ピティナ 本選。 ピティナ本選

第41回ピティナピアノコンペティション全国大会&表彰式&祝賀会

ピティナ 本選

ピティナの予選通過の割合 ピティナコンクールも全国各地区で予選大会が開催され 地区本線、全国大会へとすすみます。 A2級 だいたい半分くらいです。 A1級以上 3分の1~3分の1弱くらいで、開催場所によっては 4分の1程度の時もありましたが、 最低で30パーセントくらいでしょう。 難易度の高いコンクールではありますが審査員の好みなど 地区によってさまざまなな事が違うので 精一杯自分の演奏を心がけましょう。 ピティナ予選通過レベル ピティナコンクールの本選は、地区予選と違って 出場者のミスもとても少なくて完成度が高いので レベルがとても高いので予選の時よりも ピリピリしている雰囲気があります。 予選を併願している子も多く、早い時期にある予選は、 早く決めたい子が遠方からも来る為 コンクール自体のレベルも難易度高くなります。 ピティナコンクール本選の常連さんは、 予選の時点で本選曲を練習していることがとても多いです。 全国大会 地区本線から全国決勝に進む割合は、大体30人に1人位です。 50人の大型地区でも2人位しか進むことができないとても狭き門です。 決勝に行ける子はかなりそれなりの練習を時間をかけているでしょう。 全国を真剣に狙うのなら、簡単だと思う位の曲を選ぶ事がポイントです。 余裕を持って弾ける曲は、とても審査員には聞きやすく かつ表現も伝わりやすいので、カット数にも少なくなります。 決勝レベルになると、上下カットの点数で8. 8位とってます。 学びとまとめ ピティナコンクールは本選に進むのはかなり難しいだけあって、 かなり独特な表現力をもつ子が評価されていたりします。 初めてピティナコンクールに参加される子は 独特の雰囲気に負けそうになるくらいですが 練習の成果を出すことを目標に、頑張って弾き切りましょう。 【関連記事】 スポンサーリンク.

次の

PTNA(ピティナ)北海道支部ホームページ

ピティナ 本選

開催部門 ソロ部門 未就学児から成人までを対象とした11段階(A2~G級、Pre特級、特級)からなる部門。 優れた音楽的才能を発掘・育成するとともに、すべての参加者およびその指導者に自らの達成度を他との比較によって知らしめ、より一層の切磋琢磨を奨励し、ピアノ教育レベルの地域間格差を解消することを目指しています。 デュオ部門 連弾初級~連弾上級、2台ピアノ初級~上級の全9段階。 ピアノ学習を発展・普及させるために、アンサンブルの楽しさを初歩の段階から体験させ、ピアノ学習の新たな可能性開拓を目指しています。 2台ピアノ初級~上級は隔年開催。 グランミューズ部門 中学3年生以上のピアノ愛好者に、演奏の客観的評価を受ける機会を設けることにより、生涯にわたってピアノ学習を推進しつづける一助となることを目指しています。 参加回数について• ピティナ・ピアノコンペティションでは、同一級・カテゴリーにつき2回まで参加できます。 デュオの場合は、同一級・カテゴリーにつき、同一ペアで2回まで参加できます。 同一級・カテゴリーにおいて、同一地区への参加は1回までです。 デュオの場合は、同一級・カテゴリーにおいて、同一ペアで1回まで同一地区に参加できます。 申し込み時に任意で「リハーサル」としての参加を選択することができます。 リハーサルとして参加する場合は、地区本選への進出権が失われ、参加回数の制限がなくなります。 ソロ部門Jr. G級、G級、Pre特級、特級については、リハーサルとしての参加は選択できません。 併願について A)ソロ部門• ソロ部門内で異なる級の併願はできません。 デュオ部門と併願できます。 グランミューズ部門Dカテゴリーと併願できます。 B)デュオ部門• デュオ部門内での併願は、同一ペアにつき2つの級まで可能です。 ソロ部門と併願できます。 グランミューズ部門と併願できます。 C)グランミューズ部門• Dカテゴリーを除き、グランミューズ部門内で異なるカテゴリーの併願はできません。 Dカテゴリーのみソロ部門と併願できます。 デュオ部門と併願できます。 複数の地区に参加する際は、開催日程の重複にご注意ください。 主催者側で参加日時の調整はいたしかねます。 同一級・カテゴリーで2つの地区本選に出場する場合、全国大会への進出が決まった時点で、2地区目の本選は棄権していただきます。 (翌年度ピティナ・ピアノコンペティション予選参加券を発行いたします) 07. 結果の公表と表彰、褒賞について• 審査結果(入賞者の氏名、写真、全国大会採点結果等)は、「Our Music ピティナ・ピアノコンペティション結果特集号(10月上旬発行)」およびピティナ・ホームページに掲載します。 また、審査結果を新聞等マス・メディアに提供する場合があります。 予選において優秀賞以上の成績を獲得した参加者が(1)の公表を希望しない場合、賞を剥奪する場合があります。 当日のプログラムに参加者の氏名・学年等が記載される場合があります。 参加地区により、本部事務局が定める賞とは別に地区特別賞が与えられることがあります。 全国大会出場者の学校には本部事務局より学校長宛に入選報告書を送付します。 優秀な成績を収めた方は、ほかのコンクールへの推薦、各種ご案内(入賞者記念コンサート、公開レッスン等)を送付することがあります。 ソロ部門特級グランプリ受賞者は、受賞後1年間、当協会広報媒体に顔写真・演奏写真等を掲載し、ピティナ・ピアノコンペティションの広報にご協力いただきます。 免責事項 以下、主催者である一般社団法人全日本ピアノ指導者協会を「ピティナ」、ピティナ・ピアノコンペティションを「当コンクール」と記載します。 なお、「ピティナ」は一般社団法人全日本ピアノ指導者協会本部事務局およびコンペティションを運営する各実施事務局も含むものとします。 参加者は、当コンクールへの申し込み手続きが完了した時点で、当コンクール参加規定、並びに本免責事項に同意したものと見なします。 ピティナは、参加者が当コンクールに参加するにあたって発生した参加者間および参加者と第三者との問題について、一切の責任を負いません。 参加者の行為により、ピティナまたは第三者(会場運営者、見学者等)に対し損害を与えた場合、損害を与えた参加者本人の責任および費用をもって解決するものとします。 ピティナは、当コンクール会場において生じた盗難・紛失、販売上のトラブル、駐車場を含む会場内での事故等に関して、一切の責任を負いません。 これらの問題は、当事者本人の自己責任もしくは当事者間で解決していただきます。 当コンクールでは、撮影業者が写真および動画の撮影・販売を行う場合があります。 ピティナは、参加者と撮影業者との問題について、一切の責任を負いません。 ピティナは、記録として当コンクール会場内の撮影をすることがあります。 その他、ピティナの許可の下に、マス・メディアが取材のために会場内を撮影することがあります。 ピティナは、本部事務局から送付する当コンクールに関連する郵送物、および本部事務局宛に送付された郵送物の郵便・配送事故(遅延・未着)について、一切の責任を負いません。 都合により、予定していた会場が変更になる場合があります。 不測の事態により、予定より少ない審査員数で審査を行う場合があります。 審査結果の発表方法(表彰式または掲示発表など)は当日の進行状況により変更になる場合があります。 台風・地震などの天災が生じた場合、開催の可否は本部事務局が判断し、地区の振替または参加料の返金などで対応させていただく場合があります。 なお、中止の判断は開催当日になることもありますが、参加のために生じた旅費・宿泊費など、参加料以外の費用については本部事務局で一切の責任を負いません。 当協会ウェブサイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、ピティナは、利用者が当ウェブサイトの情報を用いて行う一切の行為について、責任を負いません。 個人情報の利用目的 参加申込時に登録された個人情報につきましては、当協会の個人情報保護方針に基づき、適正に管理・利用させていただきます。 参加申し込みに当たっては、下記の利用目的をご覧ください。 当協会では、ピアノ指導者およびピアノ学習者へのより良いサポートを目指し、皆様に有益な情報を提供するためにDM等で案内を送付させていただく場合がございます。 DM等がご不要の場合は、別途ご連絡を下さいますようお願いいたします。 当協会は、当協会の事業活動において、個人情報を以下の目的のために利用いたします。 当協会の保有する個人情報は以下の事業で利用いたします。 コンクール事業(ピティナ・ピアノコンペティション)• ステップ事業(ピティナ・ピアノステップ)• セミナー事業(指導セミナー、フェスティバル、課題曲セミナー、指導者ライセンス、研究論文レポート募集など)• コンサート事業(入賞者記念コンサートなど)• 会員サポート事業(会報誌発行、教室紹介、休業補償制度、割引サービスなど)• 外部提携事業(提携コンクールなど) 当協会の保有する個人情報は以下の目的で利用いたします。 コンペティション、ステップ、指導者ライセンス、各種セミナー等、イベントにおける参加申込受け付け手続き、必要書類の送付、その他の諸対応• チケットの販売、および会員サービス等の提供、申し込み受け付け、必要書類の送付など、その他の諸対応• 各種イベント、セミナー等の企画・運営管理、その他の諸対応• 会員、参加者等からの各種お問い合わせ、申し込み・資料請求等に対する回答、その他の諸対応• 各種イベントに関する、当協会会報・ウェブサイト等での情報の掲載、新聞・雑誌等への各種リリースへの掲載• 役員・委員・組織運営者、審査員・アドバイザー・各種講師等の選考、および会報等の取材先の選定・依頼• プレゼントの当選、作品公募および採用等のご本人への通知・発表、ならびに景品・商品・謝礼の提供、その他の諸対応• 緊急時の当協会よりの連絡・問い合わせその他の諸対応• 当協会が適当と認める範囲でのイベント、セミナー等に関する情報のお知らせ、DM等の送付• アルバイト・採用説明会等に関する必要事項の連絡・案内、その他の諸対応• 当協会の活動の促進を目的とした情報交換、および当協会事業の営業• 当協会定款第4条に定める目的を達成するために必要な事業の推進および事業の改善のための会員分布・動向の調査、ならびに分析のため• 当協会の活動の促進を目的とした、第三者への個人情報の提供• 契約または法令等に基づく当協会の義務履行および権利の行使その他、これに付随する諸対応• 上記各目的に付帯する事項• ピティナ・ピアノコンペティションに参加申し込みをされた方は、利用目的に同意があったものとして適切に処理させていただきます。 発表 地区予選・第一次予選 級ごとに優秀賞、奨励賞を選出し、副賞を授与(楯・賞状などを予定)。 優秀賞受賞者が次選へ進出します。 平均点が7. 0以上の方に予選入選証書(賞状)を授与。 また地区により特別賞が授与される場合があります。 地区本選 級ごとに大会進出者、優秀賞、奨励賞を選出し、副賞を授与(トロフィー・楯・賞状などを予定)。 地区により特別賞が授与される場合があります。 G級・特級第二次予選 優秀賞、奨励賞を選出し、副賞を授与(楯・賞状などを予定)。 優秀賞受賞者が次選へ進出します。 特級第三次予選 セミファイナリストを選出します。 全国大会 各級上位入賞者にトロフィーまたはメダル、ベスト賞受賞者に賞状を授与。 級により後援・褒賞協力団体からの特別賞(賞金・賞状など)、褒賞コンサートへの出演権が与えられます。 複数の審査員が同じ内容のを書いていた場合、かなり顕著に認識できる特徴があると考えられます。 良いことであればほとんどの審査員が認める長所です。 注意点として書かれていることは、ぜひ今後の学習にお役立て下さい。 当コンペティションには未就学から一般まで、幅広い年齢の方が参加されます。 低年齢の参加者にはあまり技術的な指摘はせず、参加されたこと自体を称える書き方をすることもあります。 一方、参加者の年齢が高くなるにつれて、専門的・具体的な指摘が多くなります。 才能豊かな参加者には、激励の意味をこめて厳しい寸評が書かれることもあります。

次の

ピティナ予選通過は難しい?レベルや通過率はどのくらい?

ピティナ 本選

ピティナ審査員 ピティナは日本全国約300箇所で予選が開催されるので 地区予選から全国決勝大会まで審査員の数は、のべ1,800名もになり、 審査員は当日発表されます。 地区予選においては、審査員が自分の生徒の採点をすることはできず、 審査員のグループは当該地域の審査員に 他地域から派遣された審査員が混じって構成されています。 ピティナ審査員の点数と講評 ピティナの地区予選・第一次予選、地区本選・第二次予選では 参加者には、採点票に記載された点数と評価が渡されます。 ピティナは審査の先生全員から点数と講評をいただきます。 何枚かある講評用紙の点数を全部合計して、 審査員数で割った平均点が 通過ラインの点数より低いか高いかが 予選通過はの目安になります。 審査員の先生方の講評は、 その後の練習方針や指標になることもありますが、 おおむね• 最後まで気を抜かないようにしましょう• 集中力を持続させましょう• 綺麗な音を出せています• 透明感のあるいい音色です 参加しtあどの子にも該当するような ざっくりとした講評も多く見受けられます。 ピティナ 地区予選大会の点数 ピティナ予選通過の点数は、 審査の先生全員の点数を全部合計して、 審査員数で割った平均点が 通過ラインの点数より上だと思っていましょう。 平均で80、4点前後は、なんとか予選通過できそうですし、 地区会場によっては厳しいでしょう。 83~85点は楽々と予選通過は狙えそうですが、 75.5~80.0の間は予選落ちが多いかもしれません。 ピティナのここがつらい所 ピティナは、地区予選を通過しないことには、 せっかく4曲練習しても 2曲しか弾けずに終わってしまいます。 これは必死に練習を積んできたお子様、親御さん、先生 皆で肩を落としてしまいます。 スポンサーリンク 奨励賞と検定優秀賞 優秀賞の人数は、全体のおおよそ30%程と決まっています。 予選通過できない人に与えられる奨励賞と検定優秀賞です。 奨励賞 予選通過できる優秀賞には、僅かに及ばなかった点数の 参加者に与えられる賞なので、 人数は特に決まっておらず、 審査会議でその都度決められるそうです。 検定優秀賞 検定優秀賞は、ピティナのコンクールとしてではなく 演奏検定として受験した方へ 審査員の平均点が、7・8以上の参加者に与えられます。 審査基準 奨励賞と検定優秀賞の審査基準はどちらも同じで、 どちらのレベルが上ということは明確ではありませんので、 どちらも同じレベルです。 またコンクール流れであったり、 自分の現時点での評価が知るために、 検定をリハーサルとして受ける方は多いようですね。 学びとまとめ ピアノという音楽は芸術のひとつなので、 当日の審査員との相性や、 相対的につけられるも点数で 全て決められるわけではありません。 課題曲を楽譜通りに弾いて仕上げても 加点はされませんので、 指導者の力量も采配を分けることになります。 予選通過、本選出場を目指しても、奨励賞でも 嬉しいもので、ますます頑張って行こうと思うものです。 憧れのピティナから賞状が届くのを目がして頑張りましょう。 【関連記事】 スポンサーリンク.

次の