとどまるよう呼びかける人もいました。 今回は、「トランプ大統領誕生がLGBTに与える影響」と題し、トランプに勝利をもたらした時代的・社会的背景や経済の問題はさておき、LGBTや他のマイノリティにとってトランプ当選がどういう意味を持つのか、これからどういう時代が訪れようとしているのか、といったことについて書いてみたいと思います。 日本のメディアではあまり報じられない、現地のLGBTのリアリティに寄り添えるよう、アメリカのLGBTサイトの記事もたくさん盛り込みました。 この記事では、LGBTに対するどんなヘイトがあったかをお伝えします。 同日、ゲイだからという理由で暴行を受け、「大統領は新しくなるんだ、おかま」と言われたという若者が頭から血を流している画像がTwitterにアップされました。 二人は結婚して何年も経っていますが、こういうことは初めてだそうです。 「これが自分に起こったことが信じられなくて、打ちひしがれています」「本当にいやな気持ちになりました」 ゲイとして史上最年少で市長に当選したアレックス・モース。 これまでにも怒りの手紙を受け取っていましたが、今回のメモは違った種類のものだったといいます。 は、「お前はゲイ。 最もわがままな人種の一つだ。 そのうち倒されるだろう」というメモを受け取りました。 市長は18日、Facebookにこれをアップし、「いつもより怖かった」「トランプが選ばれたことでエスカレートしていると思う」「同性婚を支持しないといった言説とは異なる、ゲイの人権を根本的に損なうような言葉だ」「今の状況に落胆している人も多いと思うが、もっと声をあげ、連帯していくことが大事だ」とコメントしました。 こうした報道が毎日のように出てきています。 TV番組『ル・ポールのドラァグ・レース』の司会を務める世界的に有名なドラァグクィーンのル・ポール(先日、エミー賞も受賞)は「」と語りました。 として、 「フルーツ(ゲイを意味するスラング)は装飾的な方がいい。 人目にさらされるところに吊るされたら感謝されるだろう。 飾り付けの指示はワイオミングにお願いするといい」と発言していたことが明らかになりました。 つまり、「おかまは吊るし首にしろ!」という意味です。 ワイオミングというのは明らかに、1998年、ワイオミング州でゲイの大学生マシュー・シェパードがヘイトクライムによって惨殺された事件のことを指しています。 しています。 移民、有色人種に対する攻撃に次いで、LGBTへの攻撃が多くなっています。 によると、当選後24時間以内にたくさんのトランスジェンダーの子どもたちが自殺を図ったそうです。 トランスジェンダーのためのホットラインへの電話は、当選が伝えられて数時間後には平常時の4倍になったといいます。 「トランス・ライフライン」の創設者グレタ・マーテラは、みんな日々の安全が脅かされると怯えていたと語っています。 「2日目になっても減っていません。 これは始まったばかりなのです」「トランプ当選は人々に希望を失わせています。 オバマ政権は、トランスジェンダーにとって素晴らしいものでしたが、トランプとマイク・ペンスはアンチLGBTだとみんな知っています」と。 マイノリティへの差別発言を繰り返し、人々の憎悪を煽ってきたトランプの選挙戦の影響を受け、当確の報とともに一気にこうしたヘイト行動が噴出しました。 そして、トランプの勝利は、以前から暴力にさらされてきたLGBT(特にトランスジェンダー)の人々を、次の4年間、どうやって生き延びるか、果たして安全に生活できるのか、という不安や絶望に駆り立てるものだったのです。 これは、冗談ではなく、命に関わることなのです。

次の

トランプ氏「日本の核保持は否定しない」 在日米軍撤退にも言及【アメリカ大統領選】

アメリカ大統領 地獄のホットライン

これから処刑されようとしている死刑囚に、刑務所長が「タバコを吸わないか」といった。 死刑囚は「タバコは健康に悪いことぐらい分からないのか」と断った。 ある日、平壌を1人の男が「金正日はバカだ」と叫んで走り回った。 彼は逮捕されて、25年間強制収容所に入れられることになった。 理由は3年が「国家元首侮辱罪」、22年が「国家機密漏洩罪」であった。 金正日は体調が優れないので、占い師に「自分かいつ死ぬのか」という質問をした。 占い師「親愛なる指導者同志様(金正日のこと)は、南朝鮮(韓国)の祝日に亡くなるでしょう」 金正日は秘書に、「南朝鮮の祝祭日はいつか」と問い合わせた。 しばらくして秘書が「これが南の祝祭日です」というリストを持ってきた。 それを見て金正日は「よし、この日は警備を100倍にしろ」と言った。 占い師「親愛なる指導者同志様が亡くなれば、その日が南朝鮮、いや7000万同胞の祝祭日になるんです」 4. 米朝国交正常化が実現、金正日はアメリカに招かれた。 ホワイトハウスでアメリカ大統領と会ったとき、大統領の机の上に赤い電話機が存在しているのに気がつく。 金正日「あれは、われわれのホットラインですか」 アメリカ大統領 「われわれのホットラインは黄色いヤツです。 この赤いのは地獄との電話です」 金正日「地獄との電話ですか?まさか、ウソじゃないですよね?」 アメリカ大統領「本当です」 金正日は地獄に電話して、数分間話した。 台の上に通話料が「100ドル」 12000円 と映る。 金正日は感心して、北朝鮮に帰るとすぐに地獄とのホットラインを設けるように命じる。 1週間後、工事が完了して、金正日の机の上に電話機が置かれた。 軍人の前で金正日は地獄に電話して、悪魔と数分間会話した。 電話を切ると、台の上に「1ウォン」 0.1円 と通話料が出た。 金正日「どうして安いのか?アメリカでは高かったのに」 軍人A「アメリカからは国際電話になりますが、共和国からはローカル通話になるのです」 5. ハンガリーの国防大臣が、ソ連を訪問した。 彼は「海軍を作りたい」といったが、ソ連の国防大臣が「ハンガリーに海はないじゃないか」と言った。 ハンガリーの国防大臣「ソ連にだって裁判所があるでしょう」 6. アメリカの大統領が言った。 「私は大変な仕事をしている。 3億人の国民の大統領だから」 イスラエルの首相 「私の方がきつい。 200万人の首相を率いているから」 7. ロシアの極東にある1共和国で、貧困を打開するための会議が行われた。 彼らはついに、1つの結論に達した。 まず、ロシアから分離独立をして、日本に宣戦布告をする。 そして5分後に無条件降伏する。

次の