パグ 散歩 注意点。 パグ・ブリーダーズ|パグ飼育上の注意点

犬の避妊手術後に、飼い主が注意するべき点をまとめました。

パグ 散歩 注意点

この記事でまとめたこと• パグの歴史は? パグは紀元前400年頃の中国において、すでにペットとして飼育されていたとも言われるとても歴史の古い犬種です。 17世紀にオランダの東インド会社がヨーロッパにパグを伝えたことにより、ヨーロッパ各地の王侯貴族に認知されるようになりました。 その後はアメリカをはじめとした世界各地で人気となり、1885年にアメリカンケンネルクラブに公認されています。 さら遡ると、パグの祖先はチベットの僧院で飼育されていたマスティフ系の大型犬だと推定されています。 チベタン・スパニエルやペキニーズとの交配を重ねるうちに小型化したといわれています。 パグが日本に入ってきたのは20世紀、1900年代前半です。 それ以降、国内においても愛玩犬として広く知られるようになりました。 名前の由来 パグの名前の由来は、ラテン語で「握り拳」を意味する「pugnus(パグナス)」から、または、中国語で「いびきをかいて眠る王様」を意味する「覇歌(パー・クー)」から、古い英語で「優しく愛されるもの」からきているなど諸説あります。 また、パグは各国で様々な名称で呼ばれています。 オランダでは「モプスホンド」、ドイツでは「モプス」、イギリスでは「ダッチ・パグ」「チャイニーズ・パグ」などです。 品種名がついた犬は一般的に原産国での名称を尊重して呼ばれていますが、パグは国ごとで付けられた名称で呼ばれています。 パグの性格は? パグは額にある縦のシワと真ん丸とした大きな目が特徴的です。 明るくて陽気 パグの性格は明るくて陽気です。 落ち着いた性格から、比較的飼いやすい犬種といわれています。 極端な寂しがりやではないので、留守番のできる犬といえます。 穏やかでのんびり 攻撃的な性格はなくのんびりとしているので、室内犬向きの犬種ともいわれています。 小さなお子さんのいる家庭でも一緒に生活できるため、赤ちゃんの良きパートナーにもなるでしょう。 頑固でプライドが高い その愛くるしい見た目とは裏腹に、独立心旺盛で自分の意思を通そうとします。 食べ物に対する執着心が強いこともあります。 おやつや人間の食事をたくさん与えていると、普段与えているドッグフードなどを食べなくなる恐れがあります。 多少頑固でプライドの高い一面もありますが、幼犬期から威厳をもって根気よくしつけてあげれば、聞き分けのよい理想的なパートナーに育てることができますよ。 友好的 パグは飼い主や家族だけでなく、知らない人や他の犬など、誰に対しても一緒に楽しく遊ぼうとする友好的な性格も持ち合わせています。 あまり吠えず、人懐っこい性格なので番犬には向いていないともいえます。 飼い主を喜ばせるのが好き パグはその頑固な性格からきついしつけをしてしまうと拗ねてしまい、逆にしつけをしづらい状態になってしまうことも。 一方で、パグは飼い主を喜ばせることがとても好きな愛情深い性格の持ち主です。 しつけをした後に、パグをほめてあげる時はすこし大げさに喜んであげてみることをおすすめします。 さっきまで拗ねていたパグが喜んで愛嬌を振りまく姿が見られるかもしれませんよ。 パグの体高• フォーン、ブラック、シルバー、アプリコット パグの体高は25~28cmで、体重は6. 5~8kgです。 愛嬌のあるぺちゃんこ顔が特徴的で、多彩な表情で飼い主を癒してくれますよ。 垂れた耳、しわが寄った額、鼻先が短い顔立ちがパグの特徴です。 耳は前に垂れたボタン耳と短く巻いたローズ耳があります。 鼻先が短いので呼吸が浅く、いびきをかきやすいです。 ただ、いびきが激しいと苦しい場合があるので注意してくださいね。 また、パグは他の犬種と比べて、睡眠時間が長い傾向にあります。 あまりに長い間寝ていると病気の可能性もありますので、こちらも注意してください。 パグの毛色は? パグの被毛カラーは「フォーン」「ブラック」「シルバー」「アプリコット」の4色がJKC(ジャパンケネルクラブ)で認められています。 日本での人気カラーは「フォーン」と「ブラック」です。 ブラック以外の個体では、マズルやマスク、耳、頬、前頭部などに黒が入る個体が多いです。 後頭部から尾にかけて黒い線があり、「トーレス」と呼ばれています。 他に「ホワイト」もありますが、JKCではスタンダードとしてまだ認められていません。 被毛カラーは違っても、基本的な性格に違いはありませんよ。 パグの飼い方は? パグの被毛は短く滑らかなので、比較的手入れは簡単です。 ただ抜け毛はあります。 暑さ対策や皮膚病ケアのためにも定期的にブラッシングをするようにしましょう。 体臭は少ない犬種ですが、運動後には適温に蒸したタオルなどで体を拭いてあげましょう。 皮膚を清潔に保つことがポイントです。 関連記事 パグの飼い方の注意点は? パグは、暑さ寒さに弱いので、室内の温度管理に注意してあげてくださいね。 体の面では、垂れ耳と、特徴的な顔のしわに汚れがたまりやすく、皮膚病になりやすいといわれています。 また、目が大きいため、眼球表面に傷が付きやすく、目やにも出やすいです。 食欲旺盛で肥満になりやすいので、食事の面にも注意が必要です。 子犬期 パグは遺伝性疾患が多い犬種です。 子犬を探すときには信頼のおけるブリーダーを探すところから始めましょう。 両親、兄弟がかかったことのある病気を知ることが大切です。 ワクチンの接種も子犬期のイベントです。 接種後10日ほどは他の犬との接触を避けるために室内で過ごすようにしましょう。 パグは目の露出が大きい犬種です。 眼球が傷つかないように危険物がないか注意することも必要です。 成犬期 成犬期に気をつけることは繁殖です。 パグは頭が大きい犬種ですので、帝王切開になるケースが多いです。 繁殖を考えていないのであれば、若くて体力があるうちに去勢手術を済ませておきましょう。 パグは麻酔が聞きにくい犬種でもあります。 高齢になればなるほど、手術のリスクが高まるの注意しましょう。 高齢期 高齢期に注意すべきことは体重管理です。 高齢になるにつれて運動量が落ちますので体重が増えやすくなります。 与えるドッグフードの量は気にかけるようにしましょう。 また加齢によってドライアイになるリスクも高まります。 気にかけてあげましょう。 パグのしつけ方は? パグの性格を考慮したしつけ方を知っておくことが大切です。 具体的には、善悪のけじめをはっきりして、すぐ褒める、叱ることを意識してください。 例えば、トイレを正しい場所でしたら、すぐに褒めてあげます。 もし間違った場所でしてしまっても、しっかり意味を理解するタイミングで叱るようにしましょう。 また、褒めてあげられるような状況を作って導くことも大切です。 もし、噛みちぎることが気になるのであれば、なるべく部屋から不要なものを取り除いてあげましょう。 パグは吠える? パグは、「嫉妬」「やきもち」で吠える傾向があります。 吠えたところを叱るのではなく、なるべくスキンシップをとって吠えにくい状況を作ってあげましょう。 パグのお手入れは? パグは短毛の犬種なのでトリミングが絶対に必要なわけではありません。 ただ、日々のスキンシップのためにも毎日ご自宅でブラッシングしてあげるといいですよ。 マッサージをするように優しくブラッシングすることが、ポイントです。 毎日スキンシップを行うことで、パグの体の変化についても敏感に察知することができます。 シャンプーや爪切りもブラッシングと同様にスキンシップの手段になります。 定期的にご自宅で行うことをおすすめします。 ニオイ対策 パグの顔にはシワがあります。 シワの部分は空気に触れにくいので、蒸して細菌が繁殖しやすいです。 シワのケア、シャンプー、耳掃除、歯磨きを定期的に行うことをおすすめします。 ニオイ対策1:カンファペット カンファペットは、ニオイの原因を元から分解・消臭するタイプの消臭剤です。 強力な除菌・消臭力を兼ね備えていますが、使われている成分は「次亜塩素酸ナトリウム」「酸性剤」「純水」だけなので、万が一ペットの目や口に入っても安全です。 小まめなケアをしているけど、ふとしたときに愛犬のニオイが気になる。 そんな悩みを抱えている飼い主さんにぜひ使ってもらいたいアイテムです。 パグの寿命• パグは病原菌に弱い体質なので、感染症などに特に気をつけたい犬種です。 免疫力をあげるためにも適度な運動とバランスの良い食事を心がけてあげてくださいね。 「壊死性髄膜脳炎」に特に注意が必要で、別名「パグ脳炎」ともよばれています。 突然神経症状が現れるのが特徴です。 遺伝性疾患ではないかといわれていますが原因は不明です。 発症する可能性は非常に低いですが、親兄弟含めて、パグ脳炎の遺伝子を持っていないか確認してみてください。 パグの気をつけたい病気は? 壊死性髄膜脳炎 パグに起こりやすい病気として「壊死性髄膜脳炎」があります。 「パグ脳炎」とも呼ばれ、突然痙攣を起こして、倒れます。 パグ以外の犬種でも発症することもありますが、パグの場合、重症化しやすく、後遺症も残るケースが多いです。 症状としては、「てんかん」と似ていますが、ふらつき、旋回、傾斜などが出るケースもあります。 パグ脳炎は短い期間で進行してしまうケースが多く、発症して、数日から数週間で亡くなってしまいます。 原因は解明されていないので、ステロイドや抗けいれん剤を使用して対処療法的に行うことになります。 水頭症 水頭症は子犬時期から発症するパグに多い病気のひとつです。 症状は、おとなしい、ぼーっとしているなどがあります。 パグはもともと穏やかな性格ですので、気づきにくいので注意が必要です。 症状が進行すると、歩き方に違和感が出たり、急に鳴き出す、怒りっぽくなるなどの神経症状が出てきます。 事前の対策はありませんが、疑わしい症状が出たらすぐに病院に行くようにしましょう。 気管虚脱 気管虚脱は、気管が潰れてしまい空気が通りにくくなる病気です。 呼吸音が大きくなり、違和感を感じたら気管虚脱の疑いがあります。 症状が出たら、すぐに病院につれて行くようにしてください。 また肥満の場合、呼吸に負荷がかかりやすくなるので体重管理に気を配るようにしましょう。 目の病気 パグは目の病気も気をつける必要があります。 例えば、眼圧が上がって目が充血したり角膜にむくみが出てしまう「緑内障」があります。 「緑内障」は痛みが出ますので、パグがやたらと顔面を気にし出した時、まぶたがけいれんした時、涙を流した時、頭を撫でた時に痛がっている場合は注意が必要です。 早期発見が重要な病気ですので、上記の症状には注意を払うようにしましょう。 「緑内障」は遺伝性の病気でもありますので、飼う時にブリーダーに確認をしてみることも大切です。 パグにおすすめのドッグフードは? モグワンドッグフード パグにおすすめのドッグフードは「モグワンドッグフード」です。 粒が小さいので、飲み込む力が弱い子犬やシニア犬にも食べさせてあげることができます。 栄養バランスが整っているだけでなく、香料・着色料不使用なのも嬉しいですね。 健康なパグの3条件• エサをよく食べる• 活発に動く• 清潔である パグに限らず、ペットには健康な犬を迎えたいですよね。 健康なパグの見極めるためには「エサをよく食べる」「活発に動く」「清潔である」の3点に注目してみてください。 エサをよく食べる エサをたくさん食べるのは健康な証拠です。 ペットショップでエサを食べている瞬間をみられなかった場合は、再度見学にいくのもおすすめです。 食欲があり、良くエサを食べるパグは健康な個体といえます。 活発に動く 実際に抱っこさせて確かめることがおすすめです。 活発さは見ているだけでもある程度確認できますが、触らせてもらえれば「清潔さ」も一緒に確認できますね。 清潔である 主に目や鼻の汚れがないかを確認して、口の中をみます。 口は臭いがきつくなく、噛み付かずに口を開けてくれるパグは、十分清潔といえます。 その他にも、外見も子犬の選び方のポイントとされています。 体型がガッチリしており、脚がO脚、X脚になっておらずまっすぐかどうか、また、しっぽは根元が太くお尻の上にしっかりついているのが健康とされています。 ブリーダーから譲り受ける場合も同じポイントをチェックして健康なパグを見極めてみてください。 時々甘噛みとはいえない強さで噛み付く子犬もいますが、 パグの噛み癖はなかなか治らないので気をつけてください。 ワクチンの接種が済んでいるかも確認してくださいね。 関連記事 パグのブリーダーはどこにいる? パグのブリーダーを選ぶポイントは「豊富な実績があるかどうか」です。 日本最大級のブリーダーサイト「ブリーダーワン」でも探すことができますし、東京、大阪などでも有名なブリーダーを探すことができます。 パグの里親は募集している? 無責任な飼い主による飼育放棄だけでなく、脱走や保健所に収容されていた子など様々な理由で多くのパグが里親を募集しています。 里親募集の情報はインターネットなどで提供されているため、インターネットを使用すれば日本全国で里親を募集している犬を見つけることが出来ますよ。 里親募集のサイトやレスキュー隊などのサイトを見てみてくださいね。 パグのかわいい画像まとめ! 色々な表情のパグ 笑顔も見せてくれます。 パグのミックス犬は? チワパグ チワパグは、チワワとパグから生まれたミックス犬です。 愛らしい表情の世界最小といわれるチワワと人間味ある顔立ちのパグの特徴をしっかりと受け継いでいる人気の犬種ですよ。

次の

パグの特徴と性格。おバカって本当!?寿命はどれぐらい?!【しわくちゃ可愛い】

パグ 散歩 注意点

待望の愛犬を迎えたけれど、散歩について悩んでいる方は多いかもしれません。 特に、初めて犬を飼う方は色々と不安もありますよね。 今回は、人気の小型犬について、最適な散歩の仕方や散歩デビューのタイミングなど、散歩をする上で知っておきたいポイントをご紹介します。 小型犬に散歩は必要? 「小型犬に散歩はいらない」と言われることがありますが、小型犬にも適度な運動は必要です。 室内の運動で適切な運動量をまかなえる犬もいますが、散歩は、ストレス解消や心身のリフレッシュ効果などのメリットが多く、日課にすることで愛犬が精神的に落ち着いて生活できるようになります。 また、散歩中に様々な人や動物、物と接することで社会性が育ち、人や他の犬と楽しくコミュニケーションを取ることができます。 毎日の散歩を通して、飼い主さんとの信頼関係を深めることもできます。 色々な犬と遊び、触れ合うことで、社会性を育て、ストレス解消に。 散歩のならし方やデビューのタイミングは? 散歩時のトラブルを防ぐためにも、基本の知識はしっかりと覚えておくと安心です。 ワクチン接種前はワクチンで予防可能な感染症への免疫ができていないので、外を歩かせないようにしましょう。 子犬の場合、1回のワクチン接種では、免疫を作ることが難しいため、本来複数回に分けてワクチン接種を行います。 散歩デビューは最後のワクチンを接種してから免疫が出来る2週間後がベストです。 犬を迎えてから、動物病院で健康診断を行い、ワクチンの接種状況を伝えることで、お散歩デビューまでの目安が分かるので、相談しましょう。 生後6〜8週は犬の社会性がもっとも育つ期間です。 ワクチン接種前でしたら、周りの物に触れることは避けるべきですが、この期間は抱っこの状態で連れ出し、外の世界の楽しさを感じてもらうと良いでしょう。 ワクチンについて、詳しくはをご覧ください。 ワクチン接種が終わったら、いよいよ散歩デビューです。 いきなり外に出すのではなく、順を追って愛犬を散歩にならしていきましょう。 ・首輪やリードになれさせる おやつを与えながら首輪やリードを見せ、首輪やリードに良いイメージを持たせます。 実際に装着して部屋の中を歩いて、犬が自分の足元についてきたらおやつを与えます。 タイミング良く褒めたり、おやつを与えたりすることで、首輪やリードへの抵抗感をなくしていきます。 ・最初は抱っこの状態で外になれさせる 首輪やリードを嫌がらなくなったら、次は抱っこの状態で外に出ます。 いきなり地面を歩かせると、犬自身がどうしていいのか分からず、動かなくなったりパニックを起こしてしまう場合もあります。 まずは抱っこの状態で近所を1周し、外の世界に慣れさせます。 慣れてきたら家の近くでそっと降ろし、歩かせて帰宅すると良いでしょう。 犬の正しい抱っこの仕方については、をご覧ください。 ・ベランダや庭などで様子をみる まだ公共の場に出るのが不安な時は、ベランダや庭に出してあげても良いでしょう。 ベランダや庭なら、人や車の往来を怖がったり、他の犬から吠えられるなど怖い思いをしなくて済むことで、散歩への恐怖心が生まれずに、外の刺激に触れる良い機会になります。 小型犬の散歩の適切な距離 小型犬に適した散歩の距離は、1回あたり1〜2kmほどです。 基本的に散歩は毎日2回、なるべく食前のタイミングを選ぶと良いでしょう。 食後の場合、胃捻転や胃拡張のリスクが考えられるので、食休みとして1〜2時間ほど時間をおいてからにしましょう。 また規則正しく、いつも決まった時間に食事を与えたり、散歩へ行っていると、遅れた時のストレスを犬が強く感じて要求吠えをするようになる場合もあります。 その場合は、散歩へ行く時間を、わざとランダムなタイミングにすると良いでしょう。 小型犬は地面に体が近いので、地面にたまった熱に注意しましょう。 犬種別の散歩量とは? 基本的な小型犬の散歩時間については、20分〜60分の間が理想的です。 ただ小型犬といっても、体のサイズや運動量は犬種ごとに違います。 小型犬の中でも、番犬、狩猟犬、牧羊犬など目的として改良された犬種は、愛玩犬として改良された犬よりも散歩時間を長めに取ると良いでしょう。 以下に、主な小型犬種ごとの理想的な散歩時間をまとめてみました。 ・愛玩犬として改良された犬種(20分〜30分) チワワ、シーズー、パピヨン、狆、パグ、ペキニーズ、マルチーズ、チベタン・スパニエル、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルなど。 ・番犬として改良された犬種(30分〜40分) ポメラニアン、日本スピッツ、柴犬、フレンチブルドックなど。 ・牧羊犬、使役犬、猟犬として改良された犬種(40分〜60分) トイ・プードル、コーギー、ミニチュア・シュナウザー、ミニチュア・ピンシャー、テリア系(ヨークシャー、ケアン、ジャックラッセル、ボストン、ノーフォーク、スコティッシュ、ワイアー・フォックス、日本テリアなど)、ミニチュア・ダックスなど。 犬種だけではなく、犬の年齢や体調、持病や性格によっても適切な散歩時間は変わります。 散歩の回数や距離を決める時は、犬の様子をよく観察しながら、適正な距離を見つけましょう。 小型犬と散歩する時の注意点 エチケット袋は、手を汚すことなく拾えるビニール袋タイプが便利。 ここでは、小型犬と散歩する時の注意点を3つご紹介します。 散歩時のマナー 犬の散歩では、守らなければいけないマナーやルールがあります。 ノーリードでの散歩やうんちの放置はもちろん、衣服を汚してしまったり、怪我をさせる可能性があるので、人に飛びつかないようにコントロールするのも大切です。 さらに屋外で愛犬がうんちをした場合は、持ち帰るのがエチケットです。 必ずうんち袋(エチケット袋)は持ち歩きましょう。 また水入りのペットボトルを持ち歩き、散歩の途中で、水を飲ませてあげられるようにしてください。 ペットボトルは、犬が電柱などにおしっこをした場合に、水をかけて洗い流す時にも使えます。 屋外でのブラッシングは周囲に毛が飛んでしまうので、やめましょう。 散歩の時間帯 快適に散歩を楽しむため、夏は涼しい早朝や夕方、冬は暖かい日中が良いでしょう。 さらに天気予報や気温を見て、その都度決めるようにします。 夜間の散歩は、車から見えやすいように首輪やリードにライトを装着しましょう。 犬が散歩を嫌がる場合 無理をせず、別の日に行くようにしましょう。 散歩中に犬が動かなくなってもリードを引っ張ったりせず、犬が自分で歩き出すまで待ちましょう。 正しい散歩の方法を知って、楽しい散歩を 散歩は愛犬との大切なコミュニケーションの一つです。 散歩のマナーやルールを守ることで、愛犬と素敵な散歩を楽しむことができるでしょう。

次の

パグが喜んでしまう正しい散歩の仕方とは?

パグ 散歩 注意点

飼育に必要なものと費用 まずは首輪を買ってあげましょう。 散歩に行くリードと、首に負担がかからないようにハーネスもあるといいでしょう。 首輪・ハーネス・リードの3点セットで、3000円位で手に入るものもあります。 ケージとトイレ、トイレシートも必要です。 ケージは4000~10000円で、トイレが付いているケージもあります。 トイレは3000円前後で、トイレシートは100枚前後で1500円位です。 ごはんの食器はステンレスがお勧めで、手ごろなものは500円位から購入できます。 水を飲むための給水機は、あると便利です。 価格は1000円位です。 シャンプーとブラシも必要です。 どちらも1000円前後で購入できます。 また、パグは寒さに弱いので、防寒のための洋服があるといいですね。 そして、ストレス解消のためのおもちゃも買ってあげましょう。 色々併せて、 最初にかかる費用として2~3万円は用意しておくと良いでしょう。 餌代 パグの一日のえさの量は約100gです。 どのような餌を選ぶかで費用は変わってきますが、パグは皮膚が弱く皮膚炎になりやすいので、消化しずらい穀物が多く含まれている物でなく、無添加で良質のタンパク質が多く含まれている餌を選ぶと、必然的に少し値段が高くなりますので、 年間の餌代は70000円前後になるでしょう。 また、それにおやつ代も入りますので、その分も計算にいれましょう。 おやつとしてあげてもいい野菜(キャベツや白菜など)もあります。 Sponsored Link 初期費用 これ以外に、初期費用として、• 犬を飼ったときに義務付けられている登録料3000円• ワクチン代約8000円• 不妊手術代の約25000円 が必要です。 医療費や臨時費用• 毎年、年1回の狂犬病予防接種が約3500円• 夏の間のフィラリア予防の薬代が毎月約500円 がかかります。 さらに臨時の費用として、• 病気や怪我で獣医にかかる費用• 預ける場合のペットホテル代• シャンプーなどをペットショップ等にお願いする 飼育費用を抑えるために、ペット保険に入るという方法もあります。 まとめ ペットを飼うのは楽しいですが、初期費用、飼育費用、医療費など、様々な費用が生じます。 お金だけでなく、ケージを置く場所や、散歩や世話をする時間も必要です。 愛情と責任をもって、一生一緒にいてあげてくださいね。 Sponsored Link.

次の