かんたん スマホ ソフトバンク。 60歳以上ずーっと国内通話0円。かんたんスマホワイモバイルから登場 |Y!mobile

簡単スマホ比較ガイド|高齢者(シニア)でも安心!おすすめは?

かんたん スマホ ソフトバンク

近年、スマートフォンを所有している人が増えています。 若い人であればスマホを持っているのは当たり前となっており、60歳以上の方でも30%以上の方がスマホを持っているという結果もあります。 今はガラケーを使用しているけど、次はスマホにしたい! スマホでLINEを使ってみたい! スマホでキレイな写真を撮りたい! などスマホを使いたいという声は多くありますが、一方で スマホを使いこなせるか心配・・・ ガラケーよりも料金が高くなるのは嫌。 簡単でわかりやすいスマホが欲しい! と言ったスマホに対する不安の声も多くあります。 当サイトではスマホへの乗り換えを検討しているシニアの方、高齢の母、父にスマホを買ってあげたいと検討している方へ向けて、 スマホを初めて使う高齢者の方でも安心して使える簡単スマホを条件別に比較していきます。 携帯会社がそれぞれシニア向けのスマホ、シニア向けの割引などを提供しています。 それぞれ良い所、悪い所があるので、まずは各社の端末や基本料金など含めて 実際にかかる月額料金について紹介していきます。 TONEモバイル TONEモバイルとは、DVDや本屋などでお馴染みのTSUTAYAが提供しているスマホサービスです。 最近ではCMも流れているので聞いたことが有るという人も多いのではないでしょうか。 TONEモバイル m15 TONEモバイルで購入できるシニア向け簡単スマホ。 月額料金は基本料金含めて、 2000円〜3500円ほど。 TONE m15のメリット• 月額料金が圧倒的に安い• 毎月Tポイントが貯まる• 大画面で見やすい• TONE m15のデメリット• 防水、ワンセグは使えない• 支払いはクレジットカードのみ TONEモバイルの特徴は、 auやdocomo、SoftBankと言ったキャリアスマホと比べてスマホの月額料金が圧倒的に安い点です。 今現在、ガラケーを使っている人はau、docomo、SoftBankのどれかで契約していると思いますが、これらでスマホを契約した場合安くても5000円以上はかかってしまいます。 一方で TONEモバイルは2000円〜3500円ほどでスマホを利用できるので、スマホ料金が高いと感じる人にオススメです。 料金が安いことに加えて、TONEモバイルでは毎月お支払料金に対してTポイントが貯まっていきます。 貯まったポイントは全国のTポイントが使用できるお店で利用することができるので、お得ですね。 TONEモバイルでは、TONE m15というシニア向けのスマホが用意されており、契約時にはm15を購入して使うことになります。 この機種は画面のサイズが大きいこともあり、文字が大きく、シンプルなホーム画面でカメラやメール、通話などを直感的にすることが可能です。 デメリットとしては、防水やワンセグに対応していない点があります。 キャリアの簡単スマホでは防水やワンセグに対応している機種が多いので比較してみると欠点となります。 また、キャリアでは支払い方法にクレジットカード、口座振替、請求書による支払いなどがありますが、 TONEモバイルではクレジットカードのみとなっています。 他の3社(au,docomo,softbank)と比べると防水やワンセグ、支払い方法の充実さは劣っていますが、 月額料金が安くなるので、多少使えない機能があっても携帯代を節約していきたい人にオススメです。 以下のサイトでTONEモバイルの口コミを掲載していますので、ご覧ください。 basioの特徴の1つとして、 画面下に3つの物理ボタンが搭載されている点があります。 最近のスマホでは物理ボタンがなく、画面タッチで全ての操作を行う機種が多いですが、スマホに慣れていないうちはガラケーのように物理ボタンで着信に出たりできた方が便利だったりします。 basioでは着信、メール、ホームの3つの物理ボタンがあるのでスマホに慣れていない方でも安心して使うことが可能です。 スマートソニックレシーバーというのは、ディスプレイ全体から音が聞こえる機能で主に通話時に役立ってくれます。 画面のどこで耳を当てても音が聞こえるようになっているので耳が遠い人でも快適に通話を行うことが可能です。 basioのデメリットとしては、まず インカメラの画素数が低いという点があります。 メインカメラは1300万画素とキレイな写真を撮ることができますが、本体の正面側に搭載されているインカメラは97万画素と他の簡単スマホと比べても低く自撮りなどをする方にとってはデメリットとなります。 また、現在では次に紹介する basio2という最新の機種が発売されており性能はbasio2に劣っています。 料金に関してもbasio2では、auのガラケーを26ヶ月以上利用している方限定ですが、auスマホはじめるプログラムという割引キャンペーンの対象端末なので、安くなります。 引用元: basio2はauで取り扱われているシニア向け簡単スマホです。 2016年8月5日に発売されたシャープ製。 月額料金は基本料金含めて、 5500円〜8000円ほど。 basio2のデメリット• バッテリー持ちが良い• デジカメのようなカメラ操作• auスマホはじめるプログラムでお得に• basio2のデメリット• インカメラの画素数が落ちた• 厚みがある basio2はバッテリー容量2810mAhとシニア向け簡単スマホの中ではTONEモバイルのm15(3000mAh)に次いで2番目の容量となっています。 連続待受時間は820時間と長く バッテリー持ちが良い機種を探してい方にオススメです。 本体の側面にカメラ用の物理ボタンが搭載されており、横向きにしてデジカメのような操作でシャッターを押すことができます。 auスマホはじめるプログラムは現在、 auのガラケーを26ヶ月以上利用している人限定で月額料金が約2000円割引になるお得なキャンペーンです。 これによりauのスーパーカケホプラン+データ定額(1GB)の月額料金は約4000円と安くなります。 らくらくスマートフォン3の特徴としておサイフケータイ対応があげられます。 シニア向けの簡単スマホでは、おサイフケータイを搭載している機種は他にはなくらくらくスマートフォン3のみとなります。 おサイフケータイは主に通勤時のSuicaやコンビニ等の電子マネー払いとして活用することが可能です。 らくらくスマートフォン3では画素数はメインカメラ800万画素、インカメラ130万画素と他のスマホと比べると画素数は劣っていますが、ぶれずにキレイに取れる「ゼロシャッター機能」や「インテリジェントシャッター」機能などがありキレイな写真を撮ることができます。 また、auのbasi02と同じで本体側面にカメラ用のシャッターボタンが搭載されており横向きにすることでデジカメのような操作でカメラを使用することができます。 docomoでは、今までdocomoのガラケーを使用していた方がらくらくスマートフォン3へ機種変する際にお得なはじめてスマホ割(1520円割引き)というキャンペーンをやっています。 これを使うことで3600円ほどでらくらくスマートフォン3を使うことが可能になるので、 現在のdocomoのガラケーをしている人にオススメです。 デメリットは、様々なスマホアプリをダウンロードすることができるgoogle playを利用することができないということ。 LINEはdメニューからダウンロードすることが可能ですが、その他人気のアプリは使うことができないのでスマホに慣れてきて色々なアプリを使いたいと思ったときに大きなデメリットとなります。 バッテリー持ちを含めらくらくスマートフォン3はスペックがやや他の簡単スマホと比べると劣っています。 バッテリー容量は2100mAh、連続待受時間約480時間と低くバッテリー持ちは良くありません。 現在docomoのガラケーを使用している方は安く利用することができるらくらくスマートフォン3ですが、性能などを考えると2017年2月下旬発売予定のらくらくスマートフォン4を待つのがオススメです。 引用元: シンプルスマホ2はSoftBankで取り扱われているシニア向け簡単スマホです。 2014年11月28日に発売されたシャープ製。 月額料金は基本料含めて、 5000円〜8000円ほど。 シンプルスマホ2のメリット• 人気のアプリが標準搭載• 物理ボタンがある• パケットし放題フラット for シンプルスマホでお得に• シンプルスマホ2のデメリット• google play非対応• バッテリー持ち• スペックが低い シンプルスマホ2の軽量は132gと簡単スマホの中では最も軽く力のない人でも長い時間持っていても疲れづらい点が特徴の1つです。 また、auのbasioと同じく画面の下部に3つの物理ボタンが搭載されており、着信や新着メールがある場合に点滅してお知らせしてくれます。 シンプルスマホ2では、googleplayを使うことができないデメリットがありますが、購入時に既に入っているアプリに yahooニュースやyahoo天気などのヤフー関連の便利なアプリがあるが特徴です。 一方でらくらくスマートフォン3と同じく、発売時期が2014年と古いのでスペックが低くバッテリー持ちである連続待受時間も560時間と バッテリー持ちはあまり良くありません。 SoftBankでは、シンプルスマホ2のみ選択することができるパケットし放題フラット for シンプルスマホというシニア向けのプランがあります。 このプランであれば月額料金約5000円ほどとなるので SoftBankでシニア向けの簡単スマホを安く利用したい方にオススメです。 引用元: シンプルスマホ3は上記で紹介したシンプルスマホ2の後継機で2016年9月9日に発売されたシニア向けスマホです。 月額料金は基本料含めて、 6000円〜8000円ほど。 シンプルスマホ3のデメリット• バッテリー持ち• カメラ機能• 物理ボタンがある• シンプルスマホ3のデメリット• 値段が高い シンプルスマホ3はシンプルスマホ2の後継機として シンプルスマホ2のメリットを受け継ぎつつ、googleplay対応、バッテリー持ちなどのデメリットをなくした機種です。 発売日もシニア向け簡単スマホの中では一番新しくスペックも良くなっています。 一番のデメリットは料金が高いということ。 シンプルスマホ2では、シニア向けの割引プランのパケットし放題フラット for シンプルスマホを契約することが可能ですが、シンプルスマホ3ではシニア向けプランはなく、通常のスマホと同じプランを選択することになります。 それにより、他の簡単スマホよりも値段が高く安くても月々6000円ほどかかってしまいます。 料金で比較 シニア向けの簡単スマホはTONEモバイルからm15、auからbasioとbasio2、docomoかららくらくスマートフォン3、SoftBankからシンプルスマホ2、シンプルスマホ3が現在発売されています。 それぞれ機種代金は異なりますが、それに加えて基本プランによっても料金が異なります。 ここからは各機種を基本プラン毎に料金を見ていきます。 TONEモバイル• 端末代金:1341円• 基本料:1080円• 合計:2421円 TONEモバイルはキャリアの料金プランと比べてシンプルです。 値段は2421円と価格が安いですが、できることはインターネット使い放題、IP電話、メールと基本的なスマホの機能は使うことができます。 TONEモバイル利用できる機能の詳細についてはこちらをご覧ください。 IP電話かけ放題オプション:500円• 090音声オプション:953円 他にもいくつかオプションが用意されていますが、シニアの方の場合は上記の2つのオプションが特にオススメのオプションです。 オプションの詳細についてはこちらをご覧ください。 オプションを付けない場合:2421円• IP電話かけ放題オプションを付けた場合:2921円• 090音声オプションを付けた場合:3374円• 7GB 1通話あたり5分以内の通話が無料 使用できるデータ量:1GB〜30GB 通話が無料 使用できるデータ量:2GB〜30GB 1時〜21時までのau宛の通話無料 使用できるデータ量:7GB 1通話あたり5分以内の通話が無料 使用できるデータ量:1GB 合計 5522円 1GB:6192円 3GB:7596円 5GB:8460円 20GB:9540円 30GB:11700円 2GB:7920円 3GB:8676円 5GB:9540円 20GB:10620円 30GB:12780円 8388円 4118円 docomo らくらくスマートフォン3 カケホーダイプラン カケホーダイライトプラン カケホーダイプラン+はじめてスマホ割 端末代金 432円 432円 432円 spモード 324円 324円 324円 基本プラン 2916円 1836円 1396円 データ定額 0. 2GB:2160円 2GB:3780円 5GB:5400円 20GB:6480円 30GB:8640円 5GB:5400円 20GB:6480円 30GB:8640円 0. 2GB:2160円 2GB:3780円 5GB:5400円 20GB:6480円 30GB:8640円 できること 通話が無料 使用できるデータ量:0. 2GB〜30GB 1通話あたり5分以内の通話が無料 使用できるデータ量:5GB〜30GB 通話が無料 使用できるデータ量:0. 2GB〜30GB 合計 0. 2GB:5832円 2GB:7452円 5GB:9072円 20GB:10152円 30GB:12312円 5GB:9540円 20GB:10620円 30GB:12780円 0. 2GB: 4312円 2GB:5932円 5GB:7552円 20GB:8632円 30GB:10792円 SoftBank シンプルスマホ2 通話定額 通話定額ライト ホワイトプラン 端末代金 450円 450円 450円 インターネット接続サービス 324円 324円 324円 基本プラン 2916円 1836円 1008円 データ定額 1GB:3132円 2GB:3780円 5GB:5400円 20GB:6480円 30GB:8640円 1GB:3132円 5GB:5400円 20GB:6480円 30GB:8640円 パケットし放題フラット for シンプルスマホ(0. 5GB):3066円 パケットし放題フラット for 4G(7GB):6156円 パケットし放題 for 4G(7GB):2160円〜6156円 できること 通話が無料 使用できるデータ量:0. 2GB〜30GB 1通話あたり5分以内の通話が無料 使用できるデータ量:5GB〜30GB 1時〜21時までのSoftBank宛の通話無料 使用できるデータ量:0. 5GB〜7GB 合計 1GB:6822円 2GB:7470円 5GB:9090円 20GB:10170円 30GB:12330円 1GB:5742円 5GB:8010円 20GB:9090円 30GB:11250円 パケットし放題フラット for シンプルスマホ(0. 5GB): 4848円 パケットし放題フラット for 4G(7GB):7938円 パケットし放題 for 4G(7GB):3942円〜7938円 SoftBank シンプルスマホ3 通話定額 通話定額ライト ホワイトプラン 端末代金 1280円 1280円 1280円 インターネット接続サービス 324円 324円 324円 基本プラン 2916円 1836円 1008円 データ定額 1GB:3132円 2GB:3780円 5GB:5400円 20GB:6480円 30GB:8640円 1GB:3132円 5GB:5400円 20GB:6480円 30GB:8640円 パケットし放題フラット for 4G(7GB):6156円 パケットし放題 for 4G(7GB):2160円〜6156円 できること 通話が無料 使用できるデータ量:0. 2GB〜30GB 1通話あたり5分以内の通話が無料 使用できるデータ量:5GB〜30GB 1時〜21時までのSoftBank宛の通話無料 使用できるデータ量:0. 5GB〜7GB 合計 1GB:7652円 2GB:8300円 5GB:9920円 20GB:11000円 30GB:13160円 1GB: 6572円 5GB:8840円 20GB:9920円 30GB:12080円 パケットし放題フラット for 4G(7GB):7938円 パケットし放題 for 4G(7GB):4772円〜8768円 ここまで各社の月額料金を見ていきました。 様々なプランがありますが、大きく以下の3つに分けることが可能です。 通話をあまりしない人向け• 通話をする頻度は高いが、長電話はしない• 通話をする頻度が高く、長電話もする 通話をあまりしない人 通話をあまりしない場合、最も料金が安くなるプランはTONEモバイルをオプションなしで契約した場合の月々2421円となります。 TONEモバイルではなく、3キャリアの中でお得なプランを探しているという方には、以下がオススメです。 2GB)+はじめてスマホ割(月々4312円)• 同じくTONEモバイル以外の3キャリアの中でのプランでは以下がオススメです。 2GB)+はじめてスマホ割(月々4312円)• 2GB)+はじめてスマホ割(月々4312円)• 2GB)(月々5832円) 端末の性能で比較 TONE m15 basio basio2 らくらくスマートフォン3 シンプルスマホ2 シンプルスマホ3 キャリア TONE au au docomo SoftBank SoftBank OS Android 5. 1 Android 4. 4 Android 6. 0 Android 4. 4 Android 4. 4 Android 6. 0 CPU MediaTek MT6735 1. 3GHz クアッドコア MSM8974AB 2. 3GHz クアッドコア MSM8952 1. 5GHz クアッドコア + 1. 2GHz クアッドコア MSM8926 1. 2GHz(クアッドコア) MSM8926 1. 2GHz(クアッドコア) MSM8952 1. 2GHz(オクタコア) 画面サイズ 約5. 5インチ 約5インチ 約5インチ 約4. 5インチ 約4. 5インチ 約5インチ メモリ 2GB 2GB 2GB 2GB 1.

次の

ソフトバンクスマホユーザーはYahoo!プレミアムの特典が使い放題!

かんたん スマホ ソフトバンク

ドコモが2020年に3G回線のサービス終了を発表し、 3G携帯が使える期間も残り少なくなりました。 ドコモやau、ソフトバンクではスマホやガラホ 4Gガラケー へ機種変更を促す様々な割引やキャンペーンを行っていますが、やはりガラケーユーザーからすると スマホへ機種変更すると月額料金が結構高く付くのが気になりますよね。 そんな中注目したいのが、 一部の格安SIMで低料金でシニア向けのスマホを提供している事です。 以前では「格安SIM=難しい・上級者向け」というイメージがありますが、最近では初心者向けの格安SIMも登場し誰でも簡単に利用できるようになりました。 『シニア向け』大手キャリアでスマホデビューよりワイモバイルの方が遥かに安い! ドコモやau、ソフトバンクでスマホへ機種変更してしまうと、どうしても気になるのが料金の高さです。 例えばドコモで3G携帯を使っている人が、らくらくスマートフォンme F-01L へ機種変更した場合、月額料金は5,000円前後は掛かってきます。 そんな中、スマホの料金がドコモなど大手キャリアの半額くらいで利用できる「格安SIM」を聞いたことがある方多いと思いますが、中でも 『ワイモバイル』はシニア向けの機種やキャンペーンが多く、料金もかなり安いのでかなりお勧めです。 特にシニアの方の場合、大容量プランや最新超高性能スマホが必要なわけでもない事が多く、わざわざ割高な大手3キャリアで機種変更するよりも、格安SIMの方が合っているケースがほとんどです。 ワイモバイルではシニア向け機種『かんたんスマホ』を低価格販売している 格安SIMは2019年現在でも数百社あると言われていますが、シニア向けの機種やキャンペーンを行っている会社はほぼありません。 そんな中ワイモバイルにはシニア向けのスマホ機種『かんたんスマホ』と、60歳以上の方向けの『通話し放題キャンペーン』を行っており、料金も安いのでスマホデビューしたいシニア層にはこれ以上ない好条件と言えます。 また「かんたんスマホ」という機種名から想像しにくいですが、高性能で高耐久なので物持ちがいいです。 2mm ディスプレイ 約5. 0インチ HD TFT液晶 重量 約142g 電池容量 2,600mAh OS Android 8. 1 CPU MSM8937(オクタコア)1. なのでこの機種を購入し、契約時の年齢が60歳以上であれば、ワイモバイルの通話かけ放題オプション『スーパー誰とでも定額』がずっと無料で利用可能になります。

次の

60歳以上(シニア)必見!ワイモバイル『かんたんスマホ』デビューは安い?

かんたん スマホ ソフトバンク

利用できる! が、動作保証はしない。 調べるといってからの回答までの時間は長くなかったです。 ちょっと待ったぐらいです。 ってな感じかなぁと思いました。 このパターンは 通話はできても、モバイルデータ通信ができない可能性があります。 SIM単体契約のSIMとは違う それなら、SIM単独で契約するものと同じであれば使えるだろう、 「かんたんスマホ」とセット購入が必須なので、「かんたんスマホ」に入っているSIMと単体でSIMだけ契約するものと同じSIMかどうかの確認をしました。 同じであれば、問題ないので他の確認がいらなくなりますが、 問い合わせチャットのオペレーター曰く、単体契約のSIMとは違うものになると回答されました。 さらに、「全ての動作保証はいたしかねますということになります」を付け加えられました。 「nova 3」以外の機種で使えるか聞いても無駄っぽいのでここまでのやり取りで終了です。 ワイモバイルのかんたんスマホのSIMはSIMフリースマホで利用可能 某家電量販店のワイモバイル店員さんに確認したところ、ワイモバイルで扱っている端末のSIMフリースマホであれば、 『利用可能!』 と、教えてもらえました。 ソフトバンクのバンドが使えるのであれば利用できます。 対象機種(一部).

次の