マン イーター ps4。 Maneater(マンイーター)はGTAなのか?【評価/レビュー/感想】

マンイーター (Maneater) プラチナトロフィー攻略

マン イーター ps4

~マンイーター ゲーム ps4~ サメが主人公のオープンワールドゲーム『マンイーター』とは? 『マンイーター』は、 サメが主人公のオープンワールドゲーム。 人や生物を倒し、最強の主人公になることができます。 惨殺,冒険,進化などプレイスタイルも幅広く、思う存分楽しめるゲーム。 5月時点:7,000円ほどに Nintendo Switch版は2020年の秋に発売を予定。 そのためにプレイヤーは、広大で異なる オープンワールドを探検し、人間と野生生物を含む様々な敵に遭遇することになる。 適切な資源を見つければ、自然が意図するよりもはるかに成長と進化を遂げることができ、プレイヤーは最強な伝説の捕食生物である巨大なサメになることができる。 引用: 母親を奪われた幼いサメとして冒険は始まります。 初めは小さいので、小魚や人間を対象に捕食して成長を進めていきながら、強大な敵からは身を守る形になります。 あえて強大な敵に挑み、強くしていくやり方もあり! 個々の戦略によってけん制したり、自分より強い生物に挑んだりと自分のプレイスタイルで楽しめます。 ~マンイーター ゲーム ps4~ 「マンイーター」PS4の基本操作 PS4での基本操作は以下。 「マンイーター」の魅力• マップが広い• サメのスキル&カスタムが可能• 移動手段はファストトラベルもあり、不便さは感じない。 体感ではなかなか大きなマップであるため、非常にやりがいのあるゲームであることをマップを見ることで改めて実感。 新しいものを発見したときの嬉しさは身に染みる者がありますよね。 こちらのゲームはただ捕食するための生物だけでなく、レベルを上げないと突破できない柵やエリアも存在します。 そのため、探索に時間をかけながらサメを成長させていったり、最強のサメにしてからマップを堪能してみたりと人それぞれのプレイスタイルに磨きがかかります。 ~マンイーター ゲーム ps4~ ps4新作オープンワールド『マンイーター』の評価、評判・口コミ PS4でもXBOX ONEでも日本語表記あるっていう今日発売のマンイーターが気になる。 — popo tmsmhhhk 主人公サメで人間を食いまくるマンイーターっていうゲームが超おもしろそう。 なんか電気操ったり、三段階ジャンプ決めたりとシャークネード好きにはたまらないな! — 佐天@ペインウインド OninkoMike 大人になった。 サメRPG楽しい! — コーセン kosen0518 マンイーター、思ってたより255倍面白い。 怖いサメ映画体験ゲーと思ってたら海洋探索ゲーとしてちゃんと面白くてびっくりする。 ただカメラスピードいじれないので僕は長時間は無理だなあ。 そこいじれたらスピード遅くして酔い軽減できるんだけどなあ。 — なかじマダオ madaoh マンイーターやりたすぎるのに PS4国内版未発売なの悲しい… 、.

次の

【Maneater

マン イーター ps4

目次でサクッと理解• GTAみたいな部分もある GTAです。 海版GTA。 サメ版GTAでしょうか。 GTA Vのような広さのマップではないですが、オープンワールド感のある広すぎないマップがあり、サメのレベルが上がったりメインクエストをクリアしていくと泳げるマップが一つずつ解放されていきます。 一番GTAっぽいのは人を食べるとバウンティハンターが続々と湧いてくるところでしょうか。 GTAで一般人を殺すと警察がたくさんやってきますよね?あれです。 Maneaterの場合、進化するために亀とかワニとかを食べて、もしくは気晴らしで人間も食べたりすることで 栄養(=経験値)をためることができます。 栄養を消費することで歯を電流が流れる仕様とかに進化させることが可能です。 最終的には 自分よりも強い生物や、ダイナマイト等の非情な武器を使ってくるハンターを噛んでぶっ倒します。 要するに• 生物を食う or クエストやストーリーを進める or マップ探索• 栄養がたまる(経験値をためる)• サメの各部位(歯とか)を強化していく• この流れにストーリーっぽい物が付いてきます。 ストーリーをざっくり説明すると、サメと人間の因縁の戦いが描かれます。 普通は人間側の立場で物語を見るもんだとは思いますが、Maneaterでは サメ側から物語を見ることになるので人間がとっても悪い生き物に見えてきます。 趣があります。 予想外のサメ酔い はっきり言ってManeaterには大きな欠点があります。 それは酔うことです。 「FPSで遊んでたら酔っちゃって気持ち悪くなっちゃった…」と言ってた人に対して「は?」と思っていましたが、その気持ちが初めて分かりました。 このゲーム、本当に酔います。 プレイ中はただただ気持ちが悪い。 なぜだか少し頭痛がする。 吐くまではいかないけど、 常に頭の中でバーチャルマッチョが腕立て伏せをしていて脳に負荷をかけ続けている感じ。 プレイ後も「ちょっとだけ吐きそうで吐けない微妙な気持ち悪さ」が残ります。 爽快感のある最高のバカゲーと思っている人がいるかもしれません。 確かに酔いに強い人ならこのゲームで幸せな気分になれるでしょう。 ただ、私にとっては船酔いならぬ サメ酔いするゲームでした。 冷静に考えてみたら酔って当然なのかもしれません。 私はサメではないので。 薄味のRPG 生物を食べたりクエストをクリアしたり各地にあるランドマークを発見したり、栄養が詰まっている謎の箱を見つけたりすることで栄養(=経験値)を貯められます。 その栄養を消費して進化していくわけですが、前述した サメ酔いのせいかテンポが悪く感じます。 バカゲーなんだからRPGなんて部分は割り切って一気にバカなことしちゃおうぜ!というノリがバカゲーのウリだと思いますが、 Maneaterはバカゲーのフリをした単純明快なRPGでした。 食って、進化して、食って、進化して……。 RPG部分がネックとなっているのか、進化のスピードが遅く感じます。 いや、他のゲームと比較したらゲームスピードは早いのかもしれませんが、 この文章を書いている時点でサメ酔いをしているので正常な判断が下せないのでしょう。 とにかくこのゲームは酔います。 たぶんクソゲーではない ゲームをプレイした後に残る心地の良い感覚ってあるじゃないですか。 GTA Vでいっぱい人を轢き殺した……オーバーウォッチで連勝した……PUBGでドン勝つできた……等々。 Maneaterで遊んだ後の感覚は、それらの感覚の真裏のさらに斜め下あたりにあります。 伝わるでしょうか。 伝わらないでしょうね。 ただ、Maneaterはたぶんクソゲーではありません。 ここだけははっきりと言いたいです。 ハンター達は高速ボートに乗って私に近づいてきます。 マグロ漁で使われるようなヤリっぽい武器やダイナマイトを容赦なく使ってきます。 あいつらはサイコパスです。 そんなハンター達に囲まれながらも必死に攻撃を避けてハンターを食べまくるサメ。 あの時のサメは間違いなく私でした。 私は、その瞬間だけは紛れもなく人食いザメだったのです。 ただ、人間はサメではありません。 それだけのことです。 このゲームは酔います。 セールが来るまで待ちましょう。

次の

【Maneater

マン イーター ps4

目次でサクッと理解• GTAみたいな部分もある GTAです。 海版GTA。 サメ版GTAでしょうか。 GTA Vのような広さのマップではないですが、オープンワールド感のある広すぎないマップがあり、サメのレベルが上がったりメインクエストをクリアしていくと泳げるマップが一つずつ解放されていきます。 一番GTAっぽいのは人を食べるとバウンティハンターが続々と湧いてくるところでしょうか。 GTAで一般人を殺すと警察がたくさんやってきますよね?あれです。 Maneaterの場合、進化するために亀とかワニとかを食べて、もしくは気晴らしで人間も食べたりすることで 栄養(=経験値)をためることができます。 栄養を消費することで歯を電流が流れる仕様とかに進化させることが可能です。 最終的には 自分よりも強い生物や、ダイナマイト等の非情な武器を使ってくるハンターを噛んでぶっ倒します。 要するに• 生物を食う or クエストやストーリーを進める or マップ探索• 栄養がたまる(経験値をためる)• サメの各部位(歯とか)を強化していく• この流れにストーリーっぽい物が付いてきます。 ストーリーをざっくり説明すると、サメと人間の因縁の戦いが描かれます。 普通は人間側の立場で物語を見るもんだとは思いますが、Maneaterでは サメ側から物語を見ることになるので人間がとっても悪い生き物に見えてきます。 趣があります。 予想外のサメ酔い はっきり言ってManeaterには大きな欠点があります。 それは酔うことです。 「FPSで遊んでたら酔っちゃって気持ち悪くなっちゃった…」と言ってた人に対して「は?」と思っていましたが、その気持ちが初めて分かりました。 このゲーム、本当に酔います。 プレイ中はただただ気持ちが悪い。 なぜだか少し頭痛がする。 吐くまではいかないけど、 常に頭の中でバーチャルマッチョが腕立て伏せをしていて脳に負荷をかけ続けている感じ。 プレイ後も「ちょっとだけ吐きそうで吐けない微妙な気持ち悪さ」が残ります。 爽快感のある最高のバカゲーと思っている人がいるかもしれません。 確かに酔いに強い人ならこのゲームで幸せな気分になれるでしょう。 ただ、私にとっては船酔いならぬ サメ酔いするゲームでした。 冷静に考えてみたら酔って当然なのかもしれません。 私はサメではないので。 薄味のRPG 生物を食べたりクエストをクリアしたり各地にあるランドマークを発見したり、栄養が詰まっている謎の箱を見つけたりすることで栄養(=経験値)を貯められます。 その栄養を消費して進化していくわけですが、前述した サメ酔いのせいかテンポが悪く感じます。 バカゲーなんだからRPGなんて部分は割り切って一気にバカなことしちゃおうぜ!というノリがバカゲーのウリだと思いますが、 Maneaterはバカゲーのフリをした単純明快なRPGでした。 食って、進化して、食って、進化して……。 RPG部分がネックとなっているのか、進化のスピードが遅く感じます。 いや、他のゲームと比較したらゲームスピードは早いのかもしれませんが、 この文章を書いている時点でサメ酔いをしているので正常な判断が下せないのでしょう。 とにかくこのゲームは酔います。 たぶんクソゲーではない ゲームをプレイした後に残る心地の良い感覚ってあるじゃないですか。 GTA Vでいっぱい人を轢き殺した……オーバーウォッチで連勝した……PUBGでドン勝つできた……等々。 Maneaterで遊んだ後の感覚は、それらの感覚の真裏のさらに斜め下あたりにあります。 伝わるでしょうか。 伝わらないでしょうね。 ただ、Maneaterはたぶんクソゲーではありません。 ここだけははっきりと言いたいです。 ハンター達は高速ボートに乗って私に近づいてきます。 マグロ漁で使われるようなヤリっぽい武器やダイナマイトを容赦なく使ってきます。 あいつらはサイコパスです。 そんなハンター達に囲まれながらも必死に攻撃を避けてハンターを食べまくるサメ。 あの時のサメは間違いなく私でした。 私は、その瞬間だけは紛れもなく人食いザメだったのです。 ただ、人間はサメではありません。 それだけのことです。 このゲームは酔います。 セールが来るまで待ちましょう。

次の