し お の あき ひさ。 神崎 ひさあき|ウッドオフィス株式会社 A3プロデュース

真貝寿明 しんかいひさあき

し お の あき ひさ

寿亮 さん の姓名判断結果 総合評価 : ??点(35点満点 各5点x7項目) 天格 : 祖先運。 一般的に晩年になるほど影響力を強めるとされる。 画数 : ?? 点数 : ??点 ?? 人格 : 主運。 人物の内面をあらわし、家庭・仕事・結婚運、中年期の運勢。 画数 : ?? 点数 : ??点 ?? 地格 : 幼年期の運勢をあらわし、人物の成長過程に強い影響 画数 : 12 点数 : 1点 シンが強く、負けず嫌いです。 趣味が豊かで、女性は美人でおしゃれ、男性は病弱、弱気です。 親との生死別があります。 外格 : 家族や職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境一般の運勢 画数 : ?? 点数 : ??点 ?? 総格 : 人生を歩むにつれて色濃くでてくるといわれ、晩年の運勢に大きく影響 画数 : ?? 点数 : ??点 ?? 社会運 : 表面は主に交際関係。 内面は<援助>と呼び財運、地位、名誉などの運勢 画数 : ?? 点数 : ??点 ?? 家庭運 : 家庭内の幸福度や生活の基本的な考え方や行動姿勢や部下運などの運勢 画数 : ?? 点数 : ??点 ?? 「寿亮」と 同じ字で他の読みの男の子の名前 5人 読み 漢字 画数 画数による運勢 タグ 大吉 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , 大吉 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , 大吉 大吉 大吉• 読み 漢字 画数 画数による運勢 タグ 小吉 , , , ひさあき 凶 , , , ひさあき 大吉 , , , , , , , ひさあき 大吉 , , , , , , , ひさあき 大吉 , , , , , , ひさあき 吉 , , , ひさあき 凶 , , , , , , , , , , , , , ひさあき 凶 , , , , , ひさあき 吉 , , , , , , ひさあき 小吉 , , , , , 大吉 , , , , , , , , , ひさあき 大吉 , , ひさあき 大吉 ひさあき 凶 ひさあき 小吉 ひさあき 凶 ひさあき 大吉 ひさあき 吉 ひさあき 吉 ひさあき 吉 ひさあき 大吉 ひさあき 大吉 ひさあき 小吉 ひさあき 吉 ひさあき 小吉 ひさあき 大吉 ひさあき 大吉 ひさあき 大吉 ひさあき 凶 ひさあき 凶 ひさあき 吉 ひさあき 吉 ひさあき 吉 ひさあき 大吉 ひさあき 凶 ひさあき 吉 ひさあき 凶 ひさあき 吉 ひさあき 吉 ひさあき 凶 ひさあき 小吉 ひさあき 吉 ひさあき 凶 ひさあき 凶 ひさあき 吉 ひさあき 吉 ひさあき 凶 ひさあき 凶 ひさあき 凶 ひさあき 大吉.

次の

寄り道/山本 あき

し お の あき ひさ

略歴 [ ] 卒業後、『神崎オン・ザ・ロード』を結成。 1980年『OPEN MY ROAD』でデビュー。 神崎オン・ザ・ロードで、3枚のアルバムをリリース。 1986年 渡米。 1988年ソロアルバム『KANZAKI』をリリース(ラス・フリーマン、リッピングトンズが参加)。 2009年、盟友・マイケル・パウロとのプロジェクト『エイジアン・ソウル・ブラザーズ』で、『ASIAN SOUL BROTHERS ft. KANZAKI&Michael Paulo』をリリース。 エイジアン・ソウル・ブラザーズのほか、国際的な幅広い活動を展開している。 ディスコグラフィ [ ] アルバム [ ]• 1980年 神崎オン・ザ・ロード 『OPEN MY ROAD』• 1981年 神崎オン・ザ・ロード 3rd『Long Romantic Road』• 1988年 SOLO ALBUM 『KANZAKI』リリース。 ラス・フリーマン G をサウンド・プロデューサーに迎えたアルバム。 参加アーティスト:デヴィッド・ベノワ、デヴィッド・ガーフィールズ key ブランダン・フィールズ sax リッキー・マイナー b フィル・ペリー vo 等。 1994年 クリスマスアルバム『サンタクロースの日曜日』ヒロシマのボーカルMUCHUNをL. から日本に呼び寄せ、 プロデュースしたアルバム。 参加アーティスト:MUCHUN Vo 、金子飛鳥 Vl 、妹尾隆一郎 Blues Harp 大上留璃子 Vo 他• 2006年 1988年リリースの『KANZAKI』を自身のレーベルReal Play Recordsより再リリース。 2006年 ストリングス・カルテットとの共演『OZONIC』リリース• 2009年 盟友マイケル・パウロ(SAX)とのユニット『エイジアン・ソウル・ブラザーズ』で『ASIAN SOUL BROTHERS Ft. 参考文献 [ ].

次の

男の子の名前 寿亮 ひさあき 16画(7画

し お の あき ひさ

青山学院大学卒業後、日本のジャズ・フュージョンブームのスタートとなる『神崎on the road 』を結成。 1980年「OPEN MY ROAD」 でデヴュー。 その後3枚のアルバムを残し1986年渡米。 セッション活動後、1988年ラス・フリーマン、リッピングトンズ等を迎えアルバム「KANZAKI」をリリース。 帰国後は、数々のTV、CM音楽の制作、プロデュース等の活動を積極的に行う。 近年では、神崎作曲の「SO FAR AWAY」をマイケル・ホワイト デヴィッドサンボーンBand がアルバムタイトル曲としてリリース。 盟友マイケル・パウロ sax とのプロジェクト『The Asian Soul Brothers』での活躍等、国際的な活動を展開している。 また、サンディエゴで毎年、グラミー 受賞アーティスト等、ワールド・クラスのアーティストが出演し開催されるジャズフェスティバル「Temecula Wine and Music Festival」にも2007年より連続出演しており、KANZAKIの呼称で親しまれ米西海岸でも多くのファンを獲得している。 また、武蔵野美術大学で特別講師を務める等、内外のアート・シーンでのアーティストとの交流も深く、アートが語れる音楽家として評価されている側面も持ち、型にはまらないオリジナルな神崎像を貫いている。 KANZAKI : Saxophonist and composer Hisaaki Kanzaki was born in Kochi Prefecture. His love for the saxophone began in junior high school, influenced by such artists as Sadao Watanabe, Miles Davis, Sonny Rollins, and Art Pepper to name but a few. Upon graduating from university, Kanzaki formed Kanzaki on the Road, a group that became a leading force behind Japan's fusion boom. In 1980 he released his debut album, "Open My Road" from Nippon Phonogram Mercury Records. Following that he released two more albums before going to the US in 1986, where he participated in numerous sessions. "On returning to Japan he became involved in the music production field, working on many theme tunes for commercials and TV. Some years back, Michael White from the George Benson and David Sanborn band recorded "So Far Away," a Kanzaki composition. Around that time, Kanzaki gained widespread acclaim as a composer when his album title tune hit ninth place on the US jazz charts radio and records. Kanzaki went on to establish international projects including "Asian Soul Brothers" with best friend Michael Paulo sax. kzsax, creating the "buffet style. " In 2005 he brought out the sounds of "Otemachi Cafe" under his own label, Real Play Records. The following year saw Kanzaki issue a re-release of "KANZAKI" along with "OZONIC," a work featuring string quartet. In the course of his prominent and successful career, Kanzaki has developed a deep passion for collaboration with international artists inside and outside Japan, and in that spirit has frequently served as a special lecturer at Musashino Art University. His unconventional image and music style continue to grow and influence others within the music scene.

次の