年賀状 句読点。 暑中見舞いや年賀状に句読点があってはならない理由と、一文字下げをしてはならない理由について

年賀状に句読点(、。)はNG!句読点に関するマナーを紹介

年賀状 句読点

縁起の良い事はずっと続いて欲しい、せっかくのおめでたい事に区切りをつけないという思いから、年賀状では句読点をつけないとされています。 年賀状の代わりに寒中見舞いを送る際も、 句読点はつけない事がマナーとされています。 他にも慶事の際の挨拶状や証書など、重要な書状となるものにも句読点はつけません。 喪中はがきに対してはこれまでその概念はなかったのですが、重要な挨拶状に句読点はつけないという形式に習い、句読点をつけない事がマナーとなりつつあります。 句読点をつけないのはなぜ? 昔の日本は毛筆文化の為、句読点はもともとありませんでした。 明治時代に日本の教育システムが整い、子供たちが平等に理解できるように句読点が使われ始めたとされています。 「句読点は子供の為のもの」という考えが、場合によっては「句読点をつけないと理解できないのでは」という意味にも捉えられる事を懸念し、目上の方への年賀状では句読点をつけないとされています。 どうしても文章のリズムをよく見えるようにしたい時は、行間にスペースを入れるなど工夫するとよいでしょう。 忌み言葉に気をつけましょう 句読点のように、普段から使用している言葉でも、祝いの時にはタブーとされている言葉を忌み言葉といいます。 結婚式だと「四」が「死」を連想させるのでタブー。 受験シーズンになると「滑る」「落ちる」が禁句でしたよね。 一般的に忌み言葉とされている言葉は、別れや死、不幸を連想させるものとなります。 同様に、お正月にも縁起が悪いとされる言葉があります。 ついつい使ってしまいがちな忌み言葉 「去年」…「去」には「別れる」「離れる」の意味があり、離縁を連想させてしまう為、「昨年」「旧年中」などの表現に言い換えましょう。 「猿」も忌み言葉だった? 十二支でもある「猿」は「去る」を連想させる為、「去る」の対義語である「得て」に言い換え、親しみを込めた「公」「吉」を用いた「エテ公」「エテ吉」と表現していたとか。 さすがにここまで細かく気にする事はないと思います。 年賀状の構成について 年賀状の構成や言葉の表現も気を付けましょう 句読点以外にも、構成や言葉選びについても注意が必要です。 年賀状作成時の構成に気を付けながら、適切な挨拶文を使い分けましょう。 「あけましておめでとうございます」という言葉が一般的ですね。 賀詞には口語調、漢語調、英文と、いくつかパターンがあります。 目上の方への年賀状では、「恭賀新年」「謹賀新年」または、「謹んで新春のお喜びを申し上げます」等、「恭しく(うやうやしく)」「謹んで(つつしんで)」といった相手への敬意を表す言葉が含まれた賀詞を使用しましょう。 「賀正」「寿」などの敬意を省略した短い賀詞は、気の置けない知人宛てなどに使用します。 それぞれの構成で適切な文章は以下をご参照ください。 例えばご結婚された方の場合「結婚して初めてのお正月を迎えます」といった一文があると、読む側にとって気持ちがほっこりする良い年賀状になるでしょう。 ビジネス向けの場合は決意表明なども熱意が伝わり信頼関係が深まりそうですね。 郵便局HPにも、さまざまなシチュエーションの例文があって参考になります。 郵便局HPにも、さまざまなシチュエーションの文例があって参考になります。 参考サイト:年賀状文例集 ゆうびん. 「 平成三十一年 元旦 」 もし元旦に届けられない年賀状の場合は、以下のように記載しましょう 「 平成三十一年 正月 」 重複した言葉にも注意 新年あけましておめでとうございます 諸説ありますが「新年」と「あけまして」の意味が重複する・または「新年」はあけるものではないという意見があります。 よって「あけましておめでとうございます」「新年おめでとうございます」との言葉で表現する事が無難です。 一月一日 元旦 「元旦」は「一月一日の朝」を意味する為「一月一日 一月一日の朝」と言っている事になります。 どちらも間違えやすい重複言葉ですので、改めて気を付けましょう。 漢字一文字の賀詞 「寿」…おめでたいこと、祝い 「賀」…祝い 漢字二文字の賀詞 「賀正」…正月を祝う 「迎春」…新年を迎える 「初春」…新年、年の初め など。 上記のような二文字以下の賀詞は、気の置けない知人宛てに使うようにしましよう。 書くペンにもマナーがあります 年賀状のベースのデザインは印刷で、添え書きは手書きと言う人が多数を占めるようです。 実は書く時のペンにもマナーがあるのをご存知でしょうか。 太くて力強い字が縁起が良いとされています 毛筆で書かれた年賀状が一番良いとされています。 が、なかなか毛筆で書く事って難しいですよね。 そんな時は筆ペンが良いのですが、毛筆同様、筆ペンってコツがいるし書き慣れないとイマイチ使いにくい…。 最近では描きやすい筆サインペンなど、年賀状に適したペンが沢山販売されてます。 自分が描きやすくて、なるべく太い字が書けるペンを選びましょう。 万年筆を使うのもおススメです。 その次にゲルインクペン、油性ペンの順となるようです。 マナー違反となるペンとは… 弔事用の薄墨のペンはお葬式用ですので、間違えて使用しないように注意しましょう。 ボールペンは事務的な印象になりがちなので、相手に失礼な印象を与える事になりかねません。 書き損じた場合の対処法 残念ながらどんなに丁寧に書いてもうっかり間違えてしまう事ってありますよね。 (私だけ?)年賀状の場合修正液って使っていいのでしょうか。 答えはNO そもそも年賀状というものには「ご縁を結びたい相手へ自分の気持ちをしたためた、一年に一度の贈り物」であると私は思っています。 もし自分が修正液で直された年賀状を貰ったら、なんだか蔑ろにされている気分になりますよね。 それに、ミスの多い年賀状を見ていると相手を披露させてしまうでしょう。 新年から申し訳ない気持ちにさせないように、再度書き直すよう努めましょう。 参考記事: まとめ 年賀状のマナーで注意する事 ・句読点は忌み言葉の為使用しない ・使いがちな「去年」は「昨年」「旧年」と表現する ・賀詞にはマナーがあり、目上の方へは四文字熟語等、敬意を含む表現が望ましい ・重複した表現に気を付ける ・二文字以下の賀詞は親しい知人に使用すると良い ・書く時のペンにもマナーがある ・書き損じた年賀状は新しい年賀はがきで書き直す となります。 昔から何気なく書いていた年賀状。 結構マナーが沢山あって、一年に一度だからつい忘れがちになりそうです。 あなたの年賀状作成のヒントとなり、素敵な年賀状作りのお手伝いが出来たのなら幸いです。 散々マナーについてお話ししたのに矛盾した事を言いますが、例え間違っていても、ひとこと添えてある年賀状の一所懸命さを思うと、私はなんだか愛おしく感じます。 長くなりましたが、あなたの素敵な年賀状作りのお手伝いが出来たのなら幸いです。 どれだけ時代が巡っても、年賀状ってなんだか懐かしくて、ちょうどよく寂しい。 懐かしい人からの便りが届くお正月は、ちょっとだけセンチメンタルな気持ちになります。 関連記事• お世話になった人への挨拶と日頃のお礼を込めて送る、年賀状。 最近では全部手書きで書くというよりは、あらかじめデザインなどがプリントされた年賀葉書やデザインテンプレートから選んで印刷したりする人が多いのではないでしょうか。 そこで、注意しておき... なにかと忙しい年末。 「年賀状を早く出さなきゃ」とわかっていても、ついつい先のばしにしてしまうんですよね。 とはいえ、年賀状はできるだけ一月一日に届くように、クリスマス前までには出しておきたいところです。 年賀状が間に合わない!どうしよう!と、... 年賀状は新年のご挨拶を行うための大切なコミュニケーションのひとつです。 年賀状離れが囁かれている世の中とはいえ、社会人であれば上司や取引先への挨拶として一般的なものであることに違いはありません。 上司や取引先などへの年賀状は、友人に送るも... 目次1 おしゃれで自由な街、自由が丘へ・・・2 セレクトショップ「コレパン」様へインタビュー3 まとめ おしゃれで自由な街、自由が丘へ・・・ こんにちわ、インクペディア編集部の高尾です。 今回は、いつもチップスのインクをご愛顧いただいている、... ソーシャルメディア 個人情報について お客様からお預かりした大切な個人情報(住所・お名前・メールアドレスなど)を利用するにあたっては、利用目的の範囲内でのみ利用することとし、その目的の範囲を超えた利用はいたしません。 尚、お客様へ商品やサービスを提供する等の業務遂行上、個人情報の一部を外部の委託先へ提供する場合があります。 その場合、業務委託先が適切に個人情報を取り扱うように管理いたします。 営業時間:10:00~17:00 営業日はカレンダーをご参照ください.

次の

暑中見舞いの句読点はいらない?!その理由・書き方・マナーを教えます!

年賀状 句読点

年賀状に句読点をつけない理由とは? なぜ年賀状に句読点をつけてはいけないのかについて詳しく解説します。 年賀状に句読点をつけてしまった場合の対処法とは? 年賀状に誤って句読点をつけてしまった場合、どのようにすれば良いのかを解説します。 メールで年賀状を送るときに句読点は必要なのか? 年賀状をメールで送るとき句読点はつけるのかどうかを解説します。 年賀状を書くときに注意すべきことは他にもあるの? 年賀状には句読点をつけないこと以外に注意すべきことがあるのかについてご紹介します。 以上の点を中心に解説していきます。 年賀状を書く際の参考になれば幸いです。 ぜひ最後までご覧ください。 年賀状に句読点って失礼なの? 私たちが文章を書く際には必ず使用する「、」「。 」などの句読点ですが、年賀状に使うことはNGとされています。 なぜ年賀状には句読点をつけてはいけないのでしょうか? その理由について詳しく解説していきます。 句読点をつけない理由は? 日本の昔の文章は全て縦書きで書かれていました。 毛筆の文化だったため句読点をつけるという習慣がなかったようです。 そんな縦書き文化の中、句読点とは文章を読めない人に向けて読みやすくするために用いられてきた歴史があります。 そのため、相手に敬意を表し丁寧な気持ちで新年をお祝いする年賀状に「、」や「。 」などの句読点をつけることは、 相手に対して学のない人や教養のない人という意味を含むため、失礼にあたると考えられているのです。 その名残で年賀状のほかにも、証書や賞状のような正式な文章には句読点を使用しないことが一般常識となっています。 私たちは普段文書を書くときの癖で、年賀状にも「、」や「。 」をつけてしまいそうになりますが、句読点をつけないことが年賀状の正式なマナーなのです。 友達同士など親しい間柄での年賀状の場合は、句読点の有無にこだわる必要はないかもしれませんが、目上の方や仕事関係の方に書く年賀状は正式なマナーで書くようにしましょう。 句読点を使わないでスペースを使う 年賀状などの正式な文章に句読点を使用することで、区切りがつくという考え方もあります。 区切りがつく、つまり、別れるや縁切りのような意味合いを含むという考えです。 おめでたいことは続いた方が良いという考えからきているようです。 つまり、縁起を担いでいるというわけです。 そのような理由から、年賀状のような正式な文章には句読点はつけないのですが、どうしても読みにくさを感じてしまう場合もあります。 そのようなときは、 句読点を使わずに改行をしたりスペースをあけるようにしてください。 そうすることで、読みやすく書くことが可能です。 また、印刷された年賀状に一言メッセージを書くような場合も、句読点はつけずにスペースなどで調整しながら書くようにしましょう。 年賀状に句読点をつけてしまった時は? 万が一、年賀状に句読点をつけてしまった場合はどのように対処すればいいのでしょうか? 対処法について解説していきましょう。 修正ペンで修正はNG 年賀状は相手に敬意を表し丁寧な気持ちで、新年のあいさつをする正式な文章(手紙)です。 修正テープや修正ペンなどでの修正は、 相手の方に失礼に当たるためNGとされています。 もし、自分宛の年賀状が修正テープや修正ペンで修正されて届いたら、どんな気分でしょう? 新年早々いい気分ではないはずです。 年賀状を書くときは、相手の方の気持ちになって書くことが大切です。 不快な気分にさせないための心遣いが必要です。 住所や名前などを間違えた場合も同様で、修正ペンでの修正はしないようにしましょう。 新しく書き直して送る 年賀状に間違えて句読点を書いてしまった場合は、 新しく書き直して送るようにしましょう。 たったひとつの句読点だったとしても、修正ペンが塗られているのは気分の良いものではありません。 新年早々、あなたの印象を悪くしてしまう可能性も考えられます。 年賀状は、正式な文章(手紙)だということを忘れずに、丁寧な気持ちで書いて送るようにしましょう。 以下の記事では、書き損じの年賀状について詳しく紹介しています。 こちらもあわせてご覧ください。 年賀状に句読点をつけないということは分かったと思います。 実は年賀状には句読点をつけない以外にも、やってはいけない事柄があるのをご存知ですか? どんなことに注意するべきなのかを解説していきましょう。 鉛筆で書かない 年賀状を鉛筆で書くことはNGとされています。 それは、やはり 相手の方に失礼に当たるという理由からです。 鉛筆書きの年賀状は相手に、「手を抜かれている・軽く思われている」というマイナスな印象を与えてしまう場合があるようですので注意してください。 それ以外にも、正式な文章は鉛筆で書かないという考えもあると思われます。 鉛筆で書いた場合、簡単に消せてしまうからという理由もあるのでしょう。 また、ボールペンで書くことも一般的にはあまり良くないとされています。 ボールペンで書いた文字はとても細いため、新年のお祝いには相応しくないという考えがあるようです。 毛筆など太く力強い文字の方が、相手からの印象もいいといわれています。 筆で書くことが苦手な方は、できるだけ太めのペンなどを使用して書くのが良いでしょう。 内定先や上司の方に二文字の賀詞を書かない 賀詞とはお祝いの言葉で、年賀状に書く、謹賀新年や賀正などがそれにあたります。 また、新年なども賀詞になります。 内定先や会社の上司の方など目上の方に書く場合、二文字の賀詞(賀正・迎春・慶賀・賀春など)は、相応しくありません。 二文字の賀詞には、相手の方への敬意と丁寧な気持ちを表す漢字が入っていないため、 目上の方への使用は避けた方が良いとされているのです。 その点、四文字の賀詞の場合(謹賀新年・恭賀新年・敬頌新禧)、相手に敬意を表す漢字(謹・恭・敬・頌)が入っていますので敬語の挨拶になり、内定先や会社の上司の方など目上の方に書く場合に向いています。 年賀状を書く際には、使用する賀詞にも注意するようにしましょう。 賀詞を二つ以上用いない 賀詞を 二つ以上使用するのもNGとされています。 わかりやすく例をあげますと 新年あけましておめでとうございますの場合です。 これは 新年と あけましてが重複しています。 「新年おめでとうございます」か「あけましておめでとうございます」が正しい書き方になります。 また、賀正・謹賀新年などの短い賀詞と「あけましておめでとうございます」などの文章の賀詞を重複して使うこともNGとなります。 印刷された年賀状などは、最初から謹賀新年などの賀詞が印刷されていることがありますので、そこに手書きで一文を書き加えるときなど、文章の賀詞を重複して書かないように気をつけてください。 意外とやりがちな間違いですので、注意しましょう。 年賀状の句読点についてまとめ• 句読点は読みやすくするために用いたもの。 相手に敬意を表す年賀状での使用は失礼にあたるため年賀状に句読点はつけない。 読みにくさを感じるときは、改行やスペースをあけることで対応する。 年賀状に句読点をつけてしまったら、修正ペンの使用はNGにあたる。 新しく書き直して送るのが望ましい。 メールで新年のあいさつをする場合にも句読点はつけないほうがよいが、あまり厳しくとらえる必要はない。 年賀状を鉛筆で書くことは相手に失礼に当たるため避けるべきである。 目上の方に年賀状を書く場合、2文字の賀詞には相手に敬意を表す漢字が入っていないため使用を控え、4文字の賀詞を使用するのがよい。 短い賀詞と文章の賀詞など、2つ以上の賀詞を用いてはいけない。 年賀状は新年の挨拶としてとても大切なものです。 今回紹介したマナーに注意して年賀状を出してみてはいかがでしょうか。 「終活ねっと」では、年賀状に関する記事を多数記載しています。 以下の記事では、年賀状がいつからいつまで出せるのかについて詳しく紹介しています。 こちらもあわせてご覧ください。 最後までご覧いただきありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

年賀状に句読点をつけてしまった! これってマナー違反なの?

年賀状 句読点

文章を書くとき当たり前のように使う句読点。 この句読点、年賀状には使わないのがマナーというのを ご存知でしょうか? 最近は年賀状を出さないで メールやLINEで済ませてしまう人も多いですが、 せっかく年賀状を書くならマナーを守った 美しい年賀状にしたいですね。 年賀状に句読点をつけない理由とは? もともと日本は毛筆の文化で、 句読点を打つことはありませんでした。 確かに証書や賞状などを見ても、句読点ってないですよね。 読み書きの教育が進む中で、 「どんな人でも読みやすいように」という意図で 句読点が使われるようになりました。 もともと教養のある人は句読点がなくても 文章を読めていたので 句読点がある手紙を送ると、 「あなたは句読点がないと読めませんよね」と思っていると解釈されてしまい、 失礼になったわけです。 また句読点には「終わり」「区切り」という意味合いがあるため 縁起が悪いと考えられていたようです。 なので年賀状に限らず、 結婚式の招待状や挨拶状などの慶事には 句読点をつけないのがマナーです。 もし読みづらくなってしまう場合には 改行をしたり、少しスペースを空けたりするなどの工夫をしましょう。 もし句読点をつけてしまったら? 前章で、句読点がなぜマナー違反なのかについてご説明しましたが、 一言でいうと「昔の慣習の名残」です。 今では文中に句読点を入れるのは一般的なことなので 友達や親しい親族に送る年賀状なら それほど気にしなくてもいいと思います。 ただ、 目上の人や上司の場合は 失礼だと感じる人もいるかもしれないので 書き直した方が無難です。 修正テープなどを使って修正することも 失礼になってしまうので、 ちょっと面倒かもしれませんが 新しい年賀状に書き直して送るようにしましょう。 他にもある!?知っておきたい年賀状のマナー! 年賀状でやってはいけないことをまとめました。 ぜひ参考にしてください。 ・イメージの悪い漢字は使わない 特に注意したいのは、去年の「去」です。 「去る」「離れる」といった意味がよくないので、 「昨年」や「旧年」と表現するようにしましょう。 また「切れる」「落ちる」「終わる」「離れる」なども 避けるようにしましょう。 ・「賀正」「迎春」「寿」などを目上の人に使ってはいけない 「賀正」「迎春」「寿」という言葉は、簡略化された言葉なので 目上の方に対して使うのは失礼にあたります。 「謹賀新年」や「恭賀新年」、 「謹んで新春のお慶びを申し上げます」など、 短縮していない形で書きましょう。 ・重複表現に気をつける 「新年あけましておめでとう」という言葉は間違いです。 新年は「年があけた」ことを表しているので、 「あけまして」と重複した意味になります。 また「元旦」もそれだけで一月一日の朝を表しますので 「一月一日 元旦」と書くことも誤用となります。 まとめ 年賀状で句読点を使わないのはマナーですが、 今の時代そこまで気にする人も少ないと思います。 冒頭の年始の挨拶では句読点を使わないことと、 目上の人への年賀状には注意すること、 この2つだけ気をつければ大丈夫だと思います。 句読点以外にもいろいろルールはありますが、 どこまで徹底するかどうかは 送る相手によって判断するといいでしょう.

次の