ブラインド タッチ。 タイピング練習道場【無料ゲーム】ブラインドタッチの練習におすすめ!

ブラインドタッチの練習が楽しい!おすすめの無料ゲームを紹介

ブラインド タッチ

Contents• ブラインドタッチとは? 必要ないかもしれませんが、ブラインドタッチについて簡単に説明します。 説明は不要という方は、読み飛ばして『最速!ブラインドタッチ練習法』に進んでください。 ブラインドタッチは『キーボードを見ずに両手でタイピングする』技術です。 ちなみに、ブラインドタッチは和製英語で、英語ではタッチタイピングと言います。 日本人だけに通用する言葉ですので、海外の方と話す時は気を付けてください。 ブラインドタッチの重要性 デスクワークの仕事は、ほぼ間違いなくパソコンを使います。 ですからキーボードの入力にいちいち時間を要していたのでは、仕事が捗りません。 例えるなら、辞書を片手に調べながら英会話しているようなものです。 実際はそこまで酷くはないと思いますが、働き方改革が進んでいる中、仕事を効率化していくことはより重要視されています。 今やブラインドタッチは、デスクワークをする ビジネスパーソンにとって推奨スキルでなく、必須スキルと言ってもよいでしょう。 スキルアップのためにも、早めにマスターしておきたい技術です。 特にソフトウェア開発者(プログラマー、SE)では、かなりの年配者の方を除き、できない人を見たことがありません。 新入社員にも「ブラインドタッチできる?」と聞いたことさえありません。 ソフトウェア業界に就職、転職しようと考える方は、絶対にマスターしておきましょう。 若者でも出来ない人が増加中? ITスキルは、一般的に若い人の方が高い場合が多いです。 ただ、パソコン関係のスキルに限って言えば、スマホの普及によって低下してしまったとも言われています。 真偽の程はわかりませんが、大学生の卒業論文をフリック入力で書き上げたという猛者がいるとか!? 高校生はともかく、大学生はレポートの作成や、卒業研究・卒業論文の執筆などでパソコンを使う機会も多いです。 仮に苦手意識があったとしても、周りの学生に差を付けられないよう、就職後に困らないよう、ブラインドタッチは早めに身に付けてしまいましょう。 今後もキーボード入力はなくならない スマホのフリック入力は便利で使い易いです。 音声入力の認識技術も上がってきました。 でも、キーボードが新しい入力デバイスに置き換わるという気配は全くありません。 慣れてしまえば、最も効率がよく、長い時間続けられる方法だからでしょう。 成熟されたキーボード入力は、今後も変わらず必要となり続ける見込みです。 最速!ブラインドタッチ練習方法 初めに言っておきます。 ブラインドタッチは、 練習すれば誰でもできるようになります。 覚えることがたくさんある訳でもありません。 複雑な動きもなく、指で交互にボタンを押すだけです。 ピアノのように同時に違うボタンを押すなんてこともありません。 初めて自転車に乗れたときのように、練習すればすぐに上達します。 正直なところ、タイピングソフトは無くても大丈夫です。 日本語のキーボード入力には「ローマ字入力」、「かな入力」の2つがありますが、以下の理由から 「ローマ字入力」をお薦めします。 IDやパスワードの入力は英数字• 英字/英文を書く機会は多い• 慣れると脳内のローマ字変換は無意識(考えた文字が勝手に画面に入力されるようになる)• プログラミングは英数字(ソフトウェア開発者を目指す人は必須) これは子供であっても同様です。 将来はもっと英語を使うようになっているでしょうから、より強く推奨します。 さて、では練習開始です! といっても、いろんな段階の人がいると思います。 例えば、次のような。 ローマ字がよくわからない• キーボードの配列がわからない• 配列は大体わかるけど、見ないと押せない• 全部の指を使って押せない• ゆっくりだけど、頑張れば手元を見ないでできる ここでは、全くゼロからの練習方法を書きますので、もうできているところは飛ばして次に進んでください。 無駄な練習をして時間を無駄にせず、できないところを重点的に練習していきましょう。 ただ、一度に時間をかければいいというものではなく、毎日10分でいいので繰り返すことが効率よく習得するコツです。 では、技術者ココのプログラム塾を開校します! 事前学習:ローマ字を覚える 子供の場合、ローマ字自体よくわかっていないというケースも多いです。 ダイソー等の100円ショップで売っているローマ字シートを買ってきて、覚えてしまいましょう。 自分の名前をローマ字で書いてみるとか、ローマ字を読んでみるとかゲーム感覚にすると覚えやすいです。 ちなみに小学生の我が子は、マインクラフトで文字入力(ローマ字)したいということで、前述のローマ字シートを渡したら勝手に覚えていました。 Step1. ホームポジションを会得する どの指でどのキーを押すかは、明確に決まっています。 そのため、手を置いておく基本場所(ホームポジション)というものが存在します。 まずは、これを体感して確実に覚えます。 どのキーを押したとしても、必ずその位置に一旦戻る! これがブラインドタッチをするうえで、最も大切なことです。 人差し指のホームポジションとなる『F』キー、『J』キーは突起物が付いています。 これを手がかりに、手がずれてしまうことを防止します。 タイピングの心得• 各キーを担当する指は決まっている。 それ以外の指で押すのはNG! Step3. 五十音を習得する 次は日本語の入力を練習します。 日本語の50音には、母音である『あいうえお』が必ず入りますから、『a i u e o』にキーを度々押すことになります。 つまりは、これを確実にブラインドタッチできることが重要ということですね。 これができたら、『かきくけこ』から始まり、「さ行、た行、な行、は行、ま行、や行、ら行、わ行」 を入力できるようになりましょう。 か行なら、子音『k』+母音『a i u e o』とするだけですから、特に難しいことはありません。 濁点付きの「が行、ざ行、だ行、ば行」、半濁点付きの「ぱ行」も同様ですので、合わせてマスターしてしまいましょう。 拗音(きゃ、きゅ、きょのような小さい文字が付くもの)も、3文字入力となるという違いがあって少し戸惑うかもしれませんが、基本同じです。 キーを押す度にホームポジションに一旦戻ることも、忘れないでくださいね。 あ い う え お( a i u e o ) を入力する練習をしてください。 か き く け こ( ka ki ku ke ko )から始まって、さ行、た行、な行、は行、ま行、や行、ら行、わ行 を入力する練習をしてください。 濁点、半濁点付きの、が行、ざ行、だ行、ば行、ぱ行を練習してください。 拗音の、きゃ行、しゃ行、ちゃ行、にゃ行、ひゃ行、みゃ行、りゃ行、ぎゃ行、じゃ行、びゃ行、ぴゃ行を練習してください。 拗音については、使う機会は多いものではないですから、なんとなくできればOKとして、Step4に進んでしまいましょう。 使っていくうちに段々とできるようになっていきますので。 Step4. 単語・文章の入力 一文字ずつの入力ができるようになっていますから、あとは単語、文章単位での練習を繰り返すだけです。 その前に、大切なポイントがあります。 それが、BackSpaceキー、Spaceキー、Enterキーの使い方です。 これらは、タイピングソフトでは練習することができません。 ほとんどのタイピングソフトは、• 打ち間違えたら消す• 変換する• Enterを押す という日本語入力で必要とする動作を省いているからです。 ですが、ブラインドタッチをする上で必ず覚えなければならない大切な動きになります。 Enterキー 日本語入力を確定させるときに押すキーです。 右手の『小指』を使います。 ここまでできたら、あとは繰り返し単語・文章の練習を繰り返すのみです。 タイピングソフトを使う方法も良いですが、最速!でブラインドタッチをマスターするためには、別の方法をオススメします。 タイピングソフトの多くは、先に説明した通り、BackSpaceキー、Spaceキー、Enterキーの練習ができません。 また、画面に単語・文章が出てきて、それと同じを文字を入力をする形になりますが、これって実際の使い方には即しません。 画面の文字を見て理解するっていう部分が邪魔になってしまうんですよね。 タイピングソフトは自分の実力を確認する、遊び感覚で楽しむという使い方をするとよいでしょう。 実際に仕事やレポート作成でブラインドタッチをするときは、頭に浮かんだ文章を入力することになりますので、それに近い形で練習した方が上達が早く、すぐに実戦で使えます。 昔であれば、チャットをすることが楽しみながら上達できる一番の方法でした。 Lesson4 手元を見ないで、次の練習をしてください。 BackSpaceキー、Spaceキー、Enterキーを押して、指の動きを体感して覚えてください。 押した後にホームポジションに戻ることも忘れないでください。 テレビや音楽を楽しみながら、聞こえてくる単語・文章の一部をタイピングしてください。 Step5. 数字の入力(任意) 数字についてはテンキーで入力するという人もいますから、必要に応じて練習してください。 数字キーも押す指が決まっていますから、それを覚えて実践するのみです。 指の動く距離が長くなるという、やりにくい部分がありますが、ここまでで英字を押すことができるようになっていますから、比較的簡単に覚えることができるでしょう。 キーを押す度に、ホームポジションに戻ることもお忘れなく。 手元を見ながらでいいので、全部の数字キーを担当する指で順番に押していって、指の動きを体感してください。 手元を見ないで、全部の数字キーを押す練習をしてください。 最後に タイピングに大切なのは繰り返しです。 毎日10分でいいから繰り返していくことで、すぐに上達します。 ブラインドタッチは、完全にマスターすると言葉を話すように、何も考えずタッチできるようになります。 どこを押そうという意識はなく、頭で考えてことがそのまま勝手に文字入力されている感覚です。 そこまで行かなくても、画面を見ながらキーボードを使えるようになると作業効率は大幅にUPします。 何をするにも役立つ便利なスキルですから、是非習得してくださいね。 ブラインドタッチ習得後に気を付けたいポイント ブラインドタッチをマスターした人が気を付けたい点、それはハードパンチャー化です。 素早くタイピングしようとすると、どうしても力強くキーを押してしまいがちです。 自分は気にならないものですが、周りの人から「うるさいなぁ」と思われてしまうこともあります。 特にEnterキーだけ勢いよく、叩きつけるように押す人。 かなり嫌がられているかもしれません。 キーボード自体、押したら音がするものですからある程度は仕方ありませんが、周りに人がいる場合には、あまりうるさくなりすぎないよう優しくタイピングするのも大切なことです。 おすすめのタイピングソフト タイピングソフトを使わない練習方法をご紹介しましたが、自分の実力確認に使ったり、飽きやすい子供に教える場合にはタイピングソフトは役立ちます。 次のタイピングソフトはなかなかいいです。 興味のある方は、試してみてください。

次の

ブラインドタッチは本当に必要か?(必須)

ブラインド タッチ

タイピングする時は絶対に手元を見ない• ホームポジション指の置き位置を覚える• 卵を持つ様に丸めてに垂直にタイピング• タイピング時は常にアンカーキーを残す• 常にホームポジションに戻す癖を付ける• 地道なタイピング反復練習を継続する事• 無理な早打ちはせずに正確性を重視する• 打ちやすい高級キーボードにも投資する 別記事でも同じ事は繰り返し述べてきていますが、上にまとめた8つ以外に特別なことは無いと思っています。 また、最初は高級キーボードに買い替えてまでデバイス機器に投資はしなくても良いと思います。 ところで、今現在の状態よりもタッチ・メソッド( やり方 )が上手くなる「 上達 」と、実際にタッチタイピングをマスターできた状態の「 修得 」は、意味が違います。 しかしながら例えば「 ミス無しでWPM値( 1分間に打ち込んだ英数字キーの入力文字数 )が、いくつ以上なら修得 」と言うような、 「 この数値なら合格 」という明確な基準値は、ないです。 ですから、イータイピングの スコアで209以上かつ、WPM値が200~250くらいのタイピング速度ならば、「 ブラインドタッチを修得マスターした 」と言っても差しつかえないですね。 私は、2020年3月31日現在「 Good! 」レベルのスコア284がエタイ最高記録ですが、さらに上のランク一覧は下図の通りです。 ちなみに、Wiki情報では「 運指習得の期間は、おおむね1週間 」と記されていますが、私は1年2ヶ月もかかりました。 では次章から初心者がタッチメソッドを上達させてマスターするコツを、ひとつ一つ詳しく解説して参ります。 スポンサードリンク タイピングする時は絶対に手元を見ない あなたが、タッチタイピングを修得マスターしたいのであれば、まずは「 絶対に手元を見ないで打つ 」事が何より大切ですね。 「習得していてよかった!」と思うのは 『タッチタイピング』です。 これが今、仕事のスピードをあげるのに ものすごく役立ってます。 おかげで、睡眠時間や遊ぶ時間も足りてます。 そもそも、脳の中で使う部位が同じタイプ作業でも異なるからです。 よく言われるのが、「 ついつい手元を見てしまう 」クセが有るのなら、「 ハンカチを手にかけて隠しましょう 」という方法です。 卵を持つようにして丸く置くことで、指がキーボードに対して垂直に下ろせるので、タイピングしやすいメリットがあります。 ただ、体や手や指のクセが一人ひとり違うように、人によってやりやすい方法は有るわけで、ここはお好みで良いかなと。 🙌しかしながら、まだまだ!精進努力が必要ですね。 アンカー( Anchor )とは、その名の通り船などを動かないように固定させる「 いかり 」の意味。 つか、本音を言えば1本の指を残すだけでも、特に右手の小指とかは動きが制限されるので、「 ぐぎぎぎぎぎぃっ! 」という感じになります。 特にキツイのが左手小指で「 z 」キーを打つ時は他の左手指をアンカーキーに残す工程だけで下手したら1秒くらい時間が、かかります。 さらに、アンカーキーに指を置いた状態で「 mo 」キーが、スムースに打つことが出来ません。 私は、 タッチタイピングの反復練習を始めた2017年当時から、このアンカーキーの概念は知ってはいたのですが、いかんせんメチャクチャ打ちづらくなるので敬遠していたんですよね。 しかしながら結局は常にアンカーキーを置くようにしないと、タッチタイピングする時に軸がズレるので、タイプミスにつながるのです。 アンカーキーを意識せずとも軸点がズレない器用な人なら良いのですが私はそうではないので、かならず残すように心がけていますが。 とはいえ私の場合、アンカーキー以外にホームポジション上に置いている全ての指が打鍵時に、つられて同時に下方向に動いてしまうので他の無関係なキーを押してしまい、タイプミスに繋がっています。 特にひどいのが「 mo 」や「 ko 」打ちの時で アンカーキーを残すと、右手の小指も同時に下に沈んでしまい「 ; 」( セミコロン )キーを誤打してタイプミスになるのです。 よく「 才能が無いのなら人の3倍は努力すべし 」と言いますが私の場合、タッチタイピングに関しては人の3倍やっても追い付けないほど壊滅的に上達が遅いです。 実際にリアルのパソコン教室などに通って他人と比べたわけではないですが、実感として他者の10倍ぐらい努力して、やっと人並みになれた感じがしますね。 😊 🙌エタイSレベル2連チャンは初です、きっと。 とはいえ、こんな不器用な私でも、ブラインドタッチは修得マスターが出来たので本稿記載の正しい練習方法で継続することが大切ですね。 無理な早打ちはせずに正確性を重視するべし 😅よ~うやく出た、イータイピングの 「 」 の自動コメント文。 🙌このコメントに触発されて、早打ちに 挑戦すると、普通に最低ランクのEランクが ビシバシ出る羽目になる。 別にタイピングの無料ソフトのみでなく普通に文字を打つときでも早打ちを意識すると、グチャグチャな惨憺( さんたん )たる結果と、あいなります。 ですから最初から速さを狙うのではなく、あくまでも「 正確性を重視 」すべきなのです。 よく「 正確性が身に付けば、タイプスピードも自然に速くなる 」と主張される方がいますが私自身、実際に3年近く続けた実感として決してそんなことはないです。 ブラインドタッチで「 打鍵の無意識化 」を目指して挑戦中の、アラフォー男のタッチタイパーです。 長年の練習量の割には恐ろしいくらいに上達できません。 「 タッチタイピングは初心者から始めて2週間から1ヶ月くらいでマスターできる 」 ってー定説を根底から覆し、約1,000万打鍵もの反復練習量を1年2ヶ月の歳月をかけて、ようやく「 修得マスター 」できた現実を、この身を以て証明する結果と、あいなりました。 ( 笑 ) キーボードを見ずに文字を入力する「 タッチメソッド 」の反復練習は3年近くも継続しており、概算ですが総入力文字数は約3,000万打鍵前後に。 しかしながら反復練習量が、ほとんど成果に反映されないばかりか、上達が止まる上に一度覚えた各キー配列の位置関係と距離感を指運動が忘れる「 退行現象 」にも悩まされています。 基本的に手先は不器用ですが、いまだに不慣れな要因は他にも有ると感じています。 タッチタイピング( 旧名ブラインドタッチとも )の練習を本格的に始めたのが、2017年の5月から。 本腰を入れてタッチタイピングの練習を開始してから2019年12月現在で2年半が経ちますが、今後も今だにマスターできていない指運動が自然に動くようになる 「 打鍵の無意識化 」を目指してコツコツと精進努力を継続して参りますよ~。 Googleが広告のクッキーを使用することに拠りユーザーであるあなたが、そのサイトや他のサイトにアクセスした際の情報に基づいGoogleや、そのパートナーが適切な広告をユーザーである、あなたに表示できます。 あなたは、にアクセスすれば、パーソナライズ広告に使われる第三者配信事業者のCookieを無効に出来ます。 第三者配信事業者や、広告ネットワークの配信する広告が、当サイト「 我流タイピングを矯正しタッチタイピングの修得を 」に掲載されます。 対象となる第三者配信事業者や、広告ネットワークの適切なウェブサイトへのリンクを掲載します。 に、アクセスすれば第三者配信事業者が、パーソナライズド広告の掲載で使用するCookieを無効に出来る事を、ここに明示します。

次の

ブラインドタッチ数字や特殊文字の入力

ブラインド タッチ

『;』 ホームポジションから始まって、打ち終わったらホームポジションに戻ってくる。 全てのタイピングはホームポジションからスタートする大事な指の位置になりますので、ここで覚えておきましょう。 各指の動かし方 ホームポジションが出来たら次は、それぞれの指の動かし方を見ていきます。 右手、左手それぞれのホームポジションから基本的には上下に指をスライドします。 やや、斜めにスライドするので最初は違和感があるかもですが、慣れるとスラスラ〜っとタイピングできるようになりますので意識しながら練習しましょう。 最初は速く打つことより、正確に打ちこむ事が重要 ブラインドタッチ(タッチタイピング)ができると文章を速くタイピングできるイメージないですか?? 確かに速く打つ事ももちろん大切なのですが、 最初の段階でスピードを意識し過ぎると基本の指の位置がおろそかになってしまいます。 基本がしっかりしてると徐々にスピードも速くなっていきます。 ですので、焦らず正確タイピングし、少しずつマスターしていきましょう。 継続する事が一番の近道 ブラインドタッチに必要なのは、 『慣れ』です。 キーボードを一切見ないでタイピングするので当たり前ですが、感覚を掴まないと上達はしないです。 例えばバスケのシュートの場合、リングまでの距離や高さ・力の入れ具合など全てが 感覚ですよね?? 何回も反復で練習して身体に 感覚を覚えさせる事で、シュート率が上がっていきます。 ブラインドタッチ(タッチタイピング)もこれと同じで 継続する事で感覚が付いてくるイメージです。 継続するためのコツをまとめた記事もあるので、気になる方は合わせて読んでみてください。

次の